締切済み

サラ・コナー・クロニクルズのキャメロンのセリフ

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9359009
  • 閲覧数181
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 91% (656/716)

サラ・コナー・クロニクルズの第2シーズンの1話で、
前後から車に挟まれたキャメロンが「愛してる」と
ジョンに叫びますが、あれは、騙そうとして罠で言ったのか、
それとも、故障が治って正気に戻った結果、本気で言ったのか、
どっちなんですか?
その後の物語では全く触れられなかったので、よく分かりませんでした。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (47/206)

チップを再びセットし直した後のキャメロンの言動を考えると
あれは演技だったんだろうなぁとは思います。
キャメロンも「暴走したのに再起動させるんじゃねぇよ」言ってましたし。

機械なのだから本当は違うのかも知れませんけど、
『病的なまでに献身的な愛』でしたからねぇキャメロンは。
お礼コメント
kirakiraaruku

お礼率 91% (656/716)

あれが演技だと考えるのは辛いですね。
心からの叫びのように見えましたし。
投稿日時 - 2017-08-05 21:10:53
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