• 締切済み
  • 暇なときにでも

センタレス研磨キズについて

Φ6Φ20程度のワークをスルーで研削しているのですが 砥石からの抜け際に小さなキズが発生します。今のところガイドや調整車の角度など色々いじって直してはいるのですが、明確な答えが見つかりません。 毎度毎度段取り替えの度に2時間・3時間と貴重な時間が費やされています。 何かヒントでもあればと思うのですが、お気づきのことがありましたら是非教えて下さい。 宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1258
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

出口側のガイドは研削台と平行になっていますか? 出口側のガイドの奥側が研削側に向いていると鼓型になる傾向がありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

こんばんは。回答を拝見させて戴きました。ワークの逃げ方向に問題はありませんか?あと、フリーハンドで砥石を逃がすのはお奨めできませんよ。ドレスの際、機械的にテーパーを取らせるようにテンプレートを作ってみては?結構いいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 とても素晴らしいヒントで、キズを消すことが出来ました!! ただ・・今度は真ん中の経が小さくなる現象に困っています。いわゆる鼓型になるんです。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

 研削での取代は加工精度にもよりますが、片肉0.010.05mmとするのが一般的です。特に脆性材料は重研削は出来ませんので、できれば取代の再設定をされた方が賢明かと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

最終取りしろが系で0.2ほど・・・は直径の割に、少し大きすぎるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

抜け際では研磨面積が、減少するので過荷重での研磨になっているのでは有りませんか? 同径の(捨て)ロッドを抜け側に付け足してはいかがでしょうか? (穴加工などで、下に捨て板を敷くのと同原理) ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nomuraさまありがとうございました。 過荷重は考えらるのかもしれません。 一番問題になっているものはφ20、40Tのワークでセラミック系(マグネット)ですが最終取りしろが系で0.2ほどにしています。 やはり大きすぎるのでしょうか。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

砥石の角はどうなっていますか? ピン角ですとらせん状に傷が入ります。 角にR0.1以上をつけましょう。 厳密にいえば、どの研削盤でも同じですが、研削加工中は工作物に対して砥石は法線方向に逃げています。機械やスピンドルに剛性が有っても砥石自体がたわんでいる場合もあります。適正の切り込み量で改善は出来ますが、砥石の切れ味にも影響されます。 本件は工作物が抜けるときに砥石のたわみが徐々に戻り、砥石の角部の 研削痕が出たものと推察されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

shoken様有り難うございました。 砥石角はかなり逃がしたりしていますがあまり大きくしますとこんどは ワークの逃げの部分で真円度が悪くなったりします。フリーハンドで 逃がしているのが悪いのでしょうか。 「適正の切り込み量」については問題があるのかもしれません 最後の仕上げでの取りしろは径で0.2ほどあります。 むちゃでしょうか?

関連するQ&A

  • センタレス研削でのワークキズ

    センタレス・スルーフィード研削でФ33、L=80の円筒状の物を加工することになりましたが、出口側でワークが停滞した時に調整砥石が当たり擦りキズのようなものが入ってしまいます。なるべく停滞しないよう連続加工していますが、少しでも停滞すると擦りキズが入ってしまいます。スウィベルで角度調整をすると直る時もありますが、今度はワークが鼓型などになり円筒度が悪くなってしまいます。 会社で初めてスルーフィード研削を行なうため全くノウハウがなく困っています。頂角・修正角を変えて調整車の形状を変更すれば良くなるのではないかと思いますが、どうなのでしょうか?また、もし変更するならばどの程度変更すれば良いものなのでしょうか? 皆様のアドバイスをお願い致します。 因みに加工は仕上げ研(前加工で荒研有)で取り代が10μm程度です。 出口側のガイドは調整車とほぼ平行です。

  • センターレス段付き円筒研磨で1周のキズが消えません

    センターレス段付き円筒研磨で1周のキズが消えません 研削機:ミクロン製 ワーク:φ11とφ10で長さ480mm 取り代:片肉0.03mm 砥石:クレトイシ 調整側 ZA150RRS-11A 研削側 GC8 0JV021A 試したことは、 切込み0.03でドレスを何十回も行い 0.001で仕上げを行い ブレード交換を行いましたが同じ場所に1周のキズが残り困っています。 どうすればなおるでしょうか?

  • センタレスグラインダーでネジ模様のキズが付いてし…

    センタレスグラインダーでネジ模様のキズが付いてしまいます。  いつも勉強させていただいております。 φ25×φ23.8×L400材質SUS305のスルーフィード研削をしております。 タイトルの通り、ネジのようなキズ(たぶん研削焼けだと。)が全体に付いてしまいます。 いくらドレスをしても、ガイドを前後に動かしても付いてしまい、切込みを多く取ろうとすると、すごい音がします。 ただ、スイベルを調整すると、無くなる時があります。しかし取代を多くしたら同様です。 ちなみに別のセンタレスで試しても同様なので、自分の設定が悪いようです。 まだ始めて1年足らずで、よく解ってないところも多いのです。 お忙しいとは思いますが、よろしくお願い致します。 砥石の種類はよく解りませんが、SUS材の加工の実績はあります。 よろしくお願い致します。

