• ベストアンサー
  • 困ってます

簿記3級 現金過不足について

簿記3級 現金過不足について教えてください [問題] 不一致の原因を調べたところ、 買掛金の支払額1000円の記帳漏れが判明した [解答] 買掛金1000 現金過不足1000 [質問] 問題から読み取れるのは 仕入1000 買掛金1000 の仕訳が抜けていたということでしょうか? 不一致が判明した時の仕訳は 現金過不足1000 現金1000 になるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数91
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>[質問] >問題から読み取れるのは >仕入1000 買掛金1000 >の仕訳が抜けていたということでしょうか? 買掛金1000/現金1000 が記帳されていなかったため、現金勘定の残高が1000円多くなっていた。 (同時に買掛金も1000円多くなる) >不一致が判明した時の仕訳は >現金過不足1000 現金1000 >になるのでしょうか? それで良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 簿記3級の現金過不足について

    (1)現金過不足\2,500の原因を調査していたところ、家賃の支払額\3,500と利息の受取額\1,000の記帳洩れであることが判明した。      支払家賃 3,500 / 受取利息  1,000                / 現金過不足 2,500 (2)営業時間終了後において現金の実際有高が帳簿残高より\5,000不足していたので原因を調べていたところ消耗品購入の支払額\15,000と利息の受取額\10,000の記帳洩れであることが判明した。       消耗品費 15,000 / 受取利息 10,000                 / 現金    5,000 ※両方の問題とも原因が判明していますが仕訳が(1) 現金過不足2,500と(2) 現金 5,000と違う理由がわからないのですが? (2)も現金過不足 5,000では間違いなのでしょうか?

  • 簿記3級の現金過不足の訂正仕訳がよく分かりません。

    原因が不明であった現金過不足は、家賃の支払額30000円が二重計上されていたことにより生じていたことが判明したが、これを次のように仕訳していた。 (支払家賃)30,000 (現金過不足)30,000 {答え} (現金過不足)60,000 (支払家賃)60,000 現金過不足、訂正仕訳で質問を検索してみたのですが、よく分かりません。 仕訳の基礎が理解できていないのか、なぜ支払家賃が貸方にあるのでしょうか? 解き方の順序とかコツがあれば教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 簿記3級、現金過不足の問題が分かりません

    決算にあたり、現金の手許有高を調べたところ、帳簿残高は\280,000であるのに対して、実際有高は\275,000であった。 この現金不足額のうち\3,300は、従業員個人が負担すべき交通費を店の現金で肩代わりして支払った取引が、 未記帳であったためであると判明したが、残りの現金不足額の原因は不明である。 答え (従業員立替金 3,300)(現金 5,000) (雑   損  1,700) (注)次の仕訳でもよい (現金過不足  5,000)(現金  5,000) (従業員立替金 3,300)(現金過不足 5,000) (雑  損   1,700) 私は (従業員立替金 3,300)(現金過不足 5,000) (雑  損   1,700) と思ったんですが、なぜ(現金過不足)ではなく(現金)になるのかが分かりません。 また、私の様に(現金過不足)とした場合は、2番目の答えの様に、(現金過不足)(現金)の仕訳が必要なのかも分かりません。     

  • 現金過不足

    下記の仕訳を教えてください。 現金の実際有高が帳簿残高より8,000円不足していたので、現金過不足勘定で処理していたが、決算日に原因を調査したところ、地代の受取額30,000円、利息の支払額30,000円が記入漏れであった。尚、残額は原因が判明しなかった。 解答は (支払利息) 30,000 (現金過不足) 8,000 (雑損)    8,000 (受取地代)  30,000 となっていましたが、下記ではなぜ間違いでしょうか? (支払利息) 30,000 (現金) 8,000 (雑損)    8,000 (受取地代)  30,000 決算日より以前に、現金過不足勘定で処理していたからでしょうか? 仮に、決算日に現金の実調を行った場合は、下の場合が正しいのでしょうか?

