• 締切済み
  • 困ってます

R0.1ボールエンドミルの切削について。

金型業界に入ってまだ1年ちょっとの者です。 銅電極の切削条件で苦労しています。 現在加工しているワークの最終で必要な工具径がφ0.2(R0.1)と細く、 取り代や切削速度など条件を変えてリトライを繰り返しているのですが、 もう既に4本折っています。 決して工具も安い物では無いですし、納期も迫っているので、最適な切削条件を 教えて頂けないでしょうか? また、材質毎の切削条件がデータベース化されている様なサイト、 本などお勧めがありましたら、ご教示願います。 参考までに 加工機 :FANUC ROBODRILL α-T14ic(15000rpm仕様) CAD/CAM:GraphicProducts CAM-Tool C3 工具:日進 R0.1有効長2 素材:銅 前工程の工具はφ0.6(R0.3)で行っています。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数175
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

?切り込み0.02 → 0.01以下 ?荒取り R0.3 R0.2 R0.1 の順 ?仕上げ代一定(大原則) ?焼きばめ(振れ精度) 以上4点注意すればそんなに折れないと思います。 某工具メーカーではR0.05のボールで切り込み1μだそうですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます。 R0.2の中荒取りの工程を追加、切り込み量を1/100、 アプローチスピードの変更、切削方法の変更をして 問題は解決しました。 最適な条件を探すのは難しいですね。 こればっかりは経験でしょうけど。。。     やっぱり焼きばめかぁ…。

関連するQ&A

  • ボールエンドミルの感覚を掴むには

    CAMなどでプログラムを作るのにいろいろな工具での加工経験 をつんで、加工のことが体感でわかっている必要があるのかな と思っているのですが、 (そうじゃないと加工の条件が工具データを頼りにしか できない感じで、実際加工したことがあれば、経験をもとに 条件を設定していけると思うのですが、 現状では仕事が無い状態ではどのようにしてさまざまな工具の体感や 加工方法を知っていくことが出来ますか? たとえば、ボールエンドミルの感覚を掴むために汎用フライスにボールエンドミルを取り付けて加工をするとしたらどんな加工がありますか? イメージとしてはボールエンドミルは曲面などの加工にNCで使うイメージですが、ボールエンドの感覚をつかむために汎用フライスに取り付けて 感覚を得る場合どんな加工で使うのかということですが、 それとも体感を得る前に加工経験があまり無い状態から 工具データを頼りにCAMでプログラムを作成していっても 良いでしょうか? その場合工具の送りや回転数は範囲の下限で設定するなどしていけば いいでしょうか?

  • ボールエンドミルの平面加工

    NC加工をしている者です。高速送りをするため等高線加工を主体にしていますが、形状によってはそれですと加工面が粗くなってしまうため、部分的に走査線加工や面沿い加工を使っています。その時、ボールエンドミルで平面や緩斜面の形状を加工すると所々線のような食い込んだ跡が残ってしまいます。切削ワークは例えば銅ですと3RでS12000、F2200、Z切り込み0.15、スキャロップ高さ0.0005、残り代0.02で仕上げ加工しています。送りが高すぎるのでしょうか。走査線加工や面沿い加工の時は一般条件で加工しないとやはり食い込みが起きてしまうのでしょうか。

    • 締切済み
    • CAM
  • 銅タンの加工について

    普段、銅のみで電極の加工をしているのですが、初めて銅タンで電極を作ることになりました。 加工に適した工具とその条件を教えてください。 ちなみに超硬のノンコートで銅と同じ条件で切削したら、むしれたような面になりました。 よろしくお願いします

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

回転数は  外ずけのモーターの物を使用すると上げることが出来ると思います 形状が 3次元ですと 刃物が上下すると折れやすいので 等高線加工で 加工した方が良いと思います また 荒取は もう一度0.2 で行った方が良いと思いますが  

参考URL:
http://www11.ocn.ne.jp/~eig/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レス有り難うございます。 増速スピンドルは、検討はしています。 でもR0.1を使用するのはマレ(普段はmin R0.5ぐらい)なのと、時間が無いので現状のスペックを使いたいと言うのがあります。 駆動方法の種類も色々あるので、ちょっと時間掛けて検討したいと思っているので…。 ATC使えなくなると言うのがちょっとイタイですよね。 下にも書きましたが、R0.2の工程を入れてみて、どうなるか?ですよねぇ。 切削方法は等高線です。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

