• ベストアンサー
  • 困ってます

Φ0.1の穴加工

材質SUS303、厚み0.5mmに0.1mmの穴を貫通させたいのですが、今までこんな小径の穴をあけた経験がなく、経験者の方のアドバイスが頂けたらと思っています。加工に使うマシニングの主軸はBT-40で回転は最高12000回転まであがります。(増速スピンドルを使えば40000回転まで可能)刃物はRYOCOのマイクロドリル(VCDコーティング)刃長1.2mmを購入済みです。まだ試し削りもしていない現状ですが、皆様アドバイスをお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数67
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

私が聞いた話なんで参考程度に読んでください。 厚みは0.5ですが、ドリル径に対して穴深さ5倍、径自身が細いと条件が 悪いので切削油が先端部に届きにくくなります。 粘土と板を組み合わせ池を作りワークごと切削油に浸かってしまうような状態 (放電加工機のように)にして穴あけすると良いそうです。 菱光もいいメーカですが、グーリングも小径ドリルにはノウハウ持っていますので一度声をかけてみてもいいかもしれません。(上記の話はグーリングより聞きました) http://www.guhring.co.jp/ 倍速スピンドルですが、 倍速スピンドルはギアで回転数を上げますので、歯車から生じる振動が出るようです、これぐらいのサイズになると影響が出る可能性が高いと思われます。 (エンドミル加工の仕上げには振動出るため向いてないとツーリングメーカから聞きました、) 倍速スピンドルですが、ATCの必要が無いのであれば、 BIGなどがやっているハイスピンドルのようなエアーやモーター駆動式の物 を使われたほうが良いと思います。 http://www.big-daishowa.co.jp/news/index.html ATCするなら、聖和精機のこれが歯車を使っていません。 http://www.showatool.com/jp/traction/index.html 条件は違いますが以前テストで ターレット型複合旋盤で径0.6mm(グーリング)深さ2mmを4200rpm 水溶性切削液でS45Cに穴あけしましたが、何度かやりましたが1本で 8穴しか開きませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。池を作るという発想には驚きました。前加工がまだ終わっておりませんので終わりしだいチャレンジしてみます。結果もご報告いたします。倍速スピンドルについて言葉が足りなかったです。リュータースピンドルというモーター駆動式のものを現在つかっています。 洗足さんに教わった条件であけることができました。最初にドライでエアーブローのみで試したところうまくいったので+池を作りやってみました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • BT40の横マシニングでΦ200穴・深さ220の…

    BT40の横マシニングでΦ200穴・深さ220の高精度加工 BT40の横マシニングでΦ200穴・深さ220の穴をあけたいのですが、 以下条件をクリアできますでしょうか? 御経験者のアドバイスをよろしくお願いします。 また、難しい場合、刃物や送り、回転数等、成功させるアドバイスをよろしくお願いします。 径:Φ200+0.046/0 深さ:220貫通 直角度:0.02 荒さ:三発 材料:FC300

  • SUS304 Φ0.5ドリル加工について

    いつも勉強させていただいています。 材質 SUS304 サイズ t1.2x24x14x2100L 角パイプ 穴径 Φ0.5 本数  1000P ワークは角パイプで、片面貫通穴なんですが、50穴/ワークと穴数が多いのと、小径の穴あけをしたことがないので、アドバイスをお願い致します。 機械はBT40 主軸回転数最大4000回転の機械です。 回転に関しては、増速スピンドルを外付けで取り付けようと思っていますが、裏バリを最小限に抑えたいので、ドリル選定、ハイスor超硬、条件、バリ取方法、この4点で悩んでおります。 アドバイスの方何卒宜しく御願い致します。

  • 小径穴加工

    素材SKD11にφ1.2mm、深さ10mmの貫通穴を空けたいですが穴曲がりが起こります。何か良い解決策があればご教授をお願いします。 φ1mmのセンタドリルで下穴、φ1.2mmのドリルは三菱(SD,V-SD)を使用。 回転数は使用する機械の能力により2000~4000回転/分、送り0.02~0.03mm/回転、ステップ送り2mmで加工。 現在はステップ送り(切込み)=0.5mmで加工しております。 現在、工具屋さんに相談中で、ドリルチャック、ストレートドリルの使用に問題がありそうという見解で工具の検討中ですので困り度レベルを「すぐに回答を」→「困っています」にしておきます。 BIGのメガチャックに変更(ドリルはV-SDのまま)したところ、ほとんど問題ないレベルまで改善しました。まだ、わずかに振れる時があるのでドリルの変更も検討してみます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

切削条件として、 回転数 16000min-1 送り速度 25mm/min 0.1mmステップで切粉の排出 をひとつの目安でチャレンジしてみてください。 また、刃先(極力近いところで確認する)のフレは3μm以下になるようすることも必要だと思います。 いろいろ聞いた耳学問からのアドバイスです。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 前加工も済みましたので、今日の午後から早速お教え頂いた条件でトライしてみます。 うまくあけることができました。これで明日は休日に出来そうです!ありがとうございましたー!

