-PR-
回答 受付中

レチノール摂取におけるレバニラ炒め

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9429051
  • 閲覧数27
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3

お礼率 40% (155/380)

主人がレバニラ炒めがとても好きだと知りました。

レバニラ炒めのレシピを調べると、多めで一人前に100gぐらい使うようです。
13000μg/100gのレチノールがふくまれていますが、
一食当たりの目安は、221μgとなっています。
脂溶性は肝臓に蓄積すると聞きました。
今後レチノールの物を摂取しないと仮定すると、
13000/3(食)/221(一食当たりの目安)≒20
です。多くて20日に1回ぐらいが妥当なのでしょうか?
それとも、それ以外に半減されたりして、もう少し頻度を上げてもいいのでしょうか?
一食分と考えるととても高く、いちどでも肝臓に負担がかかってしまうのでしょうか?

栄養価も高く、安く出来て、好きとなると、いいことづくめですが、この点だけきになります。(ビタミンAに比べればコレステロールは考えなくてもいいかなと思っています
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 38% (1304/3370)

健康・病気・怪我 カテゴリマスター
細かい計算は割愛しますが,蓄積もしますが,排出もします。
また体重にも依存しますので,男性であれその程度の接種は吸収効率も考えれば問題有りません。まあ毎日食べると飽きるでしょうし,週1回ぐらいにするのが妥当かと思います。
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『漢方や薬膳』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)



  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 32% (282/856)

他カテゴリのカテゴリマスター
栄養成分表の数値は それを完全にすりつぶして 含有量の全量を計測した数字です。
人が消化できないセルロースで囲まれた植物細胞の中の成分は
調理 咀嚼で ある程度吸収されますが その吸収率は
「一般的に、緑黄色野菜を食べて、それに含まれるβカロテンが吸収されるのは、含有量の1/6ほどです。また、βカロテンは、ビタミンAに変換されるときもロスがあり、約1/2ほどしか変換されません。」
http://web116.net/vita-a9.htm

そして許容量は
「許容上限摂取量: 成人で5,000 IU
100,000 IU 以上の摂取では過剰障害を起こすことがある。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3A
IUという単位は
1μgRE=1μgレチノール=2μgβカロテン
1IU=レチノール0.33μg・・・・・3IU=レチノール1ug
5000IUは1666ug

13000÷6÷2=1083ug
許容量より低いですね。
  • 回答数2
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