• ベストアンサー
  • 困ってます

竹島問題

  • 質問No.9370596
  • 閲覧数234
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 61% (136/221)

竹島問題
1905年島根県編入。
ネットでは領有権宣言方法は国内新聞のみしか出てきません。
1905年まではどこにも属さず、幕府の渡航許可が出されています。
地図も有ります。
しかし客観的に領有意識が有ったとは判断できません。
(1)島根県編入前はどこに属していた?
国有地扱い?
 (3海里以上離れた無人島に領有意識あったとは思えないのです。)
(2)何故幕府の渡航許可要るの?
(3海里以上離れるからなら、3海里以上は国外と認識しているのでは?)
(3)領有宣言は国内新聞以外ではどのように宣言した?
認めた国有るのか?否定した国有るのか?
かってながら回答は(1)(2)(3)文化でお願いします。韓国人のように結果ありきの曲解でなく、
第3者に通用する客観的内容でお願いします。
余談ですが
国際裁判所に単独提訴出来、嫌韓意識高まる現在、何故提訴しないのか調べたのですが、
1905年の領有宣言しか客観的優位性が無いのです。
50年以上の実行支配に負けそうに思うのです。
一応相手は北朝鮮監視目的の軍駐在です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 58% (2275/3919)

竹島に関しては私は日本の領土である根拠は、1905年とその少し前の先占地と言うことのみと思います。日韓とも過去の史実を持ち出して正当性を上げていますが、両者ともそもそも島の呼び方がコロコロ変わっていて、存在が古くから知られていたとしても領有を主張するほど強く認識していなかったのだろうと思います。今みたいにEEZがあって、その海域の資源開発や漁業の権利が広い海域で認められていた時代と違います。特に韓国が上げている史実は素人目にもあやふやで信頼性にかけます。ところが日本の方は江戸時代にも明治時代にも竹島の認識はしているものの、韓国の領土ではないかと言う認識もあり争い事を避けることからもあえて領有化の動きを避けています。大きな議論は1877年の太政官指令で、(現)竹島を日本領土ではないと宣言しているかにも見える公式声明が日本政府から出されていて、ただ島根県はこれは鬱陵島とその属島のことだとしています。私は、この文書の経緯や状況からして、鬱陵島と今の竹島も含んで日本の領土では無いと宣言しているように見ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/竹島外一島

じゃあ、竹島はもともと韓国領かと言うと、はっきりと認定できるものがあるわけでもなく、結果からすると1905年まではどちらも強く領有の必要があると重要視していたわけではなく、一部の漁民しか興味が無かったと言うことと思います。強いていうと、日本の漁民が竹島近海で漁をしたり上陸したり、また日露戦争中には日本軍が測量の為に立ち寄ったりした史実はかなり明確にあるものの、同時にひょっとしたら韓国の領土かも知れないと思っているような資料もあると言うことです。

(1) それこそが論点ですが、私の認識では誰も強く領有を主張していなかったと言うことと思います。
(2) 渡航許可が必要だったのは主に鬱陵島だと思います。竹島の領有の話をする時に過去の史実では大抵鬱陵島が最初に出てきて、そのついでに竹島が出てくるのですが、メインじゃないのでそれが本当に今の竹島のことなのか別の鬱陵島の属島なのかすらよくわからないところがあります。鬱陵島は古くから韓国に領有されていたのですが、江戸時代に李氏朝鮮がいったん無人化の政策を取って人がいなくなりました。その時に日本人が上陸したのですが、その後、韓国領とわかって、日本海の孤島のためにつまらない争いをすることを避けて基本渡航禁止で渡航する場合は許可が必要としたと思います。一次鬱陵島が竹島と呼ばれていたので混乱しますが、その時に渡航許可を今の竹島も必要としたようです。江戸時代までの話は、今の竹島の話が重要だった根拠がなく大抵鬱陵島の話のついでです。

