• 締切済み
  • すぐに回答を!

肝臓癌ってこんなにあっけない?

2週間前最愛の父を肝細胞癌で亡くしました。特に体調不良を訴えることなく黄疸が出て検査入院し、その3日後にはあと余命1ヶ月未満の宣告。セカンドオピニオンに他院に行っても結果は同じで手の施しようのない状態。亡くなる1週間前まではとても元気で食欲もあり、そんな状態の人には見えませんでした。しかしその後あれよあれよと言う間もなく悪化し、最期3日はまぎれもない癌患者でした。でも、最期2日は肝性脳症の状態でしたが、亡くなる3時間まえまで尿も出て、腹水、むくみもなく、死を予測することはできませんでした。 結局20日足らずの入院でしたが、肝臓癌とはこんなにあっけないものでしょうか。 私はいまだに納得できません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数34466
  • ありがとう数104

みんなの回答

  • 回答No.10

祖母は去年の暮れに余命宣告をされ、明日生きてるかもわからない状態でした。 手の施しようもない状態で、いよいよかと覚悟しましたが、今もまだ生きています。 もともと足が悪く、全介護でおよそ一年…医師からも生きてるのが不思議と言われます。 ただ、あっという間に無くなるのも悲しいし受け止められないかもしれません。 しかし、入退院を繰り返し、何度も覚悟をして、本人も何故死ねないのかと嘆くより、結果的には本人も家族も楽なのではないかと思います。 生きていて欲しいと、思えるうちが…と言う感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 肝性脳症ですが…

    友達がアルコール性肝硬変を患っていて、現在肝性脳症となり昏睡状態5日目です。黄疸、腹水、発熱、血圧の上昇、浮腫の症状があります。呼びかけや痛みには反応しています。 回復の見込みはどの位あるのでしょうか?また覚醒した場合の後遺症等が少しでも知りたいのですが、どなたか回答を頂けると大変ありがたいのですが、よろしくお願いします。

  • 肝臓癌について。

    肝臓癌について。 74歳の義父です。同居しています。 8年前に肝臓癌になり、肝臓の3/2を取っています。術後も黄疸があり、数値も悪く余命を宣告されていました。しかし、次の検査のときには数値が正常値になり、どんどん癌が消えていき、奇跡の人と呼ばれていました。 それからも食事にはかなり気を使い、1か月に1回検査をしていました。 が、今年6月くらいから数値が上がり、今月はじめのCTの結果、癌再発の診断を受けました。うずらの卵代の大きさの腫瘍が2つあるそうです。 先々週にはかなり体調も悪くなり、ボケたような感じになってしまい10日程入院。肝不全です。 点滴(モリへパミン)をうち、顔色もよくなり、言葉もはっきりしていました。しかし、お腹がすごく出ていて、おそらく腹水だと思われます。 退院してから3日後(10/25日)、また入院前の状態になってしまいました。 夜9時には寝ていて、朝は起きてこず、心配になり職場から何度も電話をしましたが出ず・・結局1時に起きたそうです。様子を見に帰りましたが、昼だか夜だかわかっていないようでした。 昨夜も寝ていましたが、夜中2時ごろに起きて外に出たそうです。本人は部屋の電気のスイッチを探しに行ったと・・・。玄関には風呂場用のサンダルが置いてありました。 義父はかなり悪い状態なのでしょうか?すぐにでも病院に連れて行ったほうがいいのでしょうか? 担当の先生は、当時手術を行った先生です。入院時主人には、アイコンタクトと言うか、遠まわしに『もう長くないよ、わかるでしょ?』と言ったように感じたそうです。 でも、こうなったらこうするべき、とか、わかりません。本当に悩んでいます。 病院に連れて行けばおそらく入院。そして点滴。よくなれば退院というのが目に見えている気がします。 このまま、家でゆっくり寝かせておいていいですか? なんでもいいので、アドバイスいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • 肝臓癌の末期について

    はじめまして。祖母が肝臓癌の末期です。食欲もなく、黄疸も出ており、腹水、胸水も溜まってます。現在は入院してますが、もうすぐ退院し自宅に帰ります。本人の希望です。そこで知りたいのは、手術はもう完全に無理でしょうか?あと少しでも改善する方法はないのでしょうか?どなたか教えて下さい。

