• ベストアンサー
  • 困ってます

【電磁波はやっぱり身体に有害なのでは?】

【電磁波はやっぱり身体に有害なのでは?】 高圧電線と低圧電線は引っ付けて格納してはいけない。 15cm以上隔離しなければ双方の電磁波が悪影響を及ぼすために隔離させる必要があるわけですよね? なのに家の近くに高圧鉄塔が建って家の価値は下がるのに電力会社は高圧鉄塔の電磁波は人体に悪影響を与えないと言っている。 それなのに高圧電線と低圧電線は引っ付けて設置出来ないと言う。 電力会社は矛盾してませんか? なぜ人体に影響がないのにゴムに覆われている電線が悪影響を受けるのでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数244
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

まず、マルチポストはあまり褒められたことではありませんよ。 そもそも話として、 >なぜ人体に影響がないのにゴムに覆われている電線が悪影響を受けるのでしょう? これは簡単でゴム(余談ではありますが電線の場合はゴムではなく、他の絶縁体ですが)で覆っているのは「感電」を防ぐ、つまりは「電気」が外に流れるのを防ぐためであり、電磁波とは全く関係ありません。 >15cm以上隔離しなければ双方の電磁波が悪影響を及ぼすために隔離させる必要があるわけですよね? と書かれておりますように、電磁波は電気ではないため、絶縁体で遮断できません。 「電場・磁場が相互に変化させ合っている」という「変化の伝わる現象」だからであり、 近しい構造のものはその変化の減少を「受信」してしまい、その落差から『電流』が発生するため、 「出力が高い近距離」の場合は相互干渉を起こしかねませんので、そのようにしています。 また、電磁波は「発生源からの距離の2乗に出力が反比例する」事からも近距離でなければ問題はありません。 なので、「構造物質」が異なり、かつ「至近距離」にいるわけでもない人間への影響については、同列に語ることがそもそも間違っています。 よって、矛盾はどこもしておりません。 加えて、 >高圧鉄塔が建って家の価値は下がるのに これは、「明確なデータはないけれども嫌な話を聞く」や「日当たりが悪い」等々によるもので需要が低いからであり、 価値が低い=有害であるを証明する要素には全くなりえません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさん回答ありがとうございます 私はマルチポスト推奨派です なぜならネットの情報は28%くらいしか正答率がないからです 最低4人の回答が必要です

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • Nouble
  • ベストアンサー率18% (330/1782)

人の、体が 割と、水だから では 水は 電磁波、遮断材料 と、しては 割と 優秀な、方 と、されています 高電圧鉄塔に、敷設された 過電圧電線から、15cm位には 近づかない、ですよね? どれ位の、 間隔、がある と、 見て、取れますか? 補足、願えませんか? まぁ、 かくゆう、私も 健康に、無関係 とは、 思って、いません 少し 何らかの、感覚が 感じられるので 人の体は 微弱電位伝達で 作動しています また、 ATPに、よる 微弱発電に、より 動いて、います が 同時に、 様々な、 電波、磁波、に 腫らされ、続けて 生きて、います 他方で、 ラジオを、見れば 判る、ように 高電圧電線付近では なくならない、までも そう言った 電磁波の、バリエーションが 少なく、なります 此は 体内、電気信号への 影響が、ない と、 どう、言えるのか? 不思議です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アパートから電線。電磁波は・・・

    今度引っ越すアパートの壁から電線が出ています。これは普通ですか?電磁波が気になるのですが・・・ また、よく高圧電線の真下に住むと電磁波の影響があるといいますが、高圧電線というのは普通の電線と見た目が違うのでしょうか?それとも見分けはつかず、電力会社に聞いてみないとわからないのでしょうか? どなたか詳しい方回答よろしくお願いします。

