• ベストアンサー
  • 困ってます

関東の人口が減ってくれれば良い?それ以外の理由は?

関東圏の鉄道は私鉄と競合している路線でもコスト削減して作った安そうな車両に、詰め込む乗客数だけしか考慮していないような車内、車内は広告だらけ、世界一酷い満員電車と世界一混雑が酷い駅のトップ10がずらり(大阪駅以外は全て関東の駅)。むしろ通勤帯の単価の低い定期券利用の通勤客は積み残しが起きているから他社にいっちゃっていいですよモード。 しかし中京圏や関西圏はJRと私鉄がいい具合に競合し、 運賃も安い、車両も快適、速度も座席も世界トップクラスの快適性の車内(運賃だけで乗れる電車の中では)。 割引きっぷも充実。もう文句のつけどころがない。 でも、これをいうと理由の多くは 関東は人口密度があまりに過密すぎる。関西や中京は人口密度がさほど高くなく、 道路も関東のようにどこもかしくも渋滞しているわけでないので、 自動車、ライバル鉄道会社などといい具合に競合しているから、 あれだけ快適な車両、あれだけ早いスピードと所要時間、安い料金と割引きっぷなどのサービスが充実できると言われている。 関東だと東京~横浜間なども30キロもない距離で運賃以外の料金が必要な電車を除けば最速でも28分で運賃も470円もかかる。東京~千葉の40キロ程度の距離も同じく約40分もかかる。 しかし、JR西日本エリアだと、大阪~三ノ宮・神戸間なども30キロを超える距離なのに、運賃は410円ですし、所要時間もほぼ全てが21分、JR東海区間でも、名古屋~岐阜間なども30キロを超える距離ですが、運賃は470円、所要時間も18分ほど。大阪~京都などもそうですね。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数281
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

別の質問に書いたけど、関西のJRって、国鉄民営化の際に数兆円規模の基盤整備をやらかしたんだよ。 私鉄の競合路線に全敗していて、そのままだと民営化後、すぐ潰れるってんで、新幹線並の路盤に改良というか、作り直したよね。 で、今度は私鉄が潰れそうになって、ドタバタが続いてたんだけど。 もし、JR西日本の料金係安いというのなら、当時、本来受け取るはずだった北海道や四国の基金に返済したらいいんじゃないかな? ボロボロだった奈良線までピカピカにしたくらい湯水のような使い方をしてたわけだからさ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • JR西日本の都市部は儲かっているのでしょうか?

    あれだけグレードの高い通勤車両で、特定運賃がかなりの割引率、そこにさらに昼得きっぷも かなりの割引率。大阪~京都や大阪~三ノ宮あたりなんて通常運賃の半額以下では? 昼得きっぷ使うと京都~大阪が350円 大阪~三ノ宮が270円です。 大阪~三ノ宮は30キロ以上あるので、東京~横浜より距離が長いのに JR東日本の東京~横浜が運賃470円(割引きっぷなし)なのに 大阪~三ノ宮が400円さらに昼得で1回あたり270円、JR東日本の運賃でいうならば 560円の運賃区間なので半額以下です。 所要時間も関東で東京~横浜の30キロないのにが最速27分(運賃以外に料金が必要な特急を除く)もかかるのに大阪~三ノ宮の30キロ以上が昼間はほぼ全て21分、大阪~京都の40キロ以上の距離をほとんどが28分で結んでいます。 車両もJR東日本の都市部のは相当コストを下げて製造しているのに、 JR西日本のはかなり金をかけてますし。

  • 関東の鉄道の乗り心地が悪いのは人口過密だけが要因?

