• ベストアンサー
  • 困ってます

国民年金基金か、それとも・・・

30代後半で自営業やってます。10年以上前、国民年金基金に申し込んだのは良いんですがその後、体調を崩し働けなくなり払わないままにしていました。それが先日、年金基金の専用口座だったということを忘れていてお金を預けていたところ数回分引き落としされていました。 もうすぐ40ということで個人年金に入ろうと考えていたところ、この「引き落とし」が起きたのですが国民年金基金というのを調べると「破綻する」とか「意味がない」とか色々言われている一方で良いとも言われています。結局のところどっちなんでしょうか?最近は確定拠出年金という制度も充実してきて入りやすくなっているようですが個人年金とかのほうが良いでしょうか? 質問としては ・国民年金基金は今後ダメになるのか? ・国民年金基金より個人年金に加入した方がいいのか? ・あと、良ければおススメの個人年金を教えていただけたら幸いです どれか1つでも問題ないです。 そして色々な方から意見を聞きたいです。よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数495
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • y-y-y
  • ベストアンサー率45% (2586/5679)

> ・・・・国民年金基金というのを調べると「破綻する」とか「意味がない」とか・・・・ 「厚生年金基金」と、「国民年金基金」とを混同していませんか? 「厚生年金基金」は、給与所得者(会社員・パート等)が、厚生年金(社会保険の一部)加入が条件のオプション加入です。 大手企業は、会社単独での「厚生年金基金」がありますが、年金基金原資の運用減等で、将来の基金の年金は若干の減額もありますが、堅実に基金の年金を支給しています。 公務員も、厚生年金と統合後でも、共済組合から「職域加算」などのいめいろな名目での年金加算があります。 ★ 質問で心配している「厚生年金基金」は、中小企業の場合は、企業単独での「厚生年金基金」と思われます。 中傷企業の「厚生年金基金」は、管理・運用団体法人が設立しにくいため、関連企業や、同業種が集まって「厚生年金基金」を設立しているのです。 ところが、株等での運用減、大量の団塊世代の退職による基金年支給の増大、転職者増による加入者減、「厚生年金基金」の知識不足による加入者減、などで、基金年金の原資が少なくなったことです。 またも基金年金設立法人・団体の管理者・代表者が、私的に使い込みなどで、基金年金の原資が無くなっていること。 このため、中小企業の厚生年金基金の解散が増えて、単に、基金年金の原資が少なくなっただけの解散ならば、基金の加入者には、基金年金の原資を「一時金として分配」をします。 しかし、基金の管理者・代表者が、私的に使い込みなどで、基金年金の原資が無くなっている場合は、基金原資の一時金の分配も無く、ただ、解散を眺めているだけで何の手段もありません。 > ・国民年金基金は今後ダメになるのか? 前述の様に、厚生年金基金と混同しない様にしてください。 国民年金基金は、国民基礎年金(国民年金)しか入れない、自営・無職・学生のために、年金増額をするためのオプションです。 国会の審議により設立したので、政府の保証もあり、ダメになることはありません。 http://www.npfa.or.jp/system/about.html > ・国民年金基金より個人年金に加入した方がいいのか? gimigimi012 さんの考え方ですが、国民年金基金も加入したり、確定拠出年金(愛称iDeCo/イデコ)も加入したりで、リスク分散で両方にも加入するか、どちらかに重点かでしょう。 https://www.google.co.jp/#q=%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E6%8B%A0%E5%87%BA%E5%B9%B4%E9%87%91&* > ・あと、良ければおススメの個人年金を教えていただけたら幸いです 私には、具体的にお勧めする個人年金名がありませんが、個人年金は、出来るだけ、税金がかからないものを選択しましょう。 ・ 年金の保険料が、無税のもととか、確定申告で控除できるものとか。 ・ 将来の年金支給でも、無税のものとか。 ● 年金の保険料と、将来の年金支給でも、無税のもの ・ 確定拠出年金(現在は無税ですが、将来、政府の方針が変更になるか不明です) ・ 企業が金融機関と提携しての財形年金(限度額と、年齢制限があり) ● 年金の保険料が、確定申告で控除できるもの。 ・ 公的年金(国民年金・国民年金基金など)の保険料 (厚生年金・厚生年金基金などは、年末調整をすると、源泉徴収票に控除の表示あり) ・ 個人面金を「個人年金保険料税制適格特約」にすると、年末調整・確定申告で普通の生命保険料とは別枠で、保険料が控除が可能となる。 https://www.google.co.jp/#q=%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%B9%B4%E9%87%91%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%96%99%E7%A8%8E%E5%88%B6%E9%81%A9%E6%A0%BC%E7%89%B9%E7%B4%84&* ● 年金支給に税金が天引きされている場合。 複数の年金支給で有れば、毎年1月頃に、確定申告用をするための「年金用の源泉徴収票」か来るので、複数の年金を合算して確定申告をすると、年金から天引きの税金が若干の還付がある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分散投資も考えてみます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 国民年金基金について

