• 締切済み
  • すぐに回答を!

WEBディレクターはいくつまでできる仕事?

私は40歳の独身女性です。ここ数年、家族の介護などで振り回されてまともに働けず、やっと落ち着いたので仕事を探していました。 国内だとなかなか難しいので海外も視野にいれ就職を探しました。 アジア圏でWEBディレクターとして内定がきまりそうですが、いくつか不安な部分があります。 仕事内容は、日本サイドでデザインしたサイトを現地のスタッフに制作してもらうことです。それから、現地(ベトナム)のクライアントからの依頼を受ける。 1.私は紙媒体をメインのグラフィックデザイナーでした。なのでWEBには詳しくありません。ディレクターなので指示をしていればいいだけなので、それほど詳しくなくても大丈夫だと思いますが、どうなのでしょうか? 2.現地採用なのでもちろん年金などの保証はありません。元々転職が多く、年金の未払いがあります。日本にかえってきて、日本の支社で働くことも可能と聞いていますが、かえってきたら40オーバーで支社の年齢層はわかりませんが、若いと思います。そもそもWEBディレクターやWEB業界はいくつまでできる仕事なのでしょうか?若い人たちと働くのも無理がありそうです。 3.回りは独立していたり、自営業を進められます。しかし、フリーランスになるのも考えものできちんとしたクライアントがいない限り無理だと思います。どちらにしろ、現地採用でも就職したとしても今更、年金はらっても遅いと思います。 日本での就職が難しく、海外へとおもったのですが、帰国してからまた、別業種で探すとなるとさらに年齢もあり厳しくなりそうです。 ここは、我慢して地道に国内で仕事を探すか、フリーに転向するか? 現地に骨を埋める気持ちでいくか>> 悩んでいます。そもそもWEBディレクターはいくつまでできる仕事なんでしょうか? どう考えても50とかあり得ないですよね?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数213
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
  • ithi
  • ベストアンサー率20% (1897/9377)

toki_edo さん、こんばんは。 1.私は紙媒体をメインのグラフィックデザイナーでした。なのでWEBには詳しくありません。ディレクターなので指示をしていればいいだけなので、それほど詳しくなくても大丈夫だと思いますが、どうなのでしょうか? あなたはそんなことを言っている場合ではありません。WEBディレクターはいくつまでというより、まず、PCとウェブクリエイターソフトの操作法、それとウェブクリエイターの資格の修得を必要としています。最悪の場合は自分でその仕事ができるようにしておかないとただのお人形さんですよ。 2.現地採用なのでもちろん年金などの保証はありません。元々転職が多く、年金の未払いがあります。日本にかえってきて、日本の支社で働くことも可能と聞いていますが、かえってきたら40オーバーで支社の年齢層はわかりませんが、若いと思います。そもそもWEBディレクターやWEB業界はいくつまでできる仕事なのでしょうか?若い人たちと働くのも無理がありそうです。 そうです。だから現地採用したんですよ。日本の支社で働くには年がいっているし、そんなことを言う人ではないとあなたは会社から見られているんです。本当なら、20代でこなしている仕事を40台のあなたがこなすんだから大変ですよ。大体、支社で働けるほど生き残れるんだったら、大したものです。たぶん、40代ですよ。それもあなたよりも経験や知識やノウハウを持った人でしょうね。 3.回りは独立していたり、自営業を進められます。しかし、フリーランスになるのも考えものできちんとしたクライアントがいない限り無理だと思います。どちらにしろ、現地採用でも就職したとしても今更、年金はらっても遅いと思います。 そういう人たちからの情報もあなたには必要な情報です。もう日本を飛び出してしまったのだから、身近な人からの情報はとても貴重なんですよ。例えばフリーランスになるためにはどうしたらいいのかとかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 海外のWebディレクターの仕事とは?

    欧米やオーストラリア辺りでWebディレクターとして働いてる人ってどんなお仕事されてるのでしょうか? 日本でやってるようなWebディレクター業務って海外で役に立つのですかね? 例えば企画系、運用系、制作・開発系、または営業よりなどディレクター職って幅広いと思うんですが。 海外で働く場合、逆にどういうスキルを持ったディレクターに引き合いがあるのでしょうか?

  • webディレクターの仕事って?

