• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

微分積分

微分と積分について教えてもらいたいのですが、 微分が 1,y=cosx/(1-x^2) 2,y=e^<ktan^(-1)x^2> 積分が 3,y=(x-3)^/x^2 4,y=1/(3+4x^2)^(1/2)+1/(3-16x^2)^1/2  5,∫x/(1+2x^2)dx (2→3) 6,∫e^(-x)sinxdx  (0→π/2) 1,は、{2xcosx-(1-x^2)sinx}/(1-x^2)^2 3,は、x-3logx-9/x 5,は、(log19-log5)/4 であっているでしょうか? 2,4,6,はまったくわかりません。解法を教えてください。 また、数式の入力が間違っているかもしれませんので、不明な場合や明らかに違う場合には、ご指摘をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kajina
  • ベストアンサー率11% (1/9)

補足ありがとうございます。#2です。 6番はそれであっています。 3番は(x-3)^2 /x^2 =(x^2 -6x +9)/x^2 =1-(6/x)+9/x^2 ですから、これを一つづつ不定積分してください。 4番は以前のアドバイスの後半は「1/(x^2 +A)^{1/2}の不定積分がlog |x+(x^2 +A)^{1/2}|+C」でした。ごめんなさい。^{1/2}を落としていました。 同じようなことなので片方だけやります。 ∫1/√(3-16x^2)dx =∫1/√3(1-(4x/3)^2)dx =(1/4)sin ^{-1} (4x/√3) 間違えたお詫びという意味を込めて後半の公式の導出を書いておきます。 √(x^2 +A):=t-xとおくとx^2 +A=t^2 -2tx +x^2 より、x=(t^2 -A)/2t, dx={(t^2 +A)/(2t^2)}dt となることより√(x^2 +A)=(t^2 +A)/(2t) あとは計算してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すっかり遅くなってしまって申し訳ありません。 非常に助かりました。回答ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • kajina
  • ベストアンサー率11% (1/9)

1番はあっているようです。 2番は(tan^{-1}x)'=1/(1+x^2)を知っている(または分かれば)合成関数の微分ですから、 y'=e^{k tan^{-1}x^2}(k tan^{-1}x^2)' =e^{k tan^{-1}x^2}(k 2x/(1+x^4)) =2kxe^{k tan^{-1}x^2}/(1+x^4). 3番は分子の^のあとがないので分からないです。 (あなたの解答になるためにはなんだったのか暑くて考えていません。ごめんなさい) 4番は(sin^{-1}x)'=1/(1-x^2)^{1/2}と1/(x^2 +A)の不定積分がlog |x+(x^2 +A)^{1/2}|+Cとなることを知っている(またはわかっていれば)答えが出ます。 5番は打ち間違いだと思いますが、答えは (log 19-log 9)/4になります。 6番は#1さんのおっしゃるとおり2回部分積分なさってください。どちらを部分積分してもいいですね。 まとめると、 ・不明な点は 3番の表記がよくわからないです ・理解不足と思われるのは 逆関数の積分などの公式になれていない(2)(4) 部分積分(6) といったかんじかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

6番は、-(e^π/2-1)/2であっているでしょうか?

質問者からの補足

回答ありがとうございます。遅くなってすいません。 3番は、^2です。 4番、6番も教えていただけないでしょうか?

  • 回答No.1
  • OGUMAN
  • ベストアンサー率25% (16/64)

私が分かったとこだけ書くと とりあえず1の答えの頭にマイナスがつきますね。 あと6は部分積分二回やれば同じ項が出てきてなんとかなりますね。 3は表記が自分には分かりません。 残りはちょっと公式がないと分かりません。なんとか教科書見て頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 3は^2です。 6の部分積分二回の方法を教えてください。

関連するQ&A

  • 微分積分

    (1) ∫(sinx-cosx)^2 dx (2) ∫(1+logx)/x dx の積分と積分した答えを微分してもとに戻ることを教えてください。

  • 微分の質問です!!

    y=(e^-2x)sin3x が等式 ay+by'+y''=0 を満たすとき、定数a,bの値を求めなさい。 この場合、まずy=(e^-2x)sin3xの式を微分すればいいと思うのですが、どうも混乱してしまい、できません。 y'= (-2e^-2x)sin3x + (e^-2x)3sinxcosx = (e^-2x)sinx(-2+3cosx) y''=(-2e^-2x)sinx+e^-2xcosx(3sinx) このようなやり方であってますか? 一番分からないのは、sinやcosの微分です。 sinxの微分はcosx,cosxの微分はsinxだということまでは分かるのですが、例えば(sin^2)xの微分は2sinxcosxになりますよね? では、sin3xの微分は、3sinxcosxなのでしょうか?それとも3cosxでしょうか?

