• 締切済み
  • 暇なときにでも

焼きばめの公差についてご意見下さい。

焼きばめの一般的な公差ってどんなものなのでしょうかね? ご存じであれば教えて下さい。 ※現在使用しているもの図面では、軸 材質 SUS440C 10 -0/-0.0006 穴 材質 SUS303 10 -0.0008/-0.018ですが、公差設定上焼きばめの公差なんでしょうか? JIS上でみると、いろいろあるのですが、設計者は全てをJIS規格に当てはめるのでしょうか?? また、材質とかによって隙間具合は調整するのでしょうか?? また、焼きばめの温度って一般的にはどのような決め方になるのでしょうか??

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4561
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

軸の外径に対して相手穴を組み合わせた時に,どの程度のマイナス隙間を与えれば抜け落ちないのかが基準になります.強い引き抜き耐力が必要なら穴を小さくしないといけませんし,そうでもなければ少し強めに圧入できる程度の隙間になります.この時,相手穴側の材料強度によってハメアイ時の許容応力が決まってきますので,材質と発生応力のバランスを考えて隙間を設定しないといけません.また,ハメアイ部の直径が小さいと計算通りの引き抜き耐力が得られないので注意が必要です.後は,軸側の材質と面圧強度も計算しておきましょう.でないと,焼きバメによって軸表面が塑性変形を起こして相手部品が抜けなくなる可能性があります.材質と隙間が決まったら,線膨張係数から何度まで加熱すれば穴が拡大して挿入しやすくなるかを計算で求めれば良いと思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

 ウチの場合は精密部品を切粉の発生なく組み上げる為に焼きばめを行っています。まずは目的をはっきりさせる事が第一。そこから自ずと軸・穴の親寸・公差は決まって来ます。JIS規格に左右される必要は全くありません。製品機能が優先です。  昇温度は穴を形成した材料の熱膨張係数で変わります。縦型の設備で、軸が「スッ」と入るのが基本。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

焼きばめの穴公差としては、最もきつく固定するものから順に 軸基準(軸公差を0とした場合)の穴公差は、 X6(焼きばめ)→U6(焼きばめ)→T6(強圧入)→S6(強圧入) →R6(圧入)→P6(圧入)です。 ご参考まで。

参考URL:
http://www.ctktv.ne.jp/~s-nomura/public.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ゼロが1桁多くありませんか? 一桁繰り上げた値ですと、軸は通称h5と言う規格で、穴はN6と言う規格が近いです。 この公差で両者を組み付けると隙間ばめと中間ばめの間位でしょう。 これなら、油を塗れば、手で動かせる位の精度でしょう。 (転合から滑合位のはめあいでしょう。) 普通は規格には当てはめて設計します。(加工側としてもJIS規格に当てはめて有った方が加工しやすいです。そうしないとどこからどこまでが規格内で、どこから不良品かの見極めが付きません。) あと、焼きばめですがこれは、材質によって熱膨張率が大体決まっていますので、この膨張率より計算で、大体の寸法は出せます。 結合材質によって後は経験と、感がものを言います。 ご参考まで。

参考URL:
http://www.ctktv.ne.jp/~s-nomura/public.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答ありがとうございます。 すみません。確かにゼロがひとつ多いです。 もしよろしければ、教えていただきたいのですか、焼きばめを前提として場合には、穴側の公差はどの程度にすればよいのでしょうか?? お手数お掛けいたしますがよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 焼きばめの寸法公差教えてください

    φ1mmのはめ合いを焼きばめで検討中です。 そのとき穴と軸の公差はどのくらいにしたら良いのでしょうか? 焼きばめ部の長さは10mmです。材質はSUS304です。 また、焼きばめについて全く知識が無い為、設計時の注意点・加熱温度・作業時の注意点等もアドバイス頂ければありがたいです。