    現在、私はサイト・コンテンツ構築の仕事に携わっているのですが、その中で”webディレクター”という役割をすることになりました。実際に、webディレクターの仕事ってなに?どういうことをしたらいいの?と困っています。ただ、おもしろいサイトを手掛けるだけでなく、そこからスポンサーを見つけ収益確保なども考えなくてはいけないのですが、やり方の企画書・提案書の作り方がわかりません。 実際、IT関連企業の人事採用などで「webディレクター募集」などと見かけますが、率直にどういう仕事をしているのでしょうか? また、サイト構築における(運営費・収益確保の方法など)一連に基本マニュアルなど掲載さいれているサイトや書籍があれば教えてください。

  • WEBディレクターになりたい

    29歳男性(既婚)です。 前職は不動産会社で営業を5年、広告・企画を2年経験したのですが、少し前に退職しました。 次の仕事として、WEB制作会社でディレクター系の仕事を検討しています。 きっかけは、前職のときサイト制作の提案に来たディレクターさんの働きぶりを見てとてもやりがいのある(大変そうですけど)仕事だと思ったからです。また、前職での営業経験を活かせるのではないかとも思っています。 ただ、当然実務経験はなく、ホームページビルダーでのサイト制作経験(実家の商売用サイト)しかありませんので、これから勉強することになります。 現在、転職活動をするか、いったんスクールに通うか、迷っています。 「スクール通うくらいなら会社入って働いたほうが勉強になる」というようなことをよく耳にしますが、素人をディレクター候補として採用するような可能性はあるんでしょうか? また、就職するには実務経験が必須という会社がほとんどなのですが、みなさん派遣で経験を積んでから就職しているということなのでしょうか? 実際、スクールに通ったからといって、ディレクターにはなかなかなれるものではないのでしょうか? 何だか、ただの就職相談みたいになってしまい恐縮です(しかも長文・・・)が、WEB業界に友人もいないので、こちらで色々とご意見いただければ幸いです。 宜しくお願いします。

  • 回答No.2
  • hue2011
  • ベストアンサー率38% (2792/7219)

冷静にじっくり考えてみましょうよ。 >ディレクターなので指示をしていればいいだけなので、それほど詳しくなくても大丈夫だと思いますが、どうなのでしょうか? どこからこういう判断が出てきますか。 ディレクターというのは、まあ野球の監督とか、オーケストラの指揮者だとかを考えていただけばいいでしょう。 もし野球の監督が、キャッチボールもしたことがなかったり、野球の試合そのものの選手としての経験もなかったら勤まると思いますか。 オーケストラの指揮者が、確かに自分自身は何の楽器も演奏せず音も出さない存在ですけど、ピアノが弾けなくて勤まると思いますか。 スコアを読むためにはピアノ能力は必須でしょう。 指揮者が一番説明がカンタンだと思います。 ホルンはどういう音を出すのが苦手で困るか、弦楽器はどういうことをしたがるか、そういうことを知っていないと、楽員は誰も従いませんよ。 俺様だみたいな態度を若僧がとって全員に拒否されたというのが、あの有名な小澤征爾N響事件でした。 ディレクターというのは、あ、こんなことまで見ているんだ、とか、うわ、ごまかそうとしたことを全部知っているな、と現場の人間に思われるようでなければ勤まりません。 そして、当人がぶち当たって困っている壁を乗り越えるやりかたを教えてやれる存在である必要があります。 そもそも管理職というのはそういう存在です。 そんなものが、何歳までできるかというのは愚問です。 70超してやっているひとも私は知っています。 名前を出しても悪いことはないだろうけど、どちらかというと有名な人たちです。 年金を重要に考えるならたっぷり払い続けなければいけません。 それは自分の発展と天秤にかけるんでしょう。 海外はともかく、フリーでやれば活躍し、発展できるかもしれないけど、せいぜい国民年金要するに老齢基礎年金だけということになります。 発展も何も考えなくてよければ会社に勤め厚生年金に加入すればその分の年金は期待でき、半分会社が払ってくれます。 どうもよくわからないのは、クリエイティブな仕事を国際的にしたいのか、ほそぼそと安全な生活を送りたいのかそれが不明なんです。 安全な生活、ということならどこかに勤めて不承不承の仕事でもこなしていけば得られます。 多少の病気をしても安心だし、飢え死にはしません。 クリエイティブな仕事なら、そこにはリスクは必ず存在します。その代り栄光も待っているのです。 元気を失ったら失速し収入も減ります。 どういう未来を作りたいのか、まさにそこにポイントがあるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事抱きまして、ありがとうございます。とても参考になりました。 ポイントをもう一度考え直します。