  • センタレス加工の件で。

    センタレス加工(プランジ加工)の件でお聞きしたいことがあります。ブレードの上にワークを乗せた時にワークは調整砥石との接触によって回転するものなのでしょうか?社内でφ14前後のワークをセンタレス加工で行うテストをしましたがワークは回転せずに研削砥石が接触してからワークが回転している状況のようです。一応研削されて真円度も悪くはないのですが、これで正常なのか気になりまして質問させて頂きました。もし調整砥石に接触した場合に回転するのが当たり前ならどこをどのように調整(調整砥石の仕様?ブレードの仕様?)すればよいかなどご教授ください。ブレードは超硬。角度30℃。ワーク材質ハイス熱処理品。φ14長さ100。

  • センタレス研削のワークの芯高について

    センタレス研削盤で硬質クロムメッキ後に軸軽φ16に研削加工(停止研削)を行ってますが、真円度が悪くなります。(3点マイクロで測定して5ミクロンですが、リングゲージに入れると通らない)研削砥石と調整車の芯高とワークの芯高が影響しているように思いますが、芯高の影響を教えて頂けないでしょうか。芯高が低い場合、芯高が高い場合の真円度にどの様な影響がでるのか、また、適正なワークの芯高の決め方をご教示お願いします。研削盤の砥石径は405mm、調整車は250mm位です。現在職人が2名おりますが芯高についての知識が殆ど無いために困っております。宜しくお願いします。

  • ミクロンセンタ-レス研磨機 真円度不良5角形 

    ワークの5角形真円度不良で困っています。 研削条件が 60、80番の混粒砥石 加工物Φ11.06~Φ11.08 取り代方肉 0.008~0.023 砥石回転数1250rpm調整車砥石100rpm 日に30000万こ加工して全部真円不良ではなく中に50本前後5角形不良がでており非常に困っております。 良品ですと2μ程度の真円ですが5角形ですと10~40μ程の物が発生しています。 ブレードの交換などで発生工数は現象した様に思えましたが。 未だに発生しています。 まだまだセンターレス研磨機の加工技術が未熟のためご指導アドバイスいただけましたら幸いです。

  • 真円度(5角形)不良について

    ワークが五角形の形状が発生しています。 芯高・ブレードの磨耗等すべて見ましたが再現せず 調整砥石の回転数が77rpmの時のみ五角形形状が発生してその他の回転数を早くしても遅くしても五角形形状が発生しません。 他の質問で研削砥石の回転数/ワーク回転数=5の場合発生するとあったのですが、なぜ5角形が発生するのでしょうか? 研削砥石との同期で発生すると書いてあったんですが同期の意味も教えて下さい。 (研削砥石の回転数1666rpm)(ワーク径8.3?)(調整砥石77rpm) すみません。言い忘れました・・・。 センタレス研削盤で 研削砥石の外径473?・調整砥石の外径246?です。

  • ゴムをセンタレス加工したとき、端面の盛り上がりを…

    ゴムをセンタレス加工したとき、端面の盛り上がりを押さえたい いつも勉強させていただいております、お世話になっております。 初めての質問ですが、先輩方よろしくお願いします。 私はゴムをセンタレスのスルーフィード方式にて加工しています。 詳しく言いますと、シャフトにゴムがついているものを加工しております。 それで今困っているのが、そのそれぞれのゴムの端面に、盛り上がりと言いますのか「逃げ」が発生しており、それを極力おさえたいのです。 私はセンタレス加工は初心者ですので、いろいろ資料を調べて検証をしてきたのですが、あまり進歩がなく、被材がゴムなだけに仕方ないのかなと半ばあきらめているところです。 自分でやってみたことは、砥石を荒いものに選定・調整車のドレス角度と傾きの条件出し・送り速度・取りしろ・などです。 ちなみに18型で、研削液は水道水です。 あまり情報少ないですが、なにかアドバイスを頂けましたらとても助かります。どうかよろしくお願いします。

  • テーパ直し

    NC研削盤にて段取り時、始めテーパが付いているので一度75幅の砥石で少し加工しどれくらいテーパがついてるか見るんですがどれくらいテーブルを動かしてよいかわかりません。例えばワーク全長が330、そのうち75幅部でテーパが0.03付いていたら全体でどれだけ動かしたすぐになおりますか??

  • 円筒研削盤について

    NC円筒研削盤を使用して円筒研削を行っています。トラバース円筒研削を行った後にワークにテーパーが付いています。これを修正するのはハード的(センタ移動する機構で)に修正してしまうものなのか?NCのプログラムで行うものか、通常の見識ではどちらがいいのでしょうか?砥石幅は20mm、ワークSKS 直径12mm 長さ150mmです。また、ワークが太鼓形状になる傾向があります。それを防ぐためにはどのような研削プログラムを組めばよいでしょうか?漠然的な内容で申し訳ありませんが、何かアドバイスやヒントを頂ければと思います。よろしくお願いします。