• 締切済み
  • すぐに回答を!

和解調書に定められた支払方法の変更

簡易裁判所で裁判中でしたが、裁判長から和解勧告がありそれに従う解決を受け入れる事にしました。和解調書で和解金の支払いを求められ、相手の金融機関口座へ振り込み持って解決する事となりました。 ここで、相手方の指定した口座に入金すればいいんですが、相手方の事務所が私どもの至近距離にありますのでそちの事務所に現金を持参し収受して貰おうと思いましたが、相手方より直接会いたくないと拒否されました。 和解調書の支払いについての事項の変更はどうすればいいですか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数358
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2

> 相手の金融機関口座へ振り込み持って解決する事となりました。  確認しますが、この文章に間違いはないでしょうか?  間違いないということなら、まだ振り込んでいないので、まだ紛争は解決していないことになりますね?  ということは、まだ訴訟は終わっていないことになるので、次回の口頭弁論期日が指定されているはずです。  その期日に出廷して、「前回の和解条件では和解できない」などの意見を述べることです。  期日が指定されていない場合は、弁論再開の申立をし、再開された弁論期日に上記の発言をすることになります。  すると、たいがいすぐに判決が出ます。  ただ、裁判所からの和解勧告があり、それに従って和解しかけておいてから、一方的に条件の変更を求めると、裁判所の、質問者さんへの信頼がなくなります。  裁判所が心証を悪くするので、出て来る判決は、かなり質問者さんに不利なものになると予想されます。  なので、口座へ振り込んで解決することをお強く勧めしますが、まだ解決していない場合の手続きは上記のようになるはずですね。  上記文章が書き間違いで、実際は質問者さんが「相手の金融機関口座へ振り込む」という条件で「和解が成立している」とすると、  和解調書は「確定判決と同一の効力」を持ちますので、当然ですが、訴訟は終了していて弁論の再開はできないし、控訴・上告もできません。  紛争の蒸し返しを禁止するため、確定判決には「既判力」というものが認められています。和解調書も確定判決と同一の効力があるとされているので、やっぱり既判力があり、再度同じ訴訟をやることは禁止です。  再審できれば再審の申立をするしかありませんが、再審事由として、本件にも該当するような再審理由は法定されてないので、再審請求も無理です。  ということで、和解調書が成立しているなら、事項の変更は不可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 和解勧告がなされた時は調書にその旨何らかの記載をされますか

    貸し金返還訴訟のなかで、もしも裁判所で和解を勧められていれば調書の和解勧告という四角いチェックマークのところになんらかのしるしが入るものでしょうか。ご存知の方にお教え頂けるとありがたいです。依頼している先生が途中から様子がおかしいのです。亡父に対する貸し金訴訟ですが裁判所で和解を勧められているとして訴訟元金を大幅に上回る多額で和解しなさい、早く終われるほうがいいので成功報酬はいらないとのことです。裁判の記録の調書を閲覧した所、和解勧告の所になにもそんなチェックは入っていませんでした。この訴訟は亡父の借金に対するもので相手方も貸主は父親です。相手方は伝聞の債務承認を主張し、そのため内容証明郵便による催告書送付後も訴訟しなかったと主張し当方は時効を主張しています。相手方の父親(脳梗塞で寝たきり状態)が電話で亡父の債務承認を受けたとのことです。 よろしくお願いいたします。

  • 和解調書後の債務名義は?

    銀行と私の間に於いて私の債務に対して、銀行と和解が成立し、支払いをしました。(請求額の1割程度です。)裁判沙汰での事で和解調書で解決を見ました。その後、母親が亡くなり遺産での土地を相続しました。これって和解をしたが銀行は債務名義として強制競売に移れるのか?色々調べると債務名義の中に和解調書とあり?です。誰か教えてください。

  • 和解勧告と和解期日

    第1回口頭弁論で、和解勧告が出されて、第1回和解期日が予定され、和解の話し合いがされました。 1ヶ月後、第2回口頭弁論と、第2回和解期日が予定されていましたが、和解期日が予定されているということは、和解勧告が予定されているということでしょうか? それとも、和解勧告なしでも、和解期日で和解の話し合いがされるんでしょうか? また、第2回口頭弁論が結審されても、第2回和解期日での話し合いはできるんでしょうか? それと、裁判長に和解勧告されて、受命裁判官が和解期日の話し合い担当になりましたが、裁判長が独断で、和解期日を取り止めることはできるんでしょうか?