(3)ちゃんと調べていませんが、あくまでも1905年は国内での、島根県編入の政府の広告で、遠く離れた島と言うよりも岩礁に一般国民が興味があったとも思えません。いずれにしても国際的に領有宣言したと言うこととは程遠く、ただ今の政府の見解は、太平洋の孤島の領有も同じ方法なので問題ないとしています。でも領有権で問題になっているところとそうでないところを一緒にすることはできないので、私は国際的な告知ではなくてあくまでも韓国がはっきりした領有を宣言していない中での先占の証拠と言うことだと思っています。

こんなこと言うと島根県の人やウヨクの人は怒るかも知れませんが、領土問題としての竹島は本来大した問題ではなく、日韓で島ではなくEEZの起点とならない岩礁だったと言うことにしても良いのだと思います。そもそも現実的な日韓漁業協定は竹島が存在しない物としてEEZを引いた上で漁業権を取り決めていて、しかも問題は漁業領域よりも漁業の仕方のルールと漁獲量。
ただ、韓国は竹島を一方的に武力的に支配下に置きその際日本人の死傷者も出て、漁船の拿捕もされています。だから単純に握手して終わるわけにもいかないでしょうが、全く解決できないようなことではないと思います。逆にICJに提訴しても、日本人が一般に思っているほど日本に有利な判断が出るとは限らないと思います。それからもう一つ言うと、資源が出るわけでもなく、日韓漁業協定では別のところが争点になっているわけで、日韓政府とも取り敢えず現状維持でほおって置いて良い事なのだと思います。

>1905年の領有宣言しか客観的優位性が無いのです。
個人的には先占の根拠は日本にあると思います。ところが韓国が主張している、1905年の時点では韓国は日本に外交権を奪われていて、日本の領有宣言に反論できる状況に無かったと言うのは、国際的には一理あると思われると思います。
だからと言って、戦後の韓国の一方的な武力行使は許されません。ただ、その後日韓基本条約が締結され、竹島問題が棚上げされたままされているので、二国間の話し合いの中でどこまで遡って話を蒸し返すかと言う話でもあると思います。
補足コメント
441moe

お礼率 61% (136/221)

客観的に見れば、
1905年までは日韓共に領有意識はなく、
現在の竹島と大きな島との明確な区別すら確認出来ません。
1905年の領土宣言がどこに対してなされ、
どこの国が認めたのか?
台湾は植民地、半島は保護下なので、
結局は国内で勝手に処理しただけのように判断するのです。
日本は対ロシア、
韓国は対北朝鮮監視名目ですから、
裁判になれば、対北朝鮮監視、50年以上の実行支配が優位と思うのです。
勝には1905年の領土宣言の有効性のみでは?
投稿日時:2017/09/04 11:54
お礼コメント
441moe

お礼率 61% (136/221)

ありがとうございます。
仰有る通りと思います。
投稿日時:2017/09/04 11:44

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 29% (5822/19535)

他カテゴリのカテゴリマスター
んーなんというか、領土問題なんてのは世界中どこでも同じようなものですよ。どっちがどうかはっきりしなかったもんだったからどっちも領有権を主張するのです。

例えばヨーロッパのマケドニア問題というのがあります。今はマケドニア共和国っていう独立国があるのですが、かつては旧ユーゴスラビアの一地方であり、ユーゴスラビア解体とそれに続く内戦で独立運動が起こりました。
けれどこの地方はかつてはブルガリアの一部だったこともあってブルガリアが領有権を主張しています。さらに、「マケドニアっつーたらアレクサンダー大王で、アレクサンダー大王といえばギリシャだろうよ」とギリシャも領有権を主張していました。すったもんだの末にマケドニア共和国が独立したのですが、今度はギリシャの一部が「マケドニア地方」になるので「そこもマケドニアって呼ばれてるんだろ?だったらそこもマケドニアじゃん」とこらまたややこしい話に発展しようとしています。