    中部や関西行くと、JRと私鉄などがいい具合に競合して、 車両の乗り心地、スピード、快適性、割引切符の充実性など関東生まれ育ちの人から見れば、申し分ないですね。 車内景観も中づりなどは、あちらは少ないので良いですし。 中部エリアいけば往復割引きっぷ(実質3割以上の割引)やカルテットきっぷ、 新幹線に+510円で乗れたり(通常料金970円) 岐阜県内⇔京都・新大阪へはJR東海の新幹線とJR西日本の新快速が競合して シャトルきっぷなど割引率の高いきっぷが充実しているし。 JR西日本の関西圏も京都⇔大阪、大阪⇔三ノ宮等、多くのエリアでかなり割引率の高い昼得きっぷもあり、 さらに、はやい、例えば京都⇔大阪など43キロを28分(通勤帯を除く)で走り 豊橋⇔名古屋など73キロを49分(新快速)で走っている。 どちらもオール転換クロスシートという快適な車両ですし。 関東の場合は京急に一部良い車両があるけど、その他の通勤車両は、 ただ詰め込むだけ。一部に特定運賃区間はあるものの割引額も少なく、 割引きっぷもほぼ皆無。 770円~980円もの普通電車グリーン料金払っても2階建てという圧迫感のある車両で、 それでも時間帯によっては座れない事も。 ライナーも510円と地方が100円~320円なのに対しかなり割高な上に 東海道線や湘南新宿ラインのライナーには510円も料金払っていて、215系というオール2階建てでボックスでリクライニングもしない 車両が普通に3往復も走っている。その他も185系がライナーは主流で。 この185系もJR東日本では特急やライナーがメインで使っているけど、 JR東海やJR西日本では似た形式の117系が快速や新快速として運行していた。 117系と185系の違いはデッキがあるかないか程度の違いだった。 関東では、快速も名前だけで、 首都圏を走る快速電車見ても、通過駅も少なく、速度も遅く、車両の快適性も特になし。 東海道線でも東京⇔熱海と100キロを超える距離に たった4駅しか通過駅がないそれも毎時1,2本だけ。 関東の東海道は平均1kmあたり1分の所要時間ですし。 これでもよい方で、他の関東の路線みると、快速ですら2kmあたり3分とかかかる路線が大半。

  • 関西や中部の鉄道が天国なのは何でですか?

    JR東海エリア (東海道)豊橋~名古屋間 距離73キロ 正規運賃1320円 (往復切符1540円)  新幹線変更券 片道 平日510円 土日390円 在来線新快速電車 所要時間48分 新幹線 所要時間 ひかり19分 こだま22分 車両は在来線は313系オール転換クロスシート車両 (東海道)名古屋~岐阜間 距離31キロ 所要時間17分 運賃470円 (中央) 名古屋~多治見間 距離37キロ 所要時間32分(特急は21分) 運賃670円  車両は313系転換クロスシート車両、313系グレードアップ型8000番台オール転換クロスシート車両(カーテン付) JR西日本 (東海道) 京都~大阪間 距離43キロ 所要時間28分 運賃560円 車両 223系または225系オール転換クロスシート車両 (東海道) 大阪~三ノ宮間 距離32キロ 所要時間21分 運賃410円 車両 223系または225系オール転換クロスシート車両 (阪和) 天王寺~和歌山間 距離62キロ 所要時間58分 運賃860円 車両 223系転換クロスシート車両 中部~関西 JR東海シャトルきっぷ 大垣→京都間 往復4610円 大垣→新大阪間 往復6230円  関ケ原→京都間 往復3700円 関ケ原→新大阪間 往復5570円 ※米原⇔京都・新大阪間は新幹線利用可能。  で関東はといえば 東京~横浜間(東海道線) 28キロ 所要時間28分 運賃470円 車両E231系またはE233系オールロングシート(一部クロスシート車両) 東京~大宮間 (東北線) 31キロ 所要時間35分 運賃550円  車両E231系またはE233系オールロングシート(一部クロスシート車両) 東京~千葉(総武快速線)39キロ 所要時間41分 運賃640円 車両E217系(一部クロスシート車両) ホームライナー (東海道) 名古屋~大垣間  681系または683系 しらさぎ車両 ライナー料金320円 関東 (東海道) 東京~小田原間 湘南ライナー 185系または215系 ライナー料金510円 なんでこんなに中部や関西は鉄道天国なんですか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • tzd78886
  • ベストアンサー率14% (2235/15070)

