• 締切済み
  • 困ってます

ネジバリが出ないタップ加工って?

知っていたら教えてください。 竪型マシニングにてタッパーでアルミキャスト品を切削タップ加工で量産実施してますが タップの切粉?(前工程かもしれない)がタップ入口面取部に圧着されてしまい品質不良を招いています。加工プログラムやタップ仕様変更等で実施してますがイマイチです。 今の所転造タップへの検討をしつつ切削工具の設計をしているのですが タップの食い付き部の面取り角度の変更とかでバリの発生を防ぐ考えってあるのでしょうか? 大体食い付きは45度ですが メートルネジだと60度なのでタップ形状に合せた角度の方がバリ発生しずらくなったりとかって有り得るのでしょうか? ちなみに対象内容として ?水溶性切削液 ?ネジはM14 ?竪型マシニングでタッパー使用(コンプレッションゼロ テンション3?) ※リジット機能無しなので周速15メートルほど送りはピッチ ドウエルはタッパーメーカー推奨計算値より算出=カトウ工機 ?切削タップはスパイラル(OSG) ?被削材はAC4CH シリコン入ってるアルミキャスト品で粘い材料かな? ?タップ加工前に一時停止して確認するとかは考えていない ?加工は竪型で止め穴 ?下孔は段付きバニシング超硬一発 こんなとこです。 今のところは転造タップ化+食い付き形状変更でなんとか逃げたいとこなんですけど・・。 他に良いアドバイスがあればご伝授ください。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1059
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

面取りもう一度切り込みはゼロカットでやれば取れませんか 一番手っ取り早い様な気がしますが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

おはようございます。早速の連絡有難うございます。 ゼロカットの件は良い内容かとは思うのですが加工工数の事も考え追加する考えはあまり考えたくは無いと思ってます。 また、同じZ座標に送った場合逆にカエリバリが出ませんか? 刃具を押し付けるような感じになりネジ山に向かってバリが出たりしないのでしょうか? ご指摘アドバイスあれば宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • タップ加工時のバリ対策

     材料SCM415にマシニング30番でM8×1.0(深さ10mm)のタップ加工を行っていますが、ネジの切終わり部(谷の中)に発生するバリで困っています、使用タップはハイスのホモ処理とTINコートをほどこした、タップです 切削条件、12.5m/minで不水溶性切削油(粘性15)下穴φ7.0でリタップ 2回です、バリが谷の中で発生して検査で発見しずらく困っています。 また、ロールタップも試してみましたが、シームの形状がバリ&ムシレに見えるので戸惑っています、シームレスタップが有ると聞きましたが、メーカー&品名が分からず困っています。 出来れば、切削タップで解決したいのですが、アドバイスお願いします

  • タップ加工のムシレ対策

    横マシニングにてアルミ材(AC4C)にM8のタップ孔加工(深さ25?程度下孔深さ28?程度)をしていますが、 ムシレが発生します。 切削液は油性です。 タッパーを使用してます。 対策を教えて下さい。 タップは、超硬・ハイスのアルミ用等色々試してみました。

  • タップ加工

    マシニングでのタップ加工でタップの寿命が悪く困っています。 水溶性切削液(エマルジョン)、タップOSG-TINコートで切削速度810m/minで加工しています。 ポイントタップやスパイラルタップなど試したのですがひどいときは2030個で刃先が欠けてしまいます。ツールは日研のフロートタッパーを使用しているのですがタッパーではなくチャッキングしての同期タップの方が良いのでしょうか。 教えてください。

  • タップ加工:切削と転造

    タップ素人なので教えて下さい。 今、SUS304板厚0.6(図面上は0.6±0.05)に切削タップM1.6x0.2(コーティング有)でタップ加工をしていますがバリに悩まされております。 なので転造に変えたいと思っておりますが、その際の下穴はどれ位が良いのでしょうか? ちなみにブランクはプレスで抜いていますが、プレスで抜く際に面をつけるならどれ位の角度でどれ位の深さにしたら良いのでしょうか? あと、現在はタップ>D/G>バレル>化研>納品をしておりますがタップを転造に変えてタップ>バレル>納品にしてコストダウンをしたいとも思っておりますが考えられる弊害はございますか? アドバイス宜しくお願い致します。