  • 回答No.1

専門家では、在りませんが 和解調書は、裁判の判決と同じですよ なぜ、変更したいのか不明ですが 自分に有利にしたいのなら、また裁判に訴えるのが良いでしょう しかし、裁判所は 一事不再理と 受け付け無いでしょう 相手が、会いたく無いと言えば それまでです 他に方法も 有りますが、ここでは言えません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 裁判長の和解案

    民事訴訟で、裁判長から相手方に〇〇円払えという和解案が出された場合、相手方が拒否したら、相手方は敗訴確実だと聞きましたが本当でしょうか? イレッサ訴訟ではそのような内容だったと思います。

  • 民事裁判の和解調書の内容について

    約2年間民事裁判が続き、控訴審で裁判所より和解を提示されて和解調書を作成してもらいました。私が控訴人で、賃金損害賠償請求です。 そこで調書には「毎月月末に5万円支払い、分割金の5万の支払いを怠りその額が10万に達したときは期限の利益を失う」と文面に書いています。 初回の支払日が先月末からということでしたが、振込みがありませんでした。 この場合は、今月末まで待ったほうがいいのでしょうか? 今月末も相手が怠ったら10万円に達します。 詳しい方よろしくお願い致します。

  • 裁判で和解したのに和解金を支払ってもらえません。

    あるトラブルが原因で、女性を相手に、民事で損害賠償請求訴訟を起こしました。 1審の地裁の判決(140万円)を不服とし、相手側は高裁に控訴しました。1回目の口頭弁論で裁判長から和解勧告があり、双方の弁護士を交え、話し合いをした結果、70万円(10万円ずつ分割で)を支払ってもらうことで決着しました。 ところが、1度10万円の振込みがあっただけで、その後全く支払ってもらえません。 理由は、専業主婦で無収入、財産もないからということらしいのです。 相手のご主人は一流企業に勤めており、和解の話し合いの場にも顔を出し、奥さんの代わりに支払いを協力すると言っていたのです。 支払いを無視し続ける相手にどう対処したらよいでしょうか。 何とか払ってもらう方法はないのでしょうか。どうぞ皆様のお知恵をお貸しください。

  • なぜ裁判所は、和解を薦めるのでしょうか?

    なぜ裁判所は、和解を薦めるのでしょうか? 和解の比率が裁判官の成績にでも繋がるのでしょうか? くだらない建物明渡訴訟を起こされ、1審勝訴したのですが、相手は控訴してきました。 裁判官は、何回か書記官室の丸テーブルに呼んだ後、口頭弁論終結させたら、和解を勧告をするけれど、 和解しないか?と、私に聞いてきました。(相手は和解したいようです) 私の方は、裁判所に呼ばれるだけでも迷惑であり、しつこく控訴まで起こされ、 そもそも司法の場で白黒つけたいから、裁判を起こしてくるものだと思うのですが、 裁判など利用しなくとも、話し合いで解決できないで、何が和解なのか、と思ってしまいます。 裁判所が和解を薦めるのは、日本の民事裁判の方向性ですか? 裁判官は、和解がいいと強く思っているようですが、 その裁判官の心証を損ねないで、和解を断りたいと思っています。 これまでの例など教えて頂ければ、幸いです。

  • 支払命令と、簡易裁判所への小額訴訟との優劣は?

    今、3万円程度の未払い債権があります。 今後の勉強のためとも思って、裁判手続を考えています。 以前、小額訴訟はやったことがあって、このときは、簡易裁判所の裁判官が、最初の期日に、いきなりくだけた話をしてきて、その場で和解で解決し、効率がいいなと思いました。 支払い命令はやったことがないですが、これをやって、もし相手が異議を述べたら、簡易裁判所ではなく、地方裁判所に行くのでしょうか? もしそうなら、簡易裁判所のように簡易的にその場で裁判官がラウンドテーブルで話をして和解ということにはならないので、かえって、不効率かなと思います。 以上について、実際は、どうなんでしょうか? つまり、3万円程度という小額の裁判手続については、支払命令と、簡易裁判所への小額訴訟とは、どちらが使い勝手がよいのでしょうか?