関東の大手鉄道会社は立体交差事業などに多大な投資をしていますから、人口が大きく減ろうものなら経営破綻しかねません。貨物船の跡地を流用したりしてあまり金をかけずに済んでいるJRとは違います。考えが甘いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中京・関西圏のJR線があんなに快適になったのはいつ

    JR西日本の東海道本線(JR京都線・JR神戸線)やJR東海の東海道線(豊橋~名古屋間・名古屋~大垣間)などはすごく快適な車両(全てオール転換クロスシート車両)に特定運賃や割引率の高い割引きっぷの導入などを行っています。 JR東日本エリアとは雲泥の差です(乗り心地が悪い詰め込むだけのロングシート車に特定運賃もほぼ皆無、割引きっぷも皆無)ですから。 分かりやすい同じぐらいの距離の例が JR東日本エリアですと 東京~横浜間(約28キロ)運賃470円、所要時間28分(運賃以外を必要とする踊り子号等を除く) しかし JR東海エリアですと 名古屋~岐阜間 (約31キロ)運賃470円 所要時間19分 JR西日本エリア 大阪~三ノ宮間 (約32キロ) 運賃 410円 所要時間21分 車両はJR東日本がオールロングシート車(一部車両はボックスシートあり)※770円~980円もの追加料金で2階建ての狭い空間のグリーン車あり。 JR東海がオール転換クロスシート車、JR西日本がオール転換クロスシート車(各駅停車のみ(関東でいえば京浜東北線みたいなもの)オールロングシート車) こんな感じですね。 これはいつからはじまった事なのでしょうか? 国鉄時代の1980年頃に117系という車両が 東海道線の新快速に導入されました。 これは関東エリアでは185系という特急運用の車両とほぼ同形式の物で、 座席などもほぼ同じ(違いはデッキがあるかないかぐらいだったような?) 東海や西日本エリアでは運賃だけで乗れる快速運用、関東では運賃の他に特急券やライナー券が必要な特急運用として導入されました。 それで1987年頃にJRにかわり、JR東海、JR西日本になったわけですが、 それで117系からJR東海は313系オール転換クロスタイプ、JR西日本は223系や225系に置き換えられ、現在に至りますが。 たしか中京も関西も私鉄に押されてて国鉄が本気を出して117系を入れた、 それでJRになり313系や223系などになったあたりからついにシェアもJRの方が高くなったと思うのですが。 あれだけ快適でサービスや割引きっぷの充実しだしたのは117系を導入したあたりの1980年あたりからでしょうか?

  • 京都~大阪までJR西日本の新快速は28分運行ですか

    京都~大阪までJR西日本の新快速はほとんどが28分で運行ですか? 京都~大阪間のJR線の距離は約43キロ、運賃は560円 しかしJR東日本エリアになると 横浜~東京までJR東日本の東海道線の快速がJR西日本の京都~大阪間の新快速と 同じ所要時間の28分で運行。 しかし距離や運賃みると・・・ 横浜~東京間は約28キロ、運賃470円 おっせ~~、たけ~~~ JR西日本は同じ所要時間で15キロも長い距離を走れるんですねww

  • 何で日本はこんなに人口過密なの関東はいつも満員電車

    関西や中京は関東ほど酷い人口過密度でないので、快適な車両も運転出来るし、 速度も出せるし、うまいぐあいに競合もできる。 関東なんて、むしろ単価の低い定期券の客なんて積み残しちゃうから 他社路線にむしろいっちゃってくれって感じじゃないですか?

