• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特殊ネジの検査

雄ねじM20×P1(細目)、雌ねじM64×P2(細目)がある製品の特急製作を受けました。検査ネジゲージが受注生産で納期40日ほどかかり、製品納期に間に合いません。ネジゲージ以外の検査方法ないものでしょうか。また、このネジゲージ保有の方で貸してもいいよ、譲ってもいいよ、という方おられませんでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数339
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

初めまして  OSGでネジサイズによっては在庫してる場合 がありますので、ご確認したほうがよいと思いま す。  以上ご参考まで。

参考URL:
http://www.osg.co.jp/tool/products/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

といあわせてみます。ありがとうございました。 OSGに確認したところ、在庫ありました。ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

私は設計を営むものですが、仕事柄私のほうで短納期、特殊加工を頼む事が多いですが、今回のネジの場合などは合わせる部品を支給して、現物あわせにて加工をお願いしています。(支給していただけないのでしょうか?)又、支給困難な場合、製品に合わせたゲージを製作して客先に確認して頂く時間は無いのでしょうかどちらにしても、設計屋として、こうゆう苦労をして頂いている加工屋さんに感謝しております。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今回の案件は、機器補修部品であり、機器停止時間が短時間に規制されています。ご助言いただいた、相手現物は取り外せない、自前製作ゲージの確認もできない状況です。natuoさんのご助言にあったネジマイクロが解決策になればいいのですが・・・。しかし、この土日でメーカー回答が得られないのが、特急試作屋にとって悲しいです。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

始めまして >ネジゲージ以外の検査方法ないものでしょうか。 ご存知かと思いますが、雄ねじなら、ねじマイクロメータ・3針法、雌ねじなら中に鋼球を入れて有効径を測定できると思います。  以外の山の角度はチップの角度(傾き)、ピッチ等(深さも)はNCプログラムを信用するというのではどうでしょうか。  それからお急ぎでしたらお客さんから相手部品をお借りして現物合わせで加工するというのも手かと思います。  うちで大径の雌ねじを切る場合は全てこの手でやっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ねじマイクロメータというものがあるんですね。知りませんでした。ミツトヨにあるみたいなので、問い合わせてみます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

外径測定と溝形状確認である程度はわかると思います。 検定品じゃなければ加工屋に測定治具を作って もらってはいかがでしょうか? 加工にさえ入れば1日(数時間)もあれば十分で出来ますよ。 (耐久性を望まないのでしたら・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の助言感謝いたします。投影機で測定となると、旋盤チャックからはずして測定しますよね。検査NGだったら、再度チャッキングして修正加工はできないので、さてさて・・・。測定治具製作となると、製作治具の精度が問題になるような・・・。かんがえすぎでしょうかね・・・。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

投影機での検査も可能かと思います。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々の回答ありがとうございます。投影機では通り、止まりといった、微妙な所が判断できるのかなぁ・・・と考える次第です。

関連するQ&A

  • ネジについて 組み合わせられない

    W22-山14の オネジ及びメネジの仕事を受注 ゲージもプラグ及びリングを客先からの支給されました オネジ及びメネジをNC旋盤にて加工したのですが、組み合わせることができません。 ゲージは、両方とも通り、止まりともOKなのですが? どうゆう事が考えられますか? なんか、凄いことになって来たみたいで… 良くこのサイトを、参考にしていたので残念です。

  • 旋盤によるネジ加工 なぜ相手部品で確認するのか?…

    旋盤によるネジ加工 なぜ相手部品で確認するのか?ネジゲージでの確認はだめ? ネジは一般的に転造で造りますが、旋盤でも造れますよね。 当社は1品モノの製作をしていることから、たまに旋盤でネジを造る事があります。おねじを造る事もあればめねじを造る事もあります。 そこで質問なんですが、おねじ、めねじどちらでもいいのですが、 どちらか一方を造る場合、相手となるめねじ、またはおねじを貸して欲しいと言われます。 例えば、おねじを製作して欲しい場合、現場から相手となるめねじを貸して欲しいと言われるのです。理由は、出来たおねじをめねじに入れて上手く入るかどうか見るためだそうです。逆のパターンも同様です。めねじを製作依頼したときには、相手のおねじを貸して欲しいと言われます。 え?なんで?と疑問に思うのです。 別に相手がなくても、JISに基づいて製作すればねじは機能すると。 角度やピッチは決まっているからそれに沿ってやれば問題ないと。 等級は別にして。 私は転造ねじ、NCによるオネジ・メネジを大量生産している会社を見たことがあるんですが、どちらも1つ1つ相手とねじ込んで確認なんてしていませんでした。大量生産なんでそんなことしていられませんし、確認しなくても問題なく出来ていました。1時間に数個ランダムに取っての確認はありますが、それでも問題ないと思います。 汎用旋盤で加工する場合のみ、相手を貸して欲しいというのでしょうか? それは、加工者の腕によって出来栄えが違うからでしょうか? そうとしても、別に相手がなくても、ネジゲージを使って確認すれば 問題ないと思うのですが、なぜ相手を欲しがるのかわかりません。 ネジゲージを使って入れば問題無いと判断するのは違うのでしょうか? なぜ、旋盤で加工するネジは確認に相手を使うのでしょうか? ゲージがなんの為にあるのかわからなくなりませんか? どなたか教えてください。 宜しくお願いします。

  • 熱処理後、ネジの変形

    M6のP1.の雄ネジを焼き入れ焼き戻しHRC40~45の処理後にネジゲージが入らなくなります。 熱処理後にどの程度変形するものなのでしょうか?