  • 回答No.9

心中お察しします。 沈黙の臓器と呼ばれるように、肝臓は病気になってもなかなか症状が現れません。 そのため、末期になるまで気づかないことも少なくありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • peko35
  • ベストアンサー率11% (5/45)

こんにちは。 私の父親も肝臓癌です。 今月の初めに病院に行き、検査してもらった結果、余命3ヶ月と宣告されました。 食欲もあったし、入院していても院内を元気に歩いていて、余命3ヶ月なんて信じられませんでした。 しかし1週間たったら、歩くことは出来ず、食欲もなくなり、腹水がたまってきました。 そして今、宣告されてから3週間が経ちます。 今は腹水のためお腹はパンパンで、話も出来ずに寝込んでいます。 余命3ヶ月と言われましたが、先日担当医から後2週間と宣告されました。たった3週間でこんなに悪化するものなのか私も納得いきません。 しかし、色々な人に聞いたところ肝臓癌は症状が出ないためあっけないものだそうです。 私は何より心残りは、検査だけのつもりで入院した父が、このまま家に帰ることなく病院のベットで息を引き取るのがとてもかわいそうです。 ごめんなさい。回答になりませんでしたね・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

>肝炎のキャリアでもなく、血液検査上では肝硬変を疑う数値でもなかった、 と言うのであれば、毎月行っていた血液検査の数値から、肝機能の衰えなどが推察される結果ではなかったのでしょう。一般的な血液検査の範囲で、特別なオーダーをしなくても、肝機能を測る血液検査が行われています。GPT/GOTなどという項目。もちろんコレだけでは完全ではありませんが、ある程度の予測が立てられます。 なのに >唯一、医師から「昔から肝臓は硬かった」との言葉。肝硬変だったのでしょうか?実は。 『肝臓が硬い』というのが、どういうことを意味するのかがわかりかねます。単純に考えれば、肝硬変の傾向があった意味かと思うのですが、肝機能には異常が見られなかった・・・私には、サッパリ意味がわかりません。やはり、細かい言葉を確認するような感じで、どういった状況を『硬い』と言ったのか当の医師に聞いてみないと・・・。特に、黄疸が出た直前の血液検査の結果からなにか推測できることはなかったのか、他にエコーやレントゲンなどの検査をしていれば、そこでなにか兆候が見られなかったか(肝硬変や肝癌があれば発見される可能性があります)などを。 また、率直に、コレだけ急激になくなる要因にはどんなものがあると考えるのか、その医師の結論を聞いてみてもよいかと。 ただ、黄疸が出たときの身体の状態は、2件の病院で同じ結果ということですので、その時点での診断には謝りはなかったのだろうと推察します。納得がいかないのは、これまで検査を受けたりしてきたのに発見されなかったことと、入院してすぐに様態が急変したために入院中の治療について疑問を持っていらっしゃる・・・点ですよね。 劇症肝炎ではなく、肝臓癌(あっというまに昏睡状態になって)でお亡くなりになったのですよね?本題とは多少話が逸れてしまうので、前回書き込むことを止めたのですが、もし劇症肝炎の状態になったり、急激に肝機能が落ち込んだ場合(癌細胞の数や場所などにもよって)、手を施すまもないケースもあります。また年齢的に、身体全体が老化している状態ですので、どこかに不具合が起こった時に、他の臓器も持ちこたえるよりも引きづられるようにダウンしてしまうケースも。 運動をし、毎月血液検査を続けてこられたというほど、健康に気を配られていたのですね。なかなか出来ないことです。ご立派なお父様だったんですね。 ここまで書き込みをしてもなお、私レベルでは、詳しいことは言い切れません。やはり実情(経過)を知っている医師でないと。その医師から、ごまかされないよう、確実に対話が出来ることをお祈りします。ただ、いくつかの疑問点となる柱が整理されているようなので、それに対してわかりやすい言葉で話をしてもらえれば、お気持ちの整理もつくかと思います。 すみません、時間の余裕のないまま、読み返さずに送信させていただきます。ただ、やはり個人差があり、長く療養する人と、あっという間の入院で旅立つ人と様々です。今もなお、そういった個人差に、医療が追いつけない現状もあるかもしれません。でも、過半数などのケースで見られる兆候は見落とすべきではありませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 来週にでもホームドクターのところに言って、最後に納得できるように聞きに行ってきます。 高いながらも本人が自覚症状がなかったため、画像診断を怠ったこと、延いては触診で硬いと感じながらも原因を追究しなかった、キャリアでなかったことに甘んじていたんだと思います。おそらく起こしていたであろう肝硬変のまえには炎症を示す数値があったと思うんです。18年もの間の全ての数値がないにしろ、データから拾うことができないかと思っているのです。医師を信頼していた父に代わり、医師としての資質を問いてみようと思っています。

