• 締切済み
  • すぐに回答を!

旋盤加工について

前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね? 本でそのテーマを調べているのですが、刃の形状はどんなのだ?と聞かれて答えられないのです。 旋盤加工の場合は、バイトを使いますよね?!力の向きを変えられる刃形はどんな工具になるのですか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数150
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 私が思うにそんな背分力・切削抵抗を考えるよりまず 被削材に合った刃具素材を探す事ではないでしょうか。被削材に合わない刃具材種でいくら高精度の加工を しようとしても無理があります、又力の向きを変える 工具など無いのでは? 力の向きと言うより送りスピードの変化による、バイトへの切削抵抗方向の事ではないかと考えます。 難しく考えるのもどうか と私は思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

私は工具(特に旋盤用)を製作しているのですが 少しだけ補足です。 ホーニングを無しにして(刃先のチッピング無し)掬い面を極力面粗さを細かくする。 切粉のすべりを良くする為です。 それと掬い面を切込み方向の逆に角度を付ける これをすれば少しはましになると思います。                     

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いろいろな、角度が大事な事がわかりました。 またこれから、調べていきたいと思います。 ほんとうに、ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんばんは >切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???  切削抵抗3分力の一つ背分力は超硬バイトの33形(右勝手片刃バイト)で言う「横切れ刃角」の角度で決まる場合が多々あるかと思います。  つまり以外の事を考えなければ0度なら背分力は0になる理屈です。 また横切れ刃角をマイナスにすれば外径に対して引っ張られる(食い込む)ようになります。 詳しくは  大河出版社発行の技能ブックス2、切削工具のカンドコロの26・27ページ、「切削抵抗の3分力」を参照ください。 >切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね?  切削抵抗の合成された力の方向でしようか。 それでしたら片刃バイトで言う、横すくい角・横切れ刃角・上すくい角・ノーズ半径等の調整である程度変化させることが出来ます。  同じくページ24をご参照ください。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ、本まで上げていただきありがとうございます。 また、投稿したときはよろしくお願いします。 なんて、失礼しました。 ほんとうに、ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

切削加工で、刃先の強度を上げるには、刃の断面を見た場合、角度が大きい方が強度があることは当然です。従って、刃の断面角が90゜のものがよく使われますが、その場合、掬い角を0゜を含みそれより大きくすると、刃の側面がワークをこすってしまい、まともな切削が出来なくなります。それを防ぐために、掬い角をマイナスにして、即ちネガティブレーキ(n)で加工するのですが、そうすると切削抵抗、特に背分力が大きくなります。それが現在直面している問題と思います。答えは以上の説明の中に既にあることはお分かりと思いますが、要するに掬い角を0゜或いはプラスにすれば節句抵抗は減ります。ただし、刃先の断面角が>90゜になるので刃先強度は落ちます。更に、刃先にはランド、或いはチャンファ、またはホーニングと称する、刃先を殺して(刃先を鈍くする)チッピングを防ぐ細工がしてありますが、それも切削抵抗を増す要因になっています。抵抗を減らすには、それらの細工を最小限にする(ランド、チャンファ、ホーニングを最小にするかなくす)ことが有効ですが、それも刃先強度、即ち刃先の寿命とのかねあいです。結論から言えば、掬い角をプラスにすることが有効ですし、鉄鋼の切削であれば、焼結cBN工具で高速加工することが一つの対策といえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

掬い面や、掬い角が関係してくるのですね。 これで、また調べごとが進みます。 ほんとうにありがとうございました。

関連するQ&A

  • 切削加工について

    前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね?何でもいいので教えてください。 お願いします。

  • 切削加工について

    分かる範囲でいいので、教えてください。 高精度切削加工をするための、条件として、工作機械の高精度化がありますが、工具に起因する条件を調べてます。 なんでも、いいので教えてください!!!!! お願いします。

  • 高精度化加工用工具について

    分かる範囲でいいので、教えてください。 高精度切削加工をするための、条件として、工作機械の高精度化がありますが、工具に起因する条件を調べてます。 なんでも、いいので教えてください!!!!! お願いします。

