• 締切済み
  • 困ってます

弁護士費用の返還を求めたい

弁護士に内容証明郵便の作成を依頼しました。作成費用に、15万円支払ました。 のちに、領収書の発行を求め,領収書を頂きましたが、そこには、示談交渉費用と書かれてありました。 内容証明郵便の作成の費用としては、15万円は高いなぁ とは思いましたが、仕方がないと思っていました。 ところが、その弁護士のHPをみると、内容証明郵便の作成料5万円と掲載されていました。 余分に支払った費用を返してもらいたいのですが、どのように話せば良いのか、悩んでいます。 現在、一審判決は勝訴し、控訴審中です。来月には判決が出ます。 控訴審は勝訴しても、上告されるかも知れないので、また上告申立書の作成を依頼しなければなりません。弁護士が気を悪くしないように、余分に支払った費用の返還を求めたいのです。 回答宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数157
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4

裁判で使うための内容証明でしょうか? それとも内容証明を出して話にならないから裁判になったのでしょうか? 後者ならその間相手との交渉がある訳で、それがあって、訴訟になったとしたら、弁護士がその間文書作成以外の仕事をしているのですが、その仕事は関係ないと言うのは無理があると思います、むしろ交渉の中で内容証明と言う文章を作成したと言えるのでは無いでしょうか、つまり >示談交渉費用と書かれてありました。 ですから、内容証明はその中の一つと言うことになります、それに最初から弁護士にその件を依頼する契約なら、内容証明の実費分で済んだと言うことになります。 また着手金で手前の費用を加味した金額にする弁護士も多いです、別に分けるのは契約の日付前の費用は税務上、契約に含められないのだと思えます、もし弁護士が着手金で15万円を調整してくれて居るのに、「内容証明が!!」と言ったら、あまり良い関係にならなくなります。 もしもその辺の事を言いたいのであれば、裁判が終わって礼金の時に質問して、考慮してもらうのが良いのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 法テラスを利用した方の回答希望

    ある弁護士さんに、提訴を前提に内容証明郵便の作成を依頼し,15万円支払ました。そして,内容証明郵便を送ってもらいました。その後,相手から訴えられたので,法テラスを利用し,同じ弁護士さんに訴訟事件として,委任しました。 そして、一審で勝訴した後に,支払った15万円の領収書の発行を求め,領収書を頂いたところ,領収書の但し書きには,示談交渉事件の着手金と書かれてありました。 私としては,示談交渉事件の委任契約は交わしていないので、支払った15万円は,内容証明の作成費用とばかり思っていました。 そして,その弁護士さんに差額分の返金を求めたところ,今の訴訟が終わってから差額分は報酬から差し引き清算します、との返事を頂きましたが、報酬は法テラスが決め、依頼者は法テラスに支払うことになるので,法テラスを利用する前に支払った、示談交渉の委任契約書のない着手金は、先に返金してもらいたいのです。そのような申し出をしても弁護士さんからすれば,そんな依頼者はイメージ良くないですか?意見お聞かせ下さい。

  • 控訴審判決後の賠償金の請求について

    本人訴訟で民事で控訴審の最中ですが、来月に判決が言い渡される事になりました。私が控訴人です。第一審では一部敗訴したのですが、1年以上控訴審が続いており、裁判官の話から想定すると、おそらく控訴審で逆転勝訴となり賠償金を得られると考えております。そこで質問ですが、控訴審判決言い渡し後判決内容が確定するのは何日後でしょうか?二週間でしょうか?また、損害賠償金を請求するには、どのような書式で被控訴人に請求すればよろしいでしょうか?内容証明郵便でしょうか?どなたか教えて下さい。

  • 偽証罪で告訴する場合

    未払い分の請求をしていました。 控訴審で「領収書○から●は控訴人の文字と酷似しており、□から■は意思を持って作成されたものである。」との判決がでました。 ○から●の領収書は確かに私自身の筆跡ですが、□から■は控訴人である私でも、被控訴人でもなく、まるで子供が書いたかのような筆跡でした。 一審では弁護士費用を捻出するのがやっとで、弁護士から適当にあしらわれたために敗訴し、控訴は本人訴訟をしました。 控訴審で領収書の鑑定を求めていたのですが、結局「意思を持って作成された」と判決されました。 口頭弁論で、被控訴人が「●氏は私の目の前で書いた」と言っていたのですが、■の領収書にあたり、全く私自身の筆跡ではありません。 それで偽証罪で告訴したいのですが、鑑定をしたうえで告訴しなければならないのでしょうか? 鑑定にかけるほど余裕がないのでどうすればいいでしょうか?