  • 回答No.6
  • usaton
  • ベストアンサー率14% (1/7)

私も先週肺がんで父を亡くしました。 1年前に告知されてから入退院を繰り返しておりましたが、2ヶ月くらい前からせん妄症状が現れ自宅に帰ることができなくなりました。その後、ホスピスに転院することで、せん妄症状は和らぎ少しは話ができる状態になってきたのですが、亡くなる1週間前は特に調子が良さそうでこのまま良い方に向かうのでは・・・と家族全員が思っていました。ところがその4日後、状態は急変し、素人の私が見ても“あと2,3日くらいかも・・・”と思える状態(より一層やせこけ、息もとても苦しそうでした)になり、それから3日後の早朝にゆっくりと息を引き取りました。 私の父の場合は最期の2ヶ月は殆どまともな話ができずにとても悔いが残りました。 0905さまのお父様は3時間前まで普通に過ごされていたのですよね。色々お話はできましたか? 父を看取って感じた勝手な私の意見ですが、最後まで自分の意志があってあまり苦しまずに旅立たれたのでしたらお父様にとっては癌になってしまったという中で不幸中の幸いだったのではないでしょうか。(苦しんでいる姿を長く見るのは家族にとってもとても辛いことです。) それと、私自身も最初に入院していた大学病院と担当医師には不信感や疑問点は多々ありましたが、もし万が一治療方法の選択ミスがあったとして、医師に聞いたとしてもうまくごまかされてしまうでしょう。 1ヶ月前の余命宣告は大変お辛く信じられなかったでしょうね。私は1年前からこういう時が来ると覚悟していましたが、まだ父がいないという実感がないのですから・・・。 しばらくの間は手続き等色々大変だと思いますが、0905さまもお体にお気を付けて頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • K-1
  • ベストアンサー率21% (832/3844)

祖母が肝臓癌で亡くなりました。 数ヶ月ベッドの上で苦しみ、やせ細り、機械に繋がれた上ででした。 「痛い。死なせてくれ」とつぶやくのは辛かったです。 祖父は夜寝たまま起きてきませんでした。 病気とかではなく老衰です。 こういっちゃなんですが、苦しまずに最後を迎えるというのは、それはそれでよいことと思います。 で、肝臓癌といっても、なにか種類(?)が違うのかもしれません。 場所とか転移状態にもよるでしょうし。 医者に聞いてみるのが一番ではないでしょうか。 「知り合いに聞いたら、こんな感じが多かった。父とはだいぶ違うがどういうことなのでしょう?」と。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

#2です。 『お礼』の文章を読み、ご家族が納得しきれなかった背景が少しわかりました。それほどまでにハツラツと過ごしていらっしゃったために、疑問が拭いきれないのですね。加えて医師の>心無い発言と感じていらっしゃる、更なる疑問を感じざるを得ない心境がおありなのですね。 確かに肝炎または肝硬変が肝臓癌の要因となります。定期的な健康診断で、肝炎や肝硬変が指摘されていれば、癌になる手前でどうにか手を打てたかもしれませんし、癌を初期のうちに発見できたかもしれません(あくまでも可能性の話です。定期健診を受けていても、そのタイミングは悪ければ見つけられないケースもあります)。 アレコレ考えると疑心暗鬼になるばかりで、ご家族の気持ちがつらくなるばかりでしょう。その気持ちの引っ掛かりを解消するためには、少し時間をおいて、実際に医師と本当の意味で冷静に話をすることかもしれませんね。 この場で私が言えることとして、最後に・・・ もしそのような行動にでるのでしたら。ポイントとして、病院にかかった時点の検査結果からだけで、どのような結論に至ったのか、入院してどのような治療をする計画でその結果どうだったのかなど。 専門用語ひとつとっても、わからなければ用語についても質問してください。どういった意味なのか、どういう内容を指すのか、専門用語でごまかされないように。話の腰を折るようでも、用語についても質問を。言葉がわからなければ納得できませんから。そして、わかるように説明する義務が医師にはありますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 結局、医師に対する不信感からのスタートだったんだと今更ながら思います。18年もの間、毎月血液検査をし、本人も家族も大丈夫だとおもっていた矢先のことだったので納得行かなかったのです。最後にひとつ質問です。肝炎のキャリアでもなく、血液検査上では肝硬変を疑う数値でもなっかた、唯一、医師から「昔から肝臓は硬かった」との言葉。肝硬変だったのでしょうか?実は。

