• 締切済み
  • 暇なときにでも

溝加工に最適なエンドミルは何?

横形M/C(BT50番)で鋳物(FC300)の平面に溝加工(幅16X深さ32X切削長1300が10本)を2枚刃エンドミルで2回(16MMづつ)にわけて加工(Y方向)してますが、加工時間が長いし工具寿命もよくありません。使用しているエンドミルは標準タイプ超硬2枚刃(ソリッド)TiALコ-ティング(ねじれ角30°)です。切削条件はV=60M/MIN F=260MM/MINです。メ-カ-カタログの条件だと工具刃損が生じます。切粉づまりはしていません。工具突き出し量も必要最小限で工具ホルダ-もミ-リングチャツクを使用しています。加工段取りもしっかりしています。3又は4枚刃で切削性、工具寿命が良いメ-カ-を教えてください。どこのカタログも同じようなことを書いているし、また、サンプル品を貸してくれないし・・・今、検討しているメ-カ-は、日立ツ-ル(エポックパワ-ミル EPP4160 )、ナチ(XSミルジオ 4XSGEO 16)、ハニタ(4503-16) でハニタのみ3枚刃です。そのほかに良いものがあれば宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数5
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

何故工具寿命が短いのか?分析しておりますか?切削熱に対する工具の負担は?切削速度はいろいろ試す?湿式、乾式の切削を試みる・・私ならそれで解決出来るかと考えます。段取りはしっかりしているようですが、メーカーカタログの切削条件で削れることは極まれだと思います。また機械振動、コレット精度等も寿命には大きく影響すると思いますので、いろいろな観点から見つめることも大切かと存じます。素材と工具母材との相性があるのは確かです。参考までに!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

はじめまして。 2枚刃で全加工を行ってるようですが、荒加工(ラフィング)仕上げ(2枚刃等)で分けた方が良いと思いますが。 溝切削場合、当方ではOSGの3刃のラフィングを使用後、4刃等で仕上げてます。加工したものはSUS304で、OSGのVP-RESFで条件は回転400rpm、送り120mm/min、切込Z20でやってます。メーカに問い合わせた所、溝加工を行う場合は、3刃のラフィングの方が抵抗も少なく、切粉の排出も良いとの事でした。実際加工してみると、十分に加工できました。メーカでは上記の条件で3.8mは加工できるとの事でしたが、当方では約4m程切削できました。 あとは、三菱スーパースクエアもいいとおもいます。ただ16mmだと少し高かったとおもいます。参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

こんにちわ! 私の所は溝加工にはスローアウェイ工具を使用しています。 扇状に切削して負荷を減らしたり(1回の切込みを減らす)Zは結構深くします。コストの面では良いかもしれません。 BT50ならかなりかけれると思います。 お勧めはサウンドビックかコベルコが今のところ私のところでは良いです。エアーブローで加工するので掃除も楽です。 それでは・・

参考URL:
http://www.kobelcotool.co.jp/product/newpro/TAtool/TA_top_j.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

毎度。4枚刃で行くのであればマテリアル製のスーパースクエアエンドミルが良いのでは。これであれば提示されている条件よりも高速で加工できると思います。一度電話されては。。。 では。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

工具の専門ではないので回答にならないかも知れませんが,機械本体の劣化は無いでしょうか?マシニングの場合,工具は皿バネを用いてプルスタッドボルトを引っ張っていますが,皿バネがヘタってくると工具クランプ力が低下します.クランプ力が低下しますと工具を把持した主軸系の固有振動数が下がりびびり易くなります.これは,工具のテーパー面のアタリが弱くなり,加工振動によって工具が抜けようとする事によります.加工振動と工具寿命は密接な関係があります.エンドミルの場合クランプ力低下は結構影響があるように思います.購入当時のクランプ力と現在のクランプ力を比較してみてはどうでしょうか.また,ミーリングチャックはメーカによってかなり剛性に差があります.具体的な文献はすぐに言えませんが,東京農工大学の堤先生が以前に比較データを発表していたと思います.的はずれな答えですいませんが,機械本体にも問題がある場合があるということでお許しを.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございました。 機械は平成12式で重切削が十分できる大型M/Cです。(10000回転仕様です)