  • 現金過不足

    決算日において、現金の実際手許高は283,000だった ただし帳簿有高との不一致の原因は不明である なお現金の帳簿有高は280,000である この仕訳は 現金過不足3000雑益3000 と自分では回答したのですが 解答には 現金3000雑益3000となっていました。。。 どうしてこのような仕訳になるのでしょうか??><

  • 現金過不足について

    現金過不足について 問題をやっていますと、仕訳の書き方は2つあるのか?? という疑問がわきました。 例題を出して話していきます。 問、決算にあたり、現金の手許有高(←ちなみに何て読むのですか? )を調べたところ 帳簿残高は¥280.000であるのに対して実際残高は¥275.000であった。 この現金不足のうち¥3.300は、従業員個人が負担すべき交通費を 店の現金で肩代わりして支払った取引が未記帳であったためと 判明したが、のこりの現金過不足は不明である。 とありますが、私はいままで (現金過不足)5.000 (現金)5.000 (従業員立替金)3.300  (現金過不足)5.000 (雑損)1.700 と解答していました。 しかし他の応用問題など解いた後、もう1度この問題を解くと (従業員立替金)3.300 (現金過不足)5.000 (雑損)1.700 という解答になるのですが これは間違いなのでしょうか? よろしくおねがいします^^

  • 現金過不足の仕訳

    はじめまして。 この問題の仕訳の回答を教えてください。 現金の実際有高が帳簿残高より\11,000不足していたため、かねて現金過不足勘定で処理しておいたが、その原因を調査したところ、通信費\29,000が記入もれになっていること、ならびに保険料の支払額\69,000を\96,000と誤記入していることが判明した。なお、残額については原因不明のため適切に処理することにした。 長くてごめんなさい´`お願いします

  • 簿記3級 現金と現金過不足について

    違いが分かりません。 【問題1】  決算に当たり、現金の手許有高を調べたところ、帳簿残高は ¥ 300,000 であるのに対して、実際有高は ¥ 280,000 であった。この現金過不足額のうち ¥ 8,000 は、従業員個人が負担すべき交通費を店の現金で肩代わりして支払った取引が未記帳であったためであることが判明したが、残りの現金不足額の原因は不明である。 【解答】 従業員立替金 8,000 / 現金 20,000 雑損 12,000 【問題2】  決算日において、現金過不足(過剰額)¥ 24,000 の原因を改めて調査した結果、通信費 ¥ 5,600 の支払い、および手数料の受取額 ¥ 27,600 の記入漏れが判明した。なお、残りの金額は原因が不明であったので、適切な処理を行う。 【解答】 現金過不足 24,000 / 受取手数料 27,600 通信費 5,600 / 雑益 2,000 現金が残る場合と現金過不足が残る場合があって。 現金を雑益(損)に振り替えたり、過不足を雑益(損)に振り替えたりの その違いが分かりません。。。

  • 簿記三級の現金過不足がわかりません

    簿記三級の問題がわかりません。 (1)10月3日に店主が私用で現金¥21,600を引き出したが、¥18,00で誤記入されていた。 の部分がわかりません。 訂正仕訳をして 引出金(21,600)現 金(21,600) 現 金(18,000)引出金(18,000) ↓ 引出金(3,600)現金(3,600) になるのかなと思ったのですが、答えは 引出金(3,600)現金過不足(3,600)でした。 解説には (1)10月3日の訂正仕訳 店主が私用で引き出した現金21,600を、3600円少ない18,000で記入されていたため、3,600円を追加計上する仕訳を行います。 ただし、12月15日の時点で帳簿残高を実際有高に合わせているため、12月31日の時点では現金ではなく現金過不足で処理します。 と書いてありますが意味が理解できません…。 12月15日の時点で帳簿残高を実際有高に合わせている。とありますがそこが特にわからないです 写真の現金過不足の勘定科目を見ても全然わからず… どなたか優しく教えてください

  • 現金過不足について

    経理業務をしています。 実際の現金が、帳簿より多くなってしまいました。 簿記の勉強をしたときに、現金過不足勘定を使う、と習ったので ひとまずそのように仕訳しようと思ったのですが、 現在使っている弥生会計では現金過不足勘定が設定されていないようなのです。 いきなり雑収入で処理するのもどうかと思いますし、 何か代わりの処理方法(勘定科目)はありますでしょうか? また、現金過不足勘定を新たに設定する方法でもよいのですが、その場合、どのカテゴリに入れるのが妥当でしょうか・・・。 ご存知な方、どうぞよろしくお願いいたします。