• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

遺留分減殺請求権と被相続人の借金の関係

元々被相続人の財産が預金1000万円と借金250万円、相続人が子供2人で、被相続人が相続人一人に1000万円全て生前に贈与してしまいました。贈与を受けなかった方は遺留分減殺請求権がありますが、この場合どうなるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数231
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • f272
  • ベストアンサー率46% (5819/12617)

死亡した時点に存在する預金である0円に,生前贈与した金額は1000万円を加えて,借金の250万円を引いて,遺留分算定の基礎となる財産額を確定します。750万円ですね。それに遺留分割合である1/4を掛けて187.5万円とし,そこからあなたが相続で得た財産である0円を引いて,あなたが負担すべき借金の法定相続分である125万円を加えると,最終的には312.5万円を請求することになります。 借金については法定相続分である125万円の返済義務がありますから,貸ている人から請求があれば125万円は返済してください。それ以上の分は負担する義務はありません。まあ,250万円全部を返済して125万円を他の相続人に請求してもいいですが。逆に,他の相続人が250万円全部を返済したのなら125万円分はあなたから他の相続人に返してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。よくわかりました。 補足ですみませんが、生前贈与が亡くなる何年前かで変わりませんでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • f272
  • ベストアンサー率46% (5819/12617)

#2です。 1000万円を贈与したのが,何年前であっても結論は変わりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.1

>預金1000万円 贈与を受けなかった子供に、250万円分の遺留分があります(法定相続分の半分=1000万の、2分の1の、2分の1=4分の1) >借金250万円 「債務」は「相続人である子供2人が同等に追う」ので「2人で250万を返す義務」があります。 債権者は「金を持ってて返してくれそうな方」のどちらに返済を迫っても構いません。 子である2人は「2人合わせて250万を返せばよい」ので、どっちが返済しても構いません。 1人当たり125万づつ返しても構いませんし、遺留分を解決して預金を「750万と250万に分けた」のであれば、借金を同比率の「182.5万と62.5万に分ける」のでも構いません。 子供双方が納得するのであれば、1000万を受け取った方が「借金は俺が返すから、お前は遺留分請求を諦めろ。遺留分を請求するなら、借金はお前が全部返せ。遺留分の250万で250万の借金を返せるだろう?」「そうか。それなら仕方ない。諦める」でも構わないのです。 もちろん、そう言われて「いいや諦めない。250万は遺留分請求する。借金は750万も貰ったお前が全部返せ」って反論しても構いません。納得出来なければ、裁判なり、調停なり、何なりすれば良いだけです。 要は「子供二人が納得していれば、どう分けてもOK」です。債権者として「250万が返って来れば、誰からどれだけ返して貰うかは関係ない」ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。お互いが合意すればどうにでもなると思いますが、基本的に法律はどう決めているかを知りたいです。 例えば1000万円を生前贈与された相続人Aは被相続人の死後に相続放棄をするでしょう。だから相続人Aに借金取りが来ても無駄だと思います。 逆に生前贈与を受けなかった相続人Bは被相続人の死後に相続を放棄したら遺留分減殺請求ができるのか、相続放棄しなければ借金取りが来るでしょう。法律に沿って行動していくとどうなるのか知りたいのですが。

関連するQ&A

  • 遺留分減殺請求について

    遺留分減殺請求について質問があります。 私は相続人ですが、被相続人の遺言により相続分が他の相続人に すべて指定されており、遺留分減殺請求権の行使を考えている立場 とさせていただきます。次の場合どうなるのでしょうか? ○被相続人の全財産→不動産のみで相続税評価額1億円 ○被相続人の全債務→金融機関からの借入金1億円 この場合、相続税法の評価計算では正味財産0円になると思いますが、 遺留分減殺請求権も正味財産が0円につき、公使出来ないことと なるのでしょうか? それとも相続税評価額と時価との差額を主張して、少しは 遺留分減殺請求が可能と考えても良いでしょうか?

