• ベストアンサー
  • 困ってます

運動方程式、円柱座標の勾配と座標変換

円柱座標では∇ = (∂/∂r, (1/r) ∂/∂θ, ∂/∂z)ですが、この勾配とv=(vr, vθ, vz)の内積をとると∇・v = (1/r) ∂/∂r (r vr)+ (1/r) ∂/∂θ (vθ) + ∂/∂z (vz)と右辺1項目の微分の中身が(r vr)となるのはなぜでしょうか? デカルト座標の運動方程式を円柱座標に直してみようと思いましたが、そもそもvx (∂vx/∂x)のvxをどうやってvr, vθ, vzで表すのでしょうか? ご回答何卒よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数564
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kiyos06
  • ベストアンサー率81% (63/77)

>2次元であれば、Vx=(cosθ)Vr+(-rsinθ)Vθ, Vy=(sinθ)Vr+(rcosθ)Vθを代入して展開するのでしょうか? 20)Vθの定義による。 20.1)θ方向のV 20.1.1)Vx =cosθ Vr -sinθ Vθ 20.2)θが変化した時の変化分 20.2.1)Vx =cosθ Vr -1/r sinθ Vθ >微分演算子∂()/∂x の()にはVx?それともVrが入るのでしょうか? 21.1)ポテンシャルU 21.2)力場等の分布F

参考URL:
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n296821

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • kiyos06
  • ベストアンサー率81% (63/77)

0)vは既に、偏微分されている。 0.1)x =rcosθ 0.2)y =rsinθ 1.1)∂/∂x =∂/∂r ∂r/∂x +∂/∂θ ∂θ/∂x 2.1)∂/∂x =cosθ ∂/∂r -1/r sinθ ∂/∂θ 2.2)∂/∂y =sinθ ∂/∂r +1/r cosθ ∂/∂θ 3.1)∂^2/∂x^2 =(cosθ ∂/∂r -1/r sinθ ∂/∂θ) (cosθ ∂/∂r -1/r sinθ ∂/∂θ) =(cosθ)^2 ∂^2/∂r^2 +1/r^2 cosθ sinθ ∂/∂θ +1/r (sinθ)^2 ∂/∂r +1/r^2 sinθ cosθ ∂/∂θ +1/r^2 (sinθ)^2 ∂^2/∂θ^2 3.2)∂^2/∂y^2 =(sinθ ∂/∂r +1/r cosθ ∂/∂θ) (sinθ ∂/∂r +1/r cosθ ∂/∂θ) =(sinθ)^2 ∂^2/∂r^2 -1/r^2 sinθ cosθ ∂/∂θ +1/r (cosθ)^2 ∂/∂r -1/r^2 cosθ sinθ ∂/∂θ +1/r^2 (cosθ)^2 ∂^2/∂θ^2 4)∂^2/∂x^2 +∂^2/∂y^2 =∂^2/∂r^2 +1/r ∂/∂r +1/r^2 ∂^2/∂θ^2 =1/r ∂/∂r (r ∂/∂r) +1/r^2 ∂^2/∂θ^2 5)YahooやGoogleで「円筒座標 ナブラ」「円筒座標 ラプラシアン」を検索する。 10)到達できる検索法:参考URL

参考URL:
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n320452

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

0)vは既に、偏微分されている。 ー> 2次元であれば、Vx=(cosθ)Vr+(-rsinθ)Vθ, Vy=(sinθ)Vr+(rcosθ)Vθを代入して展開するのでしょうか? 微分演算子∂()/∂x の()にはVx?それともVrが入るのでしょうか?

関連するQ&A

  • 運動方程式

    運動方程式について質問があります。 図を掲載してはいけなく、非常にわかりにくいと思いますがお願いします。 例えば、x座標を下向きにとった場合、できた運動方程式を mg-m(d^2x/dt^2)=0とします。 逆に、x軸を上向きにとった場合、運動方程式は -mg-m(d^2x/dt^2)=0となるのでしょうか?? 自分的には、x座標の正負がかわったのだから -mg+m(d^2x/dt^2)=0となるようなきがするのですが・・・ 初歩的な質問で申し訳ないです。

  • 運動方程式

    運動方程式で根本的な質問なのですが 運動方程式 F=maとします。 xの負の方向にFが働いていた場合 -F=maでいいでしょうか? 頭の中では-F=-maと考えてしまうのですが とりあえず、x座標の正負は力だけ左右され maはそのまんまおくということで覚えていいでしょうか??

  • 運動方程式

    F=maを使い 運動方程式を導くときに、x,y座標図面を書くとします。 座標軸の正方向は適当に設定していいのでしょうか?? 座標軸の負方向にmaの力を設定すると教科書に書かれています。 もし、正方向を逆に設定したばあい、運動方程式も違ってくるのですが よいのでしょうか?