  • 裁判での和解について

     債務不履行の裁判で、裁判官から和解をすすめられた場合について質問させていただきます。債務者が一括では無理だから分割で、という流れが一般的あると思うのですが、この条件を提示された時に、「勤務先」「給料は手渡しか振込みか?」「預金金融機関名と支店、その預金口座を作った時点での住所」「直近の住民税納税証明書」、これらの質問に回答してくれたら和解に応じる、と発言することは可能なのでしょうか?まだ裁判をしておりませんが、小額訴訟ではなく通常訴訟です。裁判詳しい方のご回答宜しくお願いいたします。

  • 和解内容を反故されてしまい困っています

    私はA氏と共に連帯被告人として告訴をされていました。裁判の過程で 和解勧告がなされましたが、私はその金額に納得できず拒否しました。 するとA氏が自分の支払い負担を増やしてもよいから和解を成立させたい、と申し出たので、私はそれを了承し和解を了承しました。これで 全て解決かと思ったのですが・・。 和解後、私が負担する金額を再度A氏に確認したところ、それでは納得ができない、自分も私と同じ金額しか支払うつもりはない、という回答 がありました。弁護士を通じて原告代理人に支払う取り決めになって いますが、和解金が足りない場合、当然原告(裁判所?)が我々に対し 強制執行の手続きをとることがあると考えています。 A氏は収入の安定しない(ゼロではない)状態なので、サラリーマンである私の給料が強制執行の対象になる可能性があるがそれでもいのか?とA氏から半ば脅迫に近い支払い要請もきています。 A氏が自分の支払い負担を増やすと言ったことは当日同席した弁護士が 聞いています。その弁護士を証人としてA氏を告訴して、和解内容を 遵守させることはできるのでしょうか?それとも書面などに残っていない場合は無効とされて泣き寝入りすることになるのでしょうか?

  • 和解裁判離婚」

    親権、お金で争って離婚裁判中です。双方言い分が対立してお互いの弁護人も裁判官も困難をしめしていました。 ただ、私の中で相手方の主張のうそを証明できる証拠があったりとただ淡々と進めてするしかありません。感情的なことを言えば相手方の詭弁には許せない思いです。 そんな中相手方の弁護士から和解の提案がありました。 私は子供のためにも穏便に解決、早い解決がよいと思ってはいます。 お金に関しても経済的に裕福なことまで言い訳して誠実な金額を提示してきません。払う気がないわけではないという姿勢のアピールは立派ですが・・。けれどふんだくってやろうなんて気はさらさらないのです。子供の権利として考えています。 どうやら、相手方の弁護士が説得のチャンスをうかがっているのか相手本人がだだをこねているのかもしれません。和解の話も本人は知っていたのかどうか・・・・。 なにか、経験された方など参考の話聞けたらうれしいです。 和解離婚とは?裁判の進行は?どうなるのでしょうか? 子供も学校に上がります。それまでにどうにか早く終わらせたい思いです。