  • 回答No.1

なんか微妙だなと思いました。 1.WEBディレクターとは聞こえは良いけど噛み砕いて言うと管理職。マネージャー。  デザインを日本でやっているとなると貴方がやるのはWEB開発の管理。  進捗管理、品質管理、品質分析、推進が貴方の仕事。  WEB開発の技術スキルが無いと「無能なディレクター」一直線だと思う。  方向性を示すのも仕事ですが、技術的な実装手段が2つ有った場合、方向性を決めるのが貴方。  それで障害やセキュリティ事故を起こしても「だってあの人がこっちの方が良いって言ったんだもん」では済まない。  なのでスキルが必要で。  でも、ディレクターも範囲が広くてサブのサブくらいで「お手伝い」扱いの場合もある。  逆に設計、製造まで行う場合もある。  どういう立ち位置なのかは会社に確認したほうが良いです。 2.WEB業界だって普通に50代も居ますよ。  行きつくところは3つ。  (1)幹部まで上り詰める。  (2)能力は有るので今のポジションを続けるよう会社が望む。  (3)日進月歩の技術に追いつけなくなってただのコマになる。   ただのコーダーになったり、総務とかのスタッフ部門になる。  これはWEB業界と言うよりIT業界全体がそう。 3.40歳で何れは日本に戻ってくる前提で未経験の職種で海外に出るのは意味不明だなと思っちゃいました。  行くなら骨を埋める気なんじゃないですかね。  ちゃんと実績を出すと、IT業界もそうですし製造業とかでもそうですけど  作るのは海外に出しているというのが専らで、多くの会社でブリッジ社員が不足しています。  いつか日本に戻る事を考えているのなら、攻めどころはそこだと思います。   >>現地採用でも就職したとしても今更、年金はらっても遅いと思います。 遅くは無いです。 この前年金の受給資格期間が25年⇒10年に変わったので、極端な話今まで一切払っていなくても今から払えば受給資格は楽勝です。 もちろん加入期間によって金額は減るので、見合った期間の分だけ減っちゃいますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 ご指摘していただいたとおり、気になっているのは、知識不足でジャジメントがうまく出来なかった場合、エラーがおきた時の対処もできないことです。 ちなみに現地に日本人は私だけです。

関連するQ&A

  • 社員か現地採用か?

    現在就職活動中の35歳男です。国内大手メーカー内定と海外現地採用(契約社員)の内定をもらっています。どちらもマネージメントの仕事ですが大手メーカーは最低5年の現場仕事から始まります。仕事の目的はキャリアアップなので現地採用がいいと考えていますが年齢を考えると迷いがでてきます。結婚し子供もいるため簡単には決められない状態です。ちなみに給料は現地採用の場合ですと正社員の倍はもらえます。どちらを選ぶべき?

  • 現地採用ですが、帰国しての就職をするべきか迷っています

    現在アジアの国で現地採用として働いています。 この国で2年間留学をしてそのままこの国に残って現地採用として働いて4年ほどになります。この間いろいろとあり、5度も転職をしております。 現在日系工場にて通訳など現場の管理をしていますが、来年40歳になるので、今後のことを考えて日本に帰国して就職したほうがいいのか迷っています。日本での就職状況が厳しいということ、この年齢で日本では就職できるのだろうかといった不安が大きいです。 給料は同地域の中では少し高い水準をいただいているのですが、会社の業績が悪化していることもあり、ボーナスはなし、給料ももしかしたら下げられるのではといった不安があります。当然現地採用ですので、年金などの加入はありません。 今後のことを考えると目をつぶってでも日本に帰って仕事を探したほうがいいのか迷っています。

  • WEBディレクターになるにはどの道が一番良いと思いますか?