    40歳、自営業です。 結構前に国民年金基金に申し込んだのですが、支払わないままでいます。 で、改めて調べてみたのですが今後どうなるかわからない状況のようです。 そこで質問ですが2017年現在も国民年金基金というのは不安材料しかないんでしょうか?iDeCoという制度が更に広がっているようですけど、調べると国民年金基金連合会という組織が関わっていてこれが国民年金基金を見放したのか、それともiDeCoなどから支払われる手数料などで今後もうまく年金基金を運用していくつもりがあるのか色々考えてしまいます。どうなんでしょうか?他の個人年金とかに申し込むのも面倒なので支払い始めるかどうか考えています。 識者の方、よろしくお願いします。

  • 国民年金基金は信用できますか?

    自営業をしていますので 老後のために国民年金基金について 加入を検討しています 知り合いから聞いた話では 国民年金は国が行っているが 国民年金基金は国ではないので もし何かあった場合は国民年金基金の支払は ないと聞きましたがどうなんでしょうか? 他に信用のできる個人年金があれば教えて下さい

  • 確定拠出年金と国民年金基金の所得控除

    確定拠出年金と国民年金基金の所得控除 自営業の専業主婦について、以下の認識で正しいかどうか教えてください。 (1)自営業の専業主婦は第一号被保険者である (2)自営業の専業主婦は国民年金基金・確定拠出年金合わせて    月68000円掛けることができる(要国民年金支払) (3)国民年金基金は社会保険料控除で、家族の分も所得控除が受けられるが、    確定拠出年金は小規模企業共済等掛金控除で、加入者本人の掛金しか控除できない (4)よって専業主婦で所得がない場合、国民年金基金は夫の所得から控除できるが、    確定拠出年金は夫の所得から控除できない

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

※国民年金基金は今後ダメになるのか?  質問者様の「ダメ」が何を指すのか分かりませんが「払い込んだ掛け金がすべてパーになる」ということは無いと思います。もしそんなことをせざるを得ない状況になれば銀行からの引き出し制限がかかる非常事態です。但し、開いた口が塞がらないほど給付額が削減されたり、他の年金機構と合併されるような事態はあり得ると思います。  そもそも質問者様は既に国民年金基金へ加入されているとのことですが、自己都合で脱退はできないのではないでしょうか?1号保険者から変更したり、転居、大幅な転職をされない限り脱退(中途解約)できないのでは?一度基金へ確認されることをお勧めします。  また、国民年金基金は決して元本保証ではありません。基金の公式HPにもひっそりと、でもしっかりと「仮に当基金が解散した場合は国民年金法に基づき、基金の解散時点での残余財産額を加入員および受給者等で分配することとなっており、それまで支払われた掛金額を下回ることがあります。なお、分配される額を国民年金基金連合会へ移管して、将来年金として受け取ることができるような措置を講じております。」と「重要なお知らせ」欄に明記されています。  では代わりに何がいいのかって話ですが、私は確定拠出年金をお勧めします。制度の概要やメリットは色々なところで紹介されているので割愛します。私がお勧めする最大の理由は「公務員が加入できるようになった」ことです。確定拠出年金にはご存知のように2017年1月から公務員をはじめとする2号保険者と3号保険者も加入できるようになりました。これが何を意味するのか?私は次のように考えています。  私よりはるかに頭の良い(計算のできる)一流大学卒の国の役人が加入者範囲の拡大を図ったのです。100年安心と謳った現在の年金制度が、どのように都合よく計算しても成り立たないことを認めなくてはならなくなったのだと思います。そして複数ある年金制度から役人が選んだのが確定拠出年金です。保険や他の年金ではなく、敢えて確定拠出年金を一択したのです。これは他のどの制度よりも加入者(役人自身)の利益になると判断したからだと考えています。いわば「一番お得ですよ」とお墨付きを与えたのだと同義だと考えています。公務員だけが新規加入となると世間の批判が起きるため、他の2号3号保険者も巻き込んでカモフラージュしたのではないかと思います。  因みに、保険会社の終身保険や養老保険などの貯蓄性のある保険は2017年4月から掛け金が値上がりします(一部の保険は既に値上がりしているようです)。これは日銀のマイナス金利の影響です。途中解約での元本割れのケースも更に増えるようです。保険で「貯蓄と補償の両備え」は難しい時代になったのかもしれません。万一、保険会社の活用を選択肢に入れられる場合はご考慮下さいませ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に参考になりました。本当にありがとうございました。

