• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

台湾機で暴れた邦人の顔を国内サイトにリンクした場合

万引き映像を民間で公開した場合、 犯人に対する名誉毀損罪が成立するという法律家がいます。 しかし、台湾では、台湾籍の飛行機内で暴れた日本人3人の顔が、 刑事処分に至らなかったにも関わらず、報道されています。 (日本の報道では全てモザイク加工されている。) 台湾メディアの報道URLを日本国内の影響力のあるサイトに貼り付けると、 日本法(名誉毀損罪)により処罰される可能性はあるでしょうか? 過去にURLの掲示(貼り付け)をもって名誉毀損罪が成立するとした判例があります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数219
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

日本のサイトに貼り付けて、そのことが訴えられれば名誉毀損罪で処罰される可能性があると思います。でもその前に貼り付け先から削除される可能性の方が高いかも知れないですね。訴えたりするとかえって有名になっちゃいますから。 台湾の法律で許されても、日本のURLに貼り付けたら日本の法律で裁かれますが、名誉毀損罪は親告罪で被害者の訴えがあって初めて審理されます。 台湾のメディアに載ったからと言って、すでに日本で公然の情報とは言えないでしょう。それをわざわざURLに貼り付けたらそれを公然にする行為を行ったことになると思います。また、URLに貼り付ける事が免責の対象になる公益性には当たらないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >台湾のメディアに載ったからと言って、すでに日本で公然の情報とは言えないでしょう。 公然の情報かどうかの判断には、国や言語の違いも加味されるのでしょうか。

質問者からの補足

【訂正】 >過去にURLの掲示(貼り付け)をもって名誉毀損罪が成立するとした判例があります。 これはちょって不正確であり、この事件は民事での損害賠償の話でした。刑事事件ではありません。 ちなみに、児童ポルノ画像のURLをリンクした者が刑事責任を問われた事例はあったと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • hekiyu2
  • ベストアンサー率35% (271/774)

日本法(名誉毀損罪)により処罰される可能性はあるでしょうか?     ↑ ハイ、可能性があります。 こうした公訴提起前の犯罪については、 ・目的が主に公益の為であること ・真実であること を条件に、名誉毀損にはならない、としています。 (刑法230条の2) ネットに晒すのは、公益の為ではなく、おもしろ半分だ と解される可能性があり、その場合は 名誉毀損んが成立します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 面白半分だとURLの貼り付けも犯罪になるのですね。

質問者からの補足

>過去にURLの掲示(貼り付け)をもって名誉毀損罪が成立するとした判例があります。 これはちょって不正確であり、この事件は民事での損害賠償の話でした。刑事事件ではありません。 ちなみに、児童ポルノ画像のURLをリンクした者が刑事責任を問われた事例はあったと思います。

関連するQ&A

  • 顔晒し台湾報道を国内サイトにURLリンクする勇気

    先日、台湾の飛行機内で日本人3人が暴れ、 刑事処分は免れましたが、 台湾のメディアは3人の顔を報道しました。 民間で万引き映像を公開するというと、 脅迫だの名誉毀損だのと騒がれる日本とは大違いです。 (隣国で、かつての日本統治地域なのに。) では、暴れた日本人3人の御尊顔が載った台湾のサイトURLを、 もしも日本国内サイトにリンクしたらどうなるでしょう? ::::::::::::::: ネットはボーダレスなんですよね。 今や報道もネットで配信される時代です。 日本と台湾とではそもそも法律が違うという指摘や、 ボーダレスの意味を履き違えるなという意見がありました。 しかし、それを言ってしまえば、 台湾メディアの報道URLを日本国内のサイトに貼り付けると、 日本法(名誉毀損罪)により処罰される可能性が出てくるのではないでしょうか? 過去にURLの掲示(リンク貼り付け)をもって 名誉毀損罪が成立するとした判例があります。 名誉毀損罪は、警察に被害の届け出が必要な親告罪でありますが、 今回の騒動の主である御三方は全員日本人です。 なので、どうなるかわかりません。 (おそらく、現段階では、弁護士に聞いても正確な答えは出ないと思われます。) さて、あなたは、騒ぎの主の顔が映った海外報道のURLを、 日本国内のサイトにリンクする勇気はありますか? ※私は、今回の事件に関しては、大した意味もないので、やる勇気がありません。 もし問題になった場合、職業柄、仕事をクビになったら困ります。 それでもまぁ、本当に必要だと自分が思った事件ならば、 きっとURL拡散はやりますね。笑

