• ベストアンサー
  • 困ってます

公差の設定

 お世話になります。 集積公差のことと言って良いのかも分からないのですが、 公差の設定について教えてください。  "凸"と"凹"とを組合わせて"□"のような形を作るとします。 出っ張りとへっこみの寸法につきまして、 出っ張りの寸法を「9.9±0.1」、へっこみの寸法を「10±0.1」として 良いのでしょうか。  "凸"の出っ張りの形状が「10」、"凹"のヘッコミが「9.9」で 両方の部品があがってきたときに、かみ合わなくなりますが、 お互いに公差内なので加工先の精度不足とは言えないと思うのです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

部品図に公差を指示する時は 1.基準寸法はなにか 2.公差の幅はどう持たせるか という順番でお考えください。 例で出しているものは、基準寸法が凸と凹とで違っているのは違和感を感じます。 また、公差の幅も組み付けるときにたたきながらいれるような公差の幅です。 確かにこの幅なら2つの部品の芯は出やすく、しっかり固定されるのですが、2つの部品のガタが許容できるのでしたら、凸をマイナス目、凹をプラス目で指示するのが一般的です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

かなりのしっくりが求められるのであれば、 現合にしておき、加工依頼時にきちんとせつめいすれば、加工屋としては、片方にしっくり入るように加工します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

このような場合 凸は+0-任意寸法 凹は-0+任意寸法 の公差指定をするのが一般的と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

JIS B 0401寸法公差およびはめあいにの規格を良く眺めてみましょう。規格には先人たちの知恵が詰まってるものです。結果は一枚の紙でもそこにはちゃんと理由と理屈が詰まってるのです。私の勉強は図書館でのメーカー規格表から始まりました。付議通のリレーやヒューズの規格はとても勉強になりました。特に古いもののほうが規格の創世記で、成り立ちが良くわかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

 では、材料と具体的に両サイドから締結している方法をお教え下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

何を基準にするかによて標記の仕方が違ってくるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 失礼ながら、下にも書き込んだ構造なのですが、 2部品間で位置決めを設定している形状はないので、 組み込みにより位置を出して、締結ということだと思われます。 ですので、センター基準ということになると思います。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

出っ張りの寸法が「9.9+0.1=10.0」 へっこみの寸法が「10-0.1=9.9」 となった場合は噛み合いませんよ。 例えば、最少隙間が 0.1mm必要だとしたら 出っ張りの寸法を「9.9 0/-0.1」、へっこみの寸法を「10 +0.1/0」 としてはどうでしょうか? もちろん上記を±表記にしても良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 やはり、入らない可能性もありますよね。 提案して頂いた公差を設定するのが、一番シンプルだと考えるので、 検討します。  ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

どういう機能を求めるかに因りますので、それを明確にして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 早々にありがとうございます。 設計の意図がいろいろと考えられるということでしょうか。 設計を引き継いだのでよく分からないのですが、 板金に樹脂部品を組み込み、両サイドからネジ止めする構造です。 このときに求めているのは何だと考えますか?

関連するQ&A

  • 集積公差について教えて下さい。

    集積公差の正しいのはどちらですか?? また、集積公差を外れる確率はなぜ3σなのですか? 各部品寸法 A±a B±b C±c とあるとします。ABCは正規分布です。 集積公差 = ±√(a^2+b^2+c^2)であるのか、 集積公差 = ±√( (A部品のσ)^2 + (B部品のσ)^2 + (C部品のσ)^2 )  なのか、文献が2つあって(私が理解していないだけだと思いますが) 宜しくお願いします。

  • 各部品の集積公差はいくつですか??

    設計の若輩者です。 ある3つの部品について、集積公差の考え方をした各部品公差を調べています。 各部品の図面寸法は、 A=10±0.3 B=20±0.4 C=30±0.5 だとします。 これらの部品を組み合わせた時、累積公差は、 10+20+30=60 0.3+0.4+0.5=1.2 なので、60±1.2となります。この時の各部品の公差は、 各部品の図面公差になります。 では、確率の考え方である集積公差の考え方をした時、 集積公差=√(0.3^2+0.4^2+0.5^2)=±0.64となりますが、 この時、各部品の集積公差の最大最小を組合せて設計したいのですが、 各部品の公差はいくつになるのですか?? また、この時、±0.64を外れる確率は、3σの0.03%と考えてよろしいのでしょうか?

  • 加工寸法が大きくなると公差も大きくなる理由は?

