• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

年金制度改革関連法の条文ミス

国会で成立した年金制度改革関連法の条文に大量にミスが見つかり、処分者がでたそうですが、具体的にはどのようなミスがあったのでしょうか? 国会審議の段階で誰もミスを発見できなかったのでしょうか? また、この法律の今後の取り扱いはどのようになるのでしょうか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#24736
noname#24736

改正国民年金法や改正厚生年金法などの条文に約40ケ所のミスがあったようです。 一例として、厚生年金保険法に改正に伴う条文修正に漏れがあり、条文通りに解釈すると年金支給額が正しく計算されない場合があるなど、年金制度のの根幹にかかわる重大なミスです。 関係者は、時間がなかったことから、慎重に点検できなかったといいわけをしているようですが、とんでもないことです。 国会の審議も、成立を急いでじっくりと検討しなかったのも原因でしょう。 下記のページと参考urlをご覧ください。 http://blog.livedoor.jp/recht/archives/2555478.html

参考URL:
http://www.asahi.com/politics/update/0623/001.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • iyaue
  • ベストアンサー率66% (48/72)

 参考URLに今回の「国民年金法等の一部を改正する法律案」の全文がありますので、見てみてください。  通常、今回のような一部改正法の法律は、 第○条第▲項中「○○」を「××」に改め、第□項を第■項とし、第△項の次に次の2項を加える。  3 …………  4 …………  というような文章が延々と続くことになります。(役人用語では「改め文(かいめぶん)」とか「改める(かいめる)」といいます)  国会審議ではこのような文章を見ても何のことやらさっぱりわからないですから、通常新旧対照表(#1さんの参考URLに抜粋が載っています)を見ることになります。  さらに言うと、国会審議では通常、条文を逐条的に一つひとつ審査するのではなく、改正の基本的考え方やその背景、改正に当たって考慮した点、改正後の影響などを議論するのが通常ですから、新旧対照表すら見ていない国会議員も多いと思います。 (別途役所が作っている概要ペーパーなどを見ている)  では、なぜ逐条審査をしないかと、はっきりいって国会ごとに内閣提案だけで100本以上の法律が提出されている現在、法律の条文を一つ一つ見ていては国会審議が滞り、必要な改正がまったくなされないことになってしまうからです。  そのため、内閣提出法案であれば、国会提出前に内閣法制局というところで一つひとつ条文をチェックし、ミスをつぶした上で国会に法案を提出するようになっています。  ところが、この内閣法制局で条文を審査する参事官は、通常一つの省庁に対して1~2人しかいません。  ですから、厚生労働省担当の参事官は問題の年金改革法案だけでなく、児童手当法の改正案など他の法律案の審査もしなければならないし、その他の政令も含めると膨大な条文を一人で審査しなければなりません。結果として、今回のような事態が生じることになるわけです。  で、今後どうするかというと、今回の年金改革法案はすでに国会で成立して公布されていますので、「間違った」条文がすでに正規の条文として流通していることになります。  このうち、#1さんが参考URLでお示しの朝日新聞で指摘されているように、追加条文が入ったせいで、「前条」が意味をなさなくなったような場合、改正の経緯からここでいう「前条」は改正後の前条ではなくて改正前の前条を指すと解釈することにより、従来通りの法の効果をもたらすようにしてしまいます。  ふつうに考えるとちょっと無理な解釈ですが、実際に過去の同様のミスが生じた際にこのような解決がはかられています。  

参考URL:
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g15905030.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 条文ミス

     何日か前、改正された厚生年金法に条文ミスがあったことが報道されてました。厚生労働省のどこの課が所管したかはわかりませんが、このような場合、課長、課長補佐、法令担当者等、上からきついお叱りをうけるのでしょうね。  処分されたり、左遷されたりということもあるのでしょうか?  条文ミスのある法案を可決してしまった国会にも落ち度があるのでしょうか?

  • 医療制度改革はどうなってる?

    去年(2003年)の4月あたりから、会社員の病院の窓口での支払が1割から3割に引き上げられたように記憶してますが、そのときの国会の審議で、小泉総理は、「今回は、とりあえず会社員に負担増をお願いするが、あとでちゃんと医療制度改革をするから」と言ってたような気がするんですが、そのお約束の医療制度改革というのは、どうなってるんでしょうか? 「あなたの年金は大丈夫か?」と年金の抜本的改革がテレビで取り上げられるたび、「医療制度」の方はどうなってるんだろう?と気になるのですが。 ご存知の方、お願いします。

  • 2004年の次期年金制度改革のことを

     平成14年度の厚生労働白書を読んでいると、  「2004年の次期年金制度の改革に向けて…」 と書いてあります。  いつから、どこで、この改革の話が持ち上がっているのでしょうか?  関連サイト含めて何かご存じの方、教えてください。

  • 大量の法律、管理し切れるものなのか?