  • 高圧線下や電線近くで測った電磁波の数値について

    購入予定の住宅から30~40mほどの距離に高圧線、鉄塔があります。 電磁波が気になったので、電力会社に測定に来てもらい、磁界測定器の商用(60Hz)を使用しました。 平日の11時頃に測定をしたのですが(地面から2m地点) ●高圧線下  1.3ミリガウス ●変電所の周囲  1.3ミリガウス ●家庭への引き込み電線下 1.3ミリガウス ●154000V鉄塔下  0.9ミリガウス ●6600Vトランス付電柱の電線下  0.6ミリガウス ●100V電柱の電線下  0.2ミリガウス ●住宅前  0.3ミリガウス ●公園  0ミリガウス ●家電メーター 至近距離で30ミリガウス 1m話すと0.8ミリガウス ●携帯通話中 50ミリガウス 切っても8ミリガウス (広域用使用) 以上のような結果でした。 意外に低い、という印象ですが、時間帯によるものかもしれません。 真夏の昼間であれば、2倍程の数値になる、と言われました。 しかし、こちらで他の方の測定結果を拝見する限り、高圧線下など10ミリガウス以上出たとのご意見もありますし、測定結果に疑問を感じます。 電力会社の方は、高圧線直下の住居の2階で測定した事も多いそうですが、外で測るのと変わらない数値(1.3ミリガウスほど) 、とおっしゃっていました。 高圧線や鉄塔、電線の電磁波より、家庭内の電化製品の方が数値は高いので気になさることはないですよ、との事でしたが、それならなぜ、こんなにも鉄塔や高圧線近くは避けた方がよい、と言われるのでしょうか? 電磁波による健康被害の科学的根拠はない、とのパンフレットも頂き、電力会社の人も、なぜこんなに高圧線近くの住宅を心配される方が多いのか疑問です、と言われ、ますます影響があるのかないのかわからなくなってきました。 高圧線から30mも離れれば、高圧線の影響は心配ありません、との結論でしたが、数値にお詳しい方、ご助言をお願い致します。

  • パソコンと電磁波の関係

    高圧電線の鉄塔の近くでは電磁波の影響で白血病になるとか、家庭でも電子レンジとかの影響で脳がやられるとか聞きますが。 では、パソコンはいったいどうなんでしょうか。 電磁波は絶対出てるはずだと思うのですが。

  • 自宅2階の屋根上を6600Vの高圧線が通っている事に今日気がついたので

    自宅2階の屋根上を6600Vの高圧線が通っている事に今日気がついたのですが(恥ずかしながら鉄塔の上を通っているのが高圧線だと思っていました) 電磁波の健康被害の話しに出てくる高圧線というのは、この6600Vの電線も含まれるのでしょうか? また、電線が敷地内を(上空ですが)通っていますが、電力会社に言えば、移動させてもらう事はできるものでしょうか?

  • 自宅2階の屋根上を6600Vの高圧線が通っている事に今日気がついたので

    自宅2階の屋根上を6600Vの高圧線が通っている事に今日気がついたのですが(恥ずかしながら鉄塔の上を通っているのが高圧線だと思っていました) 電磁波の健康被害の話しに出てくる高圧線というのは、この6600Vの電線も含まれるのでしょうか? また、電線が敷地内を(上空ですが)通っていますが、電力会社に言えば、移動させてもらう事はできるものでしょうか?

  • 電磁波について

    鉄塔から30メートルぐらいの土地を購入して新築しました。建築前と建築後に電力会社の人にきてもらって磁界測定をしたのですが、どちらも0.1~0.2ミリガウス程度でした。2階で測定しても同じでした。この値はほとんど高圧線の影響を受けてないと思われるのですが、高圧線が近くを通っていても磁界が低かったり通ってないところなのに高かったりするのはどうしてでしょうか。よくいい土地だったけど高圧線が近くを通っていたからやめたという話しをネット上で見ます。それを見て思うのですが、いい土地なのに高圧線のせいであきらめたというほど電磁波を気にするのならば、どの土地でも磁界測定をしてから買わないと意味がないのではないかと思うのです。また例えば狭い部屋で、冷蔵庫やテレビに囲まれて寝ている生活を送っている人は電磁波を浴びる量が多いと思うのは間違っていますか?家購入に関して、高圧線がどうのこうのということを言うわりに、リビングが狭くて家電に囲まれた生活を送っている人は結構いるのではないのかと思ったりするのです。電磁波のことを考え始めるとわけがわからなくなってしまいます。支離滅裂なのですが、 この考えに関して意見をお願いします。