  • 回答No.3

領収書の内容の明細書を出してもらえばいいのでは? 内容証明の作成は5万とありますが、今回の15万の明細書を出して下さい。 …とお願いしたらいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4038/14669)

着手金が10万なら数字だけは合いますが・・・ 実際のところは先生に訊ねてみるしかないと思います。 返還を求めれば気を悪くするでしょうから、裁判の決着が全てついて、損害賠償だか何だか全て回収できてからの方が良いと思います。時効の問題はありますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4038/14669)

弁護士費用は自由化されましたので、各人の好きずきですが、一般的に、何をするにしても、するならまず着手金を取られます。最低数万。その上で、内容証明1本、そのセンセは5万なんでしょう。 示談交渉としての領収書なら、15万の中に一定の交渉費用も入っているのかと思います。 何もしなかったのでしょうか?事前に費用の説明は無かったのでしょうか?説明が沢山あって聞き漏らした? また、着手金の中に一定の事務経費を含む場合もあります。たいてい、裁判資料のコピー1ページ取っただけで数百円とか取られますので、事前にある程度の経費が必要になります。 また、事件が決着した段階で全ての精算も行うでしょう。不足経費の請求やあまったのなら返還なども。 全体の流れの中で、1つだけ取り出して高い、安いと判断するのは早計かと思います。 もちろん、悪徳弁護士もいますからその限りではありませんが、もしそうなら、依頼そのものを断る必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 示談交渉は依頼していません。内容証明郵便の作成だけです。質問文に掲載したとおりです。 内相証明作成費用は、5万円 交通費が10万円もしないでしょう、。、

関連するQ&A

  • 弁護士費用による費用倒れ

    第一審で勝訴したものの弁護士費用や成功報酬等で既に数十万円以上も費用倒れになった原告が、被告から控訴されたとします。この場合、一般的心理から言って、原告は、その後の費用倒れの増加を敢えて覚悟しても、同弁護士に継続して控訴を委任し、強制執行まで持っていくでしょうか?(恐らくそのまま最後までいけば、費用倒れは100万円程度になると予想されます)。 本件は、原告の提訴に対し、被告が反訴を提起し、原告の認容額が請求額に対して低かったため、費用倒れになったものです。控訴審をも考慮した成功報酬は計算していませんが、第一審までの経済的利益に対して発生する弁護士費用(着手金及び成功報酬)、日当及び必要経費は既に認容額を大幅に超えています。控訴審も同弁護士が受任するとすれば、確実に費用倒れ額は増加します。

  • 弁護士は無理だと言っています

    先日、民事裁判の控訴審で敗訴となりました。 上告しても無理なのはわかっています。 一審で依頼した弁護士も控訴審で依頼した弁護士も(依頼したほうが悪いのでしょうが)ひどく鑑定をいやがり、また相手方の方を持つような質問ばかりで疑問点は全く無視でした。 初めから私は書いていないので、コピーではなく原本での筆跡や指紋等を鑑定にしてほしいと弁護士にも強行に言っていたのですが、結局採用されずに敗訴確定しました。 領収書や借用書等が100枚以上ありました。 そのうちの数枚は確かに私自身が書いたものでしたが、残りは全く身に覚えのないものばかりでした。 ひどいものになると、子供が書いたのかと思うような稚拙な文字のものもありました。(自分でいうのもなんですが、字は上手です。いつも褒められます) 確かに100枚すべて鑑定は無理でしょうが、相手方は半分以上は私が相手の前で領収書や借用書を書いたと認めているのですから、その中の数枚でも鑑定していれば敗訴はなかったのではないかと思っています。 またすでに書いてきたものもあると言っていたのですから、指紋鑑定すれば私の指紋が全くついていないこともわかったはずです。 結局すべて「意志に基づいて書いたもの」との判決がでて敗訴となりました。 弁護士の選任を間違ったとか言われますが、相手方と違いこちらは金銭余裕がなく法テラスや公共機関からの紹介での弁護士でしたので仕方がないと思います。 相手方が民事で提出した領収書や借用書等を警察に持っていっても警察はとりあげない、と弁護士から言われました。 私として相手方が偽造しており自分が正しいということを証明したいだけなのです。 また、相手方は貸付明細書で私とは全く関係のないものまで私への貸付金としており、中には「病院代」というものもあり、まるで私が色々な口実をつけて相手方からお金をせびっているようなものまでありました。 領収書は確かに書いたことはありますが、第一お金を借りたこともないのに借用書なんて書いたこともありません。 相手方から理由をつけてお金をせびっているように書かれていることも許せません。 受け取っていないという証拠も確かにありません。 ですが、私が相手方に対して借用書等を渡したらしいので指紋鑑定をすれば相手方の嘘がすぐにわかるものです。 なんとか私自身の身の潔白のできる方法はないものでしょうか? 長文読んでくださりありがとうございます。

