解決済み

最近はイラン人が日本に働きに来なくなった?

  • 困ってます
  • 質問No.9362778
  • 閲覧数112
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 99% (1229/1233)

一昔前、イラン人だったと思うのですが、日本で仕事をすることを目的にしてだったと思うのですが、結構多くの方が来られてた思うのですが、最近はイラン人が話題になることは少なくなった気がします。イラン人が日本に働きに来る人はいなくなったのでしょうか?
一昔前は、何故、多くのイラン人が日本に働きに来てたのでしょうか?何故、日本だったのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 26% (426/1619)

他カテゴリのカテゴリマスター
今は観光、就労ともにvisa申請が降りるのはかなり難しいでしょうね。
私のInstagramのフォロワーさんは80%ほどがイランの方ですけどたまに保証人になって欲しいとメッセージが来ます。
でも彼らが本当に行きたいのはアメリカやヨーロッパで日本はvisaが降りたらラッキー!くらいな位置でしょうね。
お礼コメント
noneya4

お礼率 99% (1229/1233)

ビザをとるのが難しくなったんですね。
投稿日時 - 2017-08-14 15:24:06
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (216/754)

以下ウィキペディアのコピペです。

日本におけるイラン人数が急増するのは1988年のイラン・イラク戦争休戦後のことである。日本とイランは1974年にビザ相互免除協定を締結しており、日本への出入国に際してビザがいらなかった。日本の良好な経済状態についての話が広まり、ビザ相互免除協定を利用して日本へ渡航し、職を見つけ居住するイラン人が増加していった。バブル崩壊後の1990年以降でさえイランと比較して高かった日本の賃金水準、そして比較的取り締まりの緩い出入国管理政策がイラン人を引きつけたのである[4][5]。この時期、イラン航空の東京便は週1便であり、最盛期には日本への渡航を希望する者はかなり前からの予約が必要なほどであった[6]。しかし1992年、経済状況の悪化や不法滞在者増加等を一因として、日本はイランとのビザ相互免除協定を終結。不法残留者の国外退去に向けて本格的に対処に乗り出した。ごく少数のイラン人が密入国斡旋業者を利用して日本への入国をおこなったものの、国外退去者数と比較して少数であり、日本におけるイラン人数は以降劇的に減少した[7]。
お礼コメント
noneya4

お礼率 99% (1229/1233)

ビザがいらなかったからなんですね。
投稿日時 - 2017-08-14 06:58:11
  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (12619/26746)

旅行・レジャー カテゴリマスター
 バブルがはじけ、その波状効果で、外国人の雇用状態も難しくなったからではないかと思います。
お礼コメント
noneya4

お礼率 99% (1229/1233)

そうなんですね。
投稿日時 - 2017-08-14 06:58:29
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