上記回答の変更^^; MAX15000かあ  ピック0.005 送り速度 80 R0.1だと最低20000は必要だなァ 申し訳ないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のレス有り難うございます。 最後にやった条件が、15000rpmで送りが75mm/min ぐらいだったと思います。 Zピッチが残し山高さ(メーカで呼び方違うかもしれませんが…)で0.00025(平面ピッチで0.02相当)ぐらいです。 どの時点で折れているのか?!分からないのでなんとも言えませんが、 前工程でR0.2を入れてみてどうなるか?試してみようかと思っています。 有り難うございました。

質問者からの補足

度々すみません。 ブレの方はどうでしょうねぇ。 シャンクは#30で、コレット式を使っているので、 そこら辺も影響あるのかな?! 焼きばめ式は検討しましたが、周辺の色々な物買ったりでコストの問題がありますからねぇ。   一番の問題は『めんどくさそう…』 これなんですけどね。(^_^;)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

よい仕事してますね。うれしいです。 まず切削条件はR0.1だと 回転数   25000 PICK   0,01 送り速度F   120 シンブレは大丈夫?当社はコレットではなく焼きバメなので気にしませんが、破損の原因は多分送りが早い かも、御社のマシンスペックが把握できないのでこちらの条件を参考にされたし! 荒取りもしっかり! がんばって^^V

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • BeCu25合金切削方法の御教授お願いします。

    初めてのBeCu25合金高価な代物、経験不足の自分です想定外のことも置きえます、是非皆様の御教授宜しくお願いします。 早速ですがt30X60X65のワークにフライス工程は8X34の角穴を貫通その他ポケット加工が8箇所コーナR1~2深さも5~11?と厳しく穴加工はΦ3.0Φ3.2がt30を貫通M3タップは20mm貫通その他M3タップ21箇所、M2タップ8箇所あります。 穴工具は、ハイスコーティングのスタブドリルタップ(M3)はOSGのチタン加工用のスパイラルM2はサイズが無いのでポイントタップを用意し、フライス工程は荒引きは銅加工用の日進のDHSかラジアスエンドミル、仕上げは日進のラジアス、銅加工用用の日進NEA,DXLナチCURIB 三菱CRN-4JCを選択しております。 切削条件は、ドリルはハイスなのでmin/8mエンドミルは熱硬化を考min/25m~35mで送りはメーカ推奨条件で調整予定です。 工作機械は40♯機のマシニングセンターを使用しますが水溶性クーラントのため時効硬化の問題を抱えており、油性を選択した場合、手給油しか手立てがなく穴は行けると思いますがフライス工程のポケットは水溶性で行くしかないと思ってますがポケット加工面にもタップが立つ為、なにか良い施策がありましたら御教授宜しくお願いします。 工具、切削油の選択も大体で狙ってますので適正かどうか分かりませんので推奨工具ありましたら宜しくお願いします。 尚、SUS304の加工経験はありますが、BeCu25合金は別物と考えております。

  • インコネル鋳物の切削について

    インコネルの金型の引き合いがありました 一度も加工したことが無い材質で加工条件、工具など未知の世界です 技術の森内をインコネルで検索して少しは性質などはわかったのですが 切削条件いついては一年以上前のものが多く最新の刃物、条件などの回答がありませんでした 工具代はかかるのは覚悟してます 良いアドバイスをお願いします 引き合いの内容 インコネル鋳物で金型になる(成分わかりません) カッター エンドミル ボールエンド ドリル ぐらい使用します どれか一点でも切削条件、工具、の情報をお待ちしています

  • タフピッチ銅c1100切削方法

    タフピッチ銅c1100の切削条件が良く分かりません。 銅加工をしたことがなく困っています。 マシニングでの(キリ穴あけ、エンドミル溝、側面加工)工具の材質、切削油、回転、送りなど切削条件を詳しく教えて頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 切削加工について

    前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね?何でもいいので教えてください。 お願いします。

  • 高速切削条件

    プラ型製作でCAMを担当してます。 工具メーカーのカタログ等を見てもスクエアエンドミルの高速切削条件がそろっているものが見つかりません。 参考になるHP等のご紹介をお願いいたします。 MC YASDA 640V ワーク材質 銅 NAK55 NAK80 SKD61 使用工具 Φ12.0Φ0.5 よろしくお願いいたします。

    • 締切済み
    • CAM
  • 銅の切削について

    こんにちは 銅の旋盤加工について経験のある方のアドバイスをお願いします 10年以上 NC旋盤の加工をしておりますが、 初めて 銅の仕事がきました ワークが細長く φ30×150 で 端から30ミリほど ネジがあります 切削性や切削条件など まったく知りませんので よろしくおねがいします