  • 台湾機内で騒いで飛行機を引き返させた日本人3人

    台湾・台北発、タイ・バンコク行きの台湾籍の航空機内で、 日本人3人が酒を飲んで大騒ぎして、 飛行機が引き返す騒ぎがありました。 あなたは、この3人のやった事について、どう思いますか? この3人は、どうやら航空会社のブラックリストに載ったようです。 日本のメディアでは、3人の顔はモザイク入りで報道されていたようですが、 台湾メディアの報道を見ると、3人のご尊顔が拝見できます。www 「華航 折返 曼谷 日客」などで検索すると、 台湾アップルデイリーの報道が出てきます。(-_-;) ※日本国内にサーバーのある有力サイトに 台湾メディアのURLを直接貼り付けて拡散すると、 名誉毀損等で違法となる可能性も確実には排除出来ないため、 ここでは検索ワードを紹介するに留めます。

  • 日本の法律の異常さ~台湾機を引き返させた日本人の顔

    台湾機で暴れた邦人の顔を国内サイトにリンクした場合 https://okwave.jp/qa/q9416582.html 台湾機で問題を起こした日本人3人の顔写真が、 台湾のマスコミによって公開されています。 しかし、その台湾の報道URLを、 日本国内の影響力のあるサイトに貼り付けると、 日本法による名誉毀損罪に問われる可能性があるそうです。 この質問の質問者(素人のフリをして質問した)である私が言うのもなんですが、 回答者2名様の回答は、現状の一般的な法解釈において、 あながち間違いとも言えないのです。 10年前に、大阪で痴漢でっち上げ事件を起こした女がいました。 罪のない男性の誤認逮捕まで引き起こしたこの女ですが、 近畿ブロック(関西エリア)のニュース番組で氏名や顔写真が公開されました。 ところが、プロの弁護士にも確認をした上でお話しますと、 近畿ブロックでしか放送されていないこの女の氏名や顔写真を、 個人がインターネットなどで全国区に広めると、 特段の理由(自身の身に迫った具体的な危険があるなど)がない場合、 名誉毀損罪に問われる可能性があるそうです。 あなたは今の日本の名誉毀損罪(刑法230条)についてどう思いますか? (刑事では、公開された事実が真実である場合は、実際には立件されにくいものの、) 「相手が名誉毀損だと言えば名誉毀損」 という理屈がまかり通っているのです。

  • 台湾機内で暴れた邦人らの顔を隠す日本のマスコミ

    現地台湾では、モザイクなしで報道されています。 なぜ、日本のマスコミはモザイクをかけるのでしょうか? 犯人が刑事不問責だと、日本の法律ではモザイクをかけなければいけないのでしょうか?

  • ネット国境線の意識は必須?~台湾の晒し報道と日本法

    今年、滋賀県で未成年警官が上司を射殺しました。 (少年法適用) また、去年は台湾籍の航空機内で日本人3人が暴れました。 (刑事不問責) 日本のマスコミは、法律の関係上、 これら犯人の氏名を伏せたり、 顔にモザイクをかけたりして報道しています。 ところが一方で、台湾の一部メディアなどでは、 現地の法律では許されているのか、 日本の未成年警官の実名を流し、 飛行機で暴れた日本人3人の顔も公開しているようです。 //////////// 法律に詳しい人に聞いてみると、 これらの台湾の実名報道・顔晒し報道などを、 【日本国内にサーバーがあるサイト】に転載したり、 面白半分でURLリンクを貼ったりして拡散すると、 日本の法律に抵触する可能性があるそうです。 (犯人に対する名誉毀損など) つまり、ネットにも国境が厳然として存在するというのです。 そんなことを言われても、どうも私はしっくり来ません。 これでは危なくてネットなんか利用できません。 そもそも、サイトの【サーバーがどこの国にあるか】など、 意識して利用する人はいるでしょうか? 私の認識では、ネットというのは【ボーダレス】なものであります。 これからは【グローバル】の時代です。 法律家の言うことは、 あまり現実に即しているように思えないし、 時代錯誤だと感じます。 皆さんはどう思いますか?ご意見をお待ちしています。

