• 締切済み
  • すぐに回答を!

電気的特性に優れている表面処理は?2

「No.5142 電気的特性に優れている表面処理は?」が締め切られましたので 新しく立てました。 kei-nksm さんの回答と食い違っている(下記)ところがどうも気持ち悪いのでご意見ください。 kei-nksmさんへ:HN持ち出して申し訳ないですが匿名性は守られているので許してください。 kei-nksm さんの回答 > 電磁波シールドと考えた場合、必要なのは電気伝導度の特性です。伝導度の優れているものと考えれば、 > 銅めっき>電気ニッケルめっき>無電解ニッケルめっき > となるでしょう。 私の回答 > 電気的特性は、ニッケルめっき<無電解ニッケルめっきです。(伝導率、接触抵抗の比較) 上記の理由: 無電解ニッケルめっきの特徴(ニッケルめっきとの比較)は 膜厚を均一で均等に仕上げることが出きるので、めっき部分同士が 接触するような場合でも接触抵抗が少ない。 もちろん他の導体との接触抵抗も同様 精度の高い膜厚管理ができるのでニッケルめっきの3倍程度の厚みを 正確に出せる。よって、電気伝導度(初回の回答では伝導率と書いた)が良く 更に、均一に仕上がることとの相乗効果でニッケルめっきに比べて 電気伝導度は高く仕上げることが出きる。 と考えています。 が、私はめっきの専門家ではなく図面に指示するだけの立場ですので 間違っているかも知れません。 kei-nksm さんご意見聞かせてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数170
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ご指名いただき、ありがとうございます。m(_ _)m ◆電気伝導度 すみません。抵抗値しか探し出せませんでした。無電解ニッケルめっきの電気抵抗は、そのリン含有率によって変化しますが、60μΩ/cmとされています。電気ニッケルめっきでは、8.5μΩ/cmです。無論、電気ニッケルめっきの場合も、使用する添加剤によっては共析する元素もその量も変わりますが。 ニッケルの純度のみを追求した場合、ヒドラジンを還元剤とする無電解めっきもありますが、特殊すぎて対象外でしょう。 ◆接触抵抗 この点は考慮していませんでした。すみません。 ただ、後述する精度の点で、適用する膜厚がごく薄いため、筐体の嵌め合いに邪魔になるような膜厚ではありません。 ◆精度 一般的な要求として、めっきの施工膜厚は20μm - 0.02 - が上限です。表裏両面に析出させたとしても寸法ではその倍ですが、0.1を超えるような仕様は極めて特殊です。クロムめっきなら形状と膜厚分布の問題は顕著になりますが、変色防止(しかも銅めっきの変色を防ぐためのニッケルめっき)には仕様としての膜厚の設定がされていても、実質上意味のあるものではないと考えています。銅の変色を防ぐという、見た目の色を変えるための処理であれば、0.1μmで十分です。このレベルだと電気めっきと無電解めっきの膜厚精度の問題にはならないし、ニッケルめっきとしての伝導度への寄与も誤差レベルだと思います。 筐体として考えた場合、このレベルでの精度は必要ないと思います。 電気ニッケルめっきとした場合つき回りの問題があるので、下層の無電解銅めっきでシールド性能を確保し、その変色防止に銅全面に無電解ニッケルを施すことになります。 この膜厚-周波数-シールド性能に関しては、日本規格協会発行の「めっき技術マニュアル」が詳しく記載されています。 ◆工法的な点から(めっき業者側の観点) まず、無電解銅めっき直後にニッケルめっきをしたい。 銅めっきからニッケルめっきへとその設備を変更するのなら、それに伴って冶具を変える必要も生じるかもしれません。なにより、めっき直後の酸化膜のない清浄な金属面にその次のめっきをすることが、密着不良の問題を回避するために必須です。ですから、作業性以前の問題として、一貫工程で処理したい - これが次の点に繋がります。 次に、電気めっきと無電解めっきを混在させたくない。 エアポケットを避ける意味では無電解めっきの冶具設計も重要ですが、電気めっきとなると通電性を考慮することが必須です。極端な表現をすると、無電解めっきで要求される冶具の機能は、「製品を支えている」ことだけです。電流を供給するための冶具となれば、接触点形状や冶具材質までも考慮しなければなりません。不導体へのめっきで最終的に電気めっきする目的なら、最初の無電解めっきで、冶具接点と製品が電気的に接続するように接触部分にも無電解めっきを析出させる必要があります。しかし、接点部分には無電解めっきが析出しにくく、通電不良の問題が生じます。冶具メンテナンス(冶具に析出しためっきの剥離)も表に出てきにくいコスト圧迫要因になりますし。 めっき業側の言い訳になりがちな回答になってしまった感があります。 しかし、設計側視点での問題提起をいただき、視点を変えて勉強しなおすよい契機となりました。ありがとうございました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答ありがとうございます。 > ◆電気伝導度 > 無電解ニッケルめっきの電気抵抗は、そのリン含有率によって変化しますが、60μΩ/cmとされています。電気ニッケルめっきでは、8.5μΩ/cmです。 了解しました。 > ◆接触抵抗 > この点は考慮していませんでした。すみません。 > ただ、後述する精度の点で、適用する膜厚がごく薄いため、筐体の嵌め合いに邪魔になるような膜厚ではありません。 接触抵抗を気にするのは例えばケースが何枚もの板金で出来ていると ねじ止めだけでアース回路が出来上がる場合とアルマイトのように剥がして アース線で補助しなければ電気的にアースが取れない場合があるので 電気屋の視点から見れば大事なことです。 私のわがままに時間取っていただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 電気的特性に優れている表面処理は?

