• 締切済み
  • 暇なときにでも

susのバーリング

 今晩は、初めまして。 今、私の携わっている金型で、問題があるのですが、SUSの0.25の板に外形11mm、高さ2mmのバーリングをしたときに、縁が割れて困っています。製品は、 順送型で穴、バーリング、ビード出し、外形抜き落としを行ったあとに、別行程で バーリング部をカールします。  バーリング下穴のせん断面を多くしたところ、バーリング時に割れは発生しなくなりました。 しかし、次行程のカールで割れが止まりません。  アドバイスを宜しくお願いします。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数842
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359

SUSにはマルテン、フェライト、オーステナイトの3種類に大別されます。鋼種が不明ですが、いづれにしても加工硬化を起こして硬くなり、伸びが無くなって発生していると思います。COSTが上がりますが歪取り(なまし約600℃程度が一般的)焼鈍やST(オーステナイトは1100℃急冷)を行って材料を軟らかくしてください。部品や熱処理による変色を嫌う場合は真空炉で熱処理を施した後カール加工を行ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kinokun様、アドバイス有り難うございます。 実は、今回の金型は、現行(現在既に量産している)金型で、トラブルが多すぎる為、他社で製作した金型を当社で手直しする依頼なので、行程を変更(追加)が出来ません。(^^ゞ  貴重なアドバイスで、良い勉強になりました。有り難うございます。  明日、もう一度最終トライをするので、結果と対策を報告します。 

関連するQ&A

  • バーリングが割れてします。

    SUS304 t1.0に下穴がφ5.2、バーリング内径がφ8.7、高さ2.7±0.3(内寸)を出そうとすると どうしても割れてしまいます。 セットプレスの金型を使用して 2工程に分け、パンチφ7(R付き)→パンチφ8.7(R付き) 下型 ”φ10.7(R付き) どのようにすれば割れないですか?

  • Φ1.2バーリング加工方法を教えてください。

    SUS304CSP 1/2H t=0.5にΦ1.2(外径)高さ0.5のバーリングを順送で加工したいのですが、下孔が小さすぎて不可能ではないかと思います。ご存知の方がいればお知恵を御願いできないでしょうか? またバーリングで無くダボでも検討してみたのですが経験が無く困っております。 高さ0.5さえ確保できればバーリングでもダボでもOKです。 宜しく御願いします。

  • バーリング高さについて

    いつも利用させてもらってます。 薄板(t=0.4~3mm程)の板金プレス加工で金型メンテを担当している者です。 バーリング加工について質問があり投稿致します。 今まで、バーリングの高さについてほぼ経験でのみ調整をしてきていて バーリング加工前下穴の径が小さければ高くなる、クリアランスが大きいと低くなるなど、大体の予想を立てて加工した製品を確認して調整を取っていました。 が、勘コツではなく、理屈的に知りたいと思い、ネットなどで調べてみましたが参考になるものを探すことができませんでした。 今、一番知りたいのは、バーリングの下穴とダイの径は決まっていてしごき(クリアランス)が変わると加工後のバーリング高さがどの様に変わるのかを計算上で求められるかです。 ちなみに、今直面している問題は、材質:SPC、t=1.6mm、バーリングダイ径=φ3.98mm、バーリングパンチ径=φ2.85mmの金型でバーリング高さが実測1.2mmになっており、このバーリング高さを1.5mm以上にしたいと考えてます。 このときに、バーリングパンチ径をいくつにしたらいいか、できれば考え方(計算式など)があれば教えていただきたいです。 上記のとおり、バーリング加工においての下穴径、クリアランス、ダイ・パンチ径、バーリング高さの関係などが説明してあるサイトなどご存知であれば教えていただけますでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 回答No.1
noname#230359

 はじめまして、割れないためのバーリングですが、工程上、設計上の 問題があるかもしれませんが、バリ側からのバーリングをした方が、 割れは防げます。しかし、現行のものが出来ているでしょうから、 手っ取り早く直すのなら、工程のどこかで面打ちを入れてください。 出来れば、R面をついてください。また、せん断面を多くしたとの事、 これは正解ですので、そのままにしてください。

参考URL:
www.furuichi-tec.co.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 貴重なご意見、ありがとうございます。  早速、ご意見を参考にしてみます。

関連するQ&A

  • バーリング

    バーリング高さの計算式を詳しく教えてください。 又、材質の違いで高さが変わると思いますがどの位変わるか教えてください。          (SECC,A5052A,SUS304など) 下穴の径、バーリングパンチの径、ダイの径の関係(比率)はのように なるのですか?

