締切済み

窒化鋼

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9445947
  • 閲覧数32
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
窒化層の定量分析について教えてください。
窒化層は普通EPMAで定量化をおこなっていますがその定量の方法や、EPMA以外の測定装置での定量をおこなった方がいればその方法を教えてください。お願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
表面からグロー放電を利用して、表面から深さ方向に定量分析が迅速に可能な装置があります。http://www.jyhoriba.jp/product_j/gds/jy-5000rf/ 堀場の他にもリガクや島津製作所でも製造・販売しています。東京都大田区にある城南地域中小企業振興センター(http://www.tokyo-kosha.or.jp/jonan/)では依頼試験も可能です。
お礼コメント
noname#230358
ありがとうございます。
実は私は大学の研究で高周波グロー放電発光分析をやっておりまして、窒化材料、浸炭材料の深さ方向の窒素、炭素分布の定量化を行なって行きたいと考えておりまして投稿いたしました。

GDSについて簡単に説明します。
GDOESはスパッタ速度が1μm/min~10μm/minとかなり迅速で、AESなどで数時間かかる試料が数秒でできてしまう優れものです。また高周波を用いているのでH,N,C,Oなどの軽元素も高感度に分析できます。また、分析面積が1mmφ~10mmφと大きいので平均的な情報が得られるのが特徴です。GDSは低真空で測定をおこなうために表面の吸着物が取れないので測定には気をつかわなけれいけません。
投稿日時 - 2005-12-21 17:14:00
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