  • 回答No.3
  • assist
  • ベストアンサー率45% (279/611)

最愛のお父様を予期せぬ病で失われ、計り知れない悲しみに包まれていることは 他人の私でも理解できます しかし、この質問に対し「苦しまなかったから良かったんじゃない」という あまりに無神経な回答には理解できません 亡くなられたお父様の病気について担当の医師に経過の説明を受けられては いかがでしょうか それによってご自身の気持ちの整理がつけばよろしいのですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

不確実な内容を書き込むべきではないのですが…。 入院と言う事態になると、精神的に影響が出ることがあります。ゆっくりと病気が潜伏・進行している場合、本人にコレという自覚症状が感じられない場合もありますし、急な環境の変化で不安が増大する事によって、身体に変調をきたす可能性もあります。 肝臓の状態と、転移についてが詳しくわからないのですが、おそらく身体はギリギリの状態だったのかもしれませんし、ご本人もなんとなくおかしい事に気がつきながら受診せずに過ごしていらっしゃったのかもしれません。 ただ、長く病床にいて自由も利かないまま療養するより、亡くなる直前までお父様らしく過ごせたことが何よりかと思います。ご家族の悲しみや納得のいかない気持ちは、決して拭い去ることは出来ません。でも、ギリギリまで持ちこたえていたお父様を私は尊敬します。確かに>尿も出て、腹水、むくみ・・・などがなければ、末期の気配は感じられませんが。ただ最後は肝性脳症の状態になったのであれば、さほど苦痛を感じずにいることが出来たかもしれないです。 納得がいかない気持ちは病気についてでしょうか?それとも病院の対応についてでしょうか?ふたつの病院で同じ診断だったとのことですので、病態はかなり進行していたと察します。ただ、その際の医師の説明(具体的な状態について検査数値などの根拠を交えて話があったのか、今後起こりうる状態についての見通しと差がありすぎたのか、入院中行われた検査や治療について疑問が残っているのかなど)に納得がいかなければ、『あっけない』状態となった経緯を説明してもらうことは出来ます。おそらく亡くなった時にも説明を受けたと思いますが、冷静に聞くことはなかなか難しいですよね。今になってからでも病院に電話して、医師と再度話をするよう働きかけることは可能ですよ。カルテは確か法律で5年か10年は保管されますから、その医師がいなくても、そのときの様子の話は聞くことが出来ます。 ただ、急激に症状が悪化してしまう場合と、それに治療と治療の効果が間に合わない場合も多くあます。個人差といってしまえばそれまでなのですが。 私は医療従事者として、ご家族がどれだけ納得できるかと言うことも大切だと思います。その答えにはなっていない書き込みなのですが、納得するために医師と話をするということは、患者さんが亡くなったあとにしても当然だと思います。 最後になりましたが、お父様のご冥福をお祈りいたします。ご家族の方も、ご自愛されますように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

温かいお言葉ありがとうございます。確かに医師ともう一度話す必要はあると思いますが、余りにも心無い言葉に打ちのめされて父は死に至りました。ですから詳しくわからないことだらけなのです。この急激な悪化はどういう原因からでしょうか?自覚症状がないまま末期に突入したのは本人の我慢強さともともと鍛えていた体力のせいでしょうか?亡くなる1ヶ月前まで水泳をしていたのです。そのせいで心臓が強かったから腎臓もうまく回り、腹水、むくみがなかったのではと素人ながら考えています。亡くなってから調べるに、肝炎のキャリアではなかったものの、肝硬変予備軍だったんでしょうね。悔やまれてなりません。

