締切済み

性同一性障害の親へのカミングアウト

  • 困ってます
  • 質問No.9428840
  • 閲覧数127
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/4)

現在中学三年生の自称(診断受けてない)FtMです。
高校が決まり制服を買う前に親にカミングアウトをしようとおもったのですがこの写真の内容で成功すると思いますか。これを付け足した方が良い、これいらないなどあれば教えて欲しいです。
マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 14% (387/2682)

どういう性格の親御さんか解らないので何とも・・・
もうすでにLINEでは性同一性障害かもしれないって送ったんですよね?
その結果は?
親なら専門医に連れて行き、診断をしてもらって話し合うと思いますが
どうなんでしょう?
ちゃんと診断してもらった方が後々、制服のことも含め、良い気がするのですが。
話が話だから直接、話すべきだと思います。

成功とか失敗じゃなくて、理解してもらわないと駄目なんじゃないかな?
親の性格で随分、違うと思うけど・・・
我が家なら娘が、そう言っても、話し合って専門医に行って診断してもらうし
それから後のことも、ちゃんと話し合うけど。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.3

ベストアンサー率 23% (1510/6398)

画像が見られません(仕様なので、工夫の問題じゃないです)。
それはそうと、それじゃダメだと思います。
こんな大切な話なのに手を抜きすぎです。
直接対面して伝えるのが難しければ、手紙がいいと思います。
ビデオレターもいいですね。
確かに親御さんは少なからずショックでしょうから、そのまま反応が見れてしまうのは質問者さんにとってもショックかもしれません。
その場に質問者さんがいない形で伝えるのはアリだと思います。
しかしながら、親御さんは大人で、大人の世代は青春時代にラインなんて使っていないんです。
ラインは短かすぎる。
メールにしたって千文字~2千文字が当たり前の世界です。
相手に配慮した形で話をするのも大事なことですよ。
ちなみに、自分はこういう事には理解がある方なので自分が親だったら割りとすんなり受け入れられますが、普通はなかなかそうはいきません。
あなたの真剣さをきちんと伝えないと、誤解が生まれてしまうかも。
ちなみに、パートナーがMtFの場合もあるので摘出せずにとっておけば、愛する人との間に子供ができる可能性がありますから、熟考下さい。
  • 回答No.2

正直、LINEなんかで伝えず直接言うか、手書きの手紙だろうなぁ・・・とは思うけれど、その辺は親の年齢や普段のあなたと親とのコミニュケーション方法もあるだろうから置いといて・・・

「LINEを送ったと思うんだけど覚えてますか。」
「まぁ、おくったんです。」
このやりとり、冗長ですね。一人語りの小説を読ませたいわけじゃないのですから、「LINEを送ったけど覚えていますか」でよいでしょう。

「自分はかもしれないじゃなくて・・・」カギ括弧を使ってわかりやすくしましょう。
「でも、自分では「かもしれない」じゃなくてそうだと思っています。」程度かな。

「それにあたっての話なんですが」・・・トモダチ親子なんでしょう? こんな不自然に半端な堅苦しさ(ちゃんと堅苦しくはなってない)は要らない気がしますが。
「だから、もう女子の制服を着て、女子として生きることが~」としてはどうでしょう。

高校の先生に聞いてみたいと言った後で、脈絡もなく直接つながる話でもないところで「あわよくば」・・・。辞書で「あわよくば」の意味と文例を見てみましょう。
診断書をもらいに病院に行くという言い方も、個人的には好きじゃないですね。
診断書は、医者に診てもらって診断がついてから書いてもらうものですよ。
「お金がかかったり、もしかしたら親の付き添いが必要だったり負担をかけますが、病院(あるいは(○○科の)お医者さん)にかかってきちんと診てもらいたい」くらいでしょうか。

考えてみてもらえませんか。という結びも、あなたが何を求め、何を訴えたいのかをぼやかしているように思えてなりません。

・・・文才のない私からの添削はこのくらいにして。
最近の中学生って読書感想文だの作文だのってあんまりやらされないんですか?