  • 地裁労働部での損害賠償請求事件について

    ほとほと途方に暮れ困っております。 法律家の方、また、同様のご経験をお持ちの方に ぜひ、ご意見を伺いたく、投稿させていただきます。 私は、現在、某地方裁判所で、勤務先と係争中の原告です。 証人尋問も終わり、裁判長からは和解の勧告が出ました。 ただし明らかな証拠を提出しており、訴えの事実については、セクハラの被告側も 大筋認めていることから、訴状の内容はほぼ立証されており、 担当弁護士も「棄却はない」と言っています。 しかし、これまで、裁判長からは、心証についての説明などは、一切ありません。 裁判長からは、和解することが一番です、忘れなさい、さっさと和解しなさい、と いうようなことを繰り返し言われており、ちょっと参っています。 忘れる、忘れないは、私の心の中の問題であり、その整理をつけるために 裁判を起こしたのです。それなのに、結果を示されず、和解和解と追い込まれ、 つらい気持ちでおります。 「ここはあなたの主張が認められるが、こっちは認められない」などというように、 なにか一つでも法律的な説明があるならばいいのですが、 年を考えて新しい生活をしなさい、ということばかり言われるのです。 代理人弁護士も、和解の話が出てからは裁判長の言動に連動するかのように、 最近は、だれの代理人かわからないような行動をとり、 さっさと退職してやり直すのがあなたのため、と「和解→退職」だけをすすめ、 本来、和解交渉だったら、こちらからの要求についてバックアップしてくれるはずが、 こちらの要求は「そんなのだめ。ありえない」とつぶす始末です。なお、こちらの 要求というのは、法外な金額請求というようなことではなく、加害者からの謝罪などです。 また、尋問時には速記者がいたので、録音だけより早く出ると聞いていましたので、 尋問調書を精査してから、和解交渉をしたいと希望しましたが、 まだできてない、と言って見せてもらえません。それでも、次々和解日程が 入れられるので、訳が分からず出廷することになっており、困っています。 和解については勤務先企業から和解条項が出されておりますが、和解金の提示に加え、 様々な事情をすべて含め、双方今後なにも言わないし、請求もしない、私は退職する、 セクハラ加害者には何のおとがめもなし、というような内容であり、 向こうに有利な内容と思えます。 裁判では、こちらの正当性が立証できているのに、どうして、私のほうにばかり 譲る内容が羅列され、加害者から、謝罪一つとれないのでしょうか? 今回の場合、裁判長の発言自体、私の心の問題に踏み込み強要したり、 人権を侵害するような内容も多く、法律的な示唆はゼロという状況です。 裁判長は、これまで、原告の都合ではなく、被告企業の希望を尊重して動かれています。 企業側は、急ぎ結論を出したがっていますが、 私は、尋問調書を精査してから、和解内容を考えたいのです。 でも、裁判官は、企業が急ぐから急ぎましょう、という感じで、週2回ペースで進められたこともあり、 ついていけません。 そういえば、裁判途中では、当方の弁護士が、 「あの裁判官では控訴も視野にいれないとだめかもしれない」と、嘆いていた経緯もあります。 また、「裁判長が和解に嫌に熱心で困る」とも言っていました。 以前、このHPでしたか、問題のある裁判官の場合、 弁護士から忌避請求(?用語は忘れましたが)をすることができると書いてあったように 記憶しております。 長くなりましたが、質問は主に以下の3点です。 1.尋問調書も出ていない中で、和解を決めなさい、と強要されている今の状況を   打開するには、どうしたらいいでしょうか? 2.尋問調書が、私の場合のようになかなか渡してもらえないことは、   どのような場合に起きるのでしょうか?    3.労働部の担当で、企業寄りの発言と行動をする裁判官の場合、   判決内容で、事実をゆがめて書くことがあるでしょうか? もちろん、法律家の皆様は、「そんなことはない。裁判は公正に行われる」と おっしゃるでしょうが、今の現実からは、とても、そういう風には思えないのです。 弱者の最後の砦であるはずの裁判所で、内容的にはたぶん勝訴目前にありながら、 怪しい空気の中で、不本意な和解に追いつめられそうで、本当に恐ろしいです。 ご意見を頂戴できますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 離婚裁判の和解内容について

    先日 3年にわる不貞離婚裁判(原告は私)で裁判官より和解勧告が提示されました。 財産分与で争っていたわけですが 一番大きな財産は私の母の土地に建てた自宅で、 不動産鑑定士のデータをもとに裁判官は少なくとも20%の利用権を主人に認め、 自宅の残ローンの支払いを私が引き受けると同時に数百万円主人に解決金として支払えとのこと でした。加入していた保険(主人名義がほとんど)の解約金や別居時の夫婦の預貯金のデータをお互い提出していたのですが、それも慰謝料もすべて含んでの解決金とのことで納得がいきません。 裁判官の早く裁判を終わらせたい感じが否めません。 このような和解内容はよくあることなのでしょうか? 控訴して勝算があるのかも疑問です。 詳しい方のご意見お願いいたします。