• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

シトロエン 旧車

  • 質問No.928016
  • 閲覧数1348
  • ありがとう数7
  • 回答数4

お礼率 28% (26/90)

シトロエンのDS・AMI・SM・GSA・CX・BXに興味を持ち始めました。

これらの車で知っていることお教えください。

DS壊れやすいとか。ハイドロ仕様はまだ存在するのですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 45% (317/702)

79年式のGSに乗っていました。(1220cc)
もちろん経験したトラブルは数多く、今では良い思い出です。

GS(GSA)を日本で乗る上での問題はオーバーヒートだと思います。
これの水平対向エンジンの中央にキャブレターがあって、その真下に
オイルクーラーがあるので、夏の渋滞ではキャブレターの中が沸騰!?
したような具合になります。信じられないですよね。

また出先でハイドロのポンプがダメになったこともありました。
走っている内にだんだん車高が下がって、ついにシャコタンになって
ブレーキも効かなくなり、サイドブレーキを使いながら帰りました。

でも悪いことばかりではありません。乗り心地は他に無いものがあるし、
ブレーキの効きは抜群だし、前輪に荷重が集中しているせいか雪道での
走りもすばらしいものでした。大振りなシートの座り心地も良かったです。

まあ、自分と同じ経験をしてもらいたいとは思いませんが、普通のクルマに
乗って無難に過ごすより、一生に一度はそういう面白い事をやってみる
時期があっていいと思いますけど・・・。

書き続けてもキリがないので、他に質問があればどうぞ。
お礼コメント
gewalt

お礼率 28% (26/90)

オーナーの方ありがとうございます。
乗り心地がすばらしいと良く聞きますね。
車の整備に詳しくなるサイトや本があればいいですね。
壊れるほどかわいいと思えますよね。
投稿日時:2004/07/16 18:23

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (866/2245)

#1です。
コミックですが筆者自身がBXを購入してドタバタに巻き込まれた作品が書かれています。

田中むねよし著 BOLTS&NUTSと言うコミックです。
BXだけではなく旧車やマニア車が沢山出てくるので面白いですよ。
  • 回答No.2
緑色の球はスフィアと呼ばれます。この中に窒素ガスが充填されています。ハイドロシトロエンの要の部品です。
ご興味をもたれたモデルのハイドロは構造的にも年式的にもトラブルと無縁ではいられませんが、現在のシトロエンのハイドロシステムはハイドラクティブ3に進化し20万キロ保証と昔からは想像も出来ないくらい故障しにくくなってます。

ソニーのサイバーショットのコマーシャルに出てくるDSだったら欲しいかも^^

参考URLではご興味を持たれた各モデルについて色々なサイトが紹介されてますので、グルグル散歩してみてはいかがでしょうか?
お礼コメント
gewalt

お礼率 28% (26/90)

このサイトみました!そういえばソニーのデジカメの宣伝にDS出てましたね。SMが150万くらいで売られてました。維持費が何百万もいるでしょうね
投稿日時:2004/07/16 02:08
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (866/2245)

オールドシトロエンですか・・・・・
DSが壊れやすいと言うより年式からしても壊れて当然と言うか壊れます。
特にハイドロシステムですがハイトコレクターからのLHM漏れは覚悟ですね。
ハイドロサスペンションはばねではなくガスを使用しています。
そのガスが入ったスフィアもよく漏れる・・・・

好きならお乗りなさいとだけ言っておきましょう。
特殊なシステムが多いので余程シトロエンに強いショップかディーラできっちり整備しないと命にかかわるので気をつけてください。

とりあえずハイドロ系が壊れれば10万~20万円コースです。

しかし現在もハイドロシステムは新車でも健在です。

シトロエンの聖地と言われているショップのサイトを紹介しておきます。

そういえばSMAPの稲垣君もDSに乗っていたなぁ~・・・・
お礼コメント
gewalt

お礼率 28% (26/90)

回答ありがとうございます。宝くじにでもあたったら買います。エンジンに緑の玉が付いていますがあれは何でしょうかね。
投稿日時:2004/07/16 00:32
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