    今自分の将来の道を真剣に考えています。 WEBディレクターになるにはどの道が良いと思いますか? 年齢の関係もありまして、着実な道を通るべきだと思うけど「近道」を探しています。順位を教えて頂けませんか? 宜しくお願い致します。 ちなみに自社運営のWEBサイトにアルバイトリーダーとして2年以上勤務していましたがスキルは足りません。PHOTOSHOP、DREAMWEAVER、HTMLしか知識がありません。 (1)デザインスクール+「初歩でもできる簡単なデザイン」のアルバイト→就職 (2)デザインスクール+「アシスタントWEBディレクター」のアルバイト→就職 (3)デザインスクール+「法人営業」のアルバイト→就職(法人営業で折衝経験、交渉力を身につける為) (4)デザインスクール+「SE」のアルバイト→就職 ちなみに就職は、契約社員や「アシスタントWEBディレクター」からのスタートでも構いません。 甘い考えかも知れませんが、現在27歳、年齢の関係上焦っています。 年齢的に無理な場合は正直に言ってください。 またもっといい道がある場合は教えてください。 本当に宜しくお願いします。

  • トランスコスモス社のWEBディレクター職の仕事

    都内30代男です。 転職活動中なのですが、転職サイト経由でトランスコスモスのデジタルマーケティング部のWEBディレクター職のスカウトメールが届きました。 このトランスコスモス社ですが、ネット上での情報だといろいろと良くない書き込み等見かけます。部署によっても違うようですし、この情報だけを鵜呑みにする事は出来ないと思いますが、実際に仕事をした場合のイメージがつかめません。 まず、30代の中途採用だと年収はどの程度まで期待できるのでしょうか。30代半ばで、今は妻のみですが家庭もあります。今後の事も考えたいので参考までにご存知の方お願いします。 またオンサイトというクライアント先へ出向く形での業務だと聞いております。これはいわゆる出向という事とは違うのでしょうか?数年で出向く先が変わるとの事ですが、国内で遠方へ転勤の可能性もあるのでしょうか。 もし、こんなスタイルで業務を進めているという具体的なお話を聞かせてもらえると助かります。実際の生の声を聞いてみたいです。 あるいはオンサイト(出向?)先の方で、トランスコスモス社からのディレクターさんなどWEB関連の方を受け入れている方の意見も聞いてみたいですね。 その他、具体的な仕事や待遇などがイメージできる情報をお寄せいただけると助かります。 ちなみに私はいずれにしても面接へ赴いて、話だけだけでも聞いてこようと考えています。 宜しくお願い足します。

  • 派遣会社から海外の仕事

    カテゴリーが違いますが、海外に居た方/興味のある方が多そうなのでこちらで聞かせて頂きます。 アデコなどの派遣会社で、シンガポールでの仕事を紹介しています。 派遣ではなく現地企業で正社員としての採用になるそうです。 友人が非常に興味を持っています。 この制度を実際に利用した方がいましたら、良い点、悪い点を教えて下さい。 現地採用の場合、日本の厚生年金には入っていないと思いますが、年金等はどうしていますか? 国民年金を払っているのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • タイプ別Webディレクターの違い

    はじめまして。 Webディレクターのタイプと今後の将来性についてご質問します。 私は30前半で現在制作会社でWebディレクターをしておりますが 最近キャリアアップを目指すのにこのままで良いのだろうか?と疑問に思ってきました。 私のディレクター職はWeb制作の現場に係わる スケジュール管理、進行、予算管理から納品までやるのが主な仕事になります。ただし企画部分は殆どやることはありません。 私が思うにWebのディレクターって2通りあるように思います。 一つは私と同じタイプの制作よりのディレクター。いわゆる工場の現場監督みたいな位置の人。(制作経験が必要とされる) そしてもう一つは企画、マーケティングよりのディレクター。これはいわゆる運用系だったり、企業のWeb担当やコンサル会社のディレクターのような位置づけの人です。(特にWebの制作経験が無くても良い人) 同じWebディレクターでも全然タイプが異なるように感じるんですが、 将来的にプロデューサーとしてステップアップを目指すならどのタイプが強いのでしょうか? もちろん両方兼ね備えてるのが一番なのは分かりますが、 現在の職場では企画、マーケティングなどに係わることはほぼ不可能なのです。 もし転職するとしたら制作会社でもコンサル~企画・マーケまでやってるような上流工程の会社、(ハードル高そうですが・・・) それとも企業のWeb担当として企画、マーケティングに係われる会社。 のどちらに進むほうがベストでしょうか? 今の自分は技術的なスキルはそこそこあると思うし、ディレクターですが実際に手も動かすこともあり、さらには新しい技術も覚えていきたいし でも将来的に年を重ねるに連れてそれだけでは限界があるのでは?と思っています。 おおざっくりですが、一般的にみて 「年齢が上がる=会社でのポジションも上がる=会社に利益をもたらす事を考えて仕事ができる、提案ができる人」 といったフローになるかと思います。 なので今の自分では 「会社に利益をもたらし、提案ができる」というのは難しいと感じているのです。 なんかまとまりが無くて申し訳ないんですが、本当に頭が迷路に迷い込んでいます。 これからディレクターからプロデューサーへのステップアップを考えてる人、その他ご自身のサクセスストーリなど 何かアドバイスをいただけると助かります。 長くてすみません。 よろしくお願いします。

