• ベストアンサー
  • 困ってます

炭酸ナトリウムの中和滴定

中和滴定において、濃度0.1mol/lの水溶液の酸および、その塩基とそ の際に用いる指示薬の適否を答える問題で、次のような解説がありました。 「塩酸は強酸、炭酸ナトリウムは強塩基なので、強酸と強塩基の中和となり、メチルオレンジ、フェノールフタレインとも使用可能」 何かのテキストで、炭酸ナトリウムについては、別の解説があったように思うのですが、この解説は、このままで正しいのでしょうか? それとも、別の解釈で理解すべきなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数487
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

解説の後半は正しいのでいいのですが、前半が引っ掛かります。 炭酸ナトリウムは、水酸化ナトリウムと炭酸の中和したもので、 強塩基と弱酸の中和で、単純に強塩基とは言いにくい。 塩基性が弱まっていることを加えたいですね。 私なら、「ほぼ強塩基」で逃げるか、「指示薬に影響ない十分 塩基性が強い」とするかです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。やはり、あの解説は舌足らずの解説だったんですね。参考になりました。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

炭酸ナトリウム水溶液に塩酸を滴下する中和滴定で, フェノールフタレインを用いると Na2CO3 + HCl → NaCl + NaHCO3 メチルオレンジを用いると Na2CO3 + 2HCl → 2NaCl + H2O + CO2 の反応が終わったところで変色が起こります。 「中和滴定にいずれの指示薬も使用可能」を誤りとすることはできないでしょうが,結果は異なります。 ご質問にある解説は,「そのまま暗記して利用する」という使い方には適さない解説だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、そうですか。参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中和滴定の指示薬について

    どの指示薬を使うか教えてください。 強酸を強塩基で滴定する場合はフェノールフタレイン、弱酸と強塩基はフェノールフタレインorメチルオレンジ、強酸と弱塩基はメチルオレンジ、では弱酸同士の場合はどうなるのでしょうか。・・・メチルオレンジ?初歩ですがよろしくお願いします。

  • 中和滴定について

    中和滴定について 化学の中和滴定について教えてください。 例えば、ビーカーに水酸化ナトリウムが入っているとします。 そこに上から塩酸を少しずつ垂らしていくと、どこかの時点で中和しますよね。 その際に指示薬としてフェノールフタレインを用いると思うのですが、 その使い方がよくわかりません;; 最初に水酸化ナトリウムしか入っていない溶液にフェノールフタレインを垂らすと 赤色になるんですよね? で、次に塩酸を加えて、またフェノールフタレインを垂らし、溶液の色を見る。 中和したら、フェノールフタレインを加えても無色になる、 だから中和点がわかる、ということなのでしょうか? それと、フェノールフタレインやメチルオレンジなどは 2つの溶液が 強(弱)酸、強(弱)塩基 といった大まかな濃度の組み合わせ しか分からないのですか? しばらく化学をやっていなかったので、すっかり忘れてしまいました。。 かなり初歩的な質問で申し訳ないのですが、 中和滴定(特に指示薬の使い方)について教えてください!

  • 中和滴定にて

    0.5モルの炭酸ナトリウムを規定度が大体0.5の硫酸に加えたときの半分中和したときのpHを求めようとしているのですが・・・半分中和という意味がよくわかりません。どういうことなのでしょうか・・・? さらにそこから完全に中和したときのpHを出そうとしたのですが、これは単純にPH約7を考えてよいのでしょうか? あと、指示薬溶液でフェノールフタレイン溶液とメチルオレンジ溶液がありますが、ある溶液の滴定でフェノールフタレインは使えてメチルオレンジは使えないというものでは色の変化が見られない以外に何か不都合なことでもあるのですか? わかりにくい質問かもしれないですが、お願いします。

  • 中和滴定の実験

    実験で中和滴定をしました。その内容はアンモニア10mlをホールピペットで取り、これに水を10mlを加えた溶液20mlに指示薬をいれ、0.1M塩酸で滴定しました。指示薬はメチルレッド、フェノールフタレインそれぞれ実験して、フェノールフタレインの方が塩酸の滴定量が少なかったです。この実験で中和点は塩基性よりになる理由が分かりません。H3O+ができて酸性にはならないんでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 中和滴定の際の指示薬について

    中和滴定で使用するフェノールフタレインは変色が始まったところを滴定の終点にしますよね? それは、始めの方を終点にしないとどんどん塩基寄りになるから? それでしたらメチルオレンジも始まったところを滴定の終点にするのですか? メチルオレンジの問題があまりでないので… 疑問に思ったので詳しい方、宜しくお願いします。 基本的な事を聞いてすみません…m(__)m

  • 中和滴定の問題なのですが教えてください

    炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの両方を溶かした試料水溶液10mLを0.1mLを0.1mol/L塩酸で中和 滴定する 指示薬としてフェノールフタレインを用いた場合、変色点(変色点A)までに要した塩酸の滴下量は8mLであった。一方指示薬としてメチルオレンジを用いた場合、変色点(変色点B)までに要した塩酸の滴下量は13mLであった。 ここで質問なのですが NaHCO3の中和に要した塩酸は13mL-8mL=5mLとあったのですがなぜでしょうか? そもそも変色点の意味は調べても分からなかったんですが

  • 中和滴定の指示薬に関する問題です。

    問 濃度のわからない水酸化ナトリウム水溶液を0.1mol/Lの酢酸水溶液に滴下したい。この中和滴定に使用するのに最も適当な指示薬を下から選び答えなさい。 ア 、リトマス  イ、 メチルオレンジ  ウ、 フェノールフタレイン たぶんですが、指示薬の変色域を知っていないとできないのかなと考えています。そうだとすれば、それぞれの変色域も教えていただけると有り難いです。

  • 化学の中和滴定の問題

    ある資格試験の化学の中和滴定の問題で、「塩酸と炭酸ナトリウムの指示薬にメチルオレンジを使用した」とありました。私は、○か×か迷ったのですが、一応○にしました。これで合っていたでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 中和滴定

    今回学校で中和滴定をしました。 それで指示薬としてフェノールフタレインを使いました。 しかし考察のところでなぜ指示薬がいるのか、という質問があり、よくわかりません。 指示薬はなぜいるのでしょうか、おしえてください。

  • 中和滴定で用いる指示薬について

    学校で中和滴定の実験をしました。 「濃度既知の水酸化ナトリウム水溶液を用いて、濃度不明の塩酸の㏖濃度を中和滴定によって求める」というものでした。 そこで質問です。指示薬にフェノールフタレインやメチルオレンジを使える事は知っているのですが、BTB(ブロムチモールブルー)やリトマスを使う事はできるのですか? 教えてください。