関連するQ&A

  • 深穴加工について

    下記のような深穴加工は可能なのでしょうか? また、深穴加工で高い技術を持っている企業を教えて下さい。 被加工材材;タフピッチ銅、7000系の超々ジュラルミン 材料寸法;500×350~400×25 穴加工面;500×25エリア 穴径;φ3±0.1mm 貫通穴深さ;350mm~400mm 上面から穴センターまでの距離;4.5mm 穴数;55穴 穴ピッチ;8±0.1mm(穴は500mmのセンターを基準として左右に等配) 加工方法;一方向から 曲がり;同軸度0.5mm以内 穴面粗度;Ra3.2以下

  • 小径穴加工

    真鍮にπ0.4mm~0.8mmで深さ5mmの穴加工をしようとしています。 ただ古いマシニングのためスピンドルの回転が3000rpm までしかあがりません。 しかも3000rpmで回し続けるとヘッドが高温になるため 通常MAX1500~2000rpmくらいで抑えています。 10時間で100穴くらい出来れば良いのですが 可能でしょうか?

  • 高精度加工用マシニング

    初歩的な質問になってしまうのですが 最近、機械の展示会に行く機会がありまして 各社機械のメーカーのブースを見ると 高精度加工用といわれるマシニングは 最高回転数は 4万回転、6万回転 位ですよね これはどのように導き出したものなのでしょうか?  小径工具を使って高精度微細加工をしようとする場合 切削速度を上げて 加工時間を短縮し、工具寿命を伸ばす?という ことだと思うのですが あまり回転数を上げると振れがおおきくなりますよね? このベストな回転数が4万回転だったり、6万回転ということなのでしょうか? 又、重切削加工ではBT50等剛性の高い機械になりますよね?  剛性の高い機械で高回転の機械がないのは 主軸のバランス等に  問題がでてくるからでしょうか?

  • 穴明け加工の真円度が出ない

    材料SCM435、穴径φ20mm、穴明け長さ150mmの穴明け加工において、下穴をドリル加工で19.90mm、仕上をマシンリーマで20mm(工具径φ20K5)、主軸回転速度500rpmで加工を行っています。 穴形状の真円度が出ない(ダルマ穴に加工される)、穴径が拡大する事象があり困っています。 寸法的には、真円度が0.1mm以上ずれてしまう場合があり、ピンを打ち込んだ際に隙間を感じます。 考えられる要因をご存知でしたら、教えてください。

  • 小径穴の加工について

    フライス盤にてアルミ(7075)に0.7mmで深さ5mmほどの貫通穴をドリルにてあけようとするのですが、ほとんどが2,3mm切削したところで刃が折れてしまい、ワークの中にはいって取れなくなってしまいます。条件としては回転3600(機械の最高回転)、送りはハンドで様子を見ながらゆっくりおろしています。また、刃物もコーティングで3mmシャンクのもの試しても駄目でした何か良い方法がありましたらご教授いただけたら幸いです。よろしくお願いします

  • 穴加工の精度がでません。

    マシニングセンター初心者です。 最近 マシニングセンター(日立精機のVM40)にて 加工をがんばっています 今までフライスやマシニング経験が、まったくありません。 寸法が200×150 T=10 のプレス加工品(SPCC)  のほぼ中心の穴Φ61.5をマシニング加工で Φ62±0.015に仕上げたいのですが ?真円度が全くでない(楕円になります)  なぜか アプローチ部分に刃物の後がくっきり残ります。 ?旋盤にて簡単なゲージを作成して ゲージで確認すると  エンドミルが逃げているのか 表(品物上方向)から入れるのと  裏から入れるのとではまったく感触が違いますし  横に力をかけると、刃物がにげているのか  テーパーになっているみたいです 横から穴を見ると  極端な感じで \ / になってます ?単価が安いので 何枚かをまとめてクランプして仕上げたいのですが  現状では一枚ずつでも加工できません。 現在Φ16のエンドミル(ハイス)で加工しましたが もしエンドミルで 仕上げるなら普通では 考えられないような細さなのでしょうか? 粗加工(仕上げ代0.1)をして仕上げや 回転、送りなども色々試したり 刃物を短く取り付けたりと 素人で考えられることは出来るだけしましたが 状況はかわることはありませんでした。 ネットで調べたら ボーリングヘッドというものがあったのですが マシニングの基本では こういった加工では ボーリングヘッドを 使うのが基本なのでしょうか? エンドミルで十分加工できるし粗加工もいらない一発仕上げレベルの 範囲なのでしょうか? また、ボーリングヘッドを使用するなら エンドミルにて粗加工するべきなのでしょうか? 片側の取りしろが約0.25であれば一回で大丈夫なのでしょうか? ほんとに ど素人ですが 少しのことでもよろしいのでアドバイスいただけたら幸いです  よろしくお願いします  