関連するQ&A

  • インコネル718のエンドミル加工

    初めて、インコネル718を三菱のMSMHD D2500(4枚刃)で加工しようとしたところ、  切削距離420mm  切削容積45cc 程度で工具寿命となりました。 加工条件はカタログ推奨値の  回転数 230min-1  送り  35mm/min  ae   25mm  ap   5mm で加工しました。 主軸はCAPTO C6 の旋盤系の5軸加工機で水溶性のクーラントを使用しています。 切削条件が合っていないのか、機械がだめなのか良くわかりません。 マシニングではもっと加工できるのでしょうか。 インコネル加工に詳しい方アドバイスをお願いします。

  • 加工条件の考え方について

    マシニングによる適正な切削条件の考え方をご指導いただきたいです たとえばφ50の4枚刃フェースミルでワークはアルミ 加工方法は複合機でφ90丸棒を角に削ります 工具のカタログでは 切削速度m/min「650(300-1000)」 1枚刃当たりの送りmm/tooth「0.12(0.05-0.2)」 でした 工具回転速度は (1000X切削速度)÷(3.14X工具の切れ刃径) なので (1000X650)÷(3.14X50)=4140min-1 送り速度は 1枚刃当たりの送りX工具の刃数X工具回転速度 なので 0.12X4X4140=1987.2mm/min 回転数が4000ぐらいなのはわかるんですが、送りが2000弱って早いですよね? そもそも1枚刃当たりの送りが0.05~0.2を計算すると828~3312と範囲が広すぎてよくわかりません 皆さんはどうやって加工条件を決めてますか? もちろん切削深さなども考慮しないといけないことはわかるんですが、 今回は40mm幅を深さ3mm削ろうと思います

  • S50Cのドライ加工

    S50Cをエンドミルで加工しようとしています。 エンドミルはΦ10でTiAlN系コーティングの超硬です。 回転数2500rpm程度で送り600mm/minの条件で加工する 場合、エアブローで加工できるでしょうか? 切り込みはar=1mm、aa=max15mmです。 工具メーカのカタログには高速切削ならエアブローと 書いてありますが上記条件では材料にあった切削油剤 と書いてあり不安になりました。

  • 高硬度材のエンドミル溝加工

    円筒形のワ-クを縦型マシニングセンタ-(同時3軸X、Y、Z、A)にてエンドミル溝加工(ねじ切りのようにリ-ドをきる)を行っています。 工程短縮の取組みとして、熱処理前に荒加工せず、熱処理後の高硬度材(HRC 60)からいきなり加工するというテ-マに取組んでいます。 よく高硬度材に適したエンドミルだと紹介されるものは、どれも側面切削ばかりで使えません。 加工形状は溝幅がだんだん狭くなったり、広くなったりするので、エンドミルのパス回数が多く、そのため工具寿命がかなり重要です。 特にエンドミルの底は常にあたっている状態のため、傷みやすいです。 ワ-ク材質はSLDに相当するものです。 高硬度材の溝加工に適したエンドミル(もしさしつかえなければ加工条件も)を教えてください。 よろしく、お願いします。

  • エンドミル突っ込み加工について

     一本バイト型の突っ込み加工が出来るエンドミルにて、突っ込み加工 (加工方法指定有り)を行っていますが、数100個程度で切れ刃の一 部が欠けてしまい困っています。  加工面は、出来るだけ平らが必要で、ボスが残っては不可です  欠けるところは、中心を越えた切削していない部分です。(切削力と 逆向きの力により欠けが発生しているのではないかと思います)  ワーク材質は、樹脂にガラス繊維が入っています  エンドミルは、ダイヤモンド焼結体を使用しています  切削速度は、50m/min。送りは、0.015mm/rev