  • 単振り子の運動方程式

    重力加速度g、質量m、紐の長さl、空気抵抗無視。 単振り子の運動方程式はこうなりますよね。 mlθ"=-mgsinθ これがよくわからないのです。 どういう座標系についての運動方程式なのですか? 軌道にそってx軸を定めると θl=x mx"=-mgsinθ  軌道に沿った運動方程式? ⇔mlθ"=-mgsinθ  どういう座標系の運動方程式なの? そしてこれの一般解はどういう風になりますか? 初期条件としてt=0でθ=φとします。

  • 運動方程式

    はじめまして。 運動方程式をたてるとき、物体に座標を採用しますが 座標の原点はどこにとればよいのでしょうか?? 多いのは物体の重心を原点ととるものと思うのですが・・・。 ここらへんが、曖昧で迷ってる状況です。 初歩的な質問ですがよろしくお願いしますm(__)m

  • 相対運動の運動方程式

    2体問題の(慣性系の)運動方程式がベクトル表記で \ddot{\B{r}}=-\B{r}/r^3 で表されるとします.つまり1/rの中心力のもとでの運動を考えます. \ddot{・}は2回微分.\B{・}はベクトルを表すとします. この慣性系で座標x, y, および速度\dot{x}, \dot{y}の方程式は ラグランジアン L(x,y)=T-V=(\dot{x}^2+\dot{y}^2)/2+1/(x^2+y^2)^(1/2) から一般化速度px=\dot{x}, py=\dot{y} あとは,ハミルトニアンをつくって正準方程式をたてるという方法でも 導くことができます. 同じように,半径1の円運動を原点にして半径方向にxx, それと同じ平面内にyyという回転座標系をとったときにxx, yyと回転座標系での速度\dot{xx}, \dot{yy}に関する運動方程式を導きたいのですが,どうしたらよいのでしょうか? よろしくお願いいたします.

  • 回転系の運動方程式について

    回転系の運動方程式の立て方がよくわかりません… 慣性モーメント×角加速度=モーメント ですよね? 例えば、滑車(慣性モーメントI,半径R)があって、その上端にバネが水平方向についていて右端には重りがつりさげている場合の滑車の運動方程式を考えようとすると、 教科書の答えは (I+mR^2)θ''=-kR^2θ となっています。 けれど、重りもモーメントを与えているのだから右辺にmgRが必要なんじゃないかと思うのですが… なぜダメなんでしょうか?

  • 物体の運動方程式

    質量M、一様な厚さをもつ半径Rの円板に糸を巻いて、時間t=0で手を離した。 ロープの張力をTとする(上向きにとる) 図がなくわかりにくくてすみません。 x座標を下向きにとったとします。 運動方程式を立てるとき、x座標の向きに従ってたてますが 角運動方程式を立てるとき、回転方向を正としてたてればいいのでしょうか? そして、x座標を下向きにとったときと、上向きにとったときとでは 張力の値は当然かわりますが、それは最初にx座標の向きを最初にかくことでどちらも正解になるのでしょうか?? 質問ぜめ、初歩的な質問ですみません。 よろしくお願いしますm(__)m

  • 運動方程式の考え方

    質量mの金属球に長さLの糸の先端を接着剤でつける。糸の他端を点Oに固定して鉛直に垂らす。球に水平な初速度v(0)を与える。ここで直交座標を点Oを原点とし水平方向(右向き正)をx軸、y軸(上向きを正)のように取るとき、運動方程式は、(Sは糸の張力)   mdv/dt=-mgsinψ(接線方向)…(1)   mv^2=S-mgcosψ(向心成分)…(2)  (1)(2)に速度を内積して,辺辺加え  初期条件ψ=0,v=v(0)を考慮して   S=mg(v(0)^2/gL-2+3cosψ)…(3) が導けるが、 v(0)^2/gL=5(ψ=π)のとき、S=0,この時刻をt(0)とする。t(0)<tの時、(3)を利用して S>0を示し円軌道を続ける。ここがすっきりしません。t(0)<tの時、円軌道上にある保障はないのに、どんな本も(3)(「つまり(1)(2)の運動方程式が成り立つことを前提として」)より説明されています。つまり、t(0)まで円軌道しているのでΔt(極めて短い時間)後も円軌道上にあるはずであるから(つまり、運動方程式瞬間では変われないから)(1)(2)が成り立つとしてよいから(3)が成り立つのでS>0と考えてよいのでしょうか。ご指導を宜しくお願いします。

  • ハイゼンベルグ 運動方程式

    ハイゼンベルグの運動方程式について (dA/dt)=(∂A/∂t)+(1/ih)[A,H]          (A;A(t,r)のエルミート演算子 h;hバー) この式を変形するとき両辺をih倍して ih(dA/dt)-ih(∂A/∂t) = [A,H] (1) (ih×d/dt)A-(ih×∂/∂t)A = AH-HA  (2) となり、 (ih×∂/∂t) = H (3) (H;ハミルトン演算子)とすると (2)に(3)を代入して (ih×d/dt)A = AH となりました AとHが交換可能な時 (ih×d/dt)A = (ih×∂/∂t)A と表せると思うのですが、ハイゼンベルグの運動方程式における時間の微分(左辺)と偏微分(右辺)区別する理由が分かりません。どうか教えてください。 単に絶対確立密度を計算するときに演算後は物理量Aがtだけの関数になり、演算前(∫φ*Aφdr 内のA)はrの関数でもあるから偏微分表示にしてるだけなのかと考えましたが、微分が何たるかもわからない数学初心者なのでこの違いが何を意味するのか理解できません。 また、(2)を考えると普通の微分の時 (ih×d/dt)A = AH 偏微分の時 (ih×∂/∂t)A = HA なぜ偏微分と微分で演算の順番が変わるのか不思議です。 諸先輩方、概念的な説明をお願いします