• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

小規模宅地の特例2世帯住宅借地権

借地権の相続についての質問です。借地権者は被相続人である母です。建物は私と母の共有所有で持ち分は被相続人(母)1/3 相続人(長男である私)2/3です。区分所有ではありません。構造は2世帯住宅ですが玄関は1か所で室内で行き来でします。母と私は生計を一にしていました。以上の状態で小規模宅地の特例は受けられますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数280
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

区分所有ではないとのことですので、二世帯住宅の要件も満たしており、小規模宅地の特例を受けることができるはずです。限度面積は確認が必要です。 https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm なお、土地の所有権ではなく借地権の場合であっても、上記要件は同じですので問題ありません。 (租税特別措置法第69条の4第1項「土地又は土地の上に存する権利」と記載されていますので、借地権の場合も含みます)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 小規模宅地の特例の適用について

    以下のような事例でも小規模宅地の事例は適用されるのでしょうか? 1.宅地 270m2  被相続人の所有 2.建物 130m2  相続人の所有、建替え時に相続人が費用負担して相続人の所有とした。 3.被相続人と相続人の家族は同居していた。 このような事例(建物は相続人の所有)でも、小規模宅地の特例は適用されるのでしょうか? また、世帯主は被相続人で相続人は、被相続人の世帯に入っていないといけないのでしょうか?それとも、世帯は分かれていてもいいのでしょうか? 以上、宜しくお願い致します。

  • 小規模住宅特例適用可否

    相続税申告時の小規模住宅特例可否についてお尋ねします。 1.被相続人の居住の用に供している宅地で、被相続人所有の家屋の横に相続人所有の家屋を 棟続きで25年前に建てて同居を開始した。 2.相続人の家屋は被相続人の宅地の一部を借地としおり、宅地の地番は同じです。地代は払っていません。 3.家屋は渡り廊下でつながっており、おのおの自由に行き来ができる構造です。 4.門と玄関は共有していますが、相続人の家屋にも出入り口はあります。 5.生活設備の一部である風呂は被相続人の家屋にしかなく、共用しています。したがって相続人側の家屋では独立して生活はできません。 6.電気・ガス・水道のメーターは一つで、同一会計です。 7.同居当初から寝室、および相続人夫婦の自室は被相続人の家屋の部屋を利用しています。 8.両親とも介護が必要になり3年前から食事の提供をし、一緒に食事をとっています。 また、居間も両親宅のものを利用しています。 9.居住費、光熱費などの生活費用の主要な部分が明確に区分されておらず、また寝食、起居を共にしていることから同居の親族であるといえます。 以上の理由により。同居であることから小規模住宅の特例が適用できるでしょうか。

  • 借地権の相続と建物の関係について教えてください

    近々2次相続が発生しそうなので、15年以上前の相続税申告書と遺産分割協議書を見て借地権の分割はこれで問題がなかったのかと考えています。内容は下記のとおりです。 (1)借地権の目的となっている被相続人所有の建物を相続人A(被相続人の子)が全て相続しています。 (2)当該借地権を相続人Aが5分の3、相続人B(被相続人の妻)が5分の2を各々相続しています。 初歩的な問題なのかもしれませんが、相続人Bは建物を所有(相続)していないのに借地権を相続することが可能なのでしょうか? また、その後、地主が死亡し、底地を相続人Aが全て買い取っています。現在の土地の権利関係はどうなっていると考えるのが妥当でしょうか。(底地の買取時に「借地権者の地位に変更がない旨の届出書」が税務署に提出されています。)

  • 小規模宅地の特例について

    小規模宅地の特例についてお伺いします。 同居していた故人から貸地(借主はそこに貸家を建てて貸家をしていました)を相続しました。 相続税の計算の段階では、この土地は 路線価×地積×(1-借地権割合0.4)で課税価格を算出いたしました。 この土地の内200平方メートルで小規模宅地の特例の適用を受けようと考えています。 この場合、適用によって減額される金額は (借地権割合を考慮に入れない) 路線価×200平方メートル でよろしいのでしょうか?

  • 小規模宅地の特例が適応されるか

    もしもの時に相続税の小規模宅地の特例が適応されるのか教えてください。 相続人:私 被相続人:父 一軒家で同居してます。 土地は父名義。 家自体は7年前に私名義に変えました。 ですので土地は父所有。家は私所有という形です。 この場合で相続になった場合、小規模宅地の特例は適応されるのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 借地権付建物の遺贈について

    母が所有している借地権付建物があり、母が亡くなり相続人が建物を相続する場合は、借地権も相続され相続人が借地権を取得すると聞いたのですが、遺言書を作成して相続権のない叔母に建物を遺贈する場合、売買と同じように地主の承諾がなければ叔母は借地権を取得することができないのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • 小規模宅地特例について

    お世話になります。 相続において被相続人(親父)と同居していない、かつ、 生計は同一でない相続人(息子)は被相続人の居住していた 土地、建物を相続した場合には特例が適用できるの でしょうか。 被相続人の妻(母親)は被相続人と同居していたものの そこは相続しない場合においてです。 宜しくお願いいたします。

  • 相続税:小規模宅地等の特例について

    『相続税:相続した居住用や事業用の宅地等の価額の特例(小規模宅地等の特例)について』 そろそろ母親も歳をとってきたので相続税の対策を考えようと思っています。 母親とは兄も私も同居しておりません。 以下が、小規模宅地等の特例に該当します。  ~ 相続開始の直前において、被相続人又は被相続人と生計を一にしていた    被相続人の 親族(以下「被相続人等」といいます。)の事業の用又は居住の    用に供されていた宅地等 であること。  ~ 質問1.「生計を一にする」はどういう状況のことを指すのでしょうか?      どういった条件を充たせば「生計を一にする」と認められるのでしょうか? 質問2.「相続開始の直前」とは、母親が死亡する直前という意味でしょうか? 以上、宜しくお願いいたします。 千葉県船橋市 ふみお

  • 小規模宅地等の特例の関連で節税を図りたい

    相続人には配偶者および長男の2名がおり、被相続人は宅地Aと住宅a及び宅地B を所有しています 1:先ず配偶者(同居)については 被相続人名義の宅地Aと住宅aに小規模宅地等の特例の適用が可能と思われます 2:次に長男(別居で別生計)については 被相続人名義の上記の宅地Aとは別の宅地Bに長男名義の住宅bを構えています 質問 上記2について、小規模宅地等の特例を適用すること、或いは別の特例制度(何かあれば)などで節税を図ることが出来ないものか、アドバイスを頂ければ幸いです なお、国税庁の関連記事なども閲覧したのですが難解であり、遅延中の相続税改正が施行されると負担増が危惧されるので識者にお尋ねするものです

  • 借地権と相続税

    借地権にも相続税がかかるみたいですが、 借地人が死んで、相続された場合、 相続人が相続税を支払えず、 大家が借地権を買い取る金も意思もない場合、 (1)借地権はどうなるのでしょうか? (2)大家が、借地権を第三者に売ることに同意しなかった場合はどうなるのでしょうか? (3)借地権が売れても、相続税額に満たなかった場合には、相続人は、借地権を失った上で、相続税に足りなかった分を払うのでしょうか?