締切済み

肝炎ウイルスが原因ではない肝臓がんについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9309496
  • 閲覧数190
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 86% (251/291)

57歳の妻が胃腸の調子が悪かったので検査したところ、肝臓がんと診断されました。胃の検査をしましたが胃がんはありませんでした。大腸、肺の検査は明後日行います。今のところ肝炎ウィルスに感染しているとは医者から聞いていません。

次の件について教えてください。
1.肝臓がんの原因は80%程度、肝炎ウィルスの感染によるC型肝炎、B型肝炎が進行したもので5年在命率は50~60%とネットで調べました。肝炎ウィルスに感染していない肝臓がん患者の5年在命率はもっと高いですか? また、どの程度ですか?
2.肝炎ウィルスに感染していない肝臓がん患者の5年在命率などの情報が得られるHPを教えてください。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (149/463)

心中お察し申し上げます。
私の身の回りにはいませんので、あなた様のお気持ちを、
推し量ることはできませんし、回答すべきかどうか
迷ったのですが。

大阪大学が国内の30施設から集めた940症例(男性714、女性226)
を過去の結果から解析し、2007年に発表したデータです。
症例数も少ないですし、データの解析方法も古いやりかたですので、
参考までです。

・5年生存率 43%
・10年生存率 18%

がんはステージ、治療方法によって、生存率は大きく変わりますので、
ご希望を捨てないことをお祈り申し上げます。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