解決済み

味付き麺は最初に中国の食品メーカーが開発してその権

  • 困ってます
  • 質問No.9355066
  • 閲覧数194
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 96% (3384/3513)

味付き麺は最初に中国の食品メーカーが開発してその権利を日清食品が買い取りチキンラーメンが誕生したので日本初の味付きインスタントラーメンの開発に成功したのは日清食品じゃなくて中国の食品メーカーだという話を聞いたが今も中国の食品メーカーは残っているのでしょうか?

多分、中国の食品メーカーは味付き麺の特許を日清食品に売っても売った後に中国で味付き麺を自社で売ってやろうと考えていた気がします。

どうせ日清食品は日本でしか売らないだろうし権利を売ったお金+こっちの中国ではそのまま売れるのでラッキーだ程度に思ってたのでは?

で、蓋を開けたら日清食品のチキンラーメンはバカ売れして中国が特許を最初に取得したのになぜかインスタントラーメンは日清食品という嘘を日本人は信じて来た。

日清食品に味付き麺の特許技術を売った中国の食品メーカーってどこですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (2256/8621)

そもそもがチキンラーメンは味付け麺ではありません。
麺を茹でるのでは無く、蒸して、蒸した麺に味をつけてから、油で揚げるのです。
中国には麺を蒸すとか、油で揚げるなんて料理はありません。
麺に味を付けるくらいは誰でも思いつくでしょう、古くから塩を入れたりしている訳ですから、それが特許になることはありません、
チキンラーメンの発売日昭和33年8月25日(1958年)
中国の特許法は1985年に施行です、つまり特許法が出来る33年以上前にどうやって中国のメーカーは特許を取ったのでしょう??特許が存在しない時に特許を取ったメーカーは作り話と言えませんか?だったらそんなメーカーはありません。
お礼コメント
blackkigyou2017

お礼率 96% (3384/3513)

ありがとうございます

説得力があります
投稿日時 - 2017-07-23 22:25:48
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