    初歩的な質問ですが、ご教授お願いします。 ・板金、切削、樹脂を問わず加工寸法には必ず公差がありますが、 ある基準点から?x:50mm、y:50mmの位置にφ3.0の穴をあける場合と ?x:500mm、y:500mmの位置に穴をあける場合では公差が異なると思います。 (例)?50±0.3 ?500±0.7など 公差を決める要因になるものとは、何になるのでしょうか? なぜこのような疑問が出てきたかと言いますと、 工作機械の停止精度が±0.1mmで動くのに対し、 加工される部品の位置精度はそれより悪くなるのはなぜか? また、工作機械は基準点から50mm動いても500mm動いても停止精度は±0.1mm であるのに対し、加工すると基準点より遠く(寸法が大きく)なる方が 公差が大きくなるのはなぜか? 言い換えると、50±0.1あるいは500±0.1にならないのはなぜか? ということです。 よろしくお願いします。

  • 寸法公差について

    すごく基本的な質問なんですが、 図面の寸法公差の入れ方(解釈)で、10±0.1と書いた場合と、 9.9 0~+0.2と書いた場合では、どちらも9.9~10.1になると思いますが、ある設計者が「±で書いた場合は呼び寸法の大小どちらにばらついてもOK、0~+0.2と書くのはマイナス側へずれたら致命的な時なので、0~+0.2と書いていれば+側を狙って加工するような注意が必要」と言っていました。 加工する方から考えれば、通常、機械の精度にも±の公差があると思いますので、公差範囲の真中を狙って加工するのではないかと思います。 この解釈は合っていますか? もしくは公差の入れ方について何か明確な決まりはあるでしょうか?

  • 集積公差

    No.2442の回答にある考え方と同じようになると思うのですが、集積公差の算出について質問です。例えば、30mm幅のコの字形状部品に5、7、8、10mm幅の部品を収めようとしたとき夫々がの部品が+-0.1、+0.3/0、0/-0.2、+0.3/+0.1の公差で造られていたら30mm幅の部品はどんな公差であれば良いのでしょう。また、逆に30mm幅の部品公差から中に収まる部品の公差を求めたい場合などもあると思います。何か具体的な参考例が掲載された書籍やURLを知っている方が居ましたら、そちらのアドバイスもお願いします。

  • 幾何公差、寸法公差の有無による加工の手間の差

    切削加工による部品の加工で、精密な幾何公差、寸法公差の入っている部品と普通公差でよい部品の加工とでは加工する人の手間はどれくらい違いますか。 ちなみに、ひとつの部品に精密な公差の入ったタップ穴と普通公差でよいタップ穴の加工がある場合はどうでしょうか。自分では、このような場合、普通公差のほうも精密に加工されるのかなと思ったりします。あるいは、普通公差と精密な公差では加工する際に何か手順が違うのでしょうか。

  • 公差について

    設備の改善設計等を行っています。 部品図の寸法に何も公差を入れなかった場合、 長さや角度、幾何公差に至るまで 勝手に中級の一般公差が成立していると思い込んでいました。しかし、実はそうではないように最近思えてきました。 使用している図面枠に一般公差が総括して描いてあったことや、加工屋さんが基準値の中央狙いで加工してくれているので今まで助かっていたようです。 もし寸法に公差を設けなかった場合最悪どの程度公差を守ってもらえるのでしょうか? またあまり見たことがないのですが、一般公差の幾何公差などを記入しなければならないのでしょうか? 職場にはみんな退職してしまって設計者は自分しかおらず何が正しいのか良くわかりません。 よろしくお願いいたします。

  • 板金部品のタレパン加工時の一般寸法公差(JIS)…

    板金部品のタレパン加工時の一般寸法公差(JIS)について タレパン加工を前提とした板金部品を作図した場合に一般公差として適応するべきは、<JIS B 0408(金属プレス加工品の普通寸法公差)>でしょうか? それとも<JIS B 0405 (個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差)>でしょうか? また、板金部品の寸法記入の方法として、 特に精度が必要ではない、Z曲げをはさんだ穴と穴の距離に寸法を記入する場合は、単純に穴から穴の箇所に寸法を記入するべき? もしくはこの場合、穴と穴の距離に寸法を記入せず、曲げ面から各穴までの距離を記入するべきなのでしょうか?

  • JIS 公差について教えてください

    JIS B 0410:1991 金属板せん断加工品の普通公差では、 金属板の形状が「2000を超え4000以下」がmaxになっていますが、 これを超える寸法のときは、どのように考えて設計したらよいのか 教えてください。

  • 寸法公差と円筒度

    初歩的な質問で恐縮です。 円筒形状の部品の製作図において、 外径寸法に0~+0.03の寸法公差を入れ、 かつ同じ箇所に 真円度:0.03 円筒度:0.05 の幾何公差指示を入れたところ、 上長から、 寸法公差と円筒度の指示が矛盾している、との指摘がありました。 寸法公差幅よりも円筒度の値が大きいと 矛盾しているのでしょうか? ご存知の方、ご教示願います。