  • バーリング成形限界向上に関して

    お世話になります。 SPHD(t=4,4.5)のバーリング成形をトライしているのですが、 バーリング前下穴をプレス成形のみで端面部の割れを防ぐ 方法は何かありますか?ご教授お願い致します。 ちなみに、下穴機械加工、打抜き後焼鈍処理では 割れが発生しませんでした。 現在、下穴抜き後、シェービングのトライをしており、 割れの改善はできるのですが、完全には無くなりません。 (成形限界も分かればご教授願います。) 宜しくお願い致します。

  • 下穴 バーリング同時加工によるひげの発生

    プレス金型で した穴とバーリングを同時にする金型の場合 ダイはパンチのバーリング部の太さにあわせるので 下穴加工の段階では クリアランスが大きいためか バーリングが終わったときに製品にひげがでます。 これは このような同時加工では どうしようもないでしょうか? 何か対策はありますか?

  • バーリング成形時の周辺形状の影響

    リンク先の図は製品断面になります。 (断面形状をバーリング穴中心にぐるっと回したのが製品形状と捉えてください) ?周辺形状成形 ?下穴明け ?バーリング の順で加工する場合 赤矢印の寸法はバーリングの成形の可否(割れの発生)に大きな影響を与えまるのでしょうか? それともバーリングを行う上で形状変化が起きる部分(緑矢印範囲)が確保されていればあまり影響はない(只の平板にバーリングをするのとさほど変わらない)ものでしょうか? 周辺形状よりもバーリング高さなどのほうが重要でしょうか? (材質SPFH590 T1.6 バーリング内径Φ22 バーリング高さ2?) 図 http://box.c.yimg.jp/res/box-s-sl6dcoylfjgepnif5vyj5qmmcu-1001?uid=78dee869-d70d-4ac2-b7f9-47280a0830a3&etag=0c61b45713907512388733

  • SUSワッシャー R取り バレル研磨

    SUS304 t=1.2 外形Φ11.0 中心穴Φ4.0のワッシャーです。 コンパウンド型にて抜き落としの製品です。 両面にC0.3追加工でバレル研磨いたします。 石(メディアでよろしいでしょうか?)の選択とバレル時間を 教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 打ち抜き穴の内径せん断面について

    こんにちは。 板厚2mmのSUS304CS材。 形状は♂のような形。○部の外形は4.5Φ ○部の中心に3.1Φ±0.05の穴があります。 この3.1Φ穴についてですが、可能な限りせん断面を 長く取りたい、理想を言うなら全部せん断面が欲しい。 との要求をされました。最低板厚の70%は維持したいと。 3Φ穴+リーマ処理はコストの都合上不可とのこと。 シンプルに打ち抜き加工でクリアランスを狭くして なんとかならないかと言われました。 弊社標準ではt=2.0のSUS304では片側0.2の クリアランスでせん断面長さ0.5程度です。 クリアランスを1/2にするとせん断面長さが倍になる、 と単純にはいかないですよね? クリアランスとせん断面長さの関係を有る程度推測できる。 そのような計算式やグラフというものをご存じないでしょうか?