  • 回答No.5

・国民年金基金は今後ダメになるのか?  国民年金がダメになることはないと思いますが、40代より若い方は、支払った分以上戻ることがありません。しかし国民年金は国民の義務のため、支払いを拒否することができません。 年代受給額-支払額 20代-2240万円 30代-1700万円 40代-1050万円 50代-260万円 60代+770万円 70代+3090万円 ・国民年金基金より個人年金に加入した方がいいのか? 公的年金だけで生活することは、不可能なため、個人で年金資金を用意する必要があります。 毎月決まった金額を積み立てる方法で、老後資金を用意するには、2つあります。  ・個人型確定拠出型年金(個人型DC/iDeco)   ・保険商品  ・投資商品(ファンド、金、ビットコインなど)    個人型DCは、今年になって加入対象者が広がったことで、多くの方が口座開設しているようです。 保険/投資商品は、国内と海外の選択枝がありますが、 国内の積立商品は、魅力的な利回りが期待できないので、海外の積立商品も検討したいところです。 例えば海外だと元本確保で140%の商品が人気です。 カンボジアの銀行で定期預金(利回り年7%)する方法もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に参考になりました。本当にありがとうございます。

  • 回答No.3

海外在住で国籍もないので国民年金とは縁がありませんが、日本に永住するなら確実に入ります。払えるうちは払い、老後の無収入に備えるのがすべての国民がすべきことだと思居ます。 破綻するという噂でも金額や支給年齢の引き上げが推測されますがほとんどの受給者はそれより長生きするからです。 また個人年金も必要です。働ける年代に貯めなかったら何時貯めるんですか。ためるよりも投資です。給料が少ないなら少ないなりに生活費を削る覚悟で将来に回す。そうやってきて50代で幸運にもリタイアできるようになりましたが、うちの子供達は使い放題、覚悟ができていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました 本当にありがとうございます。

  • 回答No.2
  • human21
  • ベストアンサー率37% (851/2272)

.国民年金基金が今後ダメになる可能性は、極めて低いです。 仮に国民年金基金がダメになるような時は、年金制度全体が ダメになる時だと考えています。 ただ、受取額が低くなるなどの修正はあるかも知れません。 国民年金基金と個人年金の比較ですが、国民年金基金の方が 良いと思われます。 国民年金に加入されているのであれば、その国民年金を 生かした方が良いのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • aokii
  • ベストアンサー率23% (4400/18502)

・国民年金基金は今後ダメになりません。 ・国民年金基金はリスクがあるので個人年金に加入した方がいいですが、個人年金よりも預金のほうがいいです。 ・おススメの個人年金は、ありませんが、しいて言えば、明治安田生命の「年金ひとすじ」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的に名前を挙げてもらい参考になります。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 国民年金基金

    最近国民年金基金に加入しました。 国民年金基金のほかに、個人年金にも加入するメリットは あるのでしょうか? 節税の面から国民年金基金に加入したのですが、 中途解約の点などから、民間の個人年金にも入ったほうが いいとニッセイの年金名人の加入をすごく進められています。 確かにあと1万円はぎりぎり払えるのですが、 仮に入るとすれば、国民年金基金を1万円増やすのと 民間の年金保険に1万円分入るのとどちらがいいのでしょうか? いろいろ言われて、だんだんわけがわからなくなって、 困っています。 今27歳です。よろしくお願いします。

  • 国民年金基金

    国民年金基金に加入を検討している親族がいます。 国民年金だけでは将来もらえる年金が心許ないし将来何が起こるか人生わからないし、若いうちから入れば負担も少ないし(保険と同じですね)、よい制度だと 思うのですが、、、 何かで耳にした「基金制度は破綻の危機」?何の基金のことかわかりませんが国民年金基金以外にもあるのか、近い将来破綻しそうな状況なのでしょうか?加入するのは危険?どなたか本当のところをご存知の方教えて下さい。

  • 個人型確定拠出年金と国民年金基金の違いは?

    ( ̄○ ̄;)もうすぐ・・・50才の主婦です。 「個人型確定拠出年金」てどんなモノなのでしょうか?「国民年金基金」との違いは、どんな点がおもに違うのでしょう? 現時点で5口だけ「国民年金基金」に加入しています。少し増口しようと思っていますが・・・いったい、どちらが有利なのでしょうか?