  • 回答No.1

 質問の主旨と違うかもしれませんが、お父様は幸せだったんじゃないでしょうか?何故なら、ほとんどのがん患者は抗がん剤などの副作用によって苦しみながら亡くなると聞きます。なんだかガンで苦しんでんだか、抗がん剤で苦しんでんだかわからないような状態らしいですよ。それも何年も苦しんだ末、だったり・・。  私は以前から素朴な疑問があるんです。ある日突然ガンと宣告されて、余命半年とか、3ヵ月とか1ヶ月とか。それは裏を返せば、命がなくなる直前まで元気に日常生活がおくれてるということですよね。ガンは苦しいというイメージがありますが、実はガンって苦しくないんじゃないかなって。闘病生活が苦しいんであって。江戸時代にだってガンはあったはずです。おそらく現代人ほどはガンを恐れてなかったんじゃないかな、と。  質問の主旨からはズレていますね。でも悲惨な闘病生活を送っている人々や、生還してもうつ病や再発の恐怖など様々な問題もあります。珍回答で失礼しました。聞き流してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 肝硬変を伴わない肝臓癌だったのになぜ???

    身内が肝細胞癌になりました。 B型肝炎を背景とする肝硬変を伴わない肝細胞癌と診断され、癌以外の肝機能は良好という ことでしたのでTAE治療を2度受けましたが、1ヵ月後のCTで肝内転移、肺転移を指摘された上、 この時肝硬変も発症していることを初めて聞かされました。このような状態ではもう治療法もない ということです。通常、肝炎→肝硬変→肝細胞癌という経過を辿るものと認識していましたが、 肝細胞癌になってから肝硬変になることなどありえるのでしょうか? 癌が発覚した時には本人も家族もかなりショックを受けましたが、肝硬変を通り越しているケース で癌以外の部分の肝機能は良い状態という言葉にすっかり安心し、癌の進行さえ食い止められ れば何とかなると思っていたのでまさか癌を患ってから肝硬変になるなど予想もしていませんでした。 肝硬変がわかってからはみるみる全身状態が悪化して肝不全との診断も下され余命いくばくもないと… この経過は肝臓癌の病態として自然なものですか? そして、肝硬変はほんの数ヶ月で発症するものなのでしょうか???まったく理解が出来ません。

  • 転移性肝臓癌について

    ・63歳になる母が、7月初旬から体がだるいなどの症状を訴えはじめ、内科病院へ通っておりました。血液検査で赤血球の量が多いとの言われ、血圧を下げる薬を飲んでおりましたが、さらに悪化し、7月23日総合病院へ入院し検査を受けました。昨日7月27日検査結果を聞いたところ、腺癌で肝臓に広く癌が広がっており、手の施しようが無く、余命1ヶ月と宣告を受けました。黄疸が出ており、数値は8と言われました。また腹水も溜まっており、4日間の入院ですでに2回抜いています。担当されている先生は少しでも病気の進行を遅らせるために、弱い抗癌剤を服用させるだけしか、治療はできないといわれました。少しでも望みがあるのなら、何でもしたいと思います。どなたかお力になっていただけませんでしょうか。

  • 肝臓癌での最後の症状

    今現在、39歳の兄が肝臓癌の末期状態で余命1ヶ月と言われた所を 1ヶ月半程がんばっています。 私は近畿に在住していて兄は鹿児島に入院しています。 昨年、大腸癌が見つかってそこから肝臓へ転移して 今を迎えているのですが、兄は独り者で面倒を見てくれるのは 病気がちな母しかおらず、わたしも出来る限り時間を作り 帰っていましたが正直今の状況だといつ帰っていい物なのか わかりません・・・ 今すぐ帰りたいところなのですが 心も体もボロボロで仕事もそう長々とは休めない状態です。 どの様な症状が出たら危ないサインなのでしょうか? 母によると兄の状態は意識ははっきりしていますが腹水がたまり 3日前程から下半身が相当腫れて来て歩くのが難しくなって 尿も出ずらい状態だそうです。 こういうことを書いてる自分に嫌悪感を覚えますが どなたかわかる方がいらっしゃいましたら教えてもらえると幸いです。

