• ベストアンサー
  • 困ってます

接続詞の省略でしょうか? 教えてください。

i bought a million followers for like $400 none of this shit matters antarctica is melting. のnone of ~の部分について、接続詞等の目安がなくよくわかりません。 決まった言い回し?なのでしょうか? 「南極の氷が解けてきている状況で$400で購入なんてなんの問題もない」 「$400で購入することに比べたら南極の氷が解けてきていることなんてなんの問題にもならない」 このどちらかの訳になるのでしょうか? (文法的な)その根拠をどのように考えるべきか、どなたかご教示いただけますでしょうか? 以下が元の文です。 The comedian Joe Mande currently has a healthy 1.01 million followers, but his bio contains a caやくveat: "twitter is trash, facebook's the devil, i bought a million followers for like $400 none of this shit matters antarctica is melting." よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数76
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15184/32596)

1。このどちらかの訳になるのでしょうか?  始めのような気がします。 2。(文法的な)その根拠をどのように考えるべきか、どなたかご教示いただけますでしょうか?  文法的には不完全な文ですから、鍵は意味に求めるほかありません、「甲もごみ。乙も悪魔なら、南極が溶けてる今、そんなの百万人も400ドルで買ったって」  に続くものは「なんの意味もない」と言いたがっているのでしょう。おっしゃる通り最後の三単語の前に何か接続詞が欲しいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速にありがとうございます。やはり文法的に?なので文脈から判断、と仰っていただけてモヤモヤが晴れてきました。本当にありがとうございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

and, but, however、あるいはピリオッド. などが抜け落ちる文章は、 特にメールやツイッターなどではよくあります。 英語ができる人なら、それらがなくても意味がわかりますから。 I bought a million followers for like $400. None of this shit matters. Antarctica is melting.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速にありがとうございます。文の取り方は、仰る通りですっきりします。 省略を念頭に読むということで勉強になりました。 ありがとうございます。

  • 回答No.2

「ツイッターはクズで、フェイスブックは悪党だ。俺は$400くらいで100万人のフォロワーを買った。この馬鹿げた事のどれも重要じゃない。南極は溶け出しているんだ。」 口語的な文なので、つなげてしまっているようですが、本来であればnone of の前、antacticaの前にそれぞれカンマかピリオドで文をくぎるか、接続詞でつないだほうがわかりやすい文です。 それぞれ独立した文を同格的に並べている感じですが、それを口語でつないでしゃべっている感じとお思います。 Twitter is trash. Facebook is the devil. I bought a million followers for like $400. None of this shit matters. この馬鹿げたことのどれも重要じゃない。ここではnone of this shit が主語で matterが自動詞。 Antarctica is melting. 南極は溶け出しているんだ。 これはパリ協定脱退に関してもトランプのツイートのフォロワーが多く賛同を得ているように見えて実は半分がBotによるものと言う疑惑があって、それについてのコメントですね。どうでもいいけど、南極の氷が溶けているんだけどと言う感じでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • どっちが正解?

    どちらが正しいですか。 1. This is the hat I bought yesterday. 2. This is a hat I bought yesterday.

  • 関係代名詞のwhichとwhatの使い分け

    関係代名詞のwhichとwhatはどのように使い分ければよいのでしょうか? 例えば、 This is an apple what I bought yesterday. と This is an apple which I bought yesterday. とでは違いがあるのでしょうか。

  • 「a」と「the」による意味の違い

    冠詞に関する本(分かりやすい英語冠詞講義)のアマゾンのレビューで以下のような記述を見つけました。 『(1)This is the book I bought yesterday.と(2)This is a book I bought yesterday.は文章としてはどちらも正しい。しかし話し手が文章に含めている意味は異なる。』 この二つの文の違いがいまいち分からないのですが、 (私だったら「the」を使うと思うのですが) この2文の明確な違いが分かり、説明できる方はいらっしゃるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 既出の語句をthatでうけることについて

    たとえば I bought a pen. That is very useful. という風に受けれると思います。 質問1)これはThisは受けれますか(I bought a pen. This is very useful)。 自分の知識では受けれなかったような気がするのですが(既出の単語はThatで受ける)、 確信がありません。 質問2)複数形の単語を受ける場合はThose(Thisが使える場合はThese)になりますか? 初歩的な質問ですいません。よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 日本語訳お願いします。

    The main cause of this is the release of chlorofluorocarbons. Antarctica was an early victim of ozone destruction. A massive hole in the ozone layer right above Antarctica now threatens not only that continent, but many others that could be the victims of Antarctica's melting icecaps. In the future, the ozone problem will have to be solved so that the protective layer can be conserved. 外国の知人に頼まれたのですが、私の周りに英語に詳しい人もおらず困っています。 よろしくお願いします。

  • 関係詞と時制の一致について

    I bought this book at the bookstore which is in front of ABC station. whichの後は wasにするほうが正しいですか? 時間に関係なく,今も駅前に当然あるので,isでいいですか? 時制の一致がよくわかりません。 which isそのものを省いたほうがすっきりした文になると思いますが, whichが来た場合のbe動詞がどちらになるか教えてください。

  • 関係代名詞の考え方

    関係代名詞は中学で習う英文法でも日本語にない観念だけに少し難しい部類に入ると思います。日本での一般的な教え方は次のようにりますよね。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " そこで質問ですが、他にはどのような解釈法が可能でしょうか? ちょっと意地悪な質問かもしれませんが、お付き合いいただければ幸いです。

  • shoes は2つの靴?それとも、1セットだから1つと考えるのか?

    I bought a pair of tennis shoes. この次に続く英文として・・・ →They are made in Japan. が正しいのですか?それとも・・ →It is made in Japan. が正しいのですか?

  • 接触節と〔目的格の〕関係代名詞

    中学校3年生に家庭教師として英語を教えています。 (1)This is the book I bought yesterday. (2)This is the book [which/that] I bought yesterday. この2つの文について、教科書では、(1)は接触節、(2)は〔目的格の〕関係代名詞として説明しています。言ってることはわかるのですが、この2つ、違いはなんでしょうか?接触節と〔目的格の〕関係代名詞の根本的な違いはなんですか?(2)の[which/that]は省略可能ですが、その場合、接触節になるのか、〔目的格の〕関係代名詞になるのかは、どう説明すればわかりやすいでしょうか?言葉足らずで上手く説明できませんが、よろしくお願いします。

  • 関係代名詞の解釈

    中学生の子供に関係代名詞について聞かれて少し困っております。 一般的には学校ではこのように教わると思います。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " 子供はこの程度の文は読めるんですが、ここではwhichがboughtの目的語でありながら、bookを指しているという論理がいまいち掴めていないようです。どなたか、上手く説明できる人はおりますか? 少々専門的になっても構いませんので、英語の参考書には書いていないような斬新な回答をお待ちしております。