もう少し「何を伝えたいのか」「何を求めているのか」「相手にどうしてほしいのか」「何を考えてみてほしいのか」を整理して、一文一文を短めに、簡潔に、無理にくっつけずに作文してみると、人に伝わる文章になるかな、と思います。

カラダと心のちぐはぐな感じを自覚して人に伝え、理解してもらうというのは並大抵のことではなく、一朝一夕でわかってもらえる、受け入れてもらえるものではありません。

私だったら、こんな内容のLINEやメールを自分の娘から受け取ったら、女子の服は嫌だ、自分の心は男だという内容を拾うより先に、自分の子どもの文章のおかしさ、何をどう言いたいのかはっきりしない文章のひどさがまず目について、そっちからツッコミにかかりそうに思います。
決して性同一性障害を軽く見ているわけでも、悩みをバカにしているわけでもないですよ。

医者に診てもらって客観的に診断してもらいたいという思いが大きいのか、自分のことを親にわかってもらうのが優先か、それともスカートでない制服を着られることのほうが大事か、まずはしっかり考えて。
1回LINEを送ればそこから万事理解してもらえて解決するだろうとは考えずに、地道に気長に伝えていくことが大事でしょうね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (948/2473)

親の立場の人間ですが

一回で理解してもらえると思わないほうがいいと思う。
どんなに言葉を重ねても、長い文章を書いても
受け入れるまでには時間がかかるものでしょう。

あなただって自分自身の事なのに
あれ?どうしてこんなにも不快なんだろう?というところから
ああ、私は男なんだ。と思い至るまでにそれなりの時間がかかったでしょう?

親御さんも薄々、うちの子はどうも好みが違うようだ
位には思っていてもそれが心が男だからなのか
女であることを受け入れられない(成長を拒む)事からくる
選択かは決めかねていると思います。

だから一回メールをしたとか
文章でこれだけ送ったというのはまずは始まりでしかないでしょう。

これからゆっくりと自立と、親とは別の人間で必ずしも理解してもらわなければ生きていけないわけでもないことを先に理解するほうが楽だと思います。

あなたはあなたの選択でこれから道を選んでいけばいいのです。
私は男だ男だ男だ、認めろ、認めろ!と執着するのは疲れますよ。
早めに新しい人間関係の中に入り
ええ、私は男性です。どうぞよろしく。と言うほうが楽だし
あなたらしく生きられると思うんですが。

高校までは性別でいろいろ括られてしまうので過ごしにくいところはあると思います。でも周りに認めさせるのはもう少し後にしてこれからどうやって男性として社会でいきていくかを調べたり準備したりする時間に当てましょう。

スカートを履くはかない、ズボンを穿くはかないはその次でもよくない?
あなたにとって自分の心を理解してもらうほうが表面を整えるよりも大事なら
ズボンだのスカートなどはそれまでの経過としてあまり気にしないほうがいいと思います。
ジャージや短パンが好きな人は普通にいますし学校ではそういう格好で男女気にせずに過ごしては?是非多くのお友達を作って楽しい高校生活を味わってください。

ただ、お友達に私は実は男だから男として扱ってほしいとか、先生や先輩たちにも開口一番そればかり言うのは面倒くさいと思います。
誰だって「ねぇねぇ私はこういう人なの、分かってね!」とか言われたら何こいつ?って思うでしょ?

男だから女だからというよりもあなたらしさを好んでくれる人を見つけられる方がいいと思います。そして他人に理解してもらうことよりもあなたが友達や周りの人を解ってあげられる人になってください。

若いうちはとかく、自分はなんだ?自分はどうあるべきか?きっと私はこうに違いない!みんな自分を解って、自分を理解して、みんな私を受け入れて!と攻めがちですが誰だって自分の事で精いっぱいです。他人のことまで受け入れる余裕はありません。そこへねじ込んで行くほど疲れるものはないのよ。
あなたはあなた。自分の事は自分が分かっていれば十分と理解してあなたが生きやすいようにしていくほうが幸せだと思いますよ。

もう少し大人になれば好きな人が出来るかもしれません。
女性を好きになるかもしれませんし、親友と呼べる男性と出会えるかもしれない。その時までに他人を受け入れられる器を是非作っていってくださいね。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