• 締切済み
  • 困ってます

アルミと鋼板の金額について

アルミ板と鋼板の金額が現在どれくらい違うのかが知りたいです。 アルミ:A5052 鋼板:SPCC 板厚は2.0程度、同等のサイズの場合の大まかな金額差が 分かるでしょうか? よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数145
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

同時に比較できるものがないので 下記ご参考にしてください。

参考URL:
http://www.steel-union.com/mitumorireien.htm http://www.zairyo-ya.com/product_A5000.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 鋼板材の錆について、お教えください。

    よろしくお願い致します。 今回は鋼板の錆についての質問を投稿させて頂きます。 私は機構設計をしており、鋼板やアルミなどでケース設計をしております。 鋼板のケースは、コストから電気亜鉛メッキ鋼板・溶融亜鉛メッキ鋼板を使用しております。(クロムフリー材)しかし、この二つの化粧鋼板は当然、破断面にはメッキ(コート)がありません。ケース納入後、出荷までの間に錆が出て来ます。当然、破断面には錆が発生する事は分りますが、他社製品に比べてですが、錆が出やすいように思います。納入後の管理条件などあると思いますが、メッキや塗装以外でケース加工方法や材料で出にくくなるという改善策があれば、お教えください。使用する材料はSECCまたはSGCC(クロムフリー材)板厚0.5~2.0mm位になります。当然、板厚が厚いほど錆が目立ちます。 色々なご意見をお聞かせください。お手数ですがよろしくお願い致します。

  • アルミとガルバリウム鋼板で電食はおきる?

    異種金属を接触させると電食がおきるから良くないといいますが、これはアルミ(アルミサッシ)とガルバリウム鋼板(外壁材)に関してもいえることなのでしょうか。また鋼板表面に塗装がされている場合はどうなのでしょうか。 どなたか詳しいかた教えてください。宜しくお願いします。

  • 銀メッキ鋼板を探しています。

    銀メッキ鋼板又は銀メッキ銅板を探しています。 SPB又はSPCCに銀メッキを施している鋼板と C5191又はC5210に銀メッキを施している銅板 厚さは0.3前後です。 鋼板・銅板を作製している会社・工場をご存じの方は教えて下さい。 あくまでも、後メッキではなく表面処理の銀メッキ板です。 よろしくお願いします。

  • 鋼板の切断について

    お世話になります。 鋼板を切る際の切断方法 ガス・レーザー・プラズマについて それぞれの特徴を教えて下さい。 ○○は切断した表面がきれい ●●は寸法の誤差が少ない ◎◎は切断面が垂直になりにくい(・・・と言ったこともあるのかはわかりませんが) △△は切断するのが早い ▲▲は~~の材料を切断する際に向いている(・・・などもあるのかな?) などや 切る板厚によっては切断方法が変わると思いますが どちらでも切れるという範囲の板厚の時であればどれが価格的に安いかまたは同じくらいの価格など お分かりになられる方回答よろしくお願いします。

  • 窒化処理鋼板の溶接性について

    SPCCをガス軟窒化した鋼板とステンレス板の抵抗溶接を行おうとしているのですが、溶接がうまくいきません。 窒化前の鋼板では充分な溶接強度が得られたのですが、窒化品では全く強度が出ない状況です。 溶接面を観察するとステンレス板の溶けに対し窒化鋼板の溶けが少ないような感じです。 SPCCを窒化すると窒化層の融点が高くなるのでしょうか? 溶接がうまくいく方法もしくは窒化により溶接性が悪くなる理由がわかりましたら教えてください。 ちなみに窒化鋼板は0.4mm厚に対しステンレス板は0.2mmでプロジェクションを設けており、電極はクロム銅を使用しています。

  • 通常の鋼板用スポット溶接機によるアルミ溶接

    先月、被覆アーク溶接を経験したばかりの超初心者です。 アルミのスポット溶接には大電流や冷却システムを備えた高価なマシンが必要になるで、通常の鋼板用スポット溶接機では出来ないと聞いておりました。 しかし先日、YouTubeで「Spot Weld Aluminum with a 220V Welder」と言うタイトルの動画を見て驚きました。 220Vのポータブルスポット溶接機で、アルミ材を薄板鋼板で挟んで溶接をしていました。 説明が英語だったので、詳しい理屈は分かりませんでしたが、アルミ材を薄板鋼板で挟む事により、抵抗発熱を上げて溶接しているのではないかと、思います。 早速試して見たいと思って見ましたが、手元に220Vのポータブルスポット溶接機無く、手をこまねいています。 どなたか既に試された方、又は直ぐに試すことが出来る方がいらっしゃいましたら、抵抗溶接の3条件及び薄板鋼板の種類や厚み等の関係を教えて頂けないでしょうか? 特に私が知りたいのは、アルミ板A2024-T3 厚0.8mm 2枚重ねの溶接が、この方法で出来るかとい事です。 リベット打ちの代わりにならないかと思っています。 超初心者の質問で要領を得てないかもしれませんが、ご回答の程、宜しくお願いします。

  • 鋼板の変更

    現在、SPCCの上にNiメッキの表面処理を施した板状の部品を使用しています。その部品をNiメッキせずに外観上見劣りないもので加工性があり、多少の耐食性を持っている鋼板を探しております。 製品は分電盤内で使用するもので、探している理由としてコストダウンとメッキ不良を無くすことです。 最初にステンレスを考えたのですが、製品を組み込む際に現在使用しているタッピングビスだと素材が硬くて入らないと推測してます。なので、違う材質で探しているのですが見つかりません。 初心者の質問で大変恐縮ですが、ご教授お願いします。 アルミも検討しているのですが、部品生産工程内で傷が付きやすいので、他の材質で何かありませんでしょうか。

  • SPCC と SPHC-P の板厚精度の違いにつ…

    SPCC と SPHC-P の板厚精度の違いについて 教えてください。 SPCC と SPHC-P の板厚精度の違いについて知りたいです。SPCCの方が、板厚に関して精度がいいようですが、例えば1.6tのSPCCだとJISの板厚公差がどの位とかわかるでしょうか?お手数ですが、教えてください。よろしくお願いいたします。

  • アルマイト済みアルミ鋼板の購入について

    アルマイト済みのアルミ鋼板(A5052Pがベスト)を探しています。 大きさはいわゆる"シハチ"で枚数は60枚程度です。

  • 電子機器の筐体におけるアルミと鋼板の違いについて

    オーディオアンプなど筐体の材質なのですが、 アルミと鋼板でどういった使い分けがあるのでしょうか。 多く採用されてるアルミは軽さや外観の良さからだと思いますが、 鋼板のすぐれている点は強度以外にないのでしょうか。 磁性、非磁性の違いからやはりオーディオなどでは音質にも 影響があるのかもしれませんが、、、。 もしよろしければ、ご教示お願い致します。