• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

種姫は本当に徳川家基の正室になる予定だったのか?

徳川宗武の娘で、松平定信の同母妹である種姫は、本当に11代将軍になるはずだった徳川家基の正室にする事を意図されていたのでしょうか? 徳川宗武の家系 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%97%E6%AD%A6#.E5.AE.B6.E7.B3.BB 種姫 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%A7%AB 本当に種姫は徳川家基の正室になる予定だったのでしょうか? またその場合、もし家基が亡くならずに11代将軍になっていたとしたら、家基と種姫の間にできた男子が、長男でなかったとしても12代将軍になっていたでしょうか? 德川将軍家は代々、正室の皇室や公家の血が次の将軍に入らないようにしてきましたが、もし種姫が正室であれば、正室の子に皇室や公家の血が入ることはありません。 その場合は、種姫の産んだ男子が、長男でなくても12代将軍になっていたでしょうか?

noname#224172

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数260
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ithi
  • ベストアンサー率20% (1901/9382)

zttrxabc さん、こんばんは。 10代将軍家治の養女になっているので、義理の兄弟である家基の正室の可能性は低いですね。おそらく大大名家の中からしかるべき婿をと思っているうちに行き遅れそうになったんでしょう。将軍家の姫君はお嫁に行ける家がそれだけ、限られていたのです。 種姫 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%A7%AB

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。 wikiによれば、種姫は家基の正室にする事を意図されていたようですが… 家基は吉宗の曾孫で、その次の世代になると吉宗との間の血縁が薄くなってくるので、吉宗との間の血縁を強化するために、徳川宗武の娘つまり吉宗の孫娘である種姫を正室にしよう、と幕府がしていたのではないかと推測していたのですが… そして、12代将軍は吉宗の曾孫・家基と吉宗の孫娘・種姫の間にできた男子になるに違いない、と思っていました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 徳川治察は、生きていたら11代将軍になれたか?

    田安徳川家の2代目当主・徳川治察は、もし、徳川家治の嫡男・徳川家基が死んだ後まで生きていたら、11代将軍になれたでしょうか? 徳川治察 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E6%B2%BB%E5%AF%9F 徳川治察は、田安徳川家の2代目当主(田安宗武の五男)で血筋に関しては申し分なく、また、上記のwikiのページの「明和7年(1770年)吹上庭にて馬術を上覧し、褒美として「広瀬」という馬を貰った。」という部分からもわかるように、文武両道だったみたいです。 もし、徳川治察が徳川家治の嫡男・家基が死んだ後まで生きていたとしたら、11代将軍になったでしょうか? (徳川治済の息子・家斉よりも、徳川治察の方が血筋も能力も優れていたと思います。)

  • 田安宗武が9代将軍になれなかった理由は?

    田安宗武は何故9代将軍になれなかったのでしょうか? 徳川家重は発語がうまくできなかったそうです。 それならば、徳川宗武の方が9代将軍としてふさわしいように思います。 何故、徳川宗武は9代将軍になれなかったのでしょうか?

  • 徳川家基について教えてください。

    徳川家基について教えてください。 wikiで調べたら https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%9F%BA ↑このようなページが見つかったのですが、wiki 以外の事を教えてください。 徳川家基の系譜や生涯や逸話や評価等、何でも結構です。 徳川家基について教えてください。 後、徳川家基は徳川吉宗の何に当たるのでしょうか?

  • 何故、徳川家基は綱吉の霊廟に合祀されているのか?

    何故、「幻の第11代将軍」と言われた徳川家基は、徳川綱吉の常憲院霊廟に合祀されているのでしょうか? https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%86%B2%E9%99%A2%E9%9C%8A%E5%BB%9F (↑)この上記のページによれば、常憲院霊廟は、 被葬者 常憲院(5代将軍、徳川綱吉) 以下の将軍等が合祀されている。 有徳院(8代将軍、徳川吉宗) 温恭院(13代将軍、徳川家定)、天璋院(家定正室、篤姫) 孝恭院(徳川家基) となっています。 そこで疑問があります。 将来の第11代将軍として期待されていたが、夭折し、「幻の第11代将軍」とも言われた徳川家基は、 何故、その父の10代将軍・徳川家治と同じ、徳川家綱の厳有院霊廟ではなくて、 徳川綱吉の常憲院霊廟に合祀されているのでしょうか? 「徳川家基が突然亡くなった時、父・家治は、自らの後継ぎがいなくなったため、食事も喉を通らなくなるほど嘆き悲しんだという。」そうですから、 徳川家治は『徳川家基を自分と同じ所に合祀したい。』と思ったはずだと思うのですが。。。 しかし、実際は、 徳川家治は、徳川家綱の厳有院霊廟に合祀されているのに、 その子の徳川家基は、徳川綱吉の常憲院霊廟に合祀されています。 因みに、実際の11代将軍・徳川家斉は、家治と同じ家綱の厳有院霊廟に合祀されています。 だから、交互の順だという理屈は成り立ちません。 何故、徳川家基は、家治とは別の、徳川綱吉の常憲院霊廟に合祀されているのでしょうか? 徳川家基が、徳川家治とは別の、徳川綱吉の常憲院霊廟に合祀されている、考えられる理由を教えてください。 <参考> 徳川家基 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%9F%BA 常憲院霊廟 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%86%B2%E9%99%A2%E9%9C%8A%E5%BB%9F

  • 徳川家重の生母と徳川宗武の生母の身分や地位の比較

    徳川家重(後の9第将軍)の生母と徳川宗武の生母の身分や地位は元々どちらの方が高かったのでしょうか? 徳川家重が将軍になった事によって、家重の生母の身分は上がりましたが、その上がる前の、元々の身分の比較でお願いします。 徳川家重が生まれた当時の家重の生母と、徳川宗武が生まれた当時の宗武の生母では、どちらの方が身分や地位は高かったのでしょうか?