  • 板金加工 > 曲げ近くのバーリグ逃げについて

    板金部品の曲げ近くの穴加工は、曲げによる穴の変形を防ぐ為に、 曲げ部に逃げを入れると理解しましたが、 バーリングの場合は、曲げ時に金型が干渉するとのことで、逃げをつけると 少し聞きました。 しかしイマイチ理解しきれず、金型にバーリング部を避ける逃げ(U字のような形?)があれば 部品に逃がしが無くても曲げれるように思えます。 もしよろしければ、具体的に内容を教えていただけないでしょうか。 また、逃がしをつける場合、必要な逃がしの大きさはどれくらいあれば 良いのでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 順送金型内タップについて教えてください

    基本的な質問で申し訳ありません。 順送金型内タッピングユニット(転造めねじ)を製作している国内のメーカーをご存知であれば教えていただけませんでしょうか。 インターネットでビグモント(宮川工業)など検索してみましたが、他メーカーも調査してみたく思い、書き込みさせていただきました。 バーリング加工と同時にM6の転造タップをあけます。ワーク材質はSS400程度でt=0.6mmほどです。速度は可能な範囲であれば検討してみたいと思っております。 宜しく御願い致します。

  • ブランク品の反り対策

    皆様お世話になっております。 当社でプレスしている品物で、順送型で打ち抜いた品物に反りが出ています。 板厚4.0 品物外形25x25、中にΦ7穴有り、 材質SP252-540P、 一発ブランクで抜き落としの為0.2~0.25の反り有り。 コンパウンド型のように上下はさむようにすれば反らないんですが 型構造上抜き落とすしかありません。 そこでブランクする前に逆側に0.1~0.2ぐらい反らせてから、ブランクしてみようかと思いますが、対策として有効でしょうか。 量産型でトライが出来ないためできれば一発で症状を良くしたいと思っています。(反りがあっても程度が良くなればと思っています。) 加工ノウハウ等絡むため回答が困難と思いますので、可能な範囲でご教示(またはヒントでも・・)お願いします。

  • 板金溶接筐体のビードについて

    いつも参考にしております。 SUS304 t1~t2を使用して筐体を製作して貰い、客先へ納入しているのですが、客先よりビード長や幅、ピンホールやバリ等、主に外観に拘わる内容で受入検査基準を設けるよう指示がありました。 ピンホールや割れについては全品水密テスト、抜き取りで探傷試験をしているので良いのですが、溶接ビードについては板金業者様に「そんな取り決めされたら仕事にならない」と言われてしまいました。 工場様にも客先にも受け入れ易いかとJIS規格で管理出来ないか聞いてみましたが「JIS規格でもビードの仕上がりに規定はない」との事でした。 客先からは「個体差無くキレイで均一なら良い」と言うかなり抽象的な話もありますが、工場様では「溶接が甘いとか強度や気密に不安がある所は再施工する事もあり、見た目均一は無理」と言われ、正直困っております。 しかし溶接箇所は項目数が数十箇所有り、個別に部品規格や検査成績書を作成するのはナンセンスであり、製作を断られても困ります。 そこで、やはりJIS規格等の公的基準を引用し、「JIS○○○○に準拠する事」としたいと思っております。 そこで諸先輩方にお聞きしたいのですが、 ?溶接部の仕上がり具合等について、引用出来そうな公的規格等ご存じでしたらお聞かせ下さい。 ?一般的に溶接ビードの均一化は無理ですか。 ?ビード長や幅に公差を設ける事は可能ですか?また設けるとしたら適正な公差は? ?工場様にも作りやすい、客先も納得しやすい解決策や経験談などはありませんか? この方面に知見が無く、また客先もこのような製品の実績が少ないようでどう管理して良いか困っております。 何卒御回答をお願い致します。 御意見有り難う御座いました。 質問者、受け入れ先共に薄板筐体の溶接に知見がない為、また一度クレームが起きている為、受入規格の落とし所に苦慮しております。 そのまま採用する気はありませんが、予備知識を入れたいのでJISを始め溶接の規格を調べてみます。 それとこんな規格もあるよと言う情報も知っていましたらお願いします。 また客先との話にあったのですが、このような薄板の突き当て溶接で開先を取る事って有るんでしょうか? 例えばサンダーで適当に45度カットして・・・効果有るのでしょうか? 有り難う御座いました。