• 締切済み
  • 困ってます

タフピッチ銅の加工について。

現在、ファナックのロボドリルにてタフピッチ銅の加工をしているのですが刃物の持ちが悪くエンドミルの磨耗が激しいです。径補正も頻繁にかけている状態です。 超硬・ハイス・銅用などいろいろ試してみたのですが・・。 タフピッチ銅は純銅より加工が容易だと聞くのですが、銅の加工とは刃持ちが悪いのでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1182
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

回答が付かないようなので・・・ >タフピッチ銅は純銅より・・・ 純銅=無酸素銅と解釈してコメントします。 当社もタフピッチ銅の加工をしていますが、特に刃物摩耗がシビアに考えていませんが・・・。まあ、うちの加工はバカ穴が多いこと、厳しくてもH公差くらいで、個数も100個未満ですから気にならないのかもしれませんが・・・。 参考までに貴社の加工条件をご教示いただければ嬉しいです。 純銅と呼ばれるものは一般的に ・無酸素銅:C1020系 ・タフピッチ銅:C1100系 ・りん脱酸銅:C1201系 の3種類で、電気銅とも呼ばれています。 詳細は http://ao_zatsu2.at.infoseek.co.jp/write/kinzoku_19.htm タフピッチ銅は無酸素銅より銅の酸化物が極少量点在していますので、その酸化物が刃先に悪影響を与えて摩耗しやすい、とは考えられます。(酸化物は硬い) ただ、先述の如く、当社の加工実績からはさほど差はかんじたことはないです。 りん脱酸銅は加工したことがないのでコメントは避けます。 参考になりましたら幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答いただきありがとうございます。 自社ではアルミ・鉄・ステンレスの加工が主体で銅は良く知らなかったもので説明が足りなかったかもしれません。 加工条件としましては仕上げ寸法±100分の1です。アルミのケースに圧入するものです。 現在は、FANACのαーT14iAlと言う機種です。 あら引きハイス10パイエンドミル・中引きハイス8パイエンドミル・仕上げ8パイ超硬エンドミルの3段工程で加工しています。一回の段取りで製作する量は約5001000です。その間径補正をかけて加工をしましても約100個ほどで刃物の磨耗の為交換を余儀なくされます(精度維持の為) 材料はC1100系です。

関連するQ&A

  • タフピッチ銅c1100切削方法

    タフピッチ銅c1100の切削条件が良く分かりません。 銅加工をしたことがなく困っています。 マシニングでの(キリ穴あけ、エンドミル溝、側面加工)工具の材質、切削油、回転、送りなど切削条件を詳しく教えて頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 渦巻き補間について

    直径22mm深さ28mmの貫通穴をエンンドミルの側面切削で24mmに仕上げたいのですが、この際に以前ネット上で知った「渦巻き補間」を使ってみたいのですが、どのようにプログラムを書けばいいのか全くわかりません><;実際に加工していらっしゃる方がいれば教えていただけませんか。 設備 ファナック ロボドリル 16i-MB 材質 アルミ 刃物 ソリッドタイプのエンドミル 刃径12mm 刃長40mm イメージとしては刃長が40mmあるのでエンドミルの側面切削だけで行いたいです、22mmの穴にエンドミルを突っ込んだ状態にして、Z軸の移動なしで蚊取り線香のように徐々に穴を広げていきたいですが無理なんでしょうか・・・^^;

  • 銅部品加工後の腐食防止について教えてください。

    たまにタフピッチ銅を切削加工するのですが、いつも加工後、半日位すると黒ずんで腐食してしまいます。腐食防止の為にいい方法ありましたら何でも結構ですので教えてください。

  • 各種、樹脂切削加工の適正刃物(エンドミル等)選択

    ファナック・ロボドリルでの樹脂の切削加工を始めるに当たり、各種樹脂の特性に合った刃物選択から始めたいと思いました。ご教授お願い致します。 主な使用材料は、MC ナイロン、POM 、UPE、PE、PEEK、PPS、エンビ、ユニレート、ABS、アクリル、ポリカです。エンドミルで、超硬やハイスといった名前は聞いたことがあるのですが、明確な使い分けがわかりません。ちなみに、基本的に加工にはクーラントを使用します。よろしくお願い致します。