  • 切削・研削加工におけるμ単位除去原理

    切削加工において金属系SKD11・SS・S45C・SCMをよく加工するのですが、 超硬工具(CBN工具・ダイヤ等では試した事なし)でμ単位での微小 単位で切込を行った場合、なめて思い通りに寸法に仕上がらない・切削 出来ない現象が起きます。(座面・側面) 上記のような、現象はなぜ起きるのでしょうか? 自分としては下記のようなことが要因なのではと思うのですが、 御教授頂ければ幸いです。 ●超硬工具はすくい角が正だから? ●CBN・ダイヤ切削工具はすくい角が負だからμ単位で切削出来る? ●研削加工も同様、すくい角が負であるからμ単位で研削出来る? ●研削加工は砥石周速度が切削加工より10倍程度速く加工する為、  刃物(砥石)が固く作用するから? ●切削加工の背分力<研削加工の背分力 何か関係している? ●切削・研削加工にも厳密には弾性領域と塑性領域があるのは知っています。

  • NC旋盤での絞り加工

    お世話になります。この度未経験な仕事が入り悩んでいます。 当方の会社の設備はNC旋盤、MCで、切削加工を行っています。 今回、お客様から製作検討の依頼で切削加工ではなく、絞り加工?塑性加工?カシメ?的な依頼が来ました。 材質は真鍮で筒の中にコインフィルターを入れ、筒の口の部分をつぶしてフィルターを固定する、というものです。 真鍮の加工自体は問題ないのですが、フィルターを入れてカシメを行うのが問題です。プレスではシワが出てしまうので、塑性加工?みたいなことと考えています。 そこで、NC旋盤でなにかしらの工具で絞り加工を行いたいのですが、工具はどのような物がよいのでしょうか? 絞り加工の映像をみますと、ローラーみたいな物でやっているようで、材質は不明です。自分でローラー(コロ 金属製S45C)を製作してトライしてみようかとも検討中です。 または、なにかしらの金属でただ押して塑性加工してみようかとも・・・。 NC旋盤でカシメなど経験されている方等のアドバイスをいただきたいと思います。宜しくお願いいたします。

  • 切削と表面粗さについて

    旋盤による切削加工とその表面粗さの関係について調べているのですが 1)幾何学的に求められる粗さ(理想粗さ)について 2)旋盤の回転速度と表面粗さの関係について 3)切削力(主分力、背分力、送り分力)と表面粗さとの関係 について、教えていただけますでしょうか?切削工作物はS45C、工具はスローアウェイチップ、回転数は83r/min~1800r/min、切り込みは1mm、送りは0.2mm/rev 参考となるサイト、図書などももしご存知でしたら教えてください。お願いします。 1800r/minから83r/minの任意の回転数でその他の条件は一緒で切削をして表面粗さを計測した結果、83r/minが一番粗くなく、200から300r/minで最大粗さとなりそれ以上では粗さは小さくなりました。この原因、理由として考えられるのはどのようなことでしょうか??

  • 切削抵抗とは?

    率直に「切削抵抗」とはなんでしょう? 1番切削抵抗が加わる方向の主分力。送りに対する抵抗力の送り分力。工具を押し返す力の背分力。と説明はありますが。 なぜ切削抵抗を減らすとよいのでしょうか? 超音波切削は何故切削抵抗が減るのでしょうか? あまりにも抽象的ですが、宜しくお願いします。  

  • 高精度加工

    旋盤により、細長い丸棒の外周を高精度で切削加工したい。工具形状をどのようにすればより高精度加工が可能となるか。またその理由も知りたいのですおしえてください。

  • 加工条件について

    漠然として、すみません。 旋盤、フライス盤の切削加工の条件について材質や行程、加工方法別に切削速度や送り速度の設定についてまとめてあるサイトや資料本など教えてください。 また加工方法に対する工具(バイト、エンドミル等)の解説資料などご存知でしたら教えてください。

  • SCM435HのNC旋盤での切削条件を教えてください。

    SCM435HのNC旋盤での切削条件を教えてください。 加工材料は16ミリで仕上がりが5ミリほどです。 切削加工長さ70ミリです。 切粉の除去もうまくいきません。 よろしくお願いします。