  • 肝臓癌末期 余命1ヶ月といわれ…

    私の父は、昨年6月に胃癌がみつかり、肝臓にも小さな転移があり今日まで入院と通院で抗がん剤治療をすすめてきました。 一時は肝臓も胃の方も癌が小さくなり、順調に進んでいたのですが(2月の検査時)今回、肝臓の検査をしたところ大きな癌がたくさんあり今日、突然肝臓癌の末期と宣告されました… このまま、抗がん剤も何もしなかったらもって1ヶ月。 副作用の強い抗がん剤をしたら数ヶ月は抑えられると。 先生いわく、肝臓の癌が急に大きくなったのは、抗がん剤によって抑えられてたのが一気に爆発して大きくなったのだと… こんな事ってあるのでしょうか。 今になって体力の落ちるばかりの抗がん剤の恐ろしさに疑問を感じました。 今は、腹水も黄疸もなく特に痛みはないようですが、何も治療しなければもって1ヶ月と言われ、どうしたらよいのかわからない状態です。 本人はとても落ち込みやすい性格なので余命の事は話してありません。 免疫療法など試したほうがよいのか、延命目的で抗がん剤投与したほうがよいのかとても悩んでます。 インターネットでいろいろ調べていますが、情報が多すぎて何を最後の望みで信じたらよいのかわからず困惑してしまってます… 同じように末期の状態で回復された方など、治療法などいろいろと教えていただけたらと思います。お力貸してください。 よろしくお願いします。

  • 認知症と肝性脳症について

    認知症が急に進み異常行動を起こすようになった父が意識不明になり倒れ、救急病院に搬送されました。 そこでの血液検査で、肝性脳症もあると分かりました。 確かにここ2ヶ月ほどで急に悪くなり、自分の家や家族が認識できない、何かにものすごく怯える、徘徊する、母(妻)の首を絞めるなどもう家にはいられない状態になりましたが訪問医の先生なども肝性脳症までは気がつかなかった様子です。 認知症専門の病院に転院することになりましたが、そこで肝性脳症の治療もやってもらえるものでしょうか(もちろん紹介状を書いてもらいソーシャルワーカーさんを通しての転院です)。 また、肝性脳症が治れば、元のようにただ忘れっぽいだけの認知症だけの症状というか、暴れたり叫んだり異常行動はしなくなるでしょうか。 そもそも、肝性脳症は治る可能性はあるのでしょうか。 もちろんこのサイトでの質問で医学的なことを断言はできないのは承知しておりますが、急激に進んだ異常行動は肝性脳症のせいに思えてならないのです。 自分で調べたことには限界があり(医学関係者しか閲覧できないサイト等も多く)医学に詳しい方、経験者の方などのご回答をお待ちしております。

  • 肝臓癌、肝硬変について

    叔父が6年前に肝臓癌になりました。何度も手術をしましたが、手術をする事ができない状態になったため、肝臓にカテーテルを入れて直接抗がん剤を入れる治療を3ヶ月おきにしていました。 C型肝炎ウィルスもあり、肝硬変でもあります。 1年前に食道静脈瘤破裂して、吐血、下血し緊急入院しましたが、なんとか一命を取り止め、 その後は体調も悪くない感じだったのですが、先日体がだるいと言い始め、食事もいらないと言うようになり、炭酸水ばかり飲むようになり、黒っぽい便が出るようになり、腹水も溜まり、お腹がビーチボールを入れたようになってしまっていました。 早朝、吐血したため緊急入院し治療してもらいました。 その時治療した先生が、あっちこっち悪いところがあるから、親族の方を今のうちに会わせてあげて下さいと言われました。 十二指腸潰瘍、胃潰瘍、食道静脈瘤、肝臓の状態も最悪という事です。 5月に肝臓に血液を送らないように血管を縛るという治療をしました。癌を壊死させるためらしいのですが・・・ 今月24日にもう半分の血管を縛るという事になっていたのですが、その前にこのような状態になったので、その治療はもうできないと言われました。 医師に親族を呼んでと言われたのは始めてで、それってもう余命が短いって事なのか・・・と思うのですが・・・ 担当医は外科の医師なのですが、今後は内科の医師と相談して治療方法を決めますと言われました。 腹水は抜いてもまたすぐ溜まるから、抜くより違う方法を考えてみますと言われました。 1週間ぐらい前からほとんど食事も取っていなかったのですが、今日からおもゆを少し食べれるようになったそうです。 以上の状態で、余命はどれぐらいと考えた方がいいのでしょうか? ひとそれぞれ生命力も違うので、一概には言えないのだと思うのですが・・・ 叔父の伴侶は高齢で、思うように看病できない状況なので、私がある程度いろんな事を調べたり、 準備もしておかないといけないと思いまして。 もちろん長生きして欲しいと思うのですが・・・肝臓は一度悪くなると良くなる事はほとんど無いという事なので、叔母のためにもしっかり心の準備をしておきたいと思いまして・・・ 何かしてあげた方が良い事、民間療法で楽になる方法などもあれば教えて欲しいです。