  • 栓型ネジゲージの止まりの合否判断基準を教えて下さ…

    栓型ネジゲージの止まりの合否判断基準を教えて下さい。 ネジ穴の有る製品を製造していますが、雌ネジのネジゲージ検査の結果で お客様と判断基準が合わなくて悩んでいます。 雌ネジにJIS1級栓型ネジゲージの止まりゲージを挿入したときに、 どこまでゲージが入ったらNGなのでしょうか? 僅かでもネジが咬み込んだらNGなのでしょうか? 公的な判断基準を示した資料が有ったら教えて下さい。 公的基準が無い場合は、一般常識的な基準でも結構です。 助けて下さい!

  • ネジゲージでの検査

    M10P1.5おネジをGR2(2級ネジリングゲージ)を利用して検査しようと考えております。 社内に3個,GR2のゲージがあり製品を3本指の力でねじ込んでみたところ、通るもの1個、きつい感じのもの1個、入らないもの1個あり同じ規格のゲージのはずが、ここまで差がはっきり出るとは意外でした。 製品検査上、合格、不合格の判定が出来ない状態です。 最良の方法はエンドユーザーの検査機器を借用して検査する方法ですが、その前に自身(製造側)の判定基準を作りたいと考えております。 考え方のご教授を御願いします

  • 特殊ネジ(鋸歯ネジ改良)のゲージ

    いつも大変お世話になっております。 現在、自社でデザインした特殊形状ネジ(オネジの外径は約8mm、30°鋸歯ネジを改良したもの)の検査方法の確立に頭を悩ませております。 当初は通り/止まりゲージを特注で対応を予定していましたが、主要なメーカに検討を依頼したところ、全て断られてしまいました。 どこか特殊形状のネジゲージを製作して頂けるメーカはございませんか?もしくは別に良い検査方法があれば教えてください。

  • インチネジについて

    かなり古い図面ですが、ネジの寸法に「2.00-16UN-2A」と謳われています 2インチのピッチが16だと思いますが、これを測定するリングゲージが見つかりません そもそもこのサイズがJIS規格などに載ってないです このサイズのネジは特殊ネジですか? この仕事を請けると年間1500個を今決まってるだけで5年続きます もう1つ初歩的な質問ですが、おねじを検査するゲージの通りネジ・止まりネジ用のリングゲージと外径用のリングゲージの使い分けはどう違うのでしょうか 通りネジ・止まりネジ用のリングゲージは有効径、外径用のリングゲージは外径が基準になってるようですが、どちらを選ぶかをどう判断するのでしょうか? よろしくお願いします

  • 細目ネジ加工

    FC250にM6P0.75の細目ネジを加工したときネジゲージの通側がきつくなってしまいます。下穴径はφ5.3ドリルでタップは一般のハンドタップ食付き5Pを使用しています。機械は横型マシニングにて同期タップ加工をしていて、エマルジョンの水溶性を使用しています。いいアドバイスがあれば教えてください。

  • G1/4官用ネジ オネジ加工について

    ひさしぶりに投稿させてもらいます。 機械が、スター精密 SR20R S45CFでG1/4のオネジをネジ切りサイクル(G92)で加工しているのですが、 3点質問させて頂きたいです。 1,ネジの外径、谷径を調べる為JIS規格の本を参考に、JIS B0202 のオネジのページをみたのですが、上の許容差 下の許容差など 色々載っていまして、何を基準で記載されているのか 全然解りません。 2,メネジのページを参考に外径13.157 谷径11.445と記載されていましたが、MAX MINがどこにも見当たりません。官用ネジにはそもそも前者の内容がないものなのでしょうか?(加工完了後ネジ山が、10山ピン角に見える) 3,ネジ切り加工中かなりのバラツキ?が発生し、検査時(リングゲージ)、ネジの奥側が硬くて通らない製品が発生する。(表現がわかりづらくてすみません。) 以上3点なのですが、悩んでます、 少しでもアドバイス等頂けたらありがいです。 よろしくお願いします。

  • ネジゲージの誤差について

    ある製品で、自社の製造部が持ってるOSGの3BネジゲージではOKなのに検査部が持ってるオヂヤセイキの3Bネジゲージが通らない事案が出ました 測範社の3AリングゲージにOSGのネジゲージは通るのですが、オヂヤセイキのネジゲージが通りません この行為がいいのかどうかわかりませんが・・・ 検査部のネジゲージは毎年エヌケイエスで校正してるのでこっちが正しいと言います ネジゲージはメーカーによって微妙に違うものなのですか? また、毎年の検査以外に自社で行えるネジゲージの検査はどのように行えばいいのですか? わたしは製造側の人間なので検査には詳しく、専門家の指導を頂きたいです よろしくお願いします