  • 焼きばめ作業について

    タダオです。 φ13p6の軸と、φ13H7の穴とを焼きばめにて結合させたいのですが、焼きばめ作業を行ったことが無く、実際にどれくらいの温度でどれくらいの時間加熱したらよいのかわかりません。 焼きばめ作業基準等がありましたらご教示頂きたくお願い致します。

  • 削り加工の普通公差について

    削り加工の、普通公差は、JIS B 0405 になると思うのですが、ほかにJIS B 0419と言うのもあります。この二つの公差の違いを、舞台的に教えて頂けないでしょうか?また、穴の中心距離の普通公差は、あるのでしょうか? また、加工図面に普通公差を記入する場合、みなさんはどのように記入しておられるでしょうか?(ただ図面にJIS B 0405 と表示すべきか公差表を図面内に付けるか、会社によってまちまちだと思うのですがどのような書き方が、いいのでしょうか) 初歩的な質問なのですが、ぜひ教えて下さい。 例えば、JIS B 0405-mと表記して、M3のネジを200mmピッチで明けたとします。このときの普通公差 JIS B 0405-mでは±0.5となっていますが、JISでは、バカ穴の径はφ3.4です。これでは公差内であってもネジが止められません。(最大にずれた場合)この場合どおしておられますか? 1、ピッチに公差を入れる。 2、加工屋さんは、0,5mmもズレて穴を開けないだろうと思い込んで特に指示しない。 3、その他 くどいような質問なのですが、よろしくお願い致します。

  • ハメアイ公差のゼロの意味を教えてください

    軸基準にしても穴基準にしてもゼロ基準でゼロプラス又はマイナス◯◯と記述しますが、このゼロは全くのゼロという意味なのか?例えばφ8がノミナルでマイクロメータで測定すれば、8.0004も7.9996も8.000と測定されると思います。軸であればゼロを超えない、穴であればゼロを下回らないという設計意図が図面指示からは読み取れるように思いますが、実測定から考えると前述の通りの矛盾が生じます。必ず入る様に設計するという設計意図を実現するためには、前述の公差をも考慮した最大実態公差を加味した公差帯を支持することが必要なのでしょうか。ちなみにJISのクリアランスリジョンの推奨の組み合わせの中には軸穴それぞれゼロゼロのものがあり、クリアランスリジョンであったとしても入らない可能性がある組み合わせがあります。これが存在する意味あいはどの様なものなのか?ご存知の方がいれば同時にご教授いただきたくお願いいたします。

  • 普通公差(幾何公差)について

    今、部品図を描いてるのですが、 図面中にJIS B 0405-mの記載してこの許容差を基準として必要な場所に個々に公差を入れてますが幾何公差の基準は?と、ふと、思いました。今まで図面中に普通公差として幾何公差JISB0419を記載していなかったのでこれも記載すべきでは・・・と思ったのです。(今まで、記載が無いからといって幾何公差について問題になったことも有りませんが・・・) そこで、幾何公差のJISB0419も図枠中に記載したいと思っています。記入方法はJIS B 0419-mKと記載したいと思います。 まず、記載に間違いは無いでしょうか? この記載は一般的に通用するものでしょうか? これをご覧の皆さんは図面中にJIS B 0419の記載はしておりますか? 図面に、長さ公差も幾何公差も記入してあるのだから、JIS B 0405 の記載があってJIS B 0419 の記載無いのはどうなんだろう? 普通公差(幾何公差)皆さんの図面はどうしてますか?

