• ベストアンサー
  • 困ってます

【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最

【遺伝子の話】人間の生命の起源としての遺伝情報に最も基礎遺伝子の状態に近いのが大腸菌です。 しかし人間の祖先である大腸菌は今や人間にとって毒です。 大げさに言えば自分を産んだ母親が自分にとっての毒となっているのはどういう歴史を辿ったらそうなるんでしょうか? あと人間の遺伝子情報量はこの地球上で最も多いわけではなくカエルの方が人間より複雑な遺伝子情報で創り出されています。 ということは地球の最も凄い遺伝子を持って産まれて来ているのが人間ではないということです。 人間より優れた遺伝子情報を持ちながら人間がこの地球上の生物の頂点に君臨しています。 本来ならカエルが人間を支配している世界になっている方が不思議ではなかった。 それなのになぜか地球を支配したのはカエルではなく人間だった。 これはなぜでしょう? 人間は現在の猿が進化して人間を淘汰する存在になることを怯えているが人間が恐れるべき存在は猿ではなくカエル、イモリ、肺魚、サンショウウオでは? カエル→イモリ→肺魚→サンショウウオ→と徐々に進化していっているにが秩序に出ているのになぜか遺伝子情報が劣る人間の方が先に肺機能も手足も先に進化出来たのはなぜでしょう? あと植物も人間より優れた遺伝子情報を持つ植物が存在している。 そら豆、ムラサキツユクサ、百合は人間より優れた遺伝子情報を持っている。まあ、さすがに手足がない植物に人間がヤラれて淘汰されるとしたら人間がそら豆、ムラサキツユクサ、百合を食べない限り大丈夫だし、植物が人間を淘汰するために毒性を急に進化させてきたら食べなければ良いだけなので植物の進化は人間の脅威にはならないと思う。人間より劣る遺伝子の植物を食べていれば生きられるのでわざわざ人間を殺す能力を発揮出来る進化した植物を相手にする必要はない。 恐るるはカエル、イモリ、肺魚、サンショウウオである。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数156
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 遺伝情報の話ですが、DNAの量が多いから高等生物というわけではありません。遺伝情報が多くても、ゴミや空白ばかりで、役に立つ情報が少ない生物もいるからです。  8ビットパソコンでプログラムを書いていた頃の話ですが、私が作ったプログラムは無駄な部分を作らずに濃縮ジュースのような作り方をしていたのですが、雑誌に掲載されていたプログラムを読んでみたら、ほとんどが空白ばかりで、意味がある部分は僅かだったプログラムだったのがありました。  生物も同じで、DNAは濃縮ジュースのように高密度に遺伝情報が密集している領域ばかりではありません。エクソン(意味がある領域)とイントロン(空白ばかりの領域)に分かれていて、意味が領域は僅かに過ぎないのが実情です。  しかし、イントロンが全て無駄なのではなくて、イントロンが無いと機能しないDNAが多いようです。生物はほとんど無駄がありませんが、全てが完璧に機能しているわけでもありません。  生物のDNAがコンピュータプログラムのような構造をしていたら、放射線が1箇所当たって遺伝情報が変わっただけで即死する結果になります。生物のDNAは自己保存と進化の両方が出来るように柔軟性を併せ持つ構造をしていて、コンピュータプログラムのような硬直した構造では無いのです。  人類への進化の途上で、無駄な遺伝情報が淘汰され、有益な遺伝情報だけが残されて到達したわけで、遺伝情報が少ないのだとすれば、人類は特殊化が進み過ぎて、失った遺伝情報が多い生物なのかもしれません。  特殊化が進んだ生物は環境の変化に脆く、今でも暑さや寒波で死者が出ているのは、人類が衣類や冷暖房が無ければ生きられないほど特殊化した生物だからです。  恐竜が絶滅したのは特殊化が進んだ生物だったからだと言われています。人類も例外では無いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさん回答ありがとうございます

関連するQ&A

  • なぜ優秀な遺伝子だけが残されないのでしょうか?

    動物にも人間にも、生きていく上で有利なタイプ、不利なタイプがあると思います。(反論をよびそうですが、、。) 親から子へ遺伝情報がすばらしいものだけ伝わっていきそうなものですが、現実は優秀な遺伝子ばかりが受け継がれているわけではなさそうです。 なぜでしょうか? 自然淘汰とはそういうものではないのでしょうか? 生物学、動物学の世界ではどのように考えられているのでしょうか?

  • 両親の遺伝情報は本当に両方入る?