  • 荒加工用ボールエンドミル

    現在削り出しパーツの切削を行っているのですが、荒加工に使用しているラフィングボールエンドミルの消耗が激しくて困っております。 また、エンドミルの材質はハイスです。(超硬のものを探したのですがありませんでした) それに、加工方法の都合上(掘り込み加工みたいな感じです)、フラットエンドミルは使用できず、工具径も12mm以下の径のものまでしか使用することができません。 他の加工で使用している超硬のコーティングラフィングエンドミル(フラット)が調子が良いのでボールでも同じようなものを探しているのですが、荒加工用に適した高能率のものや小径のスローアウェイチップの工具があれば紹介していただきたいのですがいかがなものでしょうか? もしくは掘り込み加工でもフラットエンドミルを使用できる加工方法がありましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • エンドミル加工について

    おひさしぶりです。 正面のエンドミル溝加工について困っています。 3.1の超硬エンドミルでΦ9.0の形状から12.0mm長手方向に加工するのですが、 エンドミルが欠けやすいのです。 荒加工として2.0のフライスカッターをT3200に付け 半分に分けて12.0ぐらいまで加工しています。 (12.0も溝を入れれないのでカッターの底部で加工。) 加工条件載せます。 機械 SR20 ピーター スイス型    T3200 25径×2.0mmのフライスカッターで荒加工を行う。    T3411に正面ドリルユニットを装着しエンドミルで長手12.0mm進む  (回転工具T3100~T3400でエンドミル加工すると終点が丸くなるから不可)    工具は日進 NX 超硬 エンドミル3.1刃長15.0    回転は少し遅めだと思うんですがM36S2600 F0.01~F0.02    切り込み量は2.0mmずつ後半8.0mmぐらいからカッターの    舟底があるので1.0ずつ進んでいます。    (欠ける前はカッターなし、HSSのフライスで2.0mmF0.02で進ん     でいました。) 現段階では加工上トラブルがなくなったんですが、かなり時間が掛かってしまい、悩んでいます。 こんな加工もしくは、こんなエンドミルがあるなど何でも構いませんので、 時間短縮を目指したいと考えてます。何とぞアドバイス頂けないでしょうか??     

  • グラファイト、木の加工の切削条件について

    マシニング初心者です。 エンドミルを使い木を加工しております。 木は楽器などに使われるグラナディラというものです。 (木の中では硬いほうで、加工しやすいものだと思います) 切削条件についてはメーカーカタログなどに記載されておらず、ワークの仕上がり程度や刃の状態を見て判断しています。 今のところ問題は無いのですが、一般的な木の切削条件を知りたく質問させていただきました。 また、ネットで調べると切削条件は「グラファイトと同等と考えて良い」というような情報があったので、 MISUMIのカタログ(機械加工用工具P339)のグラファイト用のエンドミルの切削条件を参考にしようと調べてみました。 その中で、刃径の大小にかかわらず回転速度は8000minで一定、送りのみを変化させている記事があったのですが、グラファイトの加工ではそういうもの(刃径に応じて回転数を変えない)なのでしょうか? ご存知の方、参考意見などありましたら、ぜひご教授ください。 よろしくお願い致します。

  • エンドミル加工でのチッピングについて

    金属加工についての質問です。 マシニングで、材料はADC12、水溶性の切削油を使用しております。 粗削りをφ10超硬DLCコートエンドミルで円がφ18高さ8mmのボス加工をしています。 仕上に別の刃物、φ10超硬DLCコートのエンドミル(強ねじれ)で円がφ17.95の円加工(CW)で高さ8mmで加工しているのですが、仕上の刃物が100ヶ~1000ヶほどでチッピングしてしまうときがあります。良いときで9000ヶほど加工できるときがあります。 切削条件は回転数1900送り220です。 原因として考えられることがありましたら教えて頂きたいと思っております。

  • エンドミルの加工条件について

    エンドミルのカタログにはそのツールの切削条件が記載されてますが、これに当てはまらない場合はどう考えるのですか? 具体的にいうと、 三菱の超鋼ボールエンドミルで切削条件の表は被削材が合金鋼や焼入れ鋼しかないので、アルミの加工をするときはどのような条件にするといいですか? エンドミル選定目安表にはアルミ合金にも○がついているので使えると思うのですが・・・ 加工機械は立型マシニングで、最高回転速度は25000まで回ります 1刃当たりの送り量や1分間当たりのテーブル送り速度の考え方のアドバイスをいただきたいです