• 締切
  • 暇なときにでも

医療費返還

  • 質問No.92234
  • 閲覧数108
  • ありがとう数2
  • 回答数4

お礼率 53% (64/120)

国民保険に加入しています。医療費が1年間に、ある一定額(6万円?)を超えた場合、申請をすれば、超過分が戻ってくるって聞いたのですが、病院に行くのに使った交通費(通院費)も戻ってくるのでしょうか?以前、他府県の病院に診察・治療に行ったのですが、その時の交通費(新幹線代)も戻ってくるのでしょうか?その時の(病院の)領収書は持っています。でも、電車代の領収書は持っていません。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 0% (0/1)

先ほどの追加ですが、戻り金の額は、納めている税金の額によって違うかもしれません。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 0% (0/1)

高額療養費についてですが、国民保険の場合、支給の対象となる場合は、管轄の役所から通知がくると思います。私が入院した時は市役所からハガキがきました。そのハガキをもって市役所に行き、手続きをしました。
ちなみにそのほかの保険の場合は、会社で手続きをしてくれたり、自分から社会保険事務所に行くなど、加入保険によってちがいます。
医療費控除についてですが、私の場合は、入院に対して生命保険がおりたため、その金額がかかった費用から差し引かれ、結局年間10万を超えないため申請はできませんでした。その時聞いたのですが、年間11万かかったとすると11-10で、差額の1万に対して、計算されて、戻り金は1000円くらいだそうです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (140/483)

所得税の医療費控除の場合、交通費はメモをとっておけば、確定申告後返ってきますよ。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 高額療養費のことだと思いますが、公的医療保険が適用される治療を受け、病院や診療所へ支払った1ヶ月の自己負担額が1病院・1診療所について63600円(低所得者は35400円)を超えた場合、超えた分が申請により現金で払い戻されます。この費用には、交通費や差額ベッド代なとは、対象になりません。
 よく似た制度で、医療費控除がありますが、これは、医療費が年10万円(原則)を越えれば、その分が所得から控除されるもので、これには、保険の対象にならない費用(交通費・差額ベッド代、一般薬代含む)も対象になります。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