回答 受付中

よの中って

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9418199
  • 閲覧数107
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数11

お礼率 0% (0/20)

働くかけっこんするかのどちらかだとは思いませんか、私はそうだと思っていたんですが。
通報する
  • 回答数11

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 46% (11851/25350)

他カテゴリのカテゴリマスター
 男性にはその両方をする場合が多いと思います。
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『恋愛・人生相談』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

セラピスト(占い含む)秋葉 貴子

質問する非公開

四柱推命鑑定士櫻井 めぐみ

質問する非公開

キャリアデザインコンサルタント釈迦院 知則

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る

その他の回答 (全10件)

  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 41% (2066/4960)

人生相談 カテゴリマスター
違うでしょう。

そもそも同じ座標にあるものが比較できることです。

働くということと反対なのは働かないこと、であり、結婚することと反対なのは独身を通すこと、でしょう。

違う座標にあるものは、相互に矛盾しませんから、大概の人は働きながら結婚しているものです。大概の人はそう思っています。
結婚を選んだら働かないというなら、結婚と同時に飢え死にしますから人類は死に絶えます。
働いたら結婚しないというなら、子孫はできませんから、やっぱり人類は滅亡します。
  • 回答No.8
レベル14

ベストアンサー率 28% (2947/10501)

他カテゴリのカテゴリマスター
働いて結婚する
結婚して働く
働いて結婚しない
働かずに結婚する
結婚して働かない

の、どれかです。

家計や家計簿というように、個人ではなく家に収入があればよいので、働いて十分に稼いでいる人と結婚すれば、働かずに家の環境を良くすることに徹することができるようになります。

なお、恋愛結婚の長期での離婚率はほとんど5割に届いているようなので、働けない人が家を失うと悲惨ですよ。
今の日本、平均収入の半分以下の収入の世帯の大半を母子家庭が占めています。ニートやフリーターより多いんですね。
昔はこれを防ぐため、二人の意志だけでは離婚できないようになっていたし、めぞん一刻ではないけど、寡婦を嫁ぎ先が養うことは良くありました。

短大がほぼ全滅状態になったのは、働かないで結婚する という選択肢を想定している女性がほとんどいなくなったためです。
  • 回答No.9
レベル14

ベストアンサー率 10% (624/5785)

これだけだと何だか他に娯楽が一切ない世界というか・・
男性の場合はヒモなどと呼ばれますけど。
結婚に絶対はありませんが、働くことは基本的に生きて行くために必要なことですからね。
たとえ結婚して養ってもらっていても離婚すれば働く必要が出てきたりと人生様々でしょうから、世の中の一握りの資産家でもない限り生活の糧を外して何かを考えるということに無理がありそうです。
  • 回答No.10
レベル11

ベストアンサー率 24% (55/229)

生活保護もらってパチンコやってゴロゴロしてる人もおります。

暖かい地域なら凍死しないから無職で青いビニールと新聞紙で生活してる人もおります。

愛人になってパパからもらったお金で生活する人もおります。

あとは、趣味のゲームでお金稼いでる人なんかも最近いますね。
  • 回答No.11
レベル12

ベストアンサー率 6% (39/617)

女はね。
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 20% (637/3072)

食うか、寝るか、遊ぶかだと思ってます。
捉え方次第ですよ。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 25% (3041/11699)

ライフ カテゴリマスター
違うと思う。
働くのが基本。結婚は「働く」こととは違う。
女性は独特の理由で働けなくなるから、配偶者の金で食べる時期があるというだけ。もしくは家庭の事情で結婚したら働けないという理由がある。
「働く」というのはどこかの会社に就労することだけではないけれど、金を稼ぐ手段として(もしくは衣食住の確保のため)「結婚」があるわけではないと思う。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 29% (3218/10939)

他カテゴリのカテゴリマスター
単に生きて死ぬだけです。
塵は塵に・・・
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 27% (88/322)

こんにちは。
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず…   鴨長明「方丈記」書き出し
たとえ日づけや年で区切ろうとも、時は流れていく。
過ぎ去った時は取り返しがつかないからこそ、人は今を大切に生きることに気づく。
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 31% (64/202)

こんにちは、

世の中を働くと結婚のどちらかに限定するのは無理が有ります。
世の中はたくさんの事柄から成り立っています。

貴方のこれからの人生をその二つから選択するのであれば可能ですが、それ以外もあります。
男性の場合でも働かず生計をたてる方法はいくらでもあります。
一生独身の方もいますし、最近40代から60代の独身多いです。
私の知り合いに60代で結婚もせず仕事もせず、不労所得だけで裕福に暮らしている方もいます。
女性の場合は、結婚も仕事もせず、他の人に食わしてもらっている人かなりいます。
高齢者住宅へ行くと独身の一人暮らしの女性多いですよ。
ほとんど年金暮らしですが、中には男性から援助してもらっている方もいます。

また、男女に限らず結婚も仕事もしている方は多いです。もしかすると一番多いかもしれないですね。
どちらか一つとは言い切れないですね。
  • 回答数11
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