-PR-
回答 受付中

中国語は役に立つのか

  • 困ってます
  • 質問No.9351325
  • 閲覧数82
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 0% (0/2)

中国語の話者は多いといっても、それは中国人が多いからであってアメリカやヨーロッパでも中国語が使われているかと言ったらそうではないですよね

そう思ったらスペイン語かフランス語のほうが有意義なんでしょうか。(例えば旅行先で英語が通じない人とか)
通報する
  • 回答数2

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 15% (1207/7973)

どちらも必要ない人の方が多いでしょう。スペイン語やフランス語圏の人は、その多くは英語が喋れます。中国人は必ずしも英語が喋れない人も海外に進出していますから、彼らを相手にする仕事をするなら、中国語が喋れた方が有利でしょう。
なお、一般的に「中国語」というのは、「北京語」のことです。中国語は日本の方言などとは違い、別言語というくらい地方ごとに使われている言葉に差があり、例えば香港などで使われている広東語は北京ではまず通じません。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 28% (3452/11996)

他カテゴリのカテゴリマスター
日本国内でいうなら、今はどこでも中国人観光客やビジネスマンが本当に多いですから、中国語ができたほうが使う機会は多いと思います。
元ホテルマンとしての単純な印象ですが、フランス語は確かにビジネス客ではそこそこいるというか、お金になる人は多いけれど絶対数そのものは少ない。スペイン語は結構数は多いけれど、いい加減な気質の人たちのせいかあまり金になる人はいないってイメージですね。
  • 回答数2
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