  • 肝細胞癌について

    父が肝細胞癌で余命2ヶ月と言われています。 症状は昨年末にC型肝炎、肝硬変が発覚しそこで腫瘍がみつかりました。 2月に肝臓切除手術を行おうとしましたが、 切除出来ないほど癌が進行していました。なので1度退院。 そのままお腹を閉じ肝機能の回復を待っている状態でしたが、 回復せず低下していき、5月に胃静脈瘤から出血、再度緊急入院。 この時余命宣告を受け、約半年と言われたようです。 何とか塞ぐ事は出来、退院しましたが腹水が溜まるようになり、 通院で1週間から10日に2度腹水を抜くために通院。 現在10月は腹水の影響からアンモニアの数値が上がり それを下げる為に再度入院、肝性脳症の症状あり。 数値も落ち着いたので、父が強く退院を希望していることもあり 今月中には退院予定をたてています。 ですが、腹水は10日で8リットル近くも溜まりそれを抜くの 繰り返しの状態です。 今回の入院中にも静脈瘤からの3箇所の出血が見つかり 吐血を氏緊急手術を受け止血しました。ですが主治医の先生からは 覚悟をしておいて下さいと言われてます。 肝機能が回復してくれば、血管造影、抗がん剤治療の 予定はしているのですが・・とはいっていました。 今は2、3日前から熱が出ており、大丈夫とは言っていますが すごくつらそうでたまりません。 このことを知ったのが家庭の事情があり、今月の半ばでした。 何をどうしたらよいのか、全てがいきなりで初めてのことであり、 相談出来る身内もいません。 何か父に出来ること、知識や情報を探しております。 どんなことでも構いません。食事についてや、父の負担を少しでも和らげれる情報やこの癌についてのことなど教えてたでけないでしょうか。 ここの質問コーナーを親切な方から教えて頂きました。 何卒よろしくお願いいたします。

  • 耳が聞こえない犬

    11歳・メスのシーズー犬です。門脈シャントで肝性脳症を起こして入院し退院して1月になります。割と元気にしていてくれていたので安心していたのですが、最近になって耳が聞こえていないことに気づきました。シャントだと、目が見えなくなることがある、とは聞いたのですが、耳が聞こえなくなることもあるのでしょうか。それとも他の原因によるものなのでしょうか。 ご存知でしたら教えてください。

    • ベストアンサー
  • セカンドオピニオンの是非について

     87歳の母。80才時左乳がん手術。2年位まえより肝臓転移、10月中旬頃より腹水たまり、腫瘍マーカーも非常に高く、10月29日より入院中。主治医は「手の施しようなく、余命1~2ヶ月」と。  食欲若干回復するも、カエルの腹のような腹水はそのまま。歩行器使い一人でトイレに行ける。主治医は「腹水もすぐに抜くわけにいかない」と。現在利尿剤を投与されているのみ。セカンドオピニオンを求めたほうがいいでしょうか?

  • 門脈シャントについて

    11才・メスのシーズー犬です。2度目の肝性脳症(徘徊行動、旋回行動、ヘッドプレス等)で入院中です。高齢のため、手術はできないと思います。今後、薬や、食事はどのようにしたら良いのでしょうか。何かご存知でしたら、どんな些細なことでもかまいませんので、教えてください。お願いします。

    • ベストアンサー