  • 銅の切削

    おせわになります。 私機械加工はながいのですが、銅合金の加工の経験が少なく、今回はそれも純銅の板なので加工の刃物やクーラント等注意点を教えて欲しいのですが。

  • 銅パイプ(145φ 19?厚)の曲げ加工について

    銅パイプ(純銅) サイズ 外径 145?、肉厚 19?、長さ 約5m 曲げ半径500アール(中心) (注:曲げ加工は3次元方向になります。) 以上の曲げ加工が出来る加工業者を至急探しています。 難しいとは思いますが、心当たりのある方はぜひ教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • ロボドリルの加工能力について

    私は一人でプラ型製造を自営しております。  今はマシニング一台をリースで使っていますが、 固定費の負担を減らす為に、入れ替えを検討していま す。そこで値段が半分程度のロボドリルでNAK55 程度を加工できれば機械リース料が半分になります ので検討しています。  インターモールドでファナックの担当者でたずねた ところ加工サンプルも有り、加工できる、と言われ ましたが、以前のテープセンターでは、アルミ程度 とか穴あけタップしか実用的ではない、と聞いてい ましたので、やや疑っています、実際にロボドリル を使っている方がおられれば、実際の能力を教えて ください、  今の加工では、NAK55を超硬5Rエンドミル で荒3軸加工 55Cハイス16Φでポケット加工が、一番重切削 の程度です。

  • no.22198テーパー穴の加工についての結果

    タイトルどおり、質問ではなく結果のお知らせです。 no.22198の質問を締め切ったつもりでしたが締め切れず、 結果をどうお知らせしてよいものか判らなかったので、こちらの質問に投稿させていただくことにしました。 材質はHPM38 下穴φ4貫通 テーパー角度1.5度 テーパー穴の先端径φ6 テーパー穴深さ23.3 の加工を皆さんのアドバイスを基に (1)φ5.5キリ深さ22まで加工 (2)φ4キリ貫通 (3)荒取り?…φ5エンドミル(超硬)にてヘリカルしながらピッチ0.2でテーパー加工(マクロにてプログラム作成) (4)粗取り?…φ5×1.5°エンドミル(超硬・刃長20mm・首下24mm逃がし)にて、深さを4段階に分け、それぞれの深さごとに加工径を変えながら円弧切削(仕上げ代0.01~0.02残し) (5)仕上げ…φ6×1.5°エンドミル(ハイス2刃・刃長25mm)にて周速4m/min、送り0.01mm/revにて仕上げ という方法を試すことにしました。 結果、(3)の状態でほぼ仕上がりの形状に近くなり、(4)の状態で面相も非常によく、深さごとによる段差もほとんど見られませんでした。 ただ真円度に不安があったので(4)まで行いました。 (4)加工後は少し白っぽくなりましたが、心配していたビビリも発生せず(粉状の切粉でした)概ね良好な結果を得られることができました。 回答者のみなさん、本当にありがとうございました。

  • SUS303エンドミル加工でお薦めの刃物を教えて…

    SUS303エンドミル加工でお薦めの刃物を教えてください 現在 複合旋盤 森精機NL2500SYを使用しています。 この機械で、従来はφ70のアルミ加工をメインにしておりましたが、今度はSUS303 φ125でエンドミル加工がメインの注文が入りました。 形状は外周に突起があり旋削では加工できないため、外周のほとんどをエンドミルでぐるっと回り、端面にもエンドミルでの加工があります。   SUS303は切削性も良いので「どんな刃物でもOK」と言われてしまいますが、毎月数十個入る仕事なので、刃持ちと加工時間の短縮を考えて刃物を選択したいと思います。  何かお薦めの刃物・切削に関する事がありましたら教えてください。  よろしく御願いします。 出来れば、ラフィング、スクエアと教えてください。 チップ式は側面をメインに使うのは厳しいと聞いていますが、もしお薦めの物があれば教えてください。  外周取り代は半径(片肉)6mmです。  必要な刃長は 54以上です。 最大把握径がφ20までなので現在はφ20で探しています。

  • 銅の深穴加工

    純銅にφ5mm深さ90mmの止まり穴を、月産8000穴あけるとします。 超硬オイルホールドリルと、高圧クーラントを使用し、 油性の切削油で、加工能率を上げることは可能でしょうか。 油性切削油の場合、加工点に切削油が到達しにくいと聞いたことがありますが、 水溶性の切削油を使うと、銅の変色が激しいため、出来れば油性の 切削油を使いたいと思います。 また、銅の加工の場合、ハイスはすぐにへたってしまうので、 工具材種は、超硬が必須です。 この方法は、現実的でしょうか? また、高圧クーラントはどれくらいの圧が必要でしょうか? 高圧クーラントの加工設備および経験が無いため、経験者のご意見を 頂ければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。