  • 弁護士費用について

    弁護士費用についてのガイドラインは廃止になったと知りましたが、一般的な情報で構いませんので、アドバイスお願い致します。 弁護士費用を検索すると、弁護士名入の内容証明を作成してもらうと3万円・・・などとありますが、これは正式に委任し、着手金を支払った後でもこのような金額が加算されていくのでしょうか。 例えば、委任時に着手金50万円を支払い、内容証明を2回作成していただいた場合は、3万円×2=6万円が着手金とは別に後ほど請求されるのでしょうか? それとも、着手金の中にそのような手数料は含まれており、実質的にかかる内容証明の郵便代等のみ、後ほど請求と言う形で加算されていくのでしょうか。 また、報酬についてですが、例えば損害賠償100万円を請求する訴訟を起こし、実際には50万円の損害賠償が確定した場合は、経済的利益は50万円なので50万円に対する○○%と言った形で報酬が決まると理解してよいのでしょうか。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 裁判費用について

    原則?として裁判で敗訴となった者がその裁判の費用を負担するとのことですが、 第一審敗訴で控訴審で勝訴となった場合は、各判決での勝敗に従って訴訟費用を負担するのですか?

  • 代理弁護士に依頼した控訴審の傍聴

    損害賠償請求事件につき、第一審勝訴の控訴審を代理弁護士に依頼した控訴審の傍聴は、可能ですか。 当控訴審は弁護士が代行しているので、原告(被控訴人)は地方裁判所には特に行く義務や必要はないのですが、どうしても気になるため、裁判内容を是非傍聴したいと思っています。

  • 上告費用は誰が払うの?

    上告費用は誰が払うの? 素朴な疑問ですが、 民事・行政訴訟で、A(原告)が、B(被告)を訴え、 Aが東京地裁で勝訴しました。 Bが東京高裁に控訴し、逆転勝利しました。 しかし、 Aが東京高裁の判決に「判決に重大な影響を及ぼす齟齬」があると、 最高裁判所に上告した場合、 最高裁判所は東京高裁の判決を取り消し、 東京高裁に差し戻すか、自判するかだと思うのですが、 上告費用は誰が支払うのでしょうか? 上告の原因は東京高裁の判決の「判決に重大な影響を及ぼす齟齬」の場合、 Aにも、Bにも責任は無いと思うのですが、 上告費用を東京高裁に支払わせるようなことはできないのでしょうか?

  • 上告するには弁護士資格が必要なのでしょうか

    上告するには弁護士資格が必要なのでしょうか。 本人訴訟で控訴しました。判決になって私の敗訴になりました。 しかし判決理由があまりに理不尽で控訴審判決では納得できないのです。 ダメ元でも初心貫徹。一応「ここまでやったぞ」というものもほしい。 そんな感じで上告しようかと思っています。 弁護士さんに頼まないとできないのでしょうか。 一応、法学部ですから、それなりの知識は持っているつもりです。 上告となると、弁護士資格が必要なのでしょうか。 よろしくお願いします

  • 控訴を代理人なしでする方法とその後の審理終了までの

    流れを教えてください。 7月14日に原告として起こしていた、交通事故賠償裁判の判決が出ました。請求支払総額の4分の1ぐらいしか認められていません。 判決内容が法律に違反しているので、そのことで控訴したいと思っています。また、こちらは、過失が0の判決だったのに、裁判費用が20分の15が原告負担という内容も上告するつもりです。 しかし、私の代理人の弁護士は、2週間以内の手続きが必要なので、手続きまではするが、上告は受任しないので、その後の審理は、他の弁護士に代理人を依頼するように言ってきました。他の弁護士を探していますが、代理人を受けてくれそうな人がいません。こうなると、自分で上告するしかないと思っています。 自分で、控訴して控訴審を闘う方法で、何かアドバイスなどがありましたら、是非教えてください。 期限がないので急いでいます。よろしくお願いします。

  • 訴訟費用確定の申し立てはどこにすれば?

    私は原告です。第一審の判決が出ました ・訴訟費用は被告の負担とする ・仮執行宣言付き ですが、被告が控訴してきました。 現在、記録は控訴審のほうに送られてしまいましたが一審での 訴訟費用の確定は控訴審のほうに申し立てすることになるのですか? また、控訴審での判決も同じように「訴訟費用は被告の負担」という 判決が出た場合、私は 一審と二審にかかった訴訟費用の確定の申し立てを 【控訴審】のほうにまとめて申し立てればよいのですか?

  • 内容証明郵便。弁護士への作成依頼。

    内容証明郵便作成を弁護士に依頼するということは、「代理人」として弁護氏名が封筒または、封筒内の 内容証明郵便そのものに表記されるのでしょうか? それとも、内容証明郵便を作成する「だけ」ですか(弁護氏名の記載なし)? 費用の違い等もありましたら教えてください。