  • 小径の深穴加工について

    いつもお世話になります。 φ2.5mmの穴を深さ170mmほどの長さで加工する量産品の加工を検討して います。穴は2個あり交角60°で交差します。 現状ではマシニングにてあけていますが、数量が増えるため小径の深穴加工に適し た機械を探しています。被削材はA5052です。 穴の曲がりは170mmで0.2mm程度ならOKです。(エアー穴) 現在はセンターモミツケ、2.0ドリル、2.5mmエンドミルにて深さ5mmま で加工し、曲がらないようにして残りをドリルにて加工しております。 モミツケなしでスピンドルスルーにてガンドリルで加工できるのならそれがベスト なのですが・・・。 既製品のマシンもしくはこの手の機械の製造が得意なメーカーさんを教えてください。 よろしくお願い致します。

  • BT50番マシニングでの M3加工おいて

    主軸の振れ0.03 マシニングBT50 した穴φ2.6 止まり穴 深さ10 材質アルミ A5052P コレット ER20 のばねコレットでM3タップ工具を保持 回転数251 送り 125.5 タップ加工のZ指令値 Z-4.5 油 油性 ワーク角材クランプ 油圧バイス 使用タップ工具 OSGの EX-AL SFT または TIN-SFT において 加工をした時の タップの折損の 率は 皆様の経験上は何個やって どれくらいのイメージでしょうか? 皆様の環境下での BT50番のマシニングでこれくらいのZ深さ した穴でやったときの 生の経験からくる 感想をお聞きしたいです。 工具メーカーに聞くと BT50でM3は トラブルが多く お勧めできない やりたければどうぞと 言われました。 本当にそんなにトラブルものなのでしょうか? メーカーはトラブルばかり聞いているから 実際の現場の皆様の 感想 生の体験からくる 感想は 違うのではと思うので、 個人的 感想 経験の中からでいいので、教えてください。 50箇所ですので、 そんな 何百とかいう単位ではないです。   した穴φ2.5ドリルと φ2.6ドリルでは タップ時の折れやすさは大分違ってくるでしょうか?

  • ドリルの加工径が大きくなってしまいます。

    こんばんは。 私の職場でドリルで空けた穴が大きくなってしまうという問題が発生しました。 詳細 マシニングセンタにてΦ14程度のドリル加工したところ穴径が0.5mm程度大きくなったものをそのまま焼き入れに出しました。その後、仕上げ工程にて穴を仕上げようとした際ドリルの加工面が取りきれなかったという問題です。 その他に一般公差を外してしまうくらい穴径が大きくなることがたまに発生していました。 加工時の主軸の振れは0.1mm以内でBT50のホルダーを使用しています。 ドリルは三菱マテリアルのハイス綱、テーパーシャンクドリルを使用しドリルの前にはΦ3のセンタードリルにて5mm加工しています。 ドリルの再研は手研ぎにて行っています。 このことを受け、現在ドリルの研ぎ方を今一度練習しているのですがそれでも最大で0.2mm程度は大きくなってしまいます。 皆様の会社ではドリル径が大きくなってしまうようなことはありますか? 穴径が大きくならないための解決法があるならぜひ教えてください。

  • BT40で大径深穴加工

    無垢の丸棒S50CにL=650のΦ120穴をあけなければいけません。設備は横マシニングセンタBT40の内部給油方式です。精度はあまり必要ないので片面で深さ半分穴あけ後、反転して穴あけし貫通させようと思っていますが…実際に似たような加工をした経験者のアドバイス・加工工具等を教えていただければ幸いです。私は小物加工がメインでこのような加工は経験がありません。アドバイスよろしくお願いします。