  • 大阪市は意外に人口密度が高いのに快適な車両ばかり

    をどうして走らせる事ができるのでしょうか? 関東は人口過剰(過密)だからオールロングが基本、よくて一部クロスシート車というのはよくきくけど 実際は大阪も1平方キロあたり12000人とかなり高い人口密度。(海外の都市と比べれば東京はもう 異常だけど、大阪もロンドンあたりよりも高い) ※ ロンドンは一平方キロあたり4900人ほどなので にも関わらずJRも私鉄も通勤車両は快適なのばかり。 どうして3ドアでオール転換クロス車両でも遅延をほとんど起こさずに運行できるのでしょうか? 以前に東京口の東海道線でオール2階建て車両2ドア車(湘南ライナー号の間合い運転)で毎時1本ありましたが 昼間なのに混雑で遅延をくりかえし廃止 山手線など通勤帯は並んでいても乗ろうとしたらドアを閉められる事も当たり前のようにある こんな状況なのに 大阪圏はどうして、こんなに高い人口密度なのにあんな快適な車両な上に遅延もほとんどおこさずに運行できるのでしょうか? 画像は大阪圏の東海道線の新快速と快速の車内です(今はこの車両に統一されているはずです) 関東みたいに231系と233系の固いシートのオールロング(中距離電車は一部の車両がボックス席が ついてるけど)快適度やスピードは天と地の差ですけど。

  • 関東の過密人口を捌くのに10両編成ってね・・・・

    東海道線なんかが良い例 10両編成でうち2両がグリーン車だから8両しか普通車ないのね こんなのが昼間や夕方の一部の東海道線で走っている。 8両って中京圏の東海道線の新快速が朝や夕方以降が8両、日中が6両 関西の新快速が12両で昼間が一部8両。 世界一酷いと言われる東京圏の人口密度。こんな所の東海道線が 10両があり 東海や関西のエリアも普通車の両数はほぼ同じってね・・・・・・ それも関西は京都~西明石間は日中でも新快速と快速合わせて毎時8本 関東の東京~横浜間は毎時6本で本数も少ない。

  • どうして大阪~三ノ宮間は3社も走って名前も違う?

    大阪はJRは大阪駅というが 阪神電鉄や阪急電鉄は梅田駅という。 同じく三ノ宮もJRは三ノ宮駅というが 阪神電鉄や阪急電鉄は神戸三宮駅となっている。 約32キロの営業距離で JR西日本が運賃410円 所要時間は 新快速が21分、快速が28分ほど (尼崎脱線事故前は新快速は19分走行でしたが 事故後に21分に伸びました、個人的には前みたいに 芦屋を通過に戻して19分にしてほしいですけど) これの問題は停車駅増やしているのに所要時間が同じという無理がありました。 JR発足時は新快速は大阪から三ノ宮までノンストップで、 そのあとに尼崎が停車になりました。 この時の所要時間は19分だったのに、 のちに芦屋駅も新快速停車駅西所要時間を19分維持してました。 さすがに無理があったでしょう、それで脱線事故があり 所要時間が21分に伸びた経緯がある) 阪急が 運賃が320円 所要時間は  特急が27分 快速急行が30分 阪神も同じく 運賃が320円 所要時間が 特急が30分 快速急行が34分 という所でしょうか。 車両はJR西日本はオール転換クロスシーと車両 阪急が転換クロスとロング 阪神がロングといった感じでしょうか? JRは運賃は高いが快適な車両と所要時間が短い。 阪急は運賃も休め、快適な車両もそこそこ多く、所要時間も比較的短い。 阪神は運賃が安いだけという感じでしょうか。