  • M1のタップバリ

    バリで悩んでいます。 SUS304 1/2 板厚0.5の材料にタップ自動機を使ってM1x0.25のタップを立てていますが、バリが問題になっています。 タップは切削タップでコーティングしてあります。 新しいタップをつけて加工すると40~50穴位はひげ状のバリが多く何とかしたいのですが・・・ タップ後に両面研磨>バレル研磨>化学研磨がありますが、それでも残ってしまいます。 転造タップにしたいのですが客先から指定をされていて変えることが出来ません。 ブラシは使ってのですが、個数がかなり多いのでコスト的にNGとなりました。 どなたかブラシ以外のバリ除去方法をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。

  • M2タップ加工条件について

    現在オークマのマシニングでM2タップ加工してますが、タップが折れてしまいます。 加工材料:SUS440C タップ型番:VP-NRT B(OSG) S:700 F:280 水溶性切削油使用 リジット機能搭載していないのでタッパーにて加工してます。 タップは止まり穴なので有効長5ミリに対して下穴深さを8ミリにしています。下穴径はφ1.8です。 上記条件で問題ないと思って加工してますが・・・ ご教授お願いします。

  • タップ加工

    タップ加工について、教えてください。 S45Cの材料なんですが、 タップ加工をすると、センタードリルで、 面を取った縁の部分が、 山状に、膨らむような状態になってしまいます。 マシニングだと力が入ってしまうため、 しょうがないのでしょうか? ちなみに、タップ加工前に、面取りを したほうが良いと聞いたのですが、 タップ後でも平気ですか? ヤマワのタップを使用していますが、 みなさんは、どこのメーカーを 使っていますか? よろしくお願いします。

  • タップ加工後の面取りについて。

    通常、タップ加工をする際の流れは、センタードリル→下穴ドリル→タップという流れですが、外注業者さんに穴加工して頂いた物の仕上げ加工を行っているため、タップ加工がしてある穴にセンタードリルで面取りを再度行っているのですが、バリがタップ穴の中に出てしまい、ボルトが入らないとクレームになってしまっています。外注業者さんに面取りを大きくするようにお願いはしたのですが、ひずみをうまくとれないそうで、面取りサイズがバラバラで不良になってしまいました。そのため、自分達で面取り加工するしかありません。センタードリルでは、バリが出るので手作業でタップを再度さらっています。すごい手間がかかってしまうので困っています。センタードリル以外、バリが出ない面取り加工の方法を教えて頂きたいです。※加工内容詳細 加工機械 縦型マシニングセンタ 材質A5052 タップ穴 M10XP1.5 個数 50個 ワークサイズ □1500 となっております。宜しくお願い致します。

  • M1x0.25のタップバリ

    現在、SUS304-CP 1/2H、板厚0.5の材料にプレス加工でφ0.78の穴を あけたブランクをタップ自動機でM1x0.25のタップ加工をしていますが バリに悩まされています。 タップ加工後、D/G>バレル研磨>化研の工程がありますが、それでもバリが 無くなりません。 タップは切削タップでコーティングをしてあります。 ロールタップはまだ試しておりませんが、客先からタップを指定されていまして変更が難しい状況です。 タップ穴のバリをブラシで除去してみましたが、コスト的な問題でブラシは NGとなり只今、別の方法を模索中です。 皆様、何か良い方法がありましたらアドバイスお願い致します。 なるべくバリを出さない様、加工していのですがそれでもバリは 出てしまいます。 なので、出てしまったバリはどのように皆様は処理されているのでしょうか?

  • タップ加工でのバリ?について

    NC旋盤で下穴(袋穴)を開けてタップ加工をした際に、加工後の品質確認で通りネジゲージが入りきらないことがあります。 不具合品を切断して内部を確認したこところ、ねじは切れていますが、めねじ頂点近くのフランク部に軸方向のバリ?がついていました。大きいバリ?が付いていたところでネジゲージが止まっていたのでこれが原因だと思います。 この軸方向のバリ?は何故発生するのでしょうか。 タップで切削しているので径方向ならまだ分かりますが、軸方向なのが分かりません。 また、バリではなく切粉の溶着、圧着なのでしょうか?教えて下さい。 ワーク材質:suj2 タップ:スパイラル センターホール付き M10細目 P7 ホモ処理 その他:水溶性クーラント