締切済み

韓国の鉄道や電気などインフラがなぜ日本より劣る?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9353001
  • 閲覧数152
  • ありがとう数1
  • 気になる数1
  • 回答数5
  • コメント数0

近代化した歴史が後だから標準軌でなく狭軌、電気も200Vでなく100Vにできたはずです。
周囲の国を見渡していろいろ考える余地があったはずなのに後からなぜ劣った規格をわざわざ採用したのでしょう
通報する
  • 回答数5
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

みんなが選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 16% (71/418)

他カテゴリのカテゴリマスター
全く逆です。
広軌、200Vの方が効率良いです。
日本は明治期に急遽英仏から導入した為、未だに非効率の儘です。
新幹線は広軌、工場では200Vです。
100V50・60併用と言う世界一遅れた電気使うのは日本だけです。

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (11326/24318)

他カテゴリのカテゴリマスター
1。軌道
 「周囲の国を見渡して色々考え」満州や中国とは地続きだから、スピードの出る(現に新幹線は標準軌)日本の在来線より近代化した標準軌にしたのでしょう。

 しかし韓国には狭軌(下記)の水仁線などもあります。
 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/43593005.html

2、電圧
 韓国の電圧は下記によると220ボルトで、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなどと同じですが、100ボルトなのは全世界で日本と台湾だけです。  
 http://www.yung-li.com.tw/jp/info/ww_specifications.htm

3。別に韓国が日本より劣っていないとは思いませんが、鉄道や電圧をその理由にはできないと思います。
 

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 15% (1253/8281)

韓国のインフラの多くは、日本統治時代に整備されたものです。逆で、鉄道は標準機の方が好都合な点が多いし、電気も200Vの方が効率が良くなります。日本はそれで始めてしまったので今更変えるのは困難ですから「やむを得ず」継続しているのにすぎません。日韓併合以降、新しく整備する際に「劣る点が多い」日本の規格を導入する必要などないので、これらの規格を導入したのです。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 33% (7167/21718)

ニュース・時事問題 カテゴリマスター
標準軌でなく狭軌
 ↑
標準軌の方が効率的ですよ。
日本は狭軌だったので、スピードが出せず
苦労したんですから。
それで新幹線をやっと標準軌にしたのです。


電気も200Vでなく100Vにできたはずです
  ↑
200Vの方が効率的です。


韓国のインフラといえば、トイレ。
ソウルのど真ん中にあるホテルでも、下水が完備
していないらしく、使用した紙は、流さないで
バケツに入れています。
これには驚きました。
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 32% (53/163)

韓国でなく、回答の中に日本の狭軌について誤解があるようなので、そこだけ補足します。

広軌にすると、カーブを切る際の回転半径は、最低でも300メートル必要になります。
これが狭軌だと100メートルでカーブできます。
日本の国土は、等高線の間隔が狭い、河川はみな急流です。ヨーロッパの大平原を流れる河川は、郊外でも都市部でもゆったりと流れています。
鉄道は高低差に弱い。急坂を上る登坂力もないし、下りではブレーキもきかなくなる。山岳鉄道ではスイッチバックとかレールのあいだに歯車を使う。
日本では、導入した時代にはトンネルを掘るには限度があった。
日本の国土に合わせたら、等高線に沿って尾根を迂回して走るしかない。
日本の国土では、回転半径300メートルの広軌でなく、同100メートルの狭軌でなければ走らせられなかったのです。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このニュース・時事問題についてあなたはどう感じていますか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