• ベストアンサー
  • 困ってます

アンバランス量の単位について

  • 質問No.9447396
  • 閲覧数4612
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
スピンドルのアンバランス量の単位について教えて下さい。
シグマ電子工業のフィールドバランサのアンバランス量では単位に「μm」を扱っています。
SI単位の表記では、「N・m」になっています。違いを教えて下さい。

例えば30000min-1のアンバランス量0.13μmというのは、JIS規格ではどのように表記するのでしょうか?G0.13で正しいのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー
かなり時間が経過していますが、simon様の回答(2)に少し誤りがあると思われますので、大変恐縮ですが回答させていただきます。

フィールドバランサの表示単位「μm」は、たんに振動センサが検出した振動振幅になります(この値は同じスピンドルでも測定場所や振動系の剛性により変化する値です。)
回答(2)のeはsimon様記載の通り「比不釣合い」(偏重心距離ともいう)ですので、振動振幅である「0.13μm」をそのまま使うことはできません。
比不釣合い(偏重心距離)の計算式は 
  e(μm)=U(g-mm)/m(kg) になります。(残留アンバランス量(g)×バランス修正半径(mm)をロータ質量(kg)で割ったもの)
上記式で求めた「e」を回答(2)の式に代入すれば「JIS釣合い良さの等級」が導き出されます。
お礼コメント
noname#230358
分かりやすい説明を有難う御座いました。フィールドバランサでの表示値は測定環境で変化するようなので、確認してみたいと思います。
投稿日時:2005/08/04 16:32

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
>例えば30000min-1のアンバランス量0.13μmというのは、JIS規格ではどのように表記するのでしょうか?G0.13で正しいのでしょうか。

JIS G0905 3.1項(2)式から,釣合い良さをGとおいて,
  G=e・n/9.55
アンバランス量0.13μmは,この式のe(比不釣合いの大きさ,mm)を表しているはずです。

したがって,G=0.13x10^(-3)x3000/9.55=0.041
となり,等級で表すと,G=0.041となります。

次に,単位です。
不釣合いをU,質量をm(kg)とおくと,
  U=e・m(kg・mm)
また不釣合いをU’,重量をW(kgf)とおくと,
  U’=e・W(kgf・mm)
m=W/gなので,
  U’=e・m・g
よって,U’=U・g
となります。

JISでは,Uのほうを使っています。
お礼コメント
noname#230358
計算方法まで教えていただきありがとうございました。
この計算方法を活用して、主軸のアンバランス量について調べていきたいと思います。
投稿日時:2005/07/22 15:51
  • 回答No.1
JIB B0905 「4.許容残留不釣合いの求め方」が参考になりませんか?
お礼コメント
noname#230358
JIS規格で確認しました。内容が難しく、以前調べた内容と同じでした。回答有難う御座いました。参考になりました。
投稿日時:2005/07/21 16:17
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