解決済み

FRにビスカスLSDが付いているのは何故ですか?

  • 困ってます
  • 質問No.9259984
  • 閲覧数390
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

雪国ならメリットはあるのでしょうが、滅多に雪が積もらないエリアではほとんどがラジアルタイヤでビスカスのメリットがないような気がします。
泥沼にはまった時と言ってもそんな場所を走るのは好き好んで行かなければ、泥沼などありません。
雪の積もらない場所ではみんなヘリカルやトルセンにした方がメリットがあるように感じます。

オープンデフは何のメリットがありますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 82% (28/34)

元々田んぼだったようなところを宅地開発して埋め立てたばかりの敷地内で方向転換(Uターン)しようとして地面が陥没して片輪が埋まって亀になった車を見たことがあります。他には段差のある駐車場の角地の駐車スペースや側溝(用水路)などにバックで片輪を落としてしまう可能性も考えられます。また、最近ニュースにもなりましたが道路の陥没などに気付かず進入してしまい片輪だけが浮いてしまうことも考えられます。こういったときにノーマルのオープンデフではタイヤの下に土や木材などを入れたりジャッキアップしたりクレーンで釣ったりしないとどうにもならなくなりますが、ビスカスLSDが付いていれば脱出できるかもしれません。

オープンデフではコーナリング中にスロットル(アクセルペダル)を大きく開けると荷重の減ったイン側のタイヤの方に駆動力(パワー)が多く分配されてホイールスピンを起こして失速してしまいますが、運転技術がある人の場合ではLSDが装着されているとアクセルによる姿勢制御が可能になりコーナリング速度の向上が望めたりパワー(トラクション)を掛けたコーナリングを楽しむことができます。
※逆に一般の人がLSDが装着されている車(&トラクションコントロール機能やスタビリティコントロール機能の無い車)を運転している場合にコーナリング中に不用意にアクセルを大きく開けると、パワーオーバーステアが発生→イン巻きしてスピン→クラッシュ(またはパワーオーバーステアが発生→無意識にカウンターステア(逆ハン)を当てたままびっくりしてアクセルオフ→お釣りが出てアウト側に車が流れてクラッシュ)となる危険性があります。

最近のFR車(または4WD車のリア)にビスカスLSDが装着されているケースはほとんど無いのではないかと思いますが、ヘリカルLSDやトルセンLSDが無かった頃は単純に「ノーマルのオープンデフの場合よりはトラクション性能が上がり、機械式LSDのようなチャタリング(バキバキ音や振動)が発生せず、LSD専用のデフオイルが不要(普通のデフ用オイルでOK)でメンテナンスフリー(定期的なオーバーホールが不要)だから」ではないでしょうか。

ヘリカルLSDやトルセンLSDはビスカスLSDと違って専用のデフオイルが必要ですがオイルの管理(交換時期)はノーマルのオープンデフとほぼ同等で、機械式LSDと比べてしまうと効きは弱いですがほぼメンテナンスフリーでチャタリングなどの(一般の人には不快と感じる)異音や振動がほとんど発生しません。
※厳密にはヘリカルLSDは「ヘリカルギヤを用いたトルセンLSD」なのでヘリカルLSDもトルセンLSDのうちのひとつです。

ヘリカルLSDはトルセンLSDと比べると低いトルク差からでも作動制限力がマイルドに立ち上がるのでLSDを装着している感が薄くどちらかというとFFコンパクトカー向け(&ローパワー車向け)なので、最近のFR車(または4WD車のリア)の純正LSDにはトルセンLSDが装着されていることの方が多いと思います。

FR車でのオープンデフの場合のメリットとしてあえて挙げるとすれば「オイルの管理などのメンテナンスが楽でパワーオーバーステアが発生しにくい」という点でしょうか。
※単純な低μ路でのトラクション性能や走行安定性に関しては、最近の車にはトラクションコントロール機能やスタビリティコントロール機能などが付いていることが多いので「LSDは絶対にあった方が良い」とまでは言えないと思います。また、一般の人の場合には普通のデフオイルよりも高い専用オイルが必要で、もしデフ本体に不具合が発生して交換が必要になった場合に部品代が高い(≒新車販売価格も高くなる)ヘリカルLSDやトルセンLSDは不必要と思います。
お礼コメント
noname#223791

回答ありがとうございます。
ビスカスは陥没したとや用水路に落っこちて初めて意味があるということですね。
投稿日時 - 2016-11-26 01:35:04

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (45/206)

まず、LSDは左右の駆動輪に角速度差が出たらそれ以上差が拡大しない様にする装置です。つまり、スリップする状況では必ず動作します。そして、スリップする状況は雪道,泥道だけではなく、舗装路でも有りますよね。
で、ビスカスのメリットは構造が単純で、軽量化し易い点です。使用上のメリット?としては、ON,OFFの境界が緩慢で駐車場内等の低速時には作動しないので、むやみやたらとタイヤが鳴かないで済むってとこですかね。
お礼コメント
noname#223791

回答ありがとうございます。
ONOFFが低速で発生しないと、かなり踏み込んで片側が明らかに空転したときに回転し出すのですよね?
逆にその時の挙動が危ないような気がします。
スリップする状況は雨天時などでも起こり得ますが、オープンデフはそれでも普通に走ってます。
投稿日時 - 2016-11-26 01:28:51
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (2998/7777)

他カテゴリのカテゴリマスター
ビスカスのメリットは、一般走行ならメンテナンスフリーである事と、LSDとしての効きがマイルドなので一般ユーザーにとっては扱いやすい事でしょうね。
ガンとアクセルを踏み込んでもLSDが完全にロックすることはありませんから、いきなりテールスライドしたり、アクセル戻しすぎてお釣がなんて事態になりにくいので、事故になりにくくていいんじゃないでしょうか。
お礼コメント
noname#223791

回答ありがとうございます。
ガンとアクセルを踏む自体が既に必要ないかと思ってしまいます。
投稿日時 - 2016-11-26 01:36:57
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