  • JR西日本や東海の新快速より遅いJR東日本の新幹線

    JR東日本の 東京~大宮間の新幹線の特急料金はたった30キロ程度で2610円(指定席) JR東海の新幹線の指定席であるならばこれより100キロも長くのれて 東京~三島間の指定席が2290円です。 これはさておき JR東日本の 東京~大宮間の約30キロの距離の新幹線の所要時間は26分(1日に数本だけある上野通過のタイプは23分)です。 東京~大宮間の距離は JR東海の名古屋~岐阜間、および JR西日本の大阪~三ノ宮間の距離よりも 短いわけです。 それがJR東海の名古屋~岐阜間の東海道線は31キロの距離を JR東海の東海道線313系オール転換クロスシート車両の新快速電車及び快速電車の所要時間がJR東日本の新幹線で26分もかかる距離を運賃だけで乗れて19分ですよ19分、JR西日本の同じく東海道線(愛称JR神戸線)の大阪~三ノ宮間も東京~大宮間より距離が長いのに、こちらもJR西日本の223系または225系のオール転換クロスシート車両の新快速が21分で運転されています。 すごいですね、JR東海やJR西日本は神電ですか?

  • どうして関東のJR東日本の東海道線はあんなにも遅い

    例えば 東京駅~横浜駅は距離は28,8キロ(470円)ですが、所要時間も約28分(横須賀線だと32分、京浜東北線だと42分ほど)東京~平塚間は63,8キロを約62分、東京~小田原間83,9キロを約85分 28分というとJR西日本の東海道線では、京都駅から大阪駅が42、8キロ(560円)をほとんどの新快速が28分で走っています。 同じくJR東海の東海道線でも、名古屋駅から岡崎駅が40,1キロ(620円)を新快速が27分で走っています。 東京圏の東海道線は快速みたいなものですけど、普通が京浜東北線で。 停車駅みても 東京圏の東海道線は 東京⇔新橋⇔品川⇔川崎⇔横浜 中京圏の新快速と快速が 名古屋⇔金山⇔大府⇔刈谷⇔安城⇔岡崎で むしろ中京圏の新快速の方が停車駅多いですけど 関西圏も 京都⇔高槻⇔新大阪⇔大阪で 停車駅数は大差ありませんけど。

  • 関東の鉄道の多くが鈍足で乗り心地悪いのは何で?

    韓国やアメリカなど他国の鉄道を引き合いに出す方がいますが、 あくまでも国内での話で。 海外出すなら、ドイツなんて普通電車でも200キロ近く出してますし。 よく比較されるのが JR東日本 VS JR東海・JR西日本の都市エリア 新快速といえば鉄道マニアはおろか、地元住人の方々も賞賛する、快適車両と速い速度。 東海道線で比べると JR東海の豊橋~名古屋間は約73キロ この区間は新快速が45分~50分程度、快速が50分~55分程度で走行、 名古屋~岐阜間が約31キロを新快速と快速が共に18分~21分程度。 JR西日本の京都~大阪間が約43キロを新快速が27分(通勤時間帯を除く)、大阪~姫路間約89キロを新快速が59分~63分程度で走行 どちらも往復きっぷや時差回数券などで割引率30%近い物も複数ある。 それと比べてJR東日本は 東京~横浜間は約28キロ、この区間の快速アクティーが約27分、特急踊り子が約22分、 東京~大船間は約46キロ、この区間の快速アクティーが約43分、特急踊り子が約36分 東京~平塚間は約63キロ、この区間の快速アクティーが約57分、踊り子は停車なし 東京~小田原間は約83キロ、この区間の快速アクティーが約72分、踊り子は約60分 普通電車はアクティーより東京~小田原間で約12,3分ほど所要時間が長い。 さらに、特に割引きっぷの設定もない。 車両もJR東海やJR西日本は快適なオール転換クロスシートなのに、 JR東日本は狭いロングシートに狭苦しい固いボックスシートのクロスシートのどちらか。 それも新型車両で。 同じロングでもJR東海の静岡エリアの313系1000番台は一人当たりの座席幅も JR東日本の車両より広く、サスペンションなどもついて走行音も静か、車内広告も少なめなので車内景観もよく明るい。 JR東日本のは車内は広告だらけで景観も悪いのに、特に広告収入で儲けててもお客様に還元していない。 新幹線もJR東海の新幹線は 東京~熱海や三島までは100キロを超えている特急料金は1730円なのに JR東日本の新幹線は 東京~高崎や宇都宮(共に三島より距離は短い)のに特急料金は2470円と JR東海の新幹線よりも720円も高い。 こんだけ高い特急料金とってるくせに、東京~大宮間の約30キロを所要時間26分w(上野通過タイプも23分)JR東海の新幹線の東京~新横浜間は同じような距離で全て途中の品川にも停車しますが、所要時間は18分~20分。 さらに、JR東海は速達タイプののぞみにも1号車~3号車は自由席設定があるのに、 JR東日本の速達タイプのはやぶさ、こまち、かがやきなどは全車指定で指定席料金520円を必然的にとられる。 さらに320キロにスピードあげた際に500円も引き上げ。 ライナー料金もJR東海が320円なのに、JR東日本は510円、さらにライナー車両の多くはJR東海の方が良い。 JR東日本は185系や215系がほとんど、どちらも普通電車兼用でつくられた車両だけど、JR東海は373系など特急専用車両ですから。 全くの別会社とはいえ、どうしてこんなにもお客様へのサービスに差がついているのでしょうか? 東京~大宮間と名古屋~岐阜間がちょうど同じぐらいの距離ですが 東京~大宮をJR東日本の新幹線に自由席で1000円以上の特急料金を払っても 所要時間25分超え(上野通過タイプは自由席設定ないので)、名古屋~岐阜間は 普通運賃だけで乗れ、毎時4本以上ある快速で所要時間19分と、JR東日本の新幹線よりもJR東海の快速の方が30キロの距離を6分も早く走行していますね。