    両親の遺伝情報は、どちらも入り(混合)される、と聞いた覚えがあるのですが本当でしょうか? 片方だけの遺伝子の改良版(形状の進化獲得版)ではないと言い切れる証拠はありますか。

  • 遺伝情報と運気について

    「人間の遺伝情報は約30億個あって、この情報に記されている事柄以外のことは、人の一生では起こらない」と読んだことがあります。また、ほとんどの人はこの情報の内の5~10%位しか使用せずに一生を終えると。 もし、人が残りの90%以上の眠れる遺伝情報の内、良い遺伝情報だけを目覚めさせることが出来たら、人生は好転 し、違う人生の展開があるのではないか? 私は姓名学や九星気学、四柱推命などを少しかじっている のですが、姓名や生年月日に秘められた暗号を数字や記号に変換して解読してゆく過程と酷似していると思うのです。人の気にも良い気と悪い気があって、その組み合わせによって良い気が呼び起こされたり、その反対もあります。人との出会いも偶然ではなく、互いの遺伝子同士が呼び合っての必然の結果なら、人は遺伝子の意志で生かされているのでは?と考えたりしますがいかがでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

面白い視点だと思いました。 意に反して見えるのは、優れた遺伝子イコール複雑な遺伝子または情報量の多い遺伝子、ということにならない、ということかもしれません。 ウイルスなんかは遺伝子がシンプルでむき出しになってますが、他の生物の存在が前提ですので後から進化してますよね。後から出てきた方が高級かもしれないし、そうではないかもしれないし。 複雑だから高級とも言えなさそうです。 要はなにをもって優れた遺伝子とするか、の基準や定義が明確でないと、カエルに征服されるべきかどうか論じることはできない、ということではないでしょうか。 実際カエルが反乱おこして人類を駆逐したら、それはそれで地球が自然と平和を取り戻すのでいいかもしれませんね。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 人間にとって遺伝は大事だと考える人

    人間の性格や能力に遺伝が大事だと言う人っているようですが、どうも本気で言っている人もいるようです。 言うには、親のDNAが優秀なら子も有名な学校へ行けるのは当然だろうからこの親の言う勉強法が良いという証明にはならないとか、親の馬鹿は子にも遺伝するとか、悪い遺伝子は淘汰された方が良いとか。。。 しかし、生まれてから身に付ける性格、モラル、能力について遺伝が大事だという主張が全く分かりません。 そういう人々が言うように、生まれてから身に付ける性格や能力が遺伝するのなら、有名大学の試験はレベルが上がっていくでしょうし、母語についても子供の言葉遣いはどんどんうまくなっていきそうな気がしますが(母語なら誰でも話しますし)、でもそんな事が世界的に起きているだなんて聞いたことがありません。 そもそも、学校で習うのは優生学ではなくてメンデルの法則や進化論です。メンデルの法則や進化論が正しいからといっても優生学が正しいということにはならないと思うのですが。。。。 ここで質問なのですが。 ---------------------------------------------------------------------- 1)性格や能力にとって遺伝は大事だと思いますか?本人次第だとは考えませんか? 2)あなたの周りに、性格や能力にとって遺伝は大事だと考える人はいますか?またいましたか? 3)優生学をどう思いますか? 4)1と3の意見を周りの人に言うことは出来ますか? ---------------------------------------------------------------------- 答えられるのだけで良いのでお願いします。 ところで私がこの質問をするのも遺伝による仕業なのでしょうか。私が若者だからか血統だの家柄だのという昔の話は興味が湧きません。

  • 遺伝子情報について教えてください

    こんにちは。 人間の受精卵がすこし育った「胚」のうち、ひとつの細胞を調べることによって、 異常をしることができる遺伝子診断(=着床前診断)ができると聞きました。 ひとつの細胞を調べることでなぜ分かるかというと、すべての細胞の遺伝子が 同じであるからだそうです。 ここで質問です。(2つ)  ・胚の分割が進み、最終的には人間の細胞は60兆になるようですが、  その細胞すべてが同じ遺伝情報なのでしょうか。もしそうなら、「突然変異」が  起こると、全細胞の遺伝情報が変化するのか、一部の細胞で遺伝情報が  変化するのかどちらでしょうか。  ・分割が進んだ胚のうち、ひとつの細胞を取り出すと、細胞の数が変わってしまわないのでしょうか。ひとつの細胞を取り出した、「残りの胚」は、その後、順調に細胞分裂を繰り返していくのでしょうか。  参考まで、読んだ本は、いのちと放射線(ちくま文庫) 柳沢桂子、生命科学の冒険(ちくまプリマー新書) 青野由利、やさしいバイオテクノロジー 芦田嘉之などです。