  • 進学するか仕事を続けるか?23歳の悩み

    中国のインター卒業後(高校)、大学中退(現地)、そして現地採用(日系)として働いて2年目の23歳です。日本での就職を考えるのですが、やっぱ海外の高卒では日本での就職は厳しいでしょうか?語学力には自信があります。中国語、英語は不自由なく使えます。 進学か、このまま仕事を続けるのか、とても迷っています。 どんなアドバイスでもいいので、率直なご意見お願いいたします。

  • 中国での現地採用について

    今年34歳になる独身男性です。 この就職難の中、先月、失業してしまい、現在就職活動中で、 主に、中国と関わる仕事を探しているところです。 中国語は、仕事でも使っていたので、日常会話以上のレベルは あると思います。 地元では、なかなかそのような仕事がないので、中国の現地採用でも 仕事を探し始めました。中国の現地採用についていろいろ調べてみる と、「日本で採用された駐在員に比べて給料が全然安い」や、 「日本の健康保険みたいものがないので、何かあったときの医療費が 高い」等、待遇面で厳しいことあることがわかりました。 そこで、質問ですが、 ・実際のところ、中国での現地採用の仕事は、そのようなリスクを  おかしてまで、日本の職場では体験できないような経験が積めて、  スキルアップがはかれる、と言うような価値はありますでしょうか。 ・一般的に、現地採用の仕事に従事している方は、何年間くらい、  また、何歳くらいまで中国で働いていらっしゃるでしょうか。 ご存知の方いらっしゃいましたら、おしえてください。 よろしくお願いします。

  • 中国関連の就職について

     こんにちは。私は今年27歳になる男で、高校卒業後地元で就職し三年勤めた後、中国に留学し去年の12月に現地の大学を卒業し、現在帰国して就職活動をしています。  職安や転職サイトなどで中国に関連する仕事をさがしているのですが、ほとんどの仕事が中国語に加えて資格や経験が必要なものばかりで、あまりうまくいっていません。自分と同世代の方がすでに大学を卒業して数年働きキャリアを身につけていると考えるとやはり早く就職しなければと焦ります。  そこで今自分が考えているのが、比較的採用されやすい中国の現地採用で数年働き、経験やスキルを得た後にもう一度日本に戻り転職活動する。もうひとつは中国に関係ない仕事も視野に入れてこのまま日本で就職活動を続けるかです。  現地採用で働く場合、給料や福利厚生の面で待遇が悪いのは覚悟の上なのですが、数年働いて帰国した頃には30歳前後で年齢も気になりますし、転職活動するとき現地採用で働いていたのがどういう評価を受けるのかも疑問です。しかし、日本で中国とは関係のない仕事をする場合、これまでの留学はなんだったのかという気もします。  現時点ではやはり現地採用で働いた後、日本に戻り転職活動するのが一番だと思っているのですが、私の考えと同じような経験をされた方、企業の採用担当者の方の意見やアドバイスをお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

  • 海外生活での健康に関する保険は?

    北京での現地採用の形で就職することになり、1ヶ月後から北京で働くことになりました。 最低1年の採用となります。 中国には健康保険がないと聞きましたし、中国で保険に入るのもことばなどの面で難しいように思うので、 至急、日本で加入できる海外旅行保険のようなものを探しています。 海外現地採用者が加入できる、日本の保険会社の健康保険のようなものはありますか? また、費用はどれくらいかかるのでしょうか?