  • 電線からの電磁波について

    子供の通う予定の保育園ですが、窓から電線が見えており、近い場所なので電磁波が気になっています。 私なりに色々と問い合わせて得た情報なのですが、全くの無知の状態から得た情報なので、本当に理解できているのか教えていただきたいです。 ・基本的に小児白血病などで問題視されていたのは「磁場」 ・磁場は電化製品などからも出ていて、距離の二乗で弱くなる。 ・一部では2ミリガウス(0.2マイクロテスラ)で子供への影響などを問題視されていたが、WHOでは因果関係はないとされている ・電線の高圧線などからの電磁波は、平成27年に電力会社が計測したところ1m離れた場所で0.072マイクロステラだった ・電気毛布は0cmで20マイクロステラ ・都会で電柱がないような大通りでは、地下に高圧線が走っていることがある ・鉄塔のような大きな高圧線と電柱の高圧線の磁場は同じくらいの大きさ(これはネットでの情報なので本当かどうかは分かりません) 保育園で子供が過ごす時間ですが、外遊びなどの時間を省いて1日5時間程度になると思います。 また、距離によって変わるようなのでずっと窓際にいることはないと思うので、そこまで心配することはないと思いますが、本当にそうなのか不安です。 主人は大きな鉄塔などでもない限り心配はないといいますが、なんとなく心配です。 私の理解は合ってますでしょうか? 高圧線が目の前(正しくは目線よりは上の場所ですが)にある部屋で1日5時間、小さい子供(2歳)が過ごしても影響ないと思っていいものかどうか悩んでいます。

  • 高圧線下(高圧線としての稼働なし?)の土地について教えてください

    購入しようと思った土地の5メートルほど前方に鉄塔がありました。その鉄塔から伸びている高圧線が、土地の上をしっかりとおっておりました。不動産会社を通してですが、電力会社に問い合わせたところ、3年前から高圧線としての使用はしていないとのことでした。 しかし、普通の送電線としては使用していて、電量不足?(すみません、意味がわからなくて・・・)のときだけ高圧線として使用するとこことでした。 高圧線付近の良くない話もサイトで確認しましたので、小さい子供が二人いるため購入を一時はあきらめましたが、普通の電線としての扱いとなるとまた迷いがでてきました。 といあわせたところ、常時使用は0.001ガウス~0・2ガウスとの回答が電量会社からありました。 普通の電線は家の真上を通っていないことが多いので、真上を通る(しかも高圧線を利用してなので)場合はあまりよくないのでしょうか。 また、電磁波は、主人が真下に影響があるというのですが、四方八方に発生するものなのか、真下にだけ発生するのかも教えてください!

  • 高圧電線について

    自宅のアパートの6m程上空を1本の細い高圧電線が通っています。 鉄塔からは400mくらい離れていて、鉄塔の反対側からは4本の送電線(いちばん上は細い)が延びています。 この場合、人体への影響はほとんどないと考えてよいのでしょうか? それとも送電線の太さや数は関係なく、人体に悪影響があるのでしょうか? この手の話には無知なので、どなたか教えていただけると助かります。

  • 高圧電線からの影響

    アメリカでアパート暮らししている者です。 二階のバルコニーに出ると、目の前には高圧電線の鉄塔があります。電線までの距離は、20メートルぐらい、鉄塔までの距離は、30メートル程です。 もう、1年以上住んでいるのですが、最近気になるのが、人体への影響です。 というのは、耳を澄ませると、「ジジジジジ・・・」という音が、鉄塔から聞こえるような気がするのです。24時間、この音は続いており、周りには民家や工場は無いので、おそらく鉄塔からの音だと思っています。 お聞きしたいのは、この音の発生源が、鉄塔(高圧電線)から出ているのか、また、こんな音がしているので、人体に何か有害な電磁波が出ていないかです。 何ボルトの電圧なのかは分かりませんが、電線は、3本がデルタ状で1セットになっており、合計9本の電線が張ってあります。また、日本では見かけない、透明なガラスの碍子で、電線が支持されています。どうも、このガラスの碍子のあたりで、音がしているような気がするのです。碍子はソロバンみたいで、20個ぐらいが1組になっています。鉄塔から斜め下方向に伸びた碍子が、電線をサポートする碍子と繋がっており、その水平に伸びた碍子は少し垂れ下がっているので、おそらく碍子は1個ずつ独立したものではないかと思われます。 電磁波の影響については、過去の記事でNTTの鉄塔等を読んでおります。私の場合は、商用の電波では無いので、少し違っていると思い、質問させていただきました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。