  • 他の動物に、人間と同じ構造の遺伝子があることについて。

    最近、生物学や遺伝学に興味を持ち、ボチボチに本を読み齧り始めた学生です。 国際的な遺伝子研究で、他の動物の遺伝子の中に人間の遺伝子が発見されたというニュースが最近多いですよね。 ・人間の病気遺伝子の61%が、ショウジョウバエにもある。 ・マウスのゲノムは99%も人間と同じ。メダカも人間と半分同じ。…など。 皆脊椎動物だし納得は出来るのですが、ふと思うのが「同じ」と言うのは、どのくらいことまでを指すのでしょう? 例えば、人間に皮膚に魚の鱗が出来るようになるとか。 ショウジョウバエの眼が遺伝子操作で移動出来るように、人間も別の場所に眼を移動できるようになるとか。 人間の歯を犬歯に出来るとか。 それとも、あくまでも細胞の構造など、本当に生物の基礎程度にとどまるのでしょうか? 仮に出来るとしても、他から遺伝子を持ち出し、人間に組み込んで組換えするしかないでしょうか? すみません、物凄くSF的な質問ですよね(滝汗) ただ、最近はnon-codingDNAの遺伝子調整の機能や破棄され発現されない蛋白質情報の可能性とか挙げられてますし。 マウスと人間の共通遺伝子の中には、“マウスに尻尾を生やす遺伝子”まで含まれていたと知ったときは、驚いてちゃって。 犬にもし鳥の羽遺伝子が含まれていたら羽発現は出来るかなとか、人間に猿尻尾の発現情報がもしあったら出来るかなとか、安易な妄想をしてしまいまして。 解読と言っても遺伝子の地図が出来ただけで、どのコードがどのような蛋白質を生み、どんな働きをするかは、まだ発展途上であります故、 そんなの分からないよ~ということもありますでしょうが、現段階で言えそうな範囲で構いません。 また技術面の問題も今回はパスしてください。理論上の範囲だけで。 長くなってしまいましたが、宜しくお願い致します。

  • 遺伝情報について

    DNAが生命の設計図であるというのはよく聞く例えです。 その例えがどこまで適切なのかは素人の私には分かりませんが、DNAの塩基配列が膨大な情報容量を持っていることは理解できます。 ただその情報の意味する文法や約束事や規則性に沿って反応できなければ情報を活かせないと思うのですが、その文法や約束事に相当するものが生物の体内に備わっているのでしょうか?

  • 遺伝情報

    ふと思ったので、質問させて下さい。 全くの素人です。 最近、放射能で遺伝子が傷つけられると聞きます。 それによって、本人が病気になったりするばかりでなく、子供や孫、子孫にも影響が及ぶと。 例えば、甲状腺に放射性物質が溜まってそこの遺伝子が傷つけられた場合、その情報はどのように精子もしくは卵子の生殖細胞の遺伝子に伝わるのでしょうか? それとも生殖細胞の遺伝子が大丈夫なら、影響は子供や子孫には及ばないのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 後天性のものは遺伝するのでしょうか?

    前から疑問に思っていることがあるのですが、後天性のものは遺伝するのでしょうか? たとえば元々ガリガリの親が鍛えてマッチョになったとしてもやはり子供はガリガリの遺伝子を継ぐと思うのです。 しかし、生物や植物は進化の過程で便利になるように、二足歩行になったり、首が長くなったり、景色に溶け込むような色になったりしているのは、何万年という年月をかけているとはいえ、やっぱり便利になるうように進化しているって事は後天的なものが子孫に徐々に遺伝しているのではないでしょうか? 詳しい人がいましたら教えてください…

  • 人間の遺伝情報は何バイト?

    人間の遺伝情報は、パソコンデータにすると、何バイト(メガ、ギガ?)になるのでしょうか?

  • 人間は地球上の生物では無くなった?

    たしか昨日のテレビ番組でもやっていましたが、 出産前検診とかEPS細胞とか・・・ 今も議論されていますが、 出産前検診って命の選別ですよね。 そのうちに男の子なら産もう。とか女の子なら産もう。とかつながるような気がします。 また、本来なら死んでいく命を無理して生かす事も研究されています。 本来人間は地球上の生物なのですから 弱い物は淘汰されて強い固体が生き残るべきだと思います。 地球上の生物は全てそうして生き残ってきました。 そうした生き残りをかけて強い物が生き残った結果が今の地球だと思います。 今後、臓器を作る事が出来るようになって、 本来なら死んで行く人間が生き残り・・・ その子孫が増えていけば、死に損ないの遺伝子学的に弱い固体が増えて行ってしまいます。 何処で生き残すかの線引きは難しいですが、 生物として人間は間違っているのでは・・・・?と思ってしまいます。 人間は生物としての進化を止めてしまったと思うのですが、 このままで人間の未来は有るのでしょうか? そうした生物としての生き死にの医療行為を制限する必要が有ると思いますが・・・?

  • 人間の有効な遺伝子の%について。

    義姉からの疑問です。僕じゃないですよ。 人間の細胞の中の遺伝子の3%が有効であれば、人間の活動が成立するそうですが・・・その%が3以上の場合は、人間はどうなるのでしょうか?未知なる能力が開花したりすのでしょうか?・・・と申しております。 飽くまでも義姉の疑問です。僕じゃないですよ。

  • 遺伝情報を読み解く主体は?

    DNAは生物の設計図だということですが、設計図(遺伝情報)だけでは作品(生物)は完成しないと思います。 やはり設計図をもとに作品を制作する主体(意思?)が必要だと思うのですが、その生物自身や親の意思は勿論、それに当たらないと思いますし、物理や化学法則も、二次的に生命の材料や動力を提供はしているかもしれませんが、直接遺伝情報に反応しているとは思えないのですが…この遺伝情報執行の主体にあたるようなものは存在するのでしょうか?