  • 相続:遺留分減殺請求に関する質問(その1)

    遺留分減殺請求について質問です。 被相続人の相続遺産は、預金100万です。 相続人は、妻と子供2人です。 このうち、子供Aは、被相続人の生前に相続時精算課税制度により、 不動産1500万の贈与を受けています。 被相続人は、遺言書にて、預金はすべて妻に譲ると書いています。 このとき、子供Bが、遺留分減殺請求をする場合、 その金額は、下記の通りでよいでしょうか? 相続遺産総額:1600万=100万+1500万 子供Bの遺留分:200万=1600万 × 1/4 × 1/2 また、この請求は、まず、預金を遺贈されている妻へ100万、 残りの100万を生前贈与を受けている子供Aに、ということになる ということでよいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 遺留分減殺請求行使の相手方について

    遺留分減殺請求行使の相手方についてお聞きしたいことがあります。 具体例を挙げます。 相続人がA,B,C,Dの4名がいたとします(全員被相続人の子で、法定相続分は4分の1ずつ)。被相続人の財産としては、被相続人死亡時、預金1000万円、不動産甲、不動産乙を有していたとします(なお、事案を簡単にするため、生前贈与等の持ち戻し等はないものとします。)。 被相続人は、生前、遺言により、預金1000万円をA、不動産甲をB、不動産乙をCへ相続させる旨の遺言を作成しておりました。 この場合、相続人Dは全く遺産を得ることができないので、遺留分を侵害されていると思われます。そこで、遺留分減殺請求を行うことになると思いますが、この場合、遺留分減殺請求を行う相手は、A,B,Cの3名に対してそれぞれ行うことになるのでしょうか? 私が若干疑問に思うことは、相続財産が全て現金や預金といった数字で容易に表すことができるものであれば、誰に対する相続(遺贈)が遺留分を侵害しているか判断するのは容易ですが、不動産のように時価額等が簡単には判明しがたいものが相続財産に含まれている場合、時価額を査定した上で遺留分減殺請求を行使する必要があるのでしょうか? つまり、上記の例で言えば、例えば、不動産甲の価格が100万円であり、不動産乙の価格が500万円であったとします。そうしますと、預金額を合計すると、相続財産の合計は、1600万円ということになります。A,B,C,Dの遺留分は、それぞれ8分の1なので、価格に算定すると各自200万円が遺留分額ということになろうかと思います。そうしますと、Dのみならず、不動産甲しか相続できなかったBに関しても遺留分を侵害されているものと思われます。 この場合であっても、Dが遺留分減殺請求を行使する際、Bを相手方として請求することはできるのでしょうか? 不動産価格というのは中々判定しずらいこと、遺留分減殺請求権の行使期間が短期間(1年)であることからして、遺留分を侵害しているか否かが分からない状況であれば、遺留分を侵害している可能性がある相手方(上記例で言えば、「B」)に対しては、念のため、行使しておいた方が良いと思うのですが、やはり、厳密に価格を算定した上で、遺留分を侵害している相手方に対して減殺請求をする必要があるのでしょうか?

  • 遺留分減殺請求権の事わかる方教えてください。

    被相続人Aとします。 Aは遺言で、推定相続人Bに全財産を相続させる旨の記載をし、Aが死亡。Bが取得。 これにより遺留分を侵害される他の相続人は、何条に基づいて減殺請求ができるのでしょうか?