  • ヘリカル切削について

    今年に入って、CADを購入しました。 ヘリカル切削というものが、あることを知り、 試してみたいと思っているのですが、 切削条件がわかりません。 切削速度と送りは、どの程度で、加工したらよいでしょうか? カタログの切削条件からでも、参考になりますか? ちなみに、工具は、超硬など、刃数が多いほうが 適していますか? よろしくお願いします。 材料は、S45Cです。

  • 高硬度材の切削加工について

    初めて質問させていただきます。 昨日FANUC_ROBODRILLにてDC53(SKD11相当)を焼入れ後、再加工するため焼きなましHRC40~50程度にしたものに、丸100mm深さ53mmのポケット加工を行いました。 ツールはMISUMIの高硬度用6枚エンドミル刃径12mm刃長30mmシャンク径10mm、これをユキワのG1チャックに60mm突き出して使用しました。 条件は丸12mmのドリルで下穴加工後、深さ切込み1.5mm、切削幅6mm、切削速度18m(500rpm)、送り一刃0.1mm(100mm/min)。切削油剤はBlaserのバスコ1000(水溶性)を12%で使用しました(一番多い加工材が非鉄なので水溶性を使っています)。 上記のような加工で、刃が最後まで持たず根元より折損しました。考えられる原因として、 1.切削速度、送りが遅すぎた。 2.水溶性の切削油剤ではなく、ドライ加工をするべきだった。 等があるかなと考え、次はドライ加工を試してみようかと考えていますが、皆さんはどう思われますでしょうか。社内に経験者がおらず、いろいろな所で情報を集め加工しているのですが、どうも自分がやっていることが正しいのか間違っているか自信が持てません。些細なことでもかまいませんので、ご教授願えれば助かります。よろしくお願い致します。 沢山の書き込み、ありがとうございました。短時間でこれだけ多くの反応をいただけると考えていませんでしたので、ちょっとびっくりしています。 その後ですが、現在段取りしていて途中のものを仕上げてしまわなくてはいけませんでしたので、まずは手持ちの工具を使い、ドライ加工と切込み条件の変更をしてみました。 使用した工具は、12mmスクエア2刃TiAlN(MISUMI)、エアブローを使い条件は切削幅0.5mm切込み5mm、2300rpm-200mmで加工してみました。結果2枚刃でしたのでこれ以上条件を上げるのは厳しそうですが、まずは目的とする仕上げ面を得ることが出来、最後まで加工完了しました。 ドライ加工、やってみるとなかなか面白そうなので、他のワークでも使ってみようかと考えています。切粉が流れないので、掃除がちょっと大変なのが難点ですが(^_^;) エンドミル形状は、ラジアスのものを近いうちに購入し、またいろいろ試して見ようと思っています。そして、少しでも早く目的を達するためのベストな方法を見つけられるよう、学んで行きたいと思っています。 今回はお忙しいところアドバイス、ありがとうございました。 また質問することもあるかと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

  • 切削液について

    私はNC旋盤歴が8年になりますが、先日、会社の命令で1週間ほど別の会社へ機械立ち上げのため出向してきて初めて切削液の違いに感じました。 うちの会社は一応、大手機械メーカーなので必要な物は多少高くても購入してもらえます。 その中でうちが使っている切削液などは20リットルのペール缶で1缶2万円くらいします。 しかし、出向先の会社では20リットルのペール缶で1缶7千円と言う激安の切削液を使用していました。 加工していてどうも工具の寿命が短くなった気がしました。 これは気のせいでは無いですよね? 回答お願いします。   ちなみに機械、工具、プログラム、加工条件、加工ワークなどはすべて私の会社と一緒です。 違うのは切削液、マシン油くらいです。

  • エンドミルの切削条件マニュアル

    現在、マシニングセンターが10台ほどある工場に勤務しています。 この度、マシニングの使用工具の共通化・マニュアル化(段取り短縮の一環として)を進めている最中です。 皆で話した結果、基本的に「超硬のエンドミルを使用する」という1つの結論がでました。 そこで、どのようは切削条件の基準(使用マニュアル)を作ったらよいか悩んでいます。具体的には、基準を何に置いたらよいのか?回転と送りなのか?切削速度と刃当り送りなのか?ピンポイントで商品を決めてしまうか?など悩んでいます。 機械はBT30、40、50で被削材は低炭素鋼が中心の2次元加工で、特に複雑な加工はしていません。 良い案や例があったら是非お助けください。

専門家に質問してみよう