-PR-
回答 受付中

中国では配給制度はあるのでしょうか?

  • 困ってます
  • 質問No.9307297
  • 閲覧数41
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 99% (1367/1380)

中国では配給制度のようなものはあるのでしょうか?どんな物が配給されるのでしょうか?
通報する
  • 回答数2

回答 (全2件)

  • 回答No.1

配給って映画のことですか。 映画なら中国すごいらしいですよ。 テレビで見ました。
配給って映画のことですか。
映画なら中国すごいらしいですよ。
テレビで見ました。
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 67% (242/357)

かつてはありました。今は地方の物資が潤沢にいきわたらないところにはまだあるのかもしれませんが、90年代半ばには上海辺りではもう見かけませんでした。 対象は食料や衣料品などの生活必需品です。自転車やカラーTVなど耐久消費財も同じような制度があったかもしれませんが、現地で生活する外国人が直面するのは食べ物に限られていましたから、その辺はわかりません。 食料品、例えば、米やパンなどは、人民に割当て支給された ...続きを読む
かつてはありました。今は地方の物資が潤沢にいきわたらないところにはまだあるのかもしれませんが、90年代半ばには上海辺りではもう見かけませんでした。

対象は食料や衣料品などの生活必需品です。自転車やカラーTVなど耐久消費財も同じような制度があったかもしれませんが、現地で生活する外国人が直面するのは食べ物に限られていましたから、その辺はわかりません。

食料品、例えば、米やパンなどは、人民に割当て支給された糧票(リャンピャオ)と交換の時代→糧票の枠内であれば買える時代→糧票がなくても割高な金額を払えば買える時代→糧票不要で普通にお金を出せば欲しいだけ買える時代と変遷をたどりました。

1980年代の10年間でこの変遷が起こっています。文革の傷が癒えて、対外開放政策が功を奏したのでしょうか。

80年代後半、上海から寧波に出張した時のことです。夜行列車で早朝寧波駅に到着、
腹が減ったので、駅前に屋台を出すパン屋で粗末な蒸しパンを買おうとすると、
店の親父が「糧票!」といい、「没有」と答えると、親父は首を横に振るばかり。
お金はあっても粗末なパンさえ買えず、その日は腹をすかしたまま、取引先に
向かいました。

お米ならともかく、道端の屋台の蒸しパンまで統制されて配給に組み込まれているのには
びっくりしました。
  • 回答数2
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