  • 遺留分減殺請求について

    去年被相続人が死亡し、相続開始時の遺産総額 5,000万円(土地4,750万円、現金等250万円)あり、被相続人の妻は被相続人より先に死亡、相続人はA・B・C・Dの子4人です。 A⇒遺言書記載により3,750万円相続する(内、相続後に土地3,500万円分名義書換済みです) B⇒遺言書記載により900万円相続する(内、相続後に土地900万円分名義書換済みです) C⇒遺言書記載により350万円相続する(内、相続後に土地350万円分名義書換済みです) D⇒遺言書記載無しで遺留分減殺請求をする。 この場合、A・B・C各者が土地を名義書換した後にDが遺留分減殺請求をした場合、Dの遺留分減殺請求額は、誰に、いくら請求できるのか。を教えてください。 なお、遺留分減殺請求書は、各者が名義書換する前に郵便内容証明にて提出済みですので、よろしくお願いします。

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求 遺留分減殺請求の事で弁護士に相談に行った所、被相続人の遺言がある事を前提にしているので遺言がないのに遺留分請求は出来ないと言われ断られました。私の場合、母が宗教団体に殆どの財産を献金したので子である私としては遺言がなくても遺留分減殺請求出来ると思っているのですが間違いでしょうか。

  • 遺留分減殺請求

    前にも質問させていただいたのですが 少し不安になってきたので、再び質問させていただきます。 母が2月に亡くなり、父に愛人がいることもあり 母は私に遺書を托しました。 (内容は、母の財産を全て私に譲るという。) そして、それは裁判所に提出してあります。 父は母が生前の時から、母の財産については納得してたのに 母が亡くなると自分が半分以上、貰わないと納得しないと言いだし お話にならないし、遺書も提出してるので 母の財産に関しては、5千万以下だし放置しているところです。 そこで不安に思ったことと言うのは 遺留分減殺請求権は、1年以内に請求しないと 時効になると思ってたのですが、いろいろ調べてたら 下記のように、10年を経過したときも?というのもでてきて 素人には、何が何だか? 「民法第1042条」 減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。 ・正確なことを詳しく知りたいと思いました。 ・父がもし、遺留分減殺請求をしたとすると私にも  裁判所から連絡がくるのでしょうか? どうか、教えて下さい。

  • 遺留分減殺についての質問

    遺留分減殺についての質問 遺留分減殺請求ができるのは、相続分が全部遺言によって他人へ相続させる場合なんですか? 例えば、相続財産の内一部の現金だけを遺言されている場合は相続人(この場合は配偶者がいなく子供一人だけとして)は遺留分減殺請求できますか?教えてください。

  • 遺留分減殺請求について

    遺留分減殺請求について 前回の質問で、祖父の遺産を遺言公正証書で長男がすべて相続することになり、遺言公正証書に名前が無い相続人は、遺留分減殺請求を行うこととしました。 祖母(妻)は入院しており判断能力が不十分の為、成年後継人を立てて祖父の遺留分減殺請求と財産の管理を行おうとしましたが、祖父の死後容態が急変し祖母は亡くなりました。 祖母の生前に遺留分減殺請求の手続きが出来ませんでした。 この場合、祖母の遺留分減殺請求は出来るのでしょうか? もし出来るのであれば請求者は誰になるのでしょうか?

  • 遺留分の減殺請求権の時効について

    遺留分の減殺請求権の時効について教えてください。 ネットで調べると  『遺留分の減殺請求は、遺留分権利者が相続の開始を知り、被相続人の財産の贈与又は遺贈があった事実を知ったことに加えて、その贈与又は遺贈が遺留分を侵害していることを知った時から1年以内にしなければなりません。また、相続の開始の時から10年を経過したときに消滅します。』 この文章が見つかります。ただ 分かる人が読めば分かるのかもしれませんが、私には細かいニュアンスが良く分かりません。 次の場合、まだ請求が出来るか教えてください。 I、「遺留分を侵害していることを知った時から1年以内」とは   1年以内の相続財産の分配の話し合いの時点では、   財産分配を仕切っている者がどうやら隠した遺産がありそうだと、   うすうす感じながらもその時は追求しなくて、   5年後に隠している財産を知った場合。 II、うすうす知っていたと言う所が、完全な額は知らないが   概ねの金額を知っていた場合 III、知っていたけど見過ごしてあげた。遺産分割協議書にも書いていない場合。 IV、知っていた。遺産分割協議書は印鑑を渡していて書かれているか見ていない場合。 宜しくお願いいたします。