  • 国民年金基金から確定拠出年金への移行

    国民年金基金から確定拠出年金への移行 国民年金基金に夫婦で満額加入(月に68000円)しております。 収入のメインは夫(私)で、妻はパート収入が少額あるのみですので、 全額(年に約160万円相当)を私の所得から控除しています。 しかし色々検討した結果、国民年金基金はインフレリスクや破綻リスクも考えると 年に160万円を投資するメリットは乏しいという風に考えるようになりました。 ただ、妻の加入枠80万円を夫の収入から控除できるという国民年金基金の節税メリットは捨て難い(確定拠出年金は本人の収入からしか控除できない)ので、 妻の国民年金基金は今まで通り満額を支払うこととし、 夫の国民年金基金をA型1口のみに減額して、 残りの枠(月に60000円程度)を全て確定拠出年金へ振り分けようと考えております。 以下、ご質問です。 (1)国民年金基金と確定拠出年金の所得控除についての考え方は上記の通りで間違いありませんでしょうか? (2)今まで国民年金基金は1年分を前納しており、確か引き落とし日は6/1であったものと記憶しております。 まだ引き落とし日まで1ヶ月以上ありますが、既に新年度は始まってしまいました。 現段階で基金に連絡すれは今年度前納は止めることができますか? (3)仮に前納がストップできたとして、確定拠出年金の枠が使えるのは何月からになりますでしょうか? 今からですと、4月の枠は確定拠出年金だと間に合いませんよね?(国民年金基金だと6月に前納すれば4月分の枠も問題なく使える) (4)こちらのサイトによれば岩手銀行の確定拠出年金がよさそうなのですが、 少し記事が古いかもしれません。 http://www.world401.com/401k/iwate.html 確定拠出年金の配当・運用非課税メリットを最大限に利用するため、株・債券の比率を半分以上で、高めのリスク資産比率を考えているのですが、 お勧めの銀行・証券会社がありましたらご教示ください。 なお、現在SBI証券とマネックス証券、上記のサイトで勧められている鹿児島銀行の口座は持っています。 よろしくお願い申し上げます。

  • 国民年金基金は良いのですか?

    自営業なので国民年金のみの加入状況ですが「国民年金基金」には加入した方が良いのでしょうか?周りに自営業の方が少なくて、勧められる良い情報ばかりで判断が出来ません。

  • 国民年金基金について

    国民年金基金について教えてください。 先日会社を退職し、現在無職です。 親の介護のため、仕事を辞めました。 半年から1年ぐらいは親の介護に集中するつもりです。 年齢は54歳です。 先日国民年金に加入しましたが、国民年金基金にも加入したほうがいいか迷っています。 半年から1年間だけの加入になりそうですが、 加入する価値はあるでしょうか? 将来的にいつまで自分が生きられるかもわかりません。 年金基金に加入するよりも貯金したほうが安心かもしれません。 自分が早く死んだとすると、掛け金が無駄になるような気がします。 また、確定拠出年金なども選択肢があります。 今、国民年金基金に加入する価値はあるでしょうか? もし加入するとなったら、最大4口ぐらい掛け金を払おうと思っています。 同かアドバイスをお願いします。

  • 優香の国民年金基金について

    優香の国民年金基金について 税金関係にはとても疎いのですが、去年から自営業を始めました 国民年金基金についてのパンフレットが届いたのですが、従来の国民年金とはどう違うんでしょうか? 入るメリットとデメリットを教えていただけますでしょうか?

  • 個人年金と国民年金基金の控除について

    国民年金基金に加入しようと思っているのですが、 リスクヘッジを兼ねて個人年金も利用しようと考えています。 所得税と住民税で国民年金基金は全額控除できますが、個人年金の控除は4万円までだと思います。 両方加入した場合は個人年金は4万円分控除できるのでしょうか? 国民年金基金で4万円以上控除されるので、個人年金分は控除できないのでしょうか?

  • 障害年金を受給していても国民年金基金に入れますか

    障害年金をもらっていても、毎月の国民年金の支払いをしていれば(つまり法定免除を受けない)、国民年金基金もしくは確定拠出年金に入れますか?

  • 国民年金基金はいいかな?

    現在個人年金を考えてるのですが、雑誌を読んでたら,変額ねんきんとか、利率変動なんとか、とあって国民年金基金も4パーセントで、良いと書いてあったのでどれにしようか迷ってます。それか個人年金はやめて投資信託をした のがいいのかとか、52歳の私はとてもこまってます。あまり冒険は出来ない年齢だと思うのです。