• 締切済み
  • 暇なときにでも

耐オゾン性

自分はゴム成型会社の材料担当ですが、電子機器用のゴム製品について、ユーザーより耐オゾン性の要求があることがあるのですが、いつも、どの程度の耐オゾン性が必要かが判りません。 電気会社のユーザーからの耐オゾン性要求には、例えば発生オゾン量は50pphmで、40度72時間ノークラックとか、具体的にはどうやって調べればいいのでしょうか? 電気製品の耐オゾン性の規格とかはどんなものがあるのでしょうか? ゴムについてはJIS規格はありますが、個々の電気部品については判りません。 材料開発者には、営業を通してしかユーザー情報が入らず、どの部品が、どの程度の耐オゾン性が必要か、営業も材料担当もユーザーも判らないでは仕事が進まないのですが、営業がユーザーに話すさいの電子部品の耐オゾン規格を知りたいのです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数537
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

電気部品の部品とはプラスチックス部品のこと ですか?それともその他の部品のことですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アクセスありがとうございます。 電源ボックスのスウィッチのゴムカバーです。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ご存知かと思いますが、ゴムは紫外線、オゾン等に より亀裂等が発生します。 紫外線劣化の試験法ではウェザーメーター。 オゾン劣化の試験法ではオゾンウェザーメーター。 等の試験機があります。 御近くに工業試験場などございますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 埼玉県産業技術支援センター(工業試験所)にあるそうです。 スガ試験機製OMS-Lで オゾン濃度:20250pphm  [試験片寸法・数]最大 幅25×長さ120×厚3mm・12ヶ それと、売り込みに来た精工化学系商社サンケムテックさんが、耐オゾン性の薬剤の効果のデモンストレーションで測定して下さるそうです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 耐塩素性のある樹脂材料を探しています

    現在、耐塩素性のある樹脂材料を探しています。 塩素濃度は20~30%です。 電子部品の絶縁材料として、使用する目的で絶縁性、衝撃性に関する ある程度の電気的性能、機械的強度が欲しいです。 現在、PC、PPS、PEEKを検討しています。他に良い材料あれば ご教授いただきたいです。よろしくお願いします。

  • ENAW6063とはどの様な材料か教えて下さい。

    EN(おそらく欧州統一規格)AW6063と同等の材料はJIS規格ではどの様な物でしょうか? 合わせて特性など合わせて教えて頂きたいのですが。 ☆自己紹介を忘れておりました。 ダイカストの金型を設計・製造をしている物です。 先日、上記材料で部品を製造をしているユーザーさんから「その製品をダイカストで作れないか?」と問い合わせがありました。 材質も同等品かそれに近い特性の物と希望しております。

  • 静電耐量試験の条件(HBM,MM)について

    電子部品を扱う営業の仕事をしておりますが、文系卒で詳しくないので教えてください。 ある電子部品の静電耐量を試験する際の条件として、ーマンボディーと、マシンモデルという2種類の試験条件があるようですが、一体それはどういう試験内容で、どういう方法、どういう目的でで行うものなのでしょうか。 簡単に教えていただけたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 耐電性と硬度をもつ樹脂

    セラミック系の小型電子部品(0.5角)の搬送系(通路)を 樹脂材料で構成できないか検討しています。 目的は樹脂成型工法により大幅なコストダウンを図ることです。 現状はSUS+表面処理です。 身の回りにある硬そうな樹脂材で実験したところ静電気で ワークが貼りついてしまいました。 耐電性と高度を併せ持つ樹脂材料をご存知の方アドバイス願います。 (樹脂にメッキもできるのでしょうか?)

  • エンボステープ仕様

    電子部品を収納するときにエンボステーピングを行うと思いますが、JIS規格でテープの引き剥がし力が規定されていると思います。(ピール力)この規格の掲載されているHPなどご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。

  • 電子部品規格

    2sc169 の規格を教えて(電子工作材料) 他にも抵抗器があるがテスターで図ります、この部品を使用した製品、回路例・・・ボケ防止玩具つくり・・・と考えています.

  • 電子部品の在庫管理表

    小さい会社で電気製品を製造しています。 小さい電子部品の管理をしているのですが A製品・B製品と各製品の専用の部品があれば 共通の部品も沢山あります。 担当している製品は5~7の製品に 部品点数は500~600個ぐらいあります。 各製品の部品表に各部品が何個残があるか? 製品を作製する時に足りないものがないか? 在庫が何個あるか? など エクセルかフリーのソフトかアクセスなど お金をかけないでできるものがありませんでしょうか? 大変すみませんが 教えてください。

  • 帯電しない樹脂材料

    電子部品の外装カバーに樹脂材料を使いたいのですが、静電気を帯びない(帯びにくい)材料はどういったものがあるのでしょうか? まだテスト段階のためペレット等ではなく一般的に入手しやすい切削材料で そういうものがあれば教えてください。 一般的に電気製品の外装等にはABSやPCが使われていると思うのですが、そういうものは標準の材料ではなく帯電しない成分が入っているものを使用しているのでしょうか? 一応、現在検討している構造では電子部品とカバーの隙間はほとんどない(0.2mm位)感じになります。 基本的な事ですみませんが、回答宜しくお願いします。

  • プリント基板は燃える?

    電気製品に使用しているプリント基板(ガラエポ)が燃えることがあると聞きました。電子部品のゴムやプラスチックが燃えることは想像できるのですが、プリント基板が燃えるというのが理解できません。どのようなメカニズムで燃えるのか、ご存じの方は教えてください。 ・プリント基板の何が、どのようになって燃えるのか。 ・通電をしていなくても、自らが燃えていくのか。 ・使っている部品の影響があるのか。(電解コンデンサが怪しいと思っています。) ・電気機器メーカはどのように対策しているのか。 家や仕事場でも、通電しっぱなしの電気製品がたくさんあります。それらのものが絶対に出火しないなんてことができるものなのか、心配しています。 参考図書やURLでも結構です。教えてください。

  • ゴム材料のUL認定

    CR材で、プレス(コンプレッション)成形にて、ゴム加工品の製作を 予定しておりますが、ユーザー様より 「UL94 V-0規格認定を受けているCR材料を使用しなさい」と指示を 受けております。 確かプレス成形用のゴムシート材は、ゴム原料に配合薬品を混合(コンパウンド?)して製作すると聞いております。 原料メーカーさんがUL認定材料というものを販売しているのか、 それとも混合するコンパウンド業者さんが、混合したシートに対して、 UL規格を取得するのか。 通常このような要求に対して、原材料メーカーさんか中間業者さんかどのような方が規格を取得しているものかをお教え願ないかと思っております。 よろしくお願い致します。