    憲法その他、六法と呼ばれるものの他に、沢山法律があります。さらに毎年毎年、国会で大量に法律が生まれます。 きちんと整備された内容なのでしょうか?成立時点で既に怪しいと思います。基本案はちゃんとするでしょうけど、国会の審議の中七転八倒して混ぜこぜになりすったもんだの末に成立、内容はホントーに大丈夫なのでしょうか? また、成立後も大量の条文に埋もれてきちんと管理出来てるのでしょうか?間違いとか出ないのでしょうか?

  • 年金機能強化法

    お尋ねします。 社会保障と税の一体改革関連で、年金機能強化法もそのひとつとして、平成24年8月10日に成立し、同年8月22日に公布され、平成27年10月1日に施行されるとありました。 日本年金機構のページには、「この法律が予定どおり施行されれば」と言う一文があり、これって施行されない場合もあると言うことでしょうか。 日本年金機構にも電話で問い合わせしましたが、お茶を濁したような回答しかえられませんでした。 (申し訳ないので早々に電話を切りました。) ちなみに、法律が国会で成立して、施行日まで決まっていれば施行されない場合とはどう言う場合でしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 年金機能強化法

    政治のカテゴリで質問させていただきましたが、希望の回答が得られませんでしたのでもう一度質問させていただきます。(似たようなカテゴリですが、) 社会保障と税の一体改革関連で、年金機能強化法もそのひとつとして、平成24年8月10日に成立し、同年8月22日に公布され、平成27年10月1日に施行されるとありました。 日本年金機構のページには、「この法律が予定どおり施行されれば」と言う一文があり、これって施行されない場合もあると言うことでしょうか。 ※ちなみに、法律が国会で成立して、施行日まで決まっていれば施行されない場合とはどう言う場合でしょうか。 景気判断が目標を達成できれば、と言うような前提条件があるのでしょうか。 ※に重点を置いています。 よろしくお願いいたします。

  • 日本国憲法の憲法改正に関連する条文について

    次は日本国憲法の、憲法改正に関連する条文です。 第10条 日本国民たる要件は、法律でこれを定める。 第96条 この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。 ---------------------- 質問1 国民投票法が制定されますが、これは、憲法の条文の「特別の国民投票」に該当するのでしょうか。それとも、「国会の定める選挙の際行はれる投票」に該当するのでしょうか。 質問2 一般に有権者の年齢が議論されていますが、憲法には、「有権者」という言葉はありません。単に「国民に提案してその承認」となっています。また。「日本国民たる要件は、法律でこれを定める」とも言っています。憲法改正に関する「国民」とは、何歳からをいうのでしょうか。文字通り解釈すると、0歳から100歳超まで全ての国民となりますが、これに関しては明確な年齢を示す法律がありますか。あれば、その法律の条文を教えてください。 以上、素朴な質問ですが、根本の問題だと思いますので、よろしくお願いします。

  • 国会のことでお聞きします

    憲法を学んでいる初心者です。 国会は2院政で行われているのに、法律や予算に衆議院が優先して認められているのはなぜですか。 憲法にその条文があるのは解りますが、衆議院と参議院が同じ国会で同じ議事場内で審議されているのではないのですか。投票で決められているようにテレビでは見れるのですが、衆議院と参議院で別々に審議されるのですか。

  • 「政治主導確立」「国会改革関連」法案について

    「政治主導確立法案」「国会改革関連法案」 今、民主党がこの法案を通そうとしているらしいですが、三権分立を揺るがす様な独裁的で、とても恐ろしい法案だという意見を目にします。 これが通る事により、外国人参政権はおろか(私は反対派なので)時の権力者(政治家)の思うがままになり強行採決されてしまうと。 どなたか法律に詳しい方、馬鹿な私でも分かる様に、詳しく説明して頂けないでしょうか? 目立ってマスコミでは報じられていない為、世間ではあまり話題になっていない現状ですよね。もし本当なら、日本国民にとって、大変な危機ですよね? 何卒、宜しくお願いいたします。

  • 安全保障関連法に関する内閣総理大臣の発言について

    安保関連法案が成立しましたね。 反対デモをいくらしたとしても、我々が選んだ国会で決まった事なんで、容認するしかありませんね。 もし、それを否定すると議会制民主主義が崩壊しますから。 ところで、審議中にも何度か安倍晋三内閣総理大臣から聞かれた「この法律は戦争を未然に防ぐための法律だ」という言葉があります。 もし、そんな夢のような法律があったら、世界中の国家が採用すれば、未来永劫国家間の紛争は起きなくなる筈です。 つまり、この発言は反対派が「戦争をするための法案だ」と言う事に対し、一国の行政最高責任者が売り言葉に買い言葉として返したという低レベルの発言という解釈でよいのでしょうか。