結局こういう話があるから領土問題というのが発生しているわけでありまして、そうなると「どこが実効支配しているのか」という既得権益は大きくなるかなと思いますね。
あんまり大きな声じゃいえないのですが、尖閣諸島だって日本領なのかっていうと結構根拠は弱いんです。でも日本が実効支配しているというのは大きな話でしょ?南沙諸島ではフィリピン政府が浅瀬に船を座礁させて「これはフィリピンの船だからここはフィリピン領土」と主張しています。だからサビだらけでゴキブリだらけのボロボロの船の残骸をフィリピン軍は後生大事に守っているんですよ。サビだらけの船の残骸なんて中国軍は壊そうと思えばすぐに壊せるけれどもそれをやると国際的に非難も受けるのでやらんですし、万が一裁判に負けることを考えるとどこの国もいちいち国際裁判所にも申し立てをしないのです。仮に判決が出たとしても国際裁判所に実行する力はないですからね。
戦争の混乱で誰の土地だか分からない場所へ何十年も住んじゃった人に土地の所有権が認められちゃうのと似ていると思います。
お礼コメント
441moe

お礼率 61% (136/221)

竹島の資料欲しいのです。
外国どっちでも良いです。
タイは力関係で国境線変わります。
投稿日時:2017/09/04 15:15
  • 回答No.5
補足
日本は「ウルルン島」を竹島と、竹島を松島・独島。
朝鮮は竹島を「独島」とウルルン島。
  • 回答No.4
竹島問題。
1695年江戸幕府老中安部豊後守にが鳥取藩に対して竹島(ウルルン島)
松島(竹島=独島)が因洲・伯州に所属するかと質問に対して鳥取藩は
「竹島松島其外両国付属の島では無い」(両国は因洲・伯州のこと)と回答。
回答を受けて1996年江戸幕府は竹島(ウルルン島)は朝鮮領だとして日本人の
竹島(ウルルン島)渡海を禁止、鳥取藩に通達。

明治政府は1876年に内務省も調査の上、竹島・松島ともに日本の領土ではないちする結論に達した、翌3月に太政官決議「竹島外一本邦関係無之儀」という
太政管布を出している。

1905年軍事的に重要だ(バルチック艦隊発見の望楼をてたかった)として
日本領だとしましたがそれは「無地主先占」という理由。

1900年に竹島(ウルルン島)は韓国領と執令を出していて先に領土宣したのは
朝鮮韓国であり、無地主だとする日本固有の領土には矛盾している。

日本は、竹島(ウルルン島)は1996年と1877年2度わたて日本とは関係ない島と決めている。
この背景。
当時竹島(ウルルン島)に米子商人が海産物をとりに行くのと、日本人の密魚
があり朝鮮から抗議があり、日本の渡海を禁止。
お礼コメント
441moe

お礼率 61% (136/221)

文章残っていれば、裁判になれば負ける。
政府の説明見れば、1905年までは領有意識すらない、
1905年の領土宣言の有効性だけになります。
それも国内だけ、口頭だけならば、
実行支配の方が有利な筈です。
ありがとうございます。
投稿日時:2017/09/04 09:22
  • 回答No.3

ベストアンサー率 16% (1957/11660)

先に領有権を主張したのだから日本の領土です

一応竹島を領有する際に
韓国や中国にも「この島 日本の島だけど良い?」と聞いてます
その時両国は「ダメ」とは言いませんでした
なのでその時点で日本のものです

島根編入前はどこにも属していません
どの国のものでも無かった

残念ながら その第三者に通用する客観的根拠も無かったりします
「日本の一方的な主張」と言えばそれまでですし
補足コメント
441moe

お礼率 61% (136/221)

文章残っているのでしょうか?
裁判で知らないと言えばそれまででは?
投稿日時:2017/09/04 09:06
  • 回答No.1

ベストアンサー率 18% (78/425)

竹島問題 処では無い。
北の刈りあげ豚がろくでもない事するから日本もケツに火が付いて大変だ。
口ばっかりのトランプを頼っているアホ安倍いかげん目を覚まして自国の単独防衛核配備しなければ何も出来ない日本を火の海にしかねない刈りあげ豚。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