    お世話になります。 電気装置の筐体の筐体内(エンクロージャ) の表面処理ですが、 EMC性能に優れている表面処理は 一般的に、ニッケルめっき処理だと思っていたのですが。 無電解ニッケルめっき処理の方が適している、みたいな事を聞きました。 言ったその人に聞けば良いのですが、どこの人だかもわかりません。 そこで、 筐体設計において、EMC、電気的特性に優れている、表面処理は何が良いのでしょう? どなたかご存じな方、教えてください。

  • 電気伝導度について

    硫酸中の水素イオンなどの電気伝導度がわかりません。 硫酸のモル伝導率などは調べて分かったのですがイオンの伝導率というのはどうしてもわかりません。 お詳しい方教えていただけないでしょうか。

  • 表面処理膜厚測定方法について

    簡単に出来る膜厚測定方法、測定器の種類を教えて下さい。対象はニッケルクロームめっき、カチオン電着塗装などです。

  • アルミ水冷配管の無電解ニッケルめっきについて

    ご返答、よろしくお願いします。 さて、機械の冷却に水を使用しており、熱伝導を考えてアルミ製の水冷ブロックを水路にしております。 腐食対策に無電解ニッケルめっきを10μm施しておりますが、めっきが3ヶ月ほどで剥がれて目詰まりを起こしてしまいます。 水圧は0.3MPaで市水、比抵抗が10KΩ以上です。 無電解ニッケルめっきは、15μm以上の膜厚でなければいけないなどという話も耳にしましたが、本当のところどうなのでしょうか。 無電解ニッケルめっき以外のめっき処理が良いのでしょうか。 私、真空装置屋でしてどうもこのあたりの話には弱くて困っております。

  • プロトン伝導膜と電気伝導膜の違い

    プロトン伝導膜と電気伝導膜はどう違うのですか?

  • 電気的特性について

    初歩的な質問かもしれませんが、宜しく御願いします。 ノイズ耐性を良くするためにISAボードのブラケットのメッキの変更を検討しています。 ニッケルメッキ/亜鉛メッキ・光沢クロメート処理/亜鉛メッキ・有色クロメート処理(虹金色)の中で電気的特性(導波性(高周波特性)と接触抵抗)の良い順を教えて下さい。

  • 無電解ニッケルめっきの耐食性

    無電解ニッケルめっきについて質問します。 鉄素地上(SUM素材)に無電解ニッケルめっきします。塩水噴霧試験にて72時間でレイティングナンバーで8以上を求めたいのですが海外でめっきしたもの(めっき膜厚 約8μm)が24時間持ちません。 日本の会社でめっきしたもの(めっき膜厚 約5μm)は十分持ます。  めっき膜厚が日本の会社より厚いのになぜ耐食性が悪いのかが判りません。また、耐食性を向上させるにはどのようにすればよいかアドバイスをお願いします。

  • 各種イオン濃度のみから電気伝導度とpHを求めるには?

    こんばんは。 とある所から、純水の水質管理の分析結果が戻って参りました。 で、イオンが何ppbあったとかいう記述があるのですが、現場で測定している電気伝導度に比較してどうも値が多めな気がしております。 そこで、お聞きしたいのですが、  *各種のイオン濃度から計算上の電気伝導度やpHを求められるのか 若しできるならやってみたく思います。差し支えなければよろしくお願い致します。

  • セラミックスの電気伝導

    セラミックスは一般的に電気伝導において、 電流は粒子内を流れ、粒界は電気的抵抗になると思いますが、 粒界のほうがよく流れる場合はあるのでしょうか? 参考になりそうなサイトや文献を探しているのですが、なかなか見つかりません。。

  • pHと電気伝導率、抵抗率の関係

    水溶液のpHによって、電気伝導度(mS/m)、抵抗率(Ω・cm)はどのように変化しますか? 計算方法を教えてください。