  • 公務員の方へ~犯罪被害に遭ったら犯人を晒しますか?

    ・犯人が誰だか分かる状態で公開すれば名誉毀損罪が成立する。 ・私刑行為に対して刑事処分が下らなかったとしても信用失墜行為には当たる。 ・公務員は私生活上の行為でも分限処分の対象となり得る。 と考える法律家もいます。 しかし一方で、映像公開が公益にかなう行為だと主張すれば、 処罰のしようがないと言う法律家もいます。 私ならば【私生活上の被害】に限り、 ドラレコやスマホで撮影した現場映像を動画サイトに公開します。 盗みや暴力行為、当て逃げなどを対象とします。 もちろん職場では自分からは公言しません。 もし「◯◯◯職員が私刑行為」などとニュースになってしまったら、 それはそれでいいと考えています。 (どうせ出世しないし。)

  • 迷惑運転のドラレコ公開は名誉毀損罪だという弁護士

    迷惑運転や道路上で言いがかりを付けてきた運転手を 撮影したドライブレコーダー映像をネット上に上げると、 犯人に対する名誉毀損罪に問われるなど解説する弁護士が、 ついにネット上に現れました。 皆さんはこういう解説についてどう思いますか? ちなみに、台湾では膨大な量のドライブレコーダーの映像がネット上に上がっています。 もちろんモザイクなしですが、名誉毀損で捕まった事例がありません。 これはどう説明が付くのでしょうか。 台湾は、親日国で距離も近く、かつて日本による統治地域でした。

  • 名誉毀損罪は現代の治安維持法?

    名誉毀損罪(親告罪)という犯罪があります。 公開した事実が真実でも成立します。 その事実が犯罪であっても、 それが公訴訴提起前でも、公訴提起後であっても、 同じ私人(注意:NHKもここでは私人扱い)でありながら、 報道機関ならば映像を晒しても罪にならないのに、 一般人が防犯ビデオ映像をネットでさらせば、 事実上(法理論ではない)名誉毀損罪になります。 痴漢被害と同じく、 事実上(法理論ではない)被害者が名誉毀損だと言ったら、 それは名誉毀損です。 上司のパワハラやセクハラをICレコーダーに記録して、 それをネットに流した場合はどうでしょうか? プロの法律家でも見解が割れます。 だけど、 (1)公務員の場合は、仕事内容と関係ないセクハラでも、 刑法230条に公務員に関する項があるため、 名誉毀損にはならないとする法律家が少なからずいます。 (2)大企業の従業員についても、 社会的に影響力の強い会社であれば、 公益性から名誉毀損に問われないという法律家が中にはいます。 (※もちろんセクハラは個人的問題なので、 職場の性質・規模は関係ないというまっとうな見解もある。) もし上記(1)(2)が本当だったらどうなるでしょうか? 結果として、官公署・大企業の労働者が、 セクハラを社会に告発する機会に恵まれます。 中小零細企業の従業員がネット告発をすると、 名誉毀損でパクられます。 日本の労働者の7割は中小零細企業の従業員です。 彼ら彼女らに「セクハラだ。パワハラだ。」と騒がれ、 反乱されて困るのは、彼ら彼女ら自身よりも、 社会の「支配層」ではないでしょうか? そう考えると、名誉毀損罪は間接的言論統制手段であり、 国のキャリア官僚が密かに編み出した、 事実上の治安維持法ではないか? ・・・さて、あなたはこの意見をどう思いますか?

