解決済み

至急お願いします!小胞子菌の汚染をクリアする方法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9218990
  • 閲覧数99
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 40% (10/25)

ペット店からの子猫が持ち込んだ「犬小胞子菌」で1ヶ月近く汚染された空間(家)の為、人間側が治りが遅く、完治と言われている猫にも危険性があると4ヶ月経った今、益々感じます。(現在猫は別の場所で治してあります)
 被害は人だけでなく、大切にしてきた家具をどんどん廃棄(梅雨明け)。"除菌水をスプレーしてれば大丈夫"と言われていたのに、とんでもないです。。。実際その水分でカビが拡張した物も多くあります。丸2ヶ月辺りで、おかしいと感じていたのですが、8月になって4LDKの家の猫がいたところとそれ以外でも、籐家具と自然素材の家具は全部捨てないとならなくなり(おそらく空調で建物の広い範囲に分布)、とんでもないことになっています。(洗濯できるサイズの布は消毒できますが、毎日うんざりするほど消毒し、それでも、まだ被害拡大しています >,<)
 質問は、
「白癬菌の中でも強いこのカビが出たら、壁紙を全部(天井まで)変えないといけないでしょうか?」m(_ _)m 
獣医さんには「全くまっさらな家に引っ越せればいいけどね」と言われ泣くに泣けません。ちなみに、防カビ処理の専門店に連絡したら、壁、床、天井全部やろうとしていました。
 どうしようもなく困っています、どうかお知恵を授けてください。助けてください m(_ _)m

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (195/396)

大変なことになっていますね。
多分、梅雨時の除菌水で被害を大きくしたと思われます。
除菌水って多分、菌を除いた水ということだけでしょうから増えて下さいとお願いしたようなものですね。
とにかく、乾燥を嫌いますので在宅中は窓を開けるなど乾燥に勤めて下さい。
空調とありますが、そこの掃除、除菌はできていますか?それができていれば個人で調整できるなら除湿乾燥して下さい。
逆性石鹸(オスバン)をご存知でしょうか?薬局で購入できると思いますが、床など水拭き可能なところはそれでこまめに拭き掃除しましょう。
微生物を取り扱うところでは手指の殺菌や無菌箱の殺菌など幅広く使っています。

思いつくところはこのくらいです。少しでも参考になれば幸いです。(一応 大学で微生物専攻していました。)
改善していくことをお祈りしています。
補足コメント
wilcome

お礼率 40% (10/25)

除湿はできる限り機械をつけっぱなしです(この件以来 涙)。除菌は次亜塩素酸水と水成二酸化塩素の水を使ってきました、後者の方が塩素が弱くて安全な感じです。それでも広がっているのです。エアコンはプロに洗浄してもらうしかないのでしょうか? スプレー式防カビ剤(ホームセンターなどにある)をしても、まだカビが付きます ちなみにこの菌が入るまでうちはエアコンが汚れたことがないです。そのくらいキレイな部屋や家だと言われています(築6年)。うちよりずっとものが多く、埃が多い実家などでも白癬菌にすらやられていないわけですから、小胞子菌はしぶとくて、でも絶対にやっつけないとなりません。もしフォローアップできるようでしたら宜しくお願いします。 m(_ _)m
投稿日時 - 2016-08-26 20:02:11

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 49% (195/396)

No.1です。補足読ませていただきました。
糸状菌(カビ)は胞子(植物の種子と考えてください。)を作るので厄介ですが、そこまでと思うほどのパワーですね。
まず、エアコンの除菌、殺菌ができていないと前にも書いたと思いますが、逆に撒き散らすことになってしまいます。
防カビ◯◯というのは基本、カビのごく少ない状態で使って生えるのを防ぐ効果があるよ。くらいなので除菌後ならある程度の効果も期待できるでしょうが、生えてしまったところには無力に近いと思います。
エアコンだけでも業者に頼まれるといいかと思うますが、それが無理なら家庭で洗浄できるスプレーみたいながあるはずです。それを試してみてはどうでしょうか?数回使われるといいかと思います。

また、塩素系の殺菌剤は漂白作用や、人体にもあまり良くないので多用できないですよね。
前に書いた逆性石鹸(ベンザルコニウム塩化物液)の方が使える場所が多いと思います。
また、これは噴霧もできると書いてありますので手の届かないところにも使えるかと思います。
胞子を作ってしまったら、熱、薬剤等にすこぶる耐性を発揮しますので、物理的に洗い流す、剝ぎ取るということになってしまいます。
逆に胞子を作るまでの菌体は耐性がないので弱いです。が、糸状菌は菌糸が潜り込んで薬剤等が浸透しないという難点がありますね。

でも、この時期を乗り越えて、冬を迎えたら、条件はこちらに良くなってくるのでもう少しの我慢という感じもするのですが。

長々と書いてしまいましたが、決定打というものがなくてごめんなさい。
とにかく、お身体には注意してくださいね。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