  • 焼きばめについて

    穴の方にケイ素鋼板を使います。線膨張係数が1.3*10e-6/℃です。穴径が13.98mmです。この場合軸にSUS鋼を使うのですが、寸法公差はどのくらいになり、しめしろ、軸径はどのぐらいになりますか??計算方法など教えていただけると助かります。

  • 高温仕様の加工精度

    高温仕様の回転軸とメタル軸受けを設計する際の加工精度について教えてください。 詳細として、雰囲気温度は800℃くらいになります。回転軸はSUS304、メタルブッシュはSUS304+耐熱メッキです。回転軸とメタルブッシュの材質を同じにしたのは、熱による膨張率が同じであるためです。(材質・熱膨張率が違うと温度によって隙間が生じたり、きつくなったりすると思ったからです。) ここで回転軸の軸心は、ある程度の精度を持たせたいのですが、普通にH7、g6のような公差で製作しても大丈夫なのでしょうか?感覚的には、同じ熱膨張率であれば、温度によって軸も穴も同じ量だけ増減するので問題ないような気がするのですが。 アドバイス、よろしくお願いします。

  • 軸/穴のはめあい公差について(穴にOリング溝を設…

    軸/穴のはめあい公差について(穴にOリング溝を設ける場合) お世話になります。 自社製品の製作図の見直しを行っており、標題の件についてWebや機械設計製図便覧で見つからないため、ご教授願いたいと思います。 ?軸(PVC)/穴(SS材) φ20のはめあいです。 ?穴側にOリング溝を設けています。(OリングP20) ?JIS B2401-2 より、Oリング取付時の穴/軸の寸法許容差 H9/e8 等が表になっています。 ?同規格の中で、溝の内径外径の許容差が記載されています。+0.06/-0.00、または0.00/-0.06 等 現在の状況では、?と?の両方が適用されると思わるため、 どちらをとればいいのか迷っています。 どうぞ、宜しくお願い致します。 コメントありがとうございます。大変参考になっております。 情報追記させていただきます。 水没する環境下で使用するため、 本構造の目的ははめあい部へOリングを設けることによる止水となっています。 軸/穴の運動はありません。 実はすでに製品化されており、軸/穴の公差が最大1mmという図面になっていました。すきま1mm+Oリングで止水できるはずはないのですが、実績的にはOリングで止水できており、加工業者さんが気を使って公差をみてくれているのだと考えています。 そこまで精密な公差はいらないいう意見には同感しますので、JIS規格程度に公差をとろうと思い、質問させていただいていました。 材質のことも含めて回答いただいたりと、大変参考になります。 図面 https://www.dropbox.com/s/1xhtilmqwoovafm/%E6%8A%95%E7%A8%BF%E5%86%85%E5%AE%B9.pdf?dl=0

  • はめあい公差で「v」は使ってはいけない?

    スプロケットを軸に焼きばめするために、穴径68H7にたいして軸径68v6の組合わせを選択しようとしています。 ところが、設計便覧等を調べると、「v」は一般に使用される軸の公差域クラスではないようです。 数字と見分けにくいアルファベット(i,l,o,q,w)は使用しないようですが、なぜ「v」が使用されないのかわかりません。 「v」を使用してはいけない何か特別な理由があるのでしょうか? 説明が不十分でしたので、補足致します。 はめ合いの必要伝達トルク,締め代から「u6」ではゆるく、「x6」ではきついと判断し、「v6」を選択しようとしています。 ところが、設計便覧などに掲載されている「多用される公差域クラス」の表を見ると「u6,x6」はありますが「v6」はないのです。 単に多用されないだけならいいのですが、何か特別な理由があるのかと思い質問致しました。

  • 角度公差について

    はじめて質問いたします。 角度公差についての質問です。 長年設計を続けていながら、初心者レベルの質問で恥ずかしいのですが。 一例として、 (1)加工する機械はフライス盤。   (特別なものでなく、一般的なもの。) (2)材質SUS303で60mm□の立方体形状の素材。 (3)素材の1面を20度の角度でカット。 (4)カットした面に垂直にφ30mmの穴をあける。 この時の、 「20度の面の角度公差」及び「φ30mm軸心の角度公差」はどの位になるのでしょうか? 以前、社内の加工者に聞くと、「±(2030分)がいいところ」と言われ、 ずっとその値を図面の中の公差(20度±30分と90度±30分)として記載してきました。 加工精度はこの位なものなのでしょうか? 他の加工業者の方の意見を聞いてみたくて、質問いたします。