  • JR東海は豊橋~名古屋間の高速走行はやめたのですか

    質問者:はなさかG 質問日時:2020/08/24 11:34 回答数:1件 今や豊橋~名古屋間約73キロ JRの新快速が45分ほど、名鉄が50分ほどで少し前までは走ってたと思います。 JRは座席はオール転換クロスシート車両、名鉄はオール転換クロス、オールロング、リクライニングする特別車などバラエティーにとんでというパターンでしたが 今では JRは全て50分以上を要しています。(名鉄の方が所要時間は今ははやくなりました) これでも関東の東海道とくらべれば雲泥の差ですけど 東京~国府津ぐらいが同じぐらいの距離にあたるだろうか 東京~国府津なんて1時間20分ぐらいかかるわけですから、50分以上になってもさすがに1時間以上かかるものはないですから 所要時間がのびたとはいえ、関東の東海道線と比較すればかなりのハイスピードですけど。 でも所要時間のばしたり、カルテット切符の販売、新幹線変更券が平日520円、土日400円ですので 10年ぐらい前までは往復割引きっぷだけでしたが、カルテットきっぷは4枚つづりで1か月有効期限があり 金券ショップで単価50円ぐらい高いだけでバラで買えます。 カルテットきっぷ1枚と新幹線変更券かって、ちょうど普通運賃とおなじぐらいな値段なわけです。 豊橋~名古屋間の普通運賃が1340円ですが カルテットきっぷのばら売り(または往復きっぷの片道あたりの値段)と新幹線変更券をかえばだいたい同じぐらいの1340円なので 実質、普通運賃の値段で新幹線移動できるという感じですしね。 名鉄も同じような値段の回数券があり、そこに平屋で関東のグリーン車みたな座席の特別車両が380円ぐらいですから、 快適性で今は勝負しているのかな、それにしても天国ですよね、関東など2階建てという狭苦しい空間に50キロまで780円、50キロ以上1000円というぼったくり料金 豊橋~名古屋の名鉄は関東のJRのグリーン車の半額以下で快適な平屋でリクライニングシートですからね。