  • 徳川家斉は形式的にも実際的にも吉宗の曾孫になる?

    江戸時代の第11代将軍である 徳川 家斉(とくがわ いえなり)は、形式的にも、実際的にも、8代将軍・徳川吉宗の曾孫になるのではないでしょうか? 【徳川家斉】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E6%96%89 第11代将軍・徳川 家斉(とくがわ いえなり)は、 父母 父:徳川治済、母:お富の方 養父:徳川家治 となっています。 ということは、 <実際的> 徳川吉宗―徳川(一橋)宗尹―徳川(一橋)治済―徳川家斉 <形式的> 徳川吉宗―徳川家重―徳川家治・・徳川家斉 ※(‥の所だけ養子) となるので、 11代将軍・徳川家斉は、実際的にも形式的にも二重に、8代将軍・徳川吉宗の曾孫になります。 合っているでしょうか? 何か間違っていないでしょうか? (⇧)上記に書いたことは、完全に合っている事実でよいのかどうかを教えてください。

  • 徳川家重が女性だったという説に信憑性はあるのか?

    「徳川吉宗の長男で9代将軍の徳川家重が女性だった。」とかいう説に信憑性はあるのでしょうか? https://okwave.jp/qa/q9477085.html ↑ ここで回答している方が、『徳川家重が頻尿だった理由を、「実は女性だったから」という説もあるようです。』と回答されていますが、 その、「徳川家重が実は女性だった。」という説に、信憑性はあるのでしょうか? そもそも、歴代将軍の中でも、3代将軍徳川家光と並んで、徳川家康のことを崇拝していた徳川吉宗が、その崇拝している徳川家康が創った幕府の将軍に女を立てたりするでしょうか? さらに言えば、徳川吉宗には家重の他にも2人の息子がいます。 そして、家重の欠点を列挙して諌奏したという理由で、大御所となっていた吉宗は、次男の徳川宗武を謹慎させたりしています。(↓) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%97%E6%AD%A6 果たして、もし家重が女性であるのなら、自分の息子に対してそんな事をするでしょうか? もし、家重が女性であるのなら、徳川宗武は家康の教えを守った正論を述べていた事になります。 吉宗は自分の力で将軍になったわけではありません。 吉宗は家康のひ孫であり、尾張は家康の玄孫であったので、家康に1世代近かったために将軍になれたのです。 その分家から将軍になった吉宗が、自分の勝手な思いで、男性候補がいっぱいいるのに、女を将軍になどできるでしょうか? それに6代将軍家宣も長福丸(後の家重)のことを認めていたはずです。 その家重が女とかいうのは、おかしくないでしょうか? 徳川家重が女性だったとかいう説に少しでも信憑性はあるのでしょうか?

  • 徳川治済の生母の身分の高さはどれぐらいか?

    11代将軍・徳川家斉の父である徳川治済の生母の身分は高かったのでしょうか、それとも低かったのでしょうか? 徳川治済の生母の身分は、高い方だったのか、それとも低い方だったのかを知りたいです。 徳川治済の生母の身分は、高かったのか、それとも低かったのか、どちらだったのかを教えてください。 徳川治済 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E6%B2%BB%E6%B8%88 松平重富 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B9%B3%E9%87%8D%E5%AF%8C

  • 徳川家斉の家系は絶えてないのに、宗家を継げなかったのはなぜ?

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E6%96%89 徳川家斉は11代将軍です。 12代家慶は「子」で、13代家定は「孫」、14代家茂も「孫」です。 しかし、15代慶喜は水戸家の出身であり、徳川宗家からは非常に遠い血筋です。 家斉は53人もの子をもうけた人物であり、「好色な馬鹿殿様」のイメージが 強いですが、彼は自分の血筋を絶やさないようにするため、必死だったの かもしれません。 事実、彼は水戸家を除く御三家・御三卿には、実子や弟を養子入りさせました。 (しかし、実家である一橋家の系統は断絶し、水戸家から徳川慶喜が養子 入りして後に将軍になったという事実はなんという皮肉でしょうか) では、幕末期においては、家斉を血を引く人物は多数いただろうに 血統が非常に遠い慶喜が将軍に即位したのはどういった事情によるものなんで しょうか?

  • 徳川(一橋)治済の生母は、どの様な人物だったのか?

    一橋徳川家の第2代当主で、11代将軍・徳川家斉の実父に当たる “徳川 治済(とくがわ はるさだ)” の生母について教えてください。 徳川 治済(とくがわ はるさだ)(一橋 治済 とも)の生母は、名前は何で、どの様な生まれで、どの様な生涯を送った、どの様な人物 だったのでしょうか? 一橋徳川家の第2代当主で、11代将軍・徳川家斉の実父に当たる “徳川 治済(とくがわ はるさだ)” の生母 は、名前は何で、どの様な生まれで、どの様な生涯を送った、どの様な人物 だったのかを教えてください。 【徳川治済】 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E6%B2%BB%E6%B8%88 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E6%B2%BB%E6%B8%88