締切済み

ブラジリアン柔術での怪我の対処法について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9331918
  • 閲覧数152
  • ありがとう数1
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 29% (18/61)

現在、ブラジリアン柔術を習って3ヶ月になりますが、練習に出ては怪我をしの繰り返しでまともに練習ができません。
怪我は首を痛めたり、アバラの骨を折ったり、手首を痛めたりします。
できるだけ怪我をしない方法をアドバイスして頂ければと思います。
ムキにならない事、タップを早くする事、ストレッチを多くする事はいつも気をつけているのですが、それでも怪我をしてしまいます。
格闘技だから怪我をするのは当たりまえという回答はご遠慮ください。

また、柔術用のサポーターがあればご紹介いただきたいです。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (5187/17679)

他カテゴリのカテゴリマスター
原因はおそらく、
・体の柔軟性が不十分
・受け身がヘタ
にあると思います。

格闘技をやる人はみんなものすごく柔軟性をトレーニングします。お相撲さんが新弟子時代は泣きながら股割をするのはご存知ですよね。なぜあんなに柔軟性が求められるかというと、ケガをしちゃうからです。
「ではストレッチが不十分なのでしょうか?」と聞かれると、たぶん答えはノーです。まだ初心者なので、柔軟性の絶対値が不足しているのだと思われます。

あともうひとつは、受け身でしょうね。柔道とかそういう系の格闘技はやたらと受け身ばっかり練習させられます。ツマンネーヨと思うくらい受け身ばっかりやるのは、これもまたケガを防止するためです。
ちなみに受け身はスノーボードや自転車でコケたときにケガを防ぐことに応用できますので、上手であるデメリットはないと考えてもよいかと思います。
お礼コメント
kings451

お礼率 29% (18/61)

回答ありがとうございます。
受身がヘタなんでしょうね。
あまり受身を教えて貰えてない気がします
投稿日時 - 2017-06-03 23:33:32
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