  • 積分

    微分方程式を解く過程で  C(x) = ∫(sinx)(cosx)*e^(sinx)dx を解くことになったのですが、これは解けるのでしょうか?  ∫(cosx)e^(sinx)dx なら =e^(sinx) と解けるのですが。 ちなみにそもそもの問題は   y' + (cosx)y = (sinx )(cosx) で、定数変化法を使って解き、まず右辺=0の解が   y = Ce^(-sinx) :Cは積分定数 と求まったので、C=C(x)として最初の式に代入して今回質問した積分がでてきました。 よろしくお願いします。

  • 定積分を求めようとしています(2)

    定積分を求めようとしています(2) S(π/2-0){1/(2+cosx)}dx (区間π/2-0における1/(2+cosxの定積分)を求めようとしています。 計算してみたのですが、計算が間違っているのか、結果が発散します。 cosx=yとおくと -sinxdx=dyとなり、 上の式は S{1/(2+y)}dy・1/(-sinx)と変形できます。 これを計算すると log|2+cosx|・1/(-sinx)となるため、 回答がlog2-1-log2-∞ となり、発散します。 正しい計算の仕方と解をご教授願います。

  • いろいろな積分

    (1)∫cosx^3/(sinx^(1/2)dx (2)∫x^2(2ax-x^2)^(1/2)dx (3)∫(logx)^4/xdx (4)∫(arcsinx)^4dx (5)∫1/(a^2sinx+b^2cosx)dx (6)∫(1-x^2)^ndx これらの問題を解く上で、解説をして欲しいです。(1)については、すべてsinにすればいいのでしょうか?糸口が見えません。(2)は部分積分がいいでしょうか。(2ax-x^2)^(1/2) これを積分?(3)(logx)^5を微分すると形が見えてきますね。(6) は部分積分のにおいがしますが、どうしたらいいのやらと。それで分かるのだけでも協力いただけたら幸いです。結局(3)以外ほとんど駄目なのです。

  • 三角関数の積分

    1/三角関数 の積分は必ずできると聞いたのですが、本当でしょうか。 例えば 1/sinx です。 ∫1/sinxdx を試してみたのですが、うまくできませんでした。 ∫sinx/sin^2xdx とし、 ∫sinx/(1-cos^2x)dx  cosx=tとおく。 dx = -1/sinx 与式 = -∫1/(1-t^2)dt = -(1/2)∫{(1/1+t)+(1/1-t)}dt = log|sinx| + C となりました。 しかし、これを微分しても与式になりません。 どこか間違っているのでしょうか。 答えでは、log|tan1/2| となっていたと思います。 あと、 ∫1/cosxdx と ∫1/tanxdx も答えだけでも良いので教えていただきたいです。

  • 微分 例題

    微分 例題 f(x)=e^x・(sinx+cosx)・logxの微分について f'(x)=(e^xsinxlogx+e^xcosxlogx)’ 積の微分を用いて f'(x)=e^xsinxlogx+e^xcosxlogx+(e^xsinx)/x+e^xcosxlogx-e^xsinxlogx+(e^xcosx)/x =e^xcosxlogx+e^xcosxlogx+(e^xsinx)/x+(e^xcosx)/x =e^x(2cosxlogx+sinx/x+cosx/x)=e^x/x(2xcosxlogx+sinx+cosx) 私の回答は合っているでしょうか? また、私の回答以外でもっと簡単な回答などありましたら教えて頂けるとありがたいです。 以上、よろしくお願い致します。

  • 積分 問題 1/sinx について

    積分 問題 1/sinx について ∫(1/sinx)dxについて。 ∫(1/sinx)dx=∫(sinx/1-cos^2x)dxとする。 cosx=tの置換と部分分数分解を用いて、 1/2(log|(1-t)/(1+t)|)+C まで求めました。 結果、1/2(log|(1-cosx/(1+cosx))|)+Cとなると思います。 テキストの回答が、1/2(log(1-cosx/(1+cosx)))+C と絶対値無しで記載されているのですが、絶対値は必要無いのでしょうか? なぜ絶対値が外せるのでしょうか? (logx)’はlog(-x)’と同じなのでlog|x|’としていると考えているのですが、 絶対値はあっても無くても良いのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 微分積分

    微分積分のやり方がイマイチ分かりません。 (1)∫2xdx=x^2+C を積分した時に、なぜx^2+Cになるのですか。細かく途中式を書いて下さい。 (2)∫4x^3log x dx の式で微分すると簡単になる方をfすると、あるのですが、どう調べるのですか。そして =∫logx・(x^4)'dx で、なぜ4x^3がx^4になったのか詳しく教えて下さい。

  • 微積分

    1.lim(logx/x^3) (x→∞) の極限を求めるにはどうすればいいんでしょうか?logxを微分して1/xを使うような気がするんですけど、どうしたらいいかわかりません。よろしくお願いします。 2.∫(1/(1+sinx+cosx))dx はどうしたらいいですか?分母を置き換えて解こうと思ってもどうしていいか分かりません。 よろしくお願いします。