  • 名誉毀損罪が現代の【治安維持法】である可能性

    名誉毀損罪(親告罪)という犯罪があります。 公開した事実が真実でも成立します。 その事実が犯罪であっても、 それが公訴訴提起前でも、公訴提起後であっても、 同じ私人(注意:NHKもここでは私人扱い)でありながら、 報道機関ならば映像を晒しても罪にならないのに、 一般人が防犯ビデオ映像をネットでさらせば、 事実上(法理論ではない)名誉毀損罪になります。 痴漢被害と同じく、 事実上(法理論ではない)被害者が名誉毀損だと言ったら、 それは名誉毀損だという傾向が日本では非常に強いです。 上司のパワハラをICレコーダーに記録して、 それをネットに流した場合はどうでしょうか? プロの法律家でも見解が割れます。 (1)公務員の場合は、仕事内容と直接は関係ないパワハラでも、 刑法230条に公務員に関する項があるため、 名誉毀損にはならないとする法律家が少なからずいます。 (2)大企業の従業員についても、 社会的に影響力の強い会社であれば、 公共の利害に係る事実であるため 名誉毀損に問われないという法律家が中にはいます。 もしもこれが本当だったらどうなるでしょうか? 結果として、官公署・大企業の労働者が、 パワハラを社会に告発する機会に恵まれます。 (※もちろんパワハラやセクハラは個人的問題なので、 職場の性質・規模は関係ないというまっとうな見解もある。) 中小零細企業の従業員がネット告発をすると、 名誉毀損でパクられます。 日本の労働者の7割は中小零細企業の従業員です。 中小零細企業の従業員に「パワハラだ。」と騒がれ、 反乱されて一番困るのは、 既得権を持った社会の「支配層」です。 そう考えると、名誉毀損罪は間接的言論統制手段であり、 国のずる賢いキャリア官僚らが密かに編み出した、 事実上の【治安維持法】ではないでしょうか? ・・・さて、あなたはこの考え方をどう思いますか?

  • 日本人が犯人晒しツイートを海外から再頒布すると?!

    「まんだらけ事件」や「土下座強要事件」で、 一般人やネット民による公然たる犯人特定が 名誉毀損に当たるとする法律家の解説が、 民衆の物議を醸しました。 (理論家だから仕方ないのだろうけど。) 実際には警察もまんだらけを脅迫で検挙しやしませんでした。 ※大衆の暴徒化や暴動のリスクを考えると、 警察の判断は妥当だと当方は考える。 匿名調査調査では9割がまんだらけを支持しているそうな。 結局モザイクを外した防犯映像がマスコミ報道された。 あの騒ぎは一体何だったのか? 昨年11月、児童ポルノ事件で、 確認画面なしにワンタップで気軽に行える 「リツイート」が検挙対象となりました。 ポルノ検挙は歓迎ですが、 むやみな拡大適用を懸念する声が上がっています。 知り合いの物を盗んだ犯人の顔を拡散するTwitter記事を 「リツイート」しようか悩んでいた矢先でした。 映像による真実拡散こそが「誤認逮捕」や「冤罪」を防ぐ ポイントになると当方は考えています。 刑事訴訟法や刑法が作られた当時とは社会情勢が違います。 台湾などの外国ではこの種の一般人による映像公開は朝飯前です。 【疑問】 日本人が海外に出国して、 ネット民などが特定した犯人情報(真実であるものとする)を リツイート・リンク(再頒布)した場合、 帰国後に日本の刑法で処罰されるのでしょうか? (1)ネット民による犯人特定を一市民が海外から再頒布した場合 (2)日本のマスコミ報道を一市民が海外から再頒布した場合 2つの場合に分けて解説願います。 日本人による海外でのリツイートが日本法で処罰されるなら、 日本国籍保持者が国際社会で不利になります。 法律は国によって違うのに、 SNSは「グローバル」で